火星への道

有人火星探査の実現を夢見て!火星ミッションの情報を提供しています。

SAM

2012-07-22 12:11:05 | MSL

SAM(Sample Analysis at Mars)は、Curiosity搭載の科学機器の重量の半分以上を占めています。

通常の研究所に良く見られる科学機器の組み合わせで、 四重極質量分析計(QMS)、ガスクロマトグラフ(GC)と、波長可変レーザー分光(TLS)の3つの機器で構成されています。

SAMは、固体のサンプルと大気などガスのサンプルの分析が出来ます。
固体のサンプルは、加熱処理が出来る74個のSMS(sample manipulation system)に取り込まれて高温で加熱処理されます。

SAMは、以下の分析をします。
・メタンを含む炭素化合物を探します。
 二酸化炭素、メタン及び水蒸気を高感度で測定できます。
・水素、酸素及び窒素のような軽元素を測定します。
・また、炭素と酸素の同位体比率を測定します。
 メタンと二酸化炭素中の炭素の13C/12C、そして二酸化炭素中の酸素の17O/16Oと18O/16Oを測定できます。

下記がSAMのシステムの概要です。

各機器の主な役割は、下記の通りです。

詳しくは、こちらこちら


コメント   この記事についてブログを書く
« RAD | トップ | CheMin »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

MSL」カテゴリの最新記事