火星への道

有人火星探査の実現を夢見て!火星ミッションの情報を提供しています。

NASAねばならぬ何事も

2012-06-03 23:20:35 | NASA
いろいろ取込中で更新が滞っておりますが、よろしくお付き合いください。



さて、5月25日のMarsTodayの記事にNASAの新しい火星探査計画の為のワークショップ開催の案内が紹介されています。
その「Concepts and Approaches for Mars Exploration」は、the Lunar and Planetary Instituteの主催で6月12日-14日の3日間行われる予定です。
場所は、Houstonで参加者は、招待者のみとのこと。
しかしながら、Webで会議の様子が見られるようです。(探しましたが、分かりませんでした。もう少し経てば案内が出るかも)
NASAの呼びかけに応えて、多くの科学者や技術者から予想の2倍を越える400ものユニークで大胆な提案が寄せられています。
ワークショップのプログラムを見ると予稿集が読めます。

ざっと下記の通りです。

Tuesday Morning, June 12, 2012
8:00 a.m. Lecture Hall Opening Plenary
10:00 a.m. Lecture Hall Technology and Enabling Capabilities: Fixed Landers and Communication
10:00 a.m. Hess Room Human Exploration and Precursors: In Situ Resource Utilization
10:00 a.m. Berkner Room Science and Mission Concepts: Using Mars’ Moons
Tuesday Afternoon, June 12, 2012
2:00 p.m. Lecture Hall Technology and Enabling Capabilities: Mobile Surface Spacecraft and Navigation
2:00 p.m. Hess Room Human Exploration and Precursors: Power and Propulsion
2:00 p.m. Berkner Room Science and Mission Concepts: Motivating Science

Wednesday Morning, June 13, 2012
8:00 a.m. Lecture Hall Technology and Enabling Capabilities: Aerial Platforms and Investigations
8:00 a.m. Hess Room Human Exploration and Precursors: Humans On or Near Mars
8:00 a.m. Berkner Room Science and Mission Concepts: Compositional Investigations
Wednesday Afternoon, June 13, 2012
1:00 p.m. Lecture Hall Technology and Enabling Capabilities: Regolith Sample Acquisition, Handling, Analysis, and Storage
1:00 p.m. Hess Room Human Exploration and Precursors: Meteorological and Atmospheric Investigations
1:00 p.m. Berkner Room Science and Mission Concepts: Geophysical Investigations

Thursday Morning, June 14, 2012
8:00 a.m. Lecture Hall Technology and Enabling Capabilities: Mars Sample Return Architectures, Strategies, and Vehicles
8:00 a.m. Hess Room Human Exploration and Precursors: Entry, Descent, and Landing
8:00 a.m. Berkner Room Science and Mission Concepts: Organic Molecule and Life Detection
Thursday Afternoon, June 14, 2012
1:30 p.m. Lecture Plenary: Breakout Reports

最終目標は、オバマ大統領が掲げている有人火星探査を2030年代に実現させることです。
早期の計画(2018年-2024年実施予定)と中長期計画(2026年以降)とに分けられているようで、計画の実施は、2018年からということです。
ExoMarsからの離脱を進めていることと関係ありますね。
アメリカ主導での宇宙開発を目指すということでしょう。
事務局的には、国際協力で中国も巻き込んでやって欲しいと切望します。
オリンピックやワールドカップのように協調しつつ切磋琢磨したらどうでしょうか?甘いですか・・・
MPPG(The Mars Program Planning Group)がワークショップでの様々なオプションについて予算的、プログラム的、科学的そして技術的制約について考慮するとのことです。
当面の最大の目標は、火星からサンプルを持ち帰ることだそうですので、日本のMELOS計画にもチャンス有りですね。

コメント   この記事についてブログを書く
« 磁界を込めて! | トップ | Curiosity最新情報の予告 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

NASA」カテゴリの最新記事