いぬぶし秀一の激辛活動日誌
おかしな議員[わんちゃん]の激辛日誌です。日々感じたこと、活動報告、行政への提言など、本音で書き込む人気ブログです。
 



3日前、オヤジの違う姉から電話がありました。「オヤジが亡くなった」と。一瞬誰?と思いましたが、母が再婚した相手だとわかりました。

私の父は長野県で教員をしている時、子持ち(姉)の母と結婚しました。そして引越して、東京都国立市で私を産み、さらに数年後、母の家出をきっかけに離婚をしたのです。

私は、3歳から父と二人で暮らしていましたが、10歳の時に父が病死し、市川市の伯父の家に引き取られ居候をしていました。

ところが、中学1年の3学期に実母が突然伯父宅に来て、今度は立川の母の再婚先に養子として移りました。その時の義父が今回亡くなったのです。

義父と母の間には弟がおります。姉、私、弟、皆父親が違うという珍しいパターンです。義父と母は共に、公立中学校の教員で日教組の組合員でした。

私は、私の将来を勝手に決める母と、式典に日の丸すら掲揚しない日教組に嫌気がさして、中学校を卒業すると同時に、自ら志願して航空自衛隊生徒として埼玉県熊谷基地にある航空生徒隊に入校いたしました。

したがって、義父とは2年間しか暮らしていません。外面の良い義父は家では無口でしたから、挨拶以外には口をきいた記憶はありません。

私は、亡くなった実父への思いが強く、中学2年生で突如出会った義父を「お父さん」とは、2年間一度も呼べませんでした。無論、思い出もありません。

土曜日がお通夜だそうですが、きっと母の時と同じように親族席に座ることはないと思います。

一人の知り合いとして、ご冥福をお祈りいたします。

合掌

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 大田区議会代... 「大田区長の... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。