goo

妙心寺8 特別拝観3 東林院1 沙羅の花を愛でる会(太秦・花園散策13)


写真は、沙羅双樹の咲く前庭

敷地の中心の最も東です(簡易地図)。

通常は非公開ですが、例年
1/15~1/31の“小豆粥で新春を祝う会”(小豆粥と精進料理付きで3700円)、
6/15~6/30の“沙羅の花を愛でる会”(抹茶付きで1580円、お抹茶と精進料理で5570円)
10/9~10/18の“梵燈のあかりに親しむ会”(夜間で500円)
の時のみ拝観しています。

平素でも3名以上で2日前までに予約すると、特別精進料理が頂けるそうです。

“沙羅の花を愛でる会”
前庭の左手奥に玄関があり、方丈に上がります。
入ったところで受付し、拝観料1580円を納めます。
方丈の左手が沙羅双樹の咲く前庭、右手奥に座敷があり、ここで沙羅双樹を見ながらお茶菓子を頂きます。
その後本堂の縁側に座ってご住職の面白い説法を聞きます
“沙羅の花を愛でる会”は結構な人混みで、リピーターが多いようです。

また方丈の玄関の右手前に廊下がありこの奥に書院がありますが、ここは精進料理も注文しないとこの際には入れません。

太秦・花園散策14へ

洛西の索引へ

「京都のおすすめ」の総合索引へ

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )
« 2012 春 京... 2012 冬 相... »
 
コメント
 
 
 
東林院 (京都好きな人)
2012-04-05 19:45:55
僕は東林院の宿坊に宿泊しました。
宿坊の精進料理もよく、とても東林院が
気にいりました。
庭園も沙羅双樹が咲いていなくても
味深かったです。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。