虎尾の会

幕末の草莽の志士清河八郎の会の名を盗用しています。主人は猫の尾も踏めません。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

つまらん「明治青春伝」

2008-12-13 | 映画・テレビ
性懲りもなく、またビデオを借りてきた。
10年前にテレビ熊本20周年だったかに熊本テレビで作られた作品。あの宮崎兄弟を主人公とするドラマ。
宮崎八郎に仲村トオル、宮崎民蔵に永島敏行、宮崎弥蔵に豊川悦司、宮崎滔天に杉本哲太。八郎、民蔵、弥蔵の3人の配役はよいとして、なんで滔天に杉本哲太なんだ?げせん!杉本哲太には、人の魅力はないと思うのだが。昔の大河「翔ぶが如く」でも、まったく魅力のない桐野を演じていたが、この作品でも最大のミスキャスト。滔天の美しいヨメ、槌さんもミスキャスト。孫文は世界のナベツネにそっくりだった(これはこれでしかたがないが)。でも、キャストよりも、脚本、監督が一番、悪い。いったい、真剣に宮崎兄弟をドラマにしたいと思ってたのか?と疑いたくなる。こんなみっともない作品、見たことないぞ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 新刊屋さんにて 小説フラン... | トップ | 世界文学全集 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画・テレビ」カテゴリの最新記事