オリーブオイル スコットランドでヤッホー!

駐在生活7カ国を渡りイギリスはスコットランドにリターン。スコットランドで羊の数を数えましょう☆「ヤッホー隊募集!」

乾燥肌

2019-07-17 08:29:35 | Weblog

7月17日

スコットランドに住むと・・・肌が乾燥する。

今は梅雨みたいにジメジメと湿度があるから、なんとな~く お肌が潤っている。

 

先日、フランスへ行ってシャワー後・・・アレルギーが

手のひらが痒い。

手を洗う度に、痒さも ひどくなり パンパンに腫れてしまった。

フランスに住む知人やパリへ遊びに行く友達から注意は促されていた。

フランスでの水と肌問題に。

だから

フランスへ行く時は 薬用のハンドクリームを小まめに使う。

フランスは硬水で水道水の水は飲めないし古いアパートが多い為に排水管にも問題がありそうだ。

そう考えるとフランスの化粧品会社は果てしなく多いし 自分にあったメーカーを探す方も大変だ。

 

帰宅後、

近所のスーパーで見つけたぞ

バイオイルジェル??? バイオイルは愛用しているが・・・・。

ジェルは初めて見た

 

 

中身は、プルプル系~。 なんかピンクがいい

早速 使ってみましたが バイオイルの様なベトつきが無く スーーッと消える感じです。

持ち運びやすいサイズでお土産にも良いかもしれませんね。

万能オイルは手放せませんね。

ちなみに、肌荒れでも切り傷がある時には使用はできません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

紅茶の話

2019-07-16 11:35:27 | Weblog

7月16日 

 

世界でもっとも愛されているお茶と言えば「紅茶」では無いか?

紅茶が嫌いな人っているのかな・・・・。

コーヒーは飲まないけど紅茶は飲むよと言う人も多い。

 

「紅茶」と言えばイギリスを思い出すだろ。

 イギリスに来ると紅茶をお土産として買うが ここで ちょっと紅茶の話をしたい。

先日

日本から 香典返しで「紅茶」を頂いた。

その紅茶がマズく、色も出ないし、香りもしない。 お湯だけを飲んでいる感じだ。

アルミ包装の過剰な袋で豪華に見えるが、味としてはセンスが無い。

日本人はアールグレーや薄い紅茶を好みミルクを入れる。 

普通の牛乳と思いきや コーヒーフレッシュは科学系の物が含まれているので味が失うし、身体にも良くない。

自宅で紅茶、コーヒーにミルクを入れたい場合は「牛乳」の方がコクが出る。

もしくはシングル生クリーム。(イギリスにはダブル生クリームもある。濃厚)

 

そのマズイ紅茶は箱がご立派。 パッケージに惑わされ、味も知らず人に渡す・・・と思うと 

人に渡す紅茶であっても、何でもいいや~なのだろう。

それは緑茶も同じでは無いか?

美味しい新茶や、美味しい日本茶を頂くと和菓子が食べたくなる。

イギリスで販売されてある一般的な緑茶は色が「茶色」が多く裏を見ると「中国産」の緑茶が多い。

あれ~? 

緑茶って・・・「緑色だよね?」って突っ込みたくなる。 もやはグリンティーの「G」の文字も無い

イギリスでもカテキンブームであり、抹茶なども人気だ。

もちろん変わりお茶も多く緑茶&レモン、緑茶&マンゴーとか、変なのもある。

これに、ミルクを入れて飲む人もいるから ここまでくると謎の飲み物だ。

 

 

 

<どんなにお得でも、お得を買わない>

 

イギリスのスーパーで紅茶を買うのは至難の業だ。 

何故か?

種類やメーカーが多しぎる。 どれが、どれだかわからん。

高いお茶だから美味しわけでもないし、老舗だから・・・・も無い。

イギリスでも お徳用の安い紅茶は買うな と促しておりますが、なんせ紅茶の国ですから

何倍も何倍も習慣で飲む方はお徳用が便利なんですよね・・・。

安い紅茶は何がブレンドされているのかも謎で、イギリス人はミルクティーが大好きですから

濃い目の紅茶に砂糖、ミルクが定番で あまり香りを楽しむ・・・って感じじゃなさそうです。

ちなみに、ミルク無しをブラックティーと呼びます。

ミルクが欲しい場合はホワイトティーと呼びます。

紅茶が一番は美味しいのはスコットランドです。

スコットランドは軟水の為に、美味しい水が多く 紅茶だけでは無くウィスキーの本場です。

水道水でも水が安心して水が飲めますが、イングランドな硬水なので、すぐに紅茶のシブが出ます。

〇〇ートナム&メイソンや〇ロッズなどの有名な紅茶ありますよね?

パッケージにとらわれると、

 不味くないと言う紅茶とも出会ってしまいます。

一番 良い 選び方は ティーリーフ(お茶の葉)ですが 便利なのは軽くて運びやすいティーパックです。

最近は、ティーリーフ系のパックが出ています。 お値段は 多少高めですが 味は こちらがお勧め。

イギリスでは「トライアングル」と言う愛称で呼んでます。

 

<紅茶のソムリエ体験

私の母は その昔に紅茶の教室へ通っており 好きな紅茶のカップを1客ずつ集めていました。

そう

相棒ドラマの杉下右京さんが使用する紅茶のカップは 毎回 違うんですよね。

ティーポットを高い位置からカップへそそぐ・・・。

あれ

モロッコティーの入れ方なのでしょうかね。

モロッコレストランで、食後のお茶を頼むと あんな感じの演出でお茶を入れてくれるんですよ。

 

そんな本場のお茶の体験が出来るのがロンドンにあるトワイニング店。

https://www.twinings.co.uk/about-twinings/tea-masterclass-twinings-tasting-experience

 

こちら、知る人と知る お茶のワークショップがあり 紅茶のお勉強が出来る体験です。

ネットからの事前予約ですが こちらは英語での説明です。

夏休みともあり、予約が殺到していますので 体験したい方は 前もってサイトを見ましょう。

世界のお茶を用意している この店での 一押しは 「日本茶」です。

トワイニングが日本茶をと思いますが、ここで販売されている かぶせ茶が 

1缶 50ポンドもする高級茶葉ですが 美味しくてビックリしますよ。 私は 毎回 ここで 日本茶をお願いしております。

お茶のハンターするブレンダーさんやソムリエさんって凄いですよね。

 

<何でも味付きお茶>

ちょっと一昔前はデドックスお茶がブームで、今はフレーバーティーやアイスティーが人気だ。

だだ フレイバーティーは勧告を鳴らしており あまり飲み過ぎないように

っと注意を促している。

5,6年前からフレバー水が大ヒットしたが あの味も科学系の味に 待ったが掛かった。

水を飲めば痩せると間違えた知識をして、ガブガブ飲んじゃう。

いやいや、カロリーゼロ問題なしなんて言ってもね、科学系の砂糖が一番体がヤバいんだって

だったらペリエを飲むか、ペリエに生レモンを入れて飲んだ方が健康にいい。

自分で作る炭酸水メーカーもある。

ペットボトルやコーヒーのテイクアウトカップ レスをする為に イギリスでは水筒ブームだ。

そう マイボトルやマイカップ。

結構高い物は高く1本6千円近い商品もあるので驚きです。 それでも売れてるから凄い

可愛いマイボトルが多いので お土産にもお勧めです。

LOLの水筒は姪っ子にプレゼント用~ テンション上がるでしょ~これ

黄色のコーヒーカップは1つ3ポンド。 (やっすいーーー

スーパーのウェイトローズは会員メンバーはお買い物後に暖かい飲み物が無料なんですよ。

なのでマイ・カップが必要です。 ホッとするサービスに嬉しいですよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

南フランス・グラースへGO! 香水作り体験

2019-07-16 09:35:06 | Weblog

7月16日

私は 若い時に 香水を集める趣味があった。 香り・・・と言う寄りボトル集め。

 

南フランス旅行で 一番 行きたかったのが プロヴァンス地方の「グラース」と言う町。

カンヌから車で30分にある この町は世界でも有名な香水の発祥なんだよ~

シャネルやディオール・・・と今でも名門香水はこの産地。 山沿いには多くの花畑があります。

車も通れない花畑で昔ながらの処方なんですって。

花にも季節があるので、8月中まではラベンダーです。

昔は ほとんどの香水が この産地で作られており 現在は香水生産の10%だが 今でも伝統ある香水製造は多い。

この町・・・。

降りると花の香りで素敵んですよ ほんと、癒されるわ~

 

今回、グラースへ行くなら 是非 やってみたかった体験がある

そう

自分のオリジナル香水作り わーぃ、わーぃ。

グラースでは香水を作る工場見学と香水を作る体験があり、現在は3社が体験が出来る。

その中でも香水体験で有名なのGALIMARD社

1日に3回の体験を行っており ここには 日本人のブレンダーの方がおりますから 分かりやすく香水を作る事が出来ます。

日本関係のサイトを見ると「日本語」の予約が午後2時、4時しかなく 

GALIMARDのサイトで予約をすると午前中の予約が可能です。 

予約をするなら午前中の10時 理由は混んでいない

午前中に香水作り→観光と考えたら このコースの方がお勧め。

料金は1人53ユーロ。見学は10ユーロ。

※男性も体験していますから絶対に体験お勧め

 

ガラス越しに写真で、ボケちゃていますが

なんか研究所 みたいな感じです。 かなり本格てきたぞ。

今回、お世話になった 日本人のブレンダーの方が・・・・。

な、なんと男性でした 

ここ みな女性ブレンダーの方で 男性が1人なんですって。

元は科学者の研究者で、ひょんな事から 香水に魅了され ブレンダーになった唯一の日本人です。

凄いですよね

うんうん、何故 そこに 日本人 じゃないですか??

けどね、昔は香水のブレンダーって男性の仕事・・・ってイメージが大きかったので

今は女性が圧倒的なんですって。 ワインのソムリエも男性の世界? ってありますよね。

 

 

100本以上ある ボトルから 段階を踏んで自分でブレンドして行きますが 

男性用か?女性用か?を決め 次に自分で どんな香りが良いかな~・・・と決めます。

例えば・・・。

爽やか系? 甘い系? ワイルド系?って感じに。ざっくり。

さ~ ここから イメージをしながら(妄想) ベースとなる香りを選んで行きます。

セレブレティーの香水とかは、その人のイメージで作りますが

シャネルみたいな香水となると、誰の?どのシーン?と言うイメージの難しさ・・・ありますよね。

1本の香水が出来るまで2時間くらい。

この2時間で、ブランダーの仕事が分かりました。 そう楽しくて私もハマりましたよ

テンション 上がりっぱなしです。 

 

香水が完成したら、ボトルを選べますが 上の茶色の可愛いボトルは無料です。

こちらの方が保存が長いそうです。 

後は証明書を貰います。

作ったオリジナル香水には番号が書かれてあり、無くなったら この会社に再度オーダーが出来るんですよ

しかも、ボディーソープ、ローションも作ってくれるんですって

世界に1つだけの自分だけの香水・・・なんなロマンチックじゃありませんか???

今回 お世話になった日本人の おにーさん いわく(結構 若いにーちゃんです。)

日本人観光客がめっきり減ってしまい・・・と話しておりました。

8月と3月しか来なくなった・・・・と。

確かに、他の国でも 「日本人 珍しよね」なんて言われます。

 

さて、この香水の仕事。 どーーーしたら出来るんでしょうね???

色々 話を聞いて行くと ニースのカレッジに「香水コース」がある事を知りました。

科学的な仕事ですから それなりの知識が必要になります。

日本の会社となると、意外と簡単にブレンダーになれたり・・・とあるようですが そこが フランスとなると

伝統職人なので、まして外国人がと言う事もあるとか微妙な世界なんですって。

ううん・・・フランス多国籍だし・・・

日本で日本酒作りの蔵で外国人がする・・・って感じなのでしょうかね???

 

香水体験、ほんと 楽しかったです。 また次回も行きたいです~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

モナコにGO!!

2019-07-13 14:02:25 | Weblog

7月13日

 

コート・ダジュール2日目。 モナコへGO

モナコと言えば・・・F1でしょ あの町並みをF1が走る国に行けるとは・・・楽しみ~

今回はカンヌを起点としてレンタカーを借りているので、カンヌから高速で1時間くらいでモナコへ行ける。

だだ、高速は混んでいるので ある程度のラュシュ時間を避けた方がいい。

 

カンヌ、ニースへ行く時に「エズ村」を立ち寄る事が多いだろう。

エズを通り越してしまったが

私達が立ち寄った村は ヴィルフランシュ と言う小さな町と海。

観光客も少なくて静かな町だ。

 

坂道を降りると可愛いお店やカフェ、レストランがある。

お土産などのは、この町が安い 

ん??? 日本語をしゃべるフランス人もいたぞ

海辺をブラブラ散歩して、アイスクリームを食べ 平和だな∼ ガヤガヤせず 静かな町だった。

 

 

一休みをし、次に目指すのはモナコ

っと言う事でモナコまではオープンカーでGO

モナコはトンネルシステムが良く、サインポスト(標識)を見逃すとモナコを通り過ぎる

いや~~~ん トンネルでグルグル 回ってしもうだぁ。迷路のような道路だから迷ってしまう。

 

こちらF1で通過するトンネル こんな体験最高~ 

観光バスも多く、観光バスが下車できるスペースがあるので

みな ここで写真を取っている。 F1が走るからね、ほんと 道路がスムーズなんですよ。

 

 

さて、何処に駐車をしようか?? コインパーキング料金も そんな高くは無いのですが時間オーバーになると

罰金があるので立体駐車場に行く事にしました。

南フランスは車社会なので、沢山の駐車場があります。

だだ 出入り口は狭いので大きな車はお勧めできません。 レンタカーをするなら絶対に保険加入してください。

モナコ観光は1日あれば十分楽します。

こちらは王宮の上からの景色です。

モナコ全土が見渡せます。

王宮の前にいるガード(兵隊)の服は白なんて~~~ なんか爽やかだぞ

イギリスは、暑くてもベアーハットかぶっているのに・・・※ベアーハットとは黒くて長い帽子。熊の毛なんですよ。

この日の気温は30度を超えていた。 ムシムシするから、立っているのも辛いだろうな~

 

 

王宮までの手段は歩きか(片道15~20分の坂を上る)

トロッコ電車か、こんな可愛いミニバスがある。ミニ過ぎるだろう~ しかもモナコカラー。

驚いたのが、モナコ王宮のデザインだ

なんだ??この張りぼてみたいなお城は シュレックを思い出してしまったぞ。

バッキンガム宮殿やベルサイユ宮殿みたいな感じを想像していたが・・・

 

 

王宮の間迎えは旧市街となっており、小さなお店や土産物屋が沢山ある。

ぐるり・・・と旧市街を回れるてしまう。

 

 

次に向かったのはモナコカジノだ。 このエリアはホテル、高級アパートが多い。

あちこちにF1のブロンズがあり、F1ファンにはたまらないだろう。

道路も狭く みな憧れの道路を通りたくて すぐに渋滞になるから警官が交通していた。

車が同じ方向へ向かっているのが、カジノエリア。

 

 

王宮からカジノエリアまで歩いた ちょっと一休みでモナコのカフェへ。

外の駐車場はスポーツカーばかり。

しかも

みたことない~~~と言うようなカスタム車ばかり ちょっとした車の展示会だ。

モナコに住む80%は外国人 と言う。

この国では税金は無いが移住する条件が厳しい。

ちなみに・・・

ここのカフェ。 小ビール1、エスプレッソ、スプライト2本で30ユーロ+チップでしたーーー

おそるべし・・・モナコ・・・

せっかくのモナコです。 カフェに入りましょう

 

 

こちら、モナコカジノの裏です。宮殿みたいじゃないですかーーー???カジノが王宮より立派とは・・・。

このエリアは高級ブランドが立ち並んでいます。

 

モナコカジノのエントランスまでは観光客の入場はOKです。

こんな子供用の遊び場もあります。

トイレ利用もOKですし中にはカフェもあります。

カジノは18歳以上からです。

 

モナコ・・・と言うと高級なイメージがあると思いますが実際に行って見ると意外な発見が多かったです。

※カジュアル感覚

ショッピングもカンヌ、ニースとも変わらず7月中はセールですから かなりお得です。

F1グッツはモナコで買うか、空港でかしかありません。

モナコで使ったお金はお茶代と駐車場代だけでしたー。 なんか・・・安くついたかな

夕方の高速道路は混みますので、早めにカンヌへ戻ろうと思います。

 

 

 

 

 

コメント

香港ママとの井戸端会議

2019-07-12 18:21:52 | Weblog

7月13日

 

毎年夏休みには香港に住んでいるママ友が遊びくる。

その昔、イギリスに住んでいたが13年前にご主人様が(イギリス人)駐在となり 一家は香港へ引っ越した。

ママ友は、イギリスが大好きで 香港へ移動する事を躊躇してた。

ご主人は「駐在は3年間。そしたらイギリスへ戻れるから」の約束で引っ越しを決意した。

駐在にはメリットがある。

 

1 住宅は会社が提供

1 医療保険も会社持ち

1 学校の学費は会社持ち

1 会社にも寄るが車やヘルパー付き

1 1年に1度の家族里帰り代の負担

っと、全て会社が家族を面倒を見てくれる。

香港は金融や商社などが多くタックスヘイブンともあり金持ちが多い。

そう香港は働く人に優しい国なのだ。

だが

そんな夢見る国も2048年には中国となる。

現在の香港はイギリス返還から1国2制度。変換から数年間はイギリスの香りも残っていたが 

今は中国化になりつつある。

ママ友は、住んで初めの頃は香港が嫌いだったが住めば都。 香港に住んでいると言うブランドから、

あっと言う間に「香港チックに染まった」 

私も中東に住んだ経験があるが勘違いをしてしまう駐在が多い。

「マダム」と呼ばれる国の対応は駐在外国人は「殿様」なのだ。

私は一度もメイドもドライバーも付けた事が無い。 子供達にも自分事は自分でする 誰に対しても挨拶はする、マナーはきちんとする・・・と教えた。

何故かって?

それは子供がメイドや貧困の国の人を馬鹿にする事を覚えるからだ。

自分が日本へ戻れば だだの人。

駐在の日本人家族が中東や香港で待遇の良い生活を送り 大きな家に住み、3年したら せっまい社宅へ戻る。

なんとも切ない。

現実を見、みな学費や塾の為にパートへ出掛ける。

私の知人の子供達は、1人で歯磨きも出来ないくらい重症だ。

歯磨きもメイドの仕事だからね。

香港ママも、10年間 住み込みメイドを雇い暮らし 「ヘルパーさん」と言うが、給料もケチり自由も与えず

奴隷の様にさせ、それでも自分は貧しいフィリピン人を助けてると勘違いをする。

自分が逆の立場なら・・・と思うとメイドの話は可哀そうになってきた。

言う事が聞かない、覚えないメイドを何度も何度も 心の中で「テメーバカかよ」と思いながら

ストレスと闘ったそうだ。

なら、辞めたら良いのに・・・。

メイドを雇わない家庭は貧困と思うのが香港社会。 見栄を張るから疲れる。 

 

 

<駐在後は祖国へ>

家族駐在は、家族の良い想い出となる。だから会社で3年勤務と言われ、帰国命令が出たら100%帰国をした方がいい。

私は色んな国で駐在をし、駐在の方が 帰国せず留まるケースだ。

理由は簡単 子供の進学で ダラダラ その国に留まる外国人を多く見た。

現在は駐在から居残る事が厳しくビザの問題もあるが 10年前までは 結構 どの国もビザが緩かった。

今では国籍関係なしに自由に世界を回れる時代、しかも飛行機だって安い。

例えば香港。何十年も住む人が多い。以外にもドイツもいたりする。

脱サラしてドイツでラーメン屋開業です なんて話も聞く。 ドイツは多くの日本人が住んでる為に 住みやすいのだろう。

私も住んだ経験があるがドイツ人と相性が合う。 とにかくシンプルライフを送れる。

 

駐在から現地採用に変え7年も住めば香港の永住権が貰える。

もちろん現地採用となれば住宅、学費、保険などは自腹になるが 金融で来た家族はお金があるので早期リタイア様に備えがあったりする。

だだね、香港でリタイア移住したら あっと言う間に溜めたお金は無くなる。 

香港のメリットは交通の便利さと運賃が安い。税金も安い。

デメリットは家賃が高額 子供の学校はインター、買い物はインターナショナル・スーパー。

ファストファッションですらもヨーロッパの2倍、3倍の値段。

自由なお金があるなら香港でも良い暮らしが出来るのだが、帰国するタイミングを逃すと 天と地の差になる。

香港で解雇され、何処かで仕事が決まるだろう・・・・と言う甘い考えはしない方がいい。

自分が「香港人」では無いからだ。 あくまでも「外人」と言う事を忘れちゃいけない。

 

<静かに離れる外国人>

2年前からドイツ銀行がざわついている。

ま・・・そんなのは2年前なんかよりも もっと前になるが 私はドイツ銀行のトップ達が甘い蜜を吸い過ぎている事は

知っている。

この銀行がヤバいと察知し辞めた人は賢い。

その理由は、少なくとも 違う金融へ再就職が出来ている。

確かに南フランスでもドイツ人観光客を見なかった。

欧州のリゾート地でのドイツ人はお金を落とす。 EUで一番 金持ちだからだ。

とある島の場所はドイチ村と呼ばれ、多くのドイツ人が別荘を持つ。

あらゆる場所にはドイツ語が書かれてあり、

英語が無かったりもするから驚いた事があった。 観光地では ドイツ人に手もみをし 私は そう言う光景を

見る度に やっぱり・・・第二次世界大戦と同じ態度をするんだ・・・と心で悟った。

ヒューゴボスを着て、〇チスカットの男性を見るとリスペクトしているのか?と疑問に思う。

※実際に多いスタイルだが…

いい夢は長くない。

香港でも 香港が好きで居残った外国人が 静かに香港を後にしている。

理由は2048年に中国になる為に、香港に残る意味が無い が理由の大きな一つだ。

香港の学生運動デモから、将来に不安を感じた外国人も自分の将来や保証は?と疑問を抱くようになった。

イギリスに戻っても仕事が無い。長年海外に住んでいたイギリス人は 祖国へ戻っても年金の受給は厳しい。

生活保護の対処にもなれない。

貴方は、イギリスを出て他の国で暮らしていたでしょ?沢山 貯金を貯めたでしょ?と言う考えがイギリス政府だからだ。

妻が(外国人)・・・イギリスで出産したくて・・・・なんての入国だってNGだ。

イギリスで職は?年収は800万以上ある?と、金、金、金の事しか聞かれない。

お金が無いから 子供を産み貧困なら生活保護を貰うの? イギリスは そんな甘くはない。

 

仕事が無いなら家はどうする?ローンだって組めない。

引っ越し、新しい住居、車、保険、全て一から始まる。出れゆくのは「金」だけ。

帰国のタイミング逃したイギリス人は あっと言う間の転落人生を送る事になる。

アジアを気に入ったイギリス人はマレーシア、タイ、フィリピン、ラオス、カンボジアなどを回り物価の安さから

更に安い国を求め引っ越しヒッピーやホームレスになる人もいる。

旅行と移住は違う事だ。

そうだ貧し国で英語の教師のボランティアをしようって危険な行為をする欧米人が多い。

誘拐されたり、見知らぬ原住民から銃を突き付けられたり。 

 

 <再就職の道>

欧州では早期リタイアが多い。特に金融関係だ。勤務平均は40歳前後・・・と言われて50代で居残りが出来る組は

役員か、そのまま意地でも居座る組だ。(←この方法は結構無理があるが・・・)

ま、毎年の面接で退職を促される。

 

40代くらいから退職面接が入り

雇用があっても何時まで働くか?とプランを聞かれる。 

このご時世、給料の高い順、駐在から解雇となる。 退職金が出る人だって一握り。

後は会社の積み立て金が退職金としているケースが多い。

日本の様に「天下り」社会では無い。だから日本の企業は高齢化から離れらえず後退する。

若い人にバトンタッチをする意識がさらさらない。

 

例えば、自分の退職プランを報告する会社は 今まで通りと同じポジションにいる事も出来なくなり

パート扱いになる。勤務体制が短いの意味。

週5日が週2、3勤務になる意味。

自分の夫が金融勤務ですから…一生安泰ですの時代は終わった。

ロンドン、NY、パリ、ドイツ、香港の金融関係者は 厳しい夏であり家族ホリデーが出来ないまで言われている。

みな

勘違いをしているのはイギリスが脱離をするから と思って居る人がいるが

イギリスは 未だ現在脱離はしていない。 通貨もポンドだ。 騒いでいるのはメディアだけ。

金融関係が解雇になって縮小になっても 国民には なにも影響もない。

「だって銀行員は金泥棒」と100%思うからだ。投資家の人にはつまらない話だろが

欧州の銀行のトップのボーナスが10億だの、バカげた話。

AIに変えたら、人間は数名しか必要ない。

その管理者だって 本来の仕事ではなく AI管理職になるから金融の仕事よりもエンジニアの仕事になる。

 

<日本へ住みたい>

よく聞くのが、交際結婚をし 将来は日本へ老後を過ごしますと言う人だ。

日本のリタイア老後は外国人にはまったく優しくない。

まず

外国人はローンが組めない為に現金で物件を買う事になる。

日本の不動産は下がる事で有名だから外国人は手を出さない。

私、日本人だしローン平気じゃない?と思うだろうが、仕事ない、収入も無い、数年も日本に住んでいない日本人を

誰が信用すると思うだろうか?

物件を出している不動産会社にも寄るが 東京、京都、ニセコみたいに外国人でも対応しますよと言う

高級物件会社にはトラブルを防ぐ為に弁護士がいる。

日本語や法律が分からなくても税金や書類関係も全部任せられるそうだ。

今、ニセコのスキー場近くに隣接されてあるホリデー滞在型のアパートは多くの外国人が購入している。

得に多いのは中国人、香港、シンガポールと中華系ばかり。

リゾートタイプの不動産販売は、自分達が使用する以外にレンタルするリース型なので ある程度の収入が入る形だ。

問題はシーズンなので毎月満員って事が無い。※ここ注意

もしも自分が持っている不動産を海外に持つならエアーB&Bにした方が儲けが出る。

例えば欧州のリゾート地にあるビィラやアパートは1週間での滞在費が30万~100万を超える金額だ。

家族やグループ使用が多く 借りる人は大勢いる。

もちろん管理や手入れ、掃除もあるが1カ月400万も収入になるケースもあり夏が一番儲けが出る。

ニセコがバブル崩壊にならない事を願いたいが・・・。

 

 

<早期リタイアは勝ち組なのか?>

海外でのリタイアは長く続か無い事もありえる。

今、「リタイアメント・ビザ」と言うのを聞いたことが無いだろうか?

リタイアメント・ビザとは その国のアパート(物件)を買うと移住ビザが付く事である。

カタールやドバイの様なモダン中東での販売されてるリタイアメント・ビザは100年保証と言うのが広告だ。

中東は税金ナシだよね って浮かれてはいけない。

リタイアメント・ビザがあっても消費税はあるので、物価も高い中東の全ては輸入に頼る事になる。

なので物価は2倍と思った方がいい。 ローカル(現地の)レストランは安いが 一般レストランは高い。

それはシンガポールや香港も同じ。

中東では酒が飲めないので、酒のパーミット(証明書)を作るかホテルでしか飲めない。

自宅で貯蔵なんてしたら禁固刑だ。

 

マレーシアでもリタイアメント・ビザがあるが ここ近年マレーシア老後移住が急増してしまい審査が厳しくなっている。 

リタイアしても スローライフを送りたい人には 良いかもしれないが 友達や親せきも居ない・・・となると

かなり孤立した老後を過ごすことになる。

TVでマレーシア老後をと言うような豪華で海が見えるアパートは価格も5千万はするし

これに住民税、アパートのセキュリティー管理費、食費、医療保険を支払うと結構な金額だ。

しかも建築ラッシュのマレーシアでは不動産がバブル。

昔購入したアパートも、建築方法が雑の為に老朽化が激しくビルの崩壊?もありえる。

地震がほぼ無いが自然災害がある。

一番厳しいのは夏だ。

中東は5月から50度を超える。外は歩けない。 

マレーシア、香港、シンガポールはムシムシするし スコール(ゲリラ雨)もある。

冬でもエアコンを使う事もある。

虫が嫌いな人は住めないしゴキブリだって巨大だ。(←この時点で住みたくない)

香港は中国からの大気汚染からアパートの中までダストが入ると言うから驚く。

大気汚染で外にも出れず学校が休校にもなる。

暖かい国の南国に住む・・・と言う事は多少のリスクもある。 

 

私の知人30年イギリスに住んでおり 老後は そのままイギリスに移住を決め、自分の両親を呼び寄せた。

イギリスではイギリス国籍を持つ子供、親族は親を呼べれるシステムがある。

条件は、資産や貯金額の審査 国内年金、生活保護は受けれない、国営保険の加入が条件付きとなっている。

審査を受けるまで1年は掛かり、東京の自宅を売り老後の資金源とした。

知人はご主人が駐在で借りていた社宅を買い取り4部屋の1軒家を両親と同居をしても十分暮らしているスペースを持っていた。

最初の数か月は、旅行気分で 楽しい日々を過ごしたが 自分が70近い高齢者ともあり 友達と会えない寂しさ、

自分で街に行き買い物が上手く出来ない、言葉の壁、日本食があまりない、全てが不自由と感じしてしまい2年目には引きこもったという。

このままでは両親はうつ病になると感じた知人は(娘)

2年前に親が売った残りの資金で東京に小さなアパートを買い日本へ本帰国させた。

ここで問題がある

近年、日本の銀行から海外銀行への送金が使用が出来ないので(現在はみずほ、住友以外は全て出来ない)

日本人が海外での不動産を買う事に無理が出てきている。

うん・・・。まず海外への送金を辞めるとかじゃなく 国内の詐欺集団にお年寄りが送金できないセキュリティーの

方が先だと思うますが。

現金を100万ずつ引き落としで自分で運ぶか? 金塊はアウトだから、金のジュエリーや時計に変える方法か?

こうして

香港ママも生活が厳しくなり3年後には香港を出る決意をしてる。

彼女の様に、長年中東で暮らすイギリス人も多く 祖国へ戻り普通の暮らしに慣れるまで時間が掛かる。

そう、マダムボケである。

夢みたいなお話は、誰にも通じない。

まさに、箱を開けてしまった浦島太郎のように・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

そうだ!コートダジュールへ行こう! 南フランスより

2019-07-12 16:48:18 | Weblog

7月12日

 

夏の家族旅行・・・。

かなり悩んだ。

イギリスから飛行機で3、4時間の場所でのリゾート地を探していた。

イギリスの夏は、お天気が悪いと寒いし海に入れるような「夏」では無い。

イギリス人の夏休みは、みな暖かい場所を求め海外へGO

ってな事で・・・。

今年はコートダジュールへ決めた なんとも高級な響きだ~ 

フランスの地中海なんてお洒落過ぎる。

プロヴァンス、カンヌ、ニース、モナコ・・・。

今回は車をレンタカーし、南フランスを回る事にした。

南フランスの国際空港はニースの空港。今回はアムステルダム経由で行ったのでニースまではフライト1時間半くらい。

パリからでも1時間ほどで南フランスへ行けてしまう。

 

空港レンタカーを予約し 滞在場所はカンヌ。

ハリボの仲良し2人組でレッツゴー

 

ニースからカンヌまで高速道路で30~40分ほど。

フランスは左ハンドルなので、運転が慣れるまで時間が掛かるので 

レンタカーをする際には必ず保険加入に入る事をお勧めします。

フランスの高速道路は日本と似ている感じ。料金は高くは無いが 一部では現金が使えないのでカードが必要だ。

デービットカードもしくはクレジットカードを用意した方がスムーズ。

間違えて イギリスから車を持って行きましたーーーなんてしたら支払窓口が逆になるので注意です。

 

今回はフランス生活をしたくて、レンタル・アパートを借りました。

もちろん駐車場付きで

駐車場が無いホテルやアパートは駐車場を探さなくてはなりません。

路上駐車が多く(縦列駐車)1日15ユーロほど。(地下駐車場なら若干高め)夕方6時以降は路上は無料です。

ホテルでの駐車も無償で停めれるのは、フェラーリ―やポルシェランクの車ならOKですが

BMW、メルデデスクラスでも料金が掛かる地下駐車場になる事もありますので注意です。

ちなみに、カンヌのマリオットは1日40ユーロ掛かります。

南フランスでは、みな車を持つ生活です。 

アクセスは良いのですが、バスや電車の本数は少なめですからコートダジュールをバスで移動する際には事前に調べておくことです。

タクシーやウーバーでの移動も多いのでパリみたいな運転が荒いドライバーは南フランスには居ませんから大丈夫です。

 

カンヌに着き この日の温度は34度。ムシムシ~~~あつーーーっ。

青い空白いパラソル 最高のコントラストです。

 

海岸沿いで見つけました

カンヌ映画祭の場所です。レッドカーペットでみな写真撮影

隣はカジノとヨットハーバーです。

ここは、色んなエキビションとして使用しているのでコンサートがあったり、私が滞在中にはビーチ・レイヴパーティーがありました。

 

 

フランスの生活を楽しみたいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

フランス人は痩せている

2019-07-10 12:47:12 | Weblog

7月10日

 

私はパリ人が嫌いだ。

あくまでも個人的な意見だが。

よくパリはお洒落で憧れる とか言うが

パリ市内は汚いし臭いし犬のう〇こは多いし、人は多いし、移民ばっかだし、スリも犯罪も多いし物価も高い。

 

私はパリに多くの知人が住んでいるので、たまーーーにパリへ足を運んでいるが地下鉄にも乗らないし(臭いし怖いし)

市内をブラブラするなら、ひたすら歩くかウーバーを使う。

 

だだね・・・。

南フランスは違うぞ

南フランス・コートダジュールは まさに おフランス 違うフランスが そこにある

ここは別世界のフランスだ。

素敵すぎるだろう~

南フランス人はパリ人を嫌い、パリ人は南フランス人を嫌う。

何故か?って????

南フランスに住んでいるフレンチはマナーがあり、みな金持ちで優雅で気品がある

街にはチリ1つ落ちていないし、犬の💩なんて 見ない。

むしろ、ハエすらも飛んでいない。

南フランス人は順番も守るし、列にも並ぶし、交通ルールやマナーもいい。みんな譲り合う社会だ。

笑顔で挨拶するし、マルシェで知らないマダムからも声を掛けられたりフレンドリーで親切。

しかも、みな流ちょうな英語を話すし通じる。

最高だぞ南フランス 世界の豪富が集まる南おフランスなのだ

※モナコの若者は気品があり過ぎる。

この季節の南フランス人は、みな素敵な装いが多く まさにエレガントなファッションショー。

「パリ人は10着しか服を持たない」の本があるが、

南フランス人は 相当の衣装持ちだ。 とにかくお洒落過ぎた。

ファットファッション、中ブランド、ハイブランド・・・とバランスよく店がある。

安くて可愛いお店が沢山ある。

10着しか・・・・の本を私は読んだがパリ人が10着しか持たないのは、部屋の間取りの問題があるからだと思う。

そう、都会に住む人のアパルトマンは狭いし保管場所も無い。

実際にパリに住んでいる知人のアパルトマンも狭く家族4人で2部屋、1つサロンは普通なのだ。

おまけに備え付けのクローゼットなんて無い。納戸も戸棚も無い。 

自分でワードローブを付けるかタンスを買うかだ。

ますます部屋が狭くなる。

だから服を買っては 数か月後に断捨離し その繰り返しをしている。 数を増やしたく無いから服が少ない。

パリでの大きな高級アパルトマンに住めるなんて夢の夢。

ロンドンやパリ、アムステルダムに住んでいる知人は しょっちゅう断捨離ばかり。 

新しい服を買って数か月邪魔になればチャリティーショップへ持参する。

だからパリには多くのビンテージショップが存在する。

同じフランスでも 南ファッションセンスの意識の違いに驚くばかりだ。

 

<フランス人は痩せている>

フランス人は痩せている人が多い。本当に体系維持が素晴らしい。若者からお年寄りまでスマート体系が多い。

朝早く起きて自転車、マラソンやウォーキングをしている人も多いが 秘訣はそれだけでは無いはずだ。

 

私はフランス滞在中に ある事に気が付く。

驚くほどに間食が無かったこと。

イギリスに住んでいると、お茶の国ともあり

朝食が落ち着いて掃除後に1杯。ランチにも1杯、午後には 甘いお菓子とお茶・・・と とにかくダラダラ食べている。

そのお陰で私のお腹はマフィントップ化となった。

※マフィントップとはお腹の脂肪がベルトから出ていてマフィンみたいな形の意味。

もう一つは 今は揚げ物は止めているが 安い国はチョコや揚げ物の消費が多い。

寒い国は甘さやエネルギー系の食事が欲しがる。

30度も超える南フランスじゃ、チョコや甘いお菓子、揚げ物は 流石に食べたいとは思わない。

レモネードや炭酸水が飲みたくなる。

朝食はクロワッサンとコーヒーなどで済ませ、昼に大きなランチをしたら夜は軽食って感じを過ごした。

サラダのボリュームもかなり違う。 1皿大盛が多く これでお腹いっぱいになってしまう。

フランスは野菜や果物も若干高め。

だからカフェでニュースサラダを食べたら色んな栄養が取れる。

 

なのに痩せているのは・・・。

そう

フランスはカフェ文化であり、よくしゃべるからだ。

おしゃべりをしていると自然にお腹は空かない。 おしゃべりだけでお腹がいっぱいになるからだ。

イギリス人はカフェに入りお茶を飲み干したら さっさと店を出る人が多い。

1杯でダラダラ同じ店に居座らない習慣がある。 

フランス人は散歩をする習慣もあるので散歩&おしゃべりは最高なダイエットなのだ。

イギリス人は他人の体系には気にしない。

人は人。痩せなくとも20号までサイズも売っている。

だがフランス人は体系を気にするしデブのサイズは無い。

そうそ、あの シャネルのデザイナーのカールラガーフェルドがH&Mとのコラボでサイズ14号以上の企画を断って炎上した事がある。

「私は、そんな体系の服を作る為にコラボを依頼を受けたんじゃない」っとね。

うんうん、その気持ち 十分に分かるぞ。 

こんな炎上をした後に 嫌味でドルガバがデブサイズを発売したのもある。

私が思うには

サイズ6号と14号が同じ値段なのが腑に落ちない。問題はそこにある。

 

<フランス人は食べたい物だけを買う>

アメリカやイギリスではスーパーでの買い物は まとめ買いが多い。そして車を使う。

みな大きな冷蔵庫を持ち、冷凍庫専用もある。

車があるから大きな物がまとめて買える。

パリの様に交通が便利になると 車を持たなくなる。まとめ買いが出来ない。

水を買うのだって1Lの2本持つのが限界だ。

今日食べる物は今日買って、明日食べるものは明日に買う感じ。

朝に市場(マルシェ)で 野菜と果物を自分が食べれるくらいしか買わない。

決して、多めに買ったり それも、あれも・・・の買い物は見られない。

新鮮な野菜、果物を自分だけが食べれる量を買う。

まとめ買いが多い…意味は日持ちがする加工食品も多い・・・って事になる。

共働きや、帰宅が遅くなると便利な物が良い。

栄養があって、食材が多く彩や健康を考えての食卓を日本人は好む。

地震や災害が多い為に、保存食やインスタントレトルトの常備が必要となるので 買い置きもしてしまう。

 

〇ックパッドの献立写真を見ると、テーブルには何品も何品もあり これを毎日作って居たら家計も大変だろう。

ちょっと前では1日に30品ものを食べるなんて、常識を超えたナンセンスな事があったっけ。

1日で30品目の食事を食べれるって相当だ。まず金が掛かる。

イギリスのガイドラインは1日に5品目を食べる事を目標としている。

現在の日本も食品の見直しで1日に14品目と上げているが、それでもかなりハードルは高い。

例えば我が家では月曜日はベジタリアンメニューで、翌日は魚、肉、ベジタリアン・・・と繰り返す。

もちろん、レストランへ行く事もあるし 今日は軽食で済ませようもある。

だから、肉、肉、肉料理が続く事をしていない。 イギリスでは毎週金曜日は魚を食べる。

これはカトリック教からの由来。今は宗教関係なく毎週金曜日はフィッシュ&チップスは大繁盛で

日曜日はローストを食べる。

その昔は月曜にはOOを食べ、火曜日にはOOを食べ・・・と言った感じの食のサイクルがあった。

多分、今現在でも欧州では何曜日に何を食べる・・・と習慣はあるはず。

今の若者みたいに、ジャンクばっかインスタントやレトルトばっか…では無く月曜日にOOを食べる・・・と言う意識があるからこそ食のバランスが保絶えています。

そして、朝は果物を沢山食べ、お腹が空いても果物や野菜ステックを食べる。

欧州では化学調味料の規制と販売が厳しいく 日本の様な陳列が多いインスタントラーメンの棚はみない。

日本人がイギリスで食べるご飯がマズイと言うのは化学調味料ばかりの食品を食べているからです。

日本は化学調味料の規制がありませんから。

 

<フランス人は日本食が大好き文化>

今じゃ すし屋は 何処にでもある。 日本人が握る店は ほぼ無いが 中国人かフィリピン人が多い。

高級ホテル、リゾートにある様な すし屋の魚は新鮮で美味しい物が多い。 

要するに一番美味しい魚の流通だ。

私は地元は仙台で、塩釜の魚市場が有名だが 一番美味しい魚は銀座へ行くのと同じ。

暑い国となると、刺身や寿司などの冷たい料理も人気。

フランス人は白米に醤油をかけて食べる。 白米専用醤油が売っている。

ちょっと変わり巻き寿司でも、食べてみると 新しい発見があり 美味しい。

だだ流石に南フランスとなると汁物が無い。

ラーメンとかうどんとか。スーパーで出前一丁のインスタントラーメンが1.50ユーロで売っていたのには驚いた。

日本で1袋50円で売っているインスタント袋のラーメンでも、南フランスでは高級インスタントラーメンだ。

私は旅行へ行く時には日清のカップラーメンと割り箸を必ず持参する。

ラーメンが食べたいから の意味では無く 観光ツアーが深夜に戻り店が無い、疲れて外に出たくない為の非常食で、

部屋にケトルがあれば すぐに食べれる。

パリの様に日本食材は豊富では無いが代用になる物はある。

味噌汁だって、モノプリへ行けばインスタントの味噌汁が買える。

あ・・・。

そうそう、カンヌで入ったすし屋。

出された味噌汁の具材がマッシュルームだった こんな具材を入れるとは・・・・と思って食べてみたら

意外とイケた。

カンヌの海岸には多くのシーフドレストランがある。

や、焼きそば食べたい~ なんて想像した。

 

次は香港の話へ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

海外のヤバい、怖い仕事

2019-06-29 10:39:26 | Weblog

6月29日

 

日本の時事ネタでは「闇営業」報道が多い。

反社会的勢力との繋がりを排除する為に どんどん明るみ身に出た。4年も掛かって報道されるって社会にも驚くが。

昭和の日本復興ともあり、多く反社会的勢力との付き合いや繋がりがあった時代でもあり その名残の

仕事は現在にでも沢山ある。

例えば

私が知っているファンタジーな話は

親が個人建築会社を持ち、その子供達が飲食店経営を持つケースが多く 子供達が反社会的勢力に関係無いとし

親がそれ系の場合もある。これはキッパリ言える。

個人駐車場経営も それ系の人が多い。 

私が学生の頃に付き合っていた彼氏は歯学部の学生で親は超が付くほどの有名反社会的勢力OO組の息子と人から知らせれた。

付き合っていた本人の私ですら秘密にされたが、彼が卒業し歯科院で数年修行し そして開業する。

この資金だって自分の親になる。 

特に風俗や接客業のあるクラブや飲み屋やバー関係の経営は それ系の人が居なかったら成り立たない商売。

それは日本だけでは無い。言ったらキリが無い。

今回は海外のちょっとヤバい話をしましょう。

 

<運び屋>

成田で70代の老人が逮捕されました。

中身はスーツケースの中に入った薬物です。 老人は知らなかったと言います・・・。

 

ってニュースよく聞きませんか? 

私の知人が日本へ里帰りの時にOO空港で不審な荷物を運んで欲しいと声を掛けれました。 

一体どんな感じなのでしょうか?

 

チェックインカウンターに並んでいたCさんは70代の老婆に声を掛けられました。

見た目は、身なりもきちんと整えている 何処にでも 見られる感じの普通の老婆です。

老婆はCさんに

「あなた、OO国へ行きますか? 私は搭乗しませんが、この荷物を そこまで持って行けますか?」と尋ねられました。

老婆は2つの手荷物を持っており 1つは自分のバック 1つは謎の荷物です。

見た感じは旅行へ行く感じには受けなかったそうです。

人柄も良く誰にでも親切なCさんの癖はお願いされたら断れない性格を持っています。

会社の仕事でも、人に頼まれたら断れず引き受けてしまいます。

Cさんは その場で ハッとし 老婆にNO!NO!OO国!と言ったそうです。 

第一に、荷物だけをお願いする…意味は「運び屋」中は薬物です。

キッパリ断ったCさんは 老婆の行動が気になり空港で様子を見ると色んな方に声を掛けOO国へ行く方をを聞いていたそうです。 

チェックインカウンター付近にて「運び屋」をして欲しい声掛け、他国にも多い事を知りました。

格安航空で乗り換えを繰り返しアジア方面へ行く搭乗者やアジア人に声を掛けているケースが多いからです。

その理由はアジア人は断らない、アジア人は英語が分からないし通じない・・・と言う弱みを知ってターゲットにしているからです。

空港で見知らぬ人から この荷物を持って行ってくださいと言われたら 即 空港管理の警察に通報してください。

 

<現地がする日本人の無許可バイト>

同じ日本人として、ちょっと信じがたいと思いますが 近年 現地に滞在している日本人が日本人観光客を狙う犯罪もあります。

個人旅行が増える中、見知らぬ土地での不安からSNSの利用方法です。

一番、危険なのは

「空港まで迎えに行きます

日本語で対応、現地滞在歴OO年、ホテルやお買い物送迎いたします

一見、安心してお願いしようかな?と感じてしまいますが 白タク、無許可ですので要注意です。

乗車金額やメーターはありません。自家用車ならドライバー以外に4人乗車出来ますが1名分の金額設定です。

タクシーなら1台の金額分で済むのに対し4倍の料金設定です。

自家用車にはチャイルドシードの義務化がありますからオプションが付きます。

仮に このような個人運搬にお願いし事故やトラブルが発生したケースは警察に話しても聞いて貰えない事も多いので要注意です。

現地のタクシーが不安なら、矢張り便利なのはウーバーです。

 

同様に現地バイヤー募集と言うサイトもありますが実際に購入しそれが本物とも限りません。 

現地バイヤーもバイトや副業感覚なのかもしれませんが、口座に振り込まれる仕事代は税金申告はしていない方が多いと思います。

海外の銀行の送金に関しても非常に厳しチェックが入ります。

私働いていないし、自分の日本の銀行から送金しただけなのに・・・・だけでも税金のチェックが入ります。

海外駐在での「あるある」では、とっさのお金を日本の口座から海外への口座へ移し税金が取られているケースです。

金額が大きくなれば、なるほど税金は上がります。

日本の銀行は海外の送金に関しては聞き込みもしませんが 欧米での銀行は送金の際に10万でも20万でも理由を聞かれます。

それは、詐欺集団や危険なトラブルを防ぐ為に銀行員が間に入り聞き込みです。

日本の銀行では一切、このような事はしておりません。 

詐欺が減らないのは、日本の金融に問題があり過ぎなので減るはずがありません。 

詐欺集団に多額の金額を個人通帳から移動し、疑いも無く金を動かす銀行員にも問題があるんです。

財務省が老後資金に2千万が必要なんて、言っちゃったら新たな詐欺預金集団が増えるに決まっているじゃないですか?

 

<海外にもあります。闇金業者>

昭和には沢山、サラ金融が多かった。 サラ金の意味はサラリーマン金融からの由来である。

顧客相手は、サラリーマン、主婦、学生。審査方法も簡単だ。きちんと返済をしてたら何も問題は無い。

大きな繁華街のビルの1室が・・・って、今でも存在する。

昭和の時代、一番有名な〇富士。 

私の知人は〇富士勤務経験者がいるが給料も凄かった。 (恐ろしいくらいバブルな給料)

銀行勤務よりも〇富士、〇コム本社勤務の人達はエリートが多い。(←マジな話)

〇富士が倒産したって、社員はエリートだから 再就職も良かったはず。

実際に知人も凄い会社に転職したしな。

メガバンクが普通にサラ金を系列にして運営しているが銀行よりも街金の金回りの方が良い事を知る。

今の若者は知らないが〇コムや〇ロミスも元はサラ金で退職寸前の銀行員の天下り、出向として合併しているようなもんだ。

銀行がサラ金をクリーンなイメージを作りだしているから〇コムは銀行だよと思う人がいる。

知人のご主人は長年〇コムの社員。管理職は支店長。

そりゃ~忙しい日々を過ごし残業も出張も多かったブラック企業代表でもあった。

メガバンクの合併で銀行からの天下り、出向が増える中 元からいた社員の居場所が無くなり自主退社も増えた。

※これは実話

銀行からの出向先がサラ金であっても銀行員は銀行員だから態度はサラ金よりもたちが悪いと言う。

銀行から お断りされた人が次へ行く先がサラ金になるからだ。

 

イギリスにもサラ金、闇金はある。 個人貸金もある。それはマフィア系で会社を持たず携帯だけでの運営で

お金の貸し借り、返済も場所指定されるので怖い。

銀行からお金が借りれず、口コミで たどり着けケースが多く対象は貧困者や薬物依存者。

もちろん貧困老人にもありえる。金利も何百倍もの返済が付く。

イギリスで一番有名なサラ金は「ウォンガ」と言う会社。

ラジオやTVのCMで、ちょっと変わったパロディー音楽を使っているので国民は100%頭に入っていはず。

近年、家やアパート購入が出来ず格差社会の中 銀行からローンも組めない人が急増している。

自分が長年利用している銀行からお金を借りれない事もあるからだ。

それだけ銀行のローンが厳しいし、外国人の移民が増えると更にシビアになる。

 

<Sさん家族 子供2人のケース>

4年前に転職し引っ越してきたSさん家族。 それまで家を買おう考えても居なかった。

奥さんは運転はしないので便利な街中のアパートを借りて住んでいた。

2人目の妊娠を気に、子供達の学校問題、子供部屋などを考えだした。 

家族4人・・・部屋が2つは狭い。

そんな矢先に大家から退去命令が出た。

イギリスでは大家から退去命令が出たら2か月以内に出るルールがある。

退去命令には様々だ。

家賃を値上げか物件を売りたい、貸出人がイヤだ、子供に部屋を荒される、ペットに汚される理由が多い。

イギリスちっくなアパートが気に入っていたSさんは、大家さんに延長を希望したが その答えは家賃が上がる条件だった。

2か月以内に次の住居を見つける事は欧州では大変だからだ。(賃貸が少ない為)

なんとか近所に見つけ、これを機会にSさん達は本気で家探しをし始めた。

Sさんは会社の社員4年目。 役職もあり 順風満帆な生活を送っている。

がっ

Sさんには貯金が無い。

家、アパートを買う・・・となるとある程度の頭金が必要となる。 頭金なしでのローンは組めないし銀行も貸さない。

15件の物件を見て購入希望を出したが全て15件ともアウト。

このままでは家が買えない。 Sさん妻は泣く泣く実家の両親にお願いし頭金と自分が貯めていた貯金を使う事に決めた。

それでも物件に対する頭金が足りず銀行から再度NOと言われ、辿り付いたのがサラ金から住宅ローンを借りる事になった。

これ以上、聞くのも怖いが それから私はSさんとの付き合いは途絶えた。

 

 

<ポルトガル、イタリア、ポーランド、ロシア、中国、トルコ・・・等々>

 

どの国にもあるイタリア料理店は、ほとんど それ系。 戦後の復興にて多くの移民が住み、街を立て直した。

今でもイタリア料理店、中華料理店などにはシャバ代があり縄張りもある。

現金商売の裏の背景には税金配策、そうシャバ代を払う為だからだ。

欧州でのキャッレス化を進めているのは税金逃れを防ぐ為。

チップは現金が多い為に、この金額は税金申請しない事が多い。 直のお金だ。

 

イタリア移民は飲食店用の1Fテナントを買い取り、レンタルで貸す人も多く契約内容はまさにヤクザだ。(高金利)

ポルトガルでビジネスが儲からない理由にはヤクザ勢力が強すぎて売り上げの半分以上は持って行かれる。

だから

本気でまともなビジネスをしたい人は、祖国を離れて違う国で商売をする。

EUになってから、ポーランドの出稼ぎが多い。 

流ちょうな英語を話し、几帳面な性格から、あらゆる仕事をしている。

一番多いのは大工、ホテル、レストランなどの接客業、ヘアーサロン、看護婦など ポーランド人の話を聞くと、

「資格は取れ」と言う職人気質も多い。

それじゃ資格が無い人は?と言うと近年多いのは車の洗車業者ビジネスが目立つ(←ヤバい系の人も多い)

高級車や大型自動車になると、オプションを付けてくる悪質洗車業者もあるので金額は先に聞く事。

 

個人観光ツアーに関してもガイドがお土産屋とグルのケースも多いので興味が無いならキッパリ断る事です。

 

退職後には趣味の様なカフェを作りたい、小料理屋、居酒屋を持ちたい・・・そんな憧れ居ませんか?

きちんと調べてビジネスをしないと どんでもない事にもなりえる。

トラブルに巻き込まれない為には弁護士さんを雇い、お金の事が面倒なら税理士さんを雇う事。 

 

海外で変だな?怪しいな?おかしい??と思ったモノには、手を出さない事です。

そして海外で被害を受けたなら大使館や領事館へ行く事もお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

考えてみる環境問題 ベニスより

2019-06-23 09:19:14 | Weblog

 

6月23日

 

一昨年の夏にベニスに行った。 

絵画にあるような場所が本当にある事に感動した。 素敵な町並みで また訪れたい・・・と思ったくらいだ。

みな、一度は訪れたいはず。

 

私が旅行で訪れた頃もベニス観光問題があった。

1つは観光客の多さ、1つは観光大型船の入国。

この どちらともベニス市民は嬉しくも無く むしろ迷惑をしている。

イタリアの夏は非常に暑く観光客が増える7月、8月となると市民はベニスを離れる。

えーーーー 稼ぎ時なのに??と思うだろうが

近年の観光客の低層マナー、ゴミ問題と市民が激怒しており、政府との衝突も多い。

イタリアでは観光収入の中でも断トツに多いのがベニス市だからだ。

 

この写真を見るように、ベニスでの移動手段はボート。 それぞれの島に行くにしても水上ボートが市民のバスかタクシーだ。

なので、ベニスの海は汚いない。 海の汚染された油も凄い

大型船がひっきりなしに、やってくる。

見ていても、よく衝突しないな・・・って思って居た。

この美しい街並みに大型船は合わない。 

大型船での観光は停泊中の金銭発生がしない為に、そこにも問題があった。

大型船は、宿泊も船、食事も船の中なので、ベニスに一銭もお金を落とさない。

むしろ観光逃げと長年言われてきた。

イタリアの中でも一番物価が高いのがベニスで宿泊施設が少ない為にホテルも高額、レストランも高額、全てが高い。

宿泊先が無いなら? 大型船でしょそれなら観光安心って思うのがクルーザー会社なのだ。

近年、大型クルーザー旅行が大人気。

一度に、何か国も行ける、贅沢、豪華と言うイメージが定着し旅費も安くはない。

館内にはプール、映画館、ショッピングセンター、ショーなど ゲストが暇せず楽しめる。

 

私も一度、エジプトのナイル川のボートの旅を1週間行ったが1人50万以上もする。←会社にも寄るが。

アガサクリスティーの「ナイルに死す」の小説では無いが それもあってボート旅が人気なのもある。

※実際にアガサクリスティーと言うクラシック船の旅もある。(←これはマジで素敵な船

3食付き、観光代込み、毎晩夜のショーやイベントの料金込みで、とにかくサービスがいい。

エジプトとなると現地の通訳も必要で安全面を考えると、危険地域の観光は100%ツアーがいい。

決して個人旅行はしてはならない。

(飲み物は別料金、子供料金は無く一律)

エジプトまでの飛行機代は別料金だから、このように大型船のクルーザ旅行も集合する前の交通手段は自腹。

一番、私が驚いたクルーザー船の旅で世界一周旅行、そのお値段が日本円で1人3000前万円

アパートが買えてしまう金額だ

超が付くほどプライベート旅行で人数が限定されおり このクルザー旅行の日数も凄い。

200日以上、約1年近く掛けて世界を回るのだ。

料理は3星、船以外のホテル宿泊先は5星、とにかく優雅な旅。

この運営会社、1度だけ ガーディアン紙の旅行の広告に出だだけ。

ガーディアン紙に乗る様なホテルや旅先は写真だけの掲載で、詳しい記載を載せていないのも気になる1つ。

その背景には人が押し寄せない気使いがある。

この時代、お金を出せば良いんでしょ誰でもと言う、マナーやルール知らずの成金がインスタ映え、ユーチューバーなど世間からズレている人が多い為に ホテルやレストランなどの掲載方法も変わって来ている。

※名前も場所も記載しない方法。

このホテルに泊まりたいっと思い、やっとの思いで調べたら・・・・。

1週間、朝食は別料金、日本円で120万以上する事が分かった。 た、高すぎだろう

そう

近年このようなホテルが目立ち お支払いが出来る、品格がある方どうぞ・・・・と言うのが多い

今、あちこちの都市で 観光客のコントロールが始まっており

日本の様に「外国人歓迎」では無いからだ。 

例えば、他の国で人気都市の運行や直行便を廃止か数を減らす方法、入国料金を徴収している。

ホテルになると宿泊税金を取る。

私の知人は長年、京都に暮らしており 外国人観光客の多さに京都市民が激怒している困ると言う声を一切政府には届いていない・・・・と怒っていた。

外国人観光客が増える中、現地の人の生活に支障が出ている為に住民が敏感になっている。

これ、GWの鎌倉も同じ。 江ノ電を利用している知人は 本当に迷惑をしている。(→私の知人家族)

そうそう

今、ベトナム、タイ、マレーシア人が行きたい国が「日本」とタイ人に話された。

しかも、行きたい場所が・・・。ピンポイントが奈良の「東大寺」 

最大の大仏を見たい気持ちは、仏教国なんだな・・・と思って聞いてみたら

タイの番組にて「東大寺」の特集があったそうだ。

1年に一度の東大寺の祭りのドキュメントと見て感動し、絶対に「東大寺」に行きたい・・・と言う。

東大寺の他に何処か聞きたい場所は無いのか?尋ねると、

「日本の田舎」へ行きたいと話された。

東京や大阪の様に大きな大都会はバンコクと変わらず、高層ビル、ショッピングがメインになる。

タイ人の女性は

日本の田舎は本当に美しい。 旅館に泊まり、畳で寝てみたい。

確かに、近年 外国人観光客も増える中 都会への宿泊は立ち寄る感じで決してメイン観光では無い。

日本にまで来てグッチやヴィトンなど買わない。

1,2宿泊東京や大阪に立ち寄り、みな圏外へ行ってしまう。

ほとんどの外国人は日本旅行はリピート率が少ない為に(遠い、高い、リゾート地で無いから。)

2週間滞在の中でも3,4県を回る。

私も日本へ里帰りする際には、外国人の立ち寄る観光をメインとして検索し尋ねる。

彼らが行く先の観光は日本人でも行かない様な穴場が多い。

ディズニーやユニバーサルの様な遊園地には行かない。 

 

ベニスのようなフラットの町並みが 私は心地よい。 

こんなにも青空が見える景色はじだいを超えても何百年も同じ・・・・って最高じゃありませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

イギリスも働き改革が変わる

2019-06-17 08:41:19 | Weblog

6月18日

 

何かと出費が多いのが40代~50代です。

住宅ローン、学費、中には両親への介護費もあります。

その中から、自分の為に使うお金も限られてきますよね。

家族旅行、ちょっとしたお洒落なレストランでの外食、趣味にも使いたいって思う人も多いはず。

住宅ローン、学費が終れば 今度は自分達の老後の蓄え金と考えると頭が痛いものです

 

日本では年金問題で揺れていますが 世界同様に同じ問題を抱えています。

世界的に見ても、寿命が延び イギリスも長寿大国です。

欧米では年金だけではなく生活保護者、移民、難民支援金など多くの課題があります。

税金が高い理由は福祉だけではありません。

今後、外国人が増える日本も 決して他人ごとでは無いからです。

 

<勤務体制を考える>

 日本も夜中の残業をする時代ではありません。

残業=格好いいじゃん と言う昭和ではありません。 

むしろ 仕事の能率悪くねー? 貴方の仕事が遅いんじゃないの?って言う時代です。

基本、欧米では残業はありません。 残業代は一切出ません。

フランスでは週5日勤務は35時間と法律の決まりがあり、それを超えると自動的に1日休まされます。

本当の本当なです。

定時で仕事を終え自宅へ帰り家族と一緒に夕飯をします。

仕事、家族、プライベートと言う時間をキッチリ決めています。

一番、理想的な日常じゃありませんか?

なので、欧米での趣味のレッスンなどは 夜のコースが多いんです。

友達との飲み会や食事会にしても、みな 一度自宅へ戻り 身だしなみを整えて行きます。

私も実際に通うダンスクラス、手芸クラブも夜の7時から開始です。

 

日本でも残業が出来ない会社は早朝出勤ならOKと会社もあり、満員電車に乗り疲れて会社に出勤するなら

早朝出勤する人も多いとか。(早朝代を出す会社もあるんですよ)

この早朝出勤方法、外資系や金融に多いやり方なんです。

例えばアメリカ。

NYとLAの時差は3時間。(アメリカって本当広いんですね)

NY時間で合わせるとなるとLA勤務の人は3時間早く会社に行く事になります。

私も4月にLAへ行きましたが、24時間 車も常に走っているし朝5時頃の車の多さに驚いたくらいです。

LA市内に家やアパートを買う事が出来ないので、みな車で1時間郊外に自宅があるのは普通・・・と話されました。

 

中東や東南アジアも同様で暑さの為に 会社、学校開始は朝の7時からが多いです。

夫が勤務していた会社は朝7時から4時まで。

子供達の学校は遅くとも午後1時には終了でした。

 

これがスペインやイタリアとなるとシエスタの時間がある為に学校へ通う子供達の中時間がとても長く、

朝登校→昼に自宅戻る→夕方学校に戻る・・・です。

話を聞いて、面倒だな~~~って思いましたが スペイン人の知人いわく 夕方 涼しい時に勉強をした方が

効率が良い。夕飯も夜の8時、9時をまわるけど 食べたら子供達はすぐに寝る

満腹になり寝ると言うから 笑えますね。

 

余談ですが

イギリスでは5時に夕飯(サパーと呼び)7時に子供の就寝、8時以降は親の時間・・・と言われております。

日本の様にガッツリ系の夕食では無く軽めの夕飯です。

※我が家は日本式ご飯ですのでガッツリです。

イギリスは6時以降の子供番組はありません。

ストロングラングレッジ(やや下品、卑猥、恐怖、Fワード)の様なTV番組は放映上、夜の9時以降の法律があり

TVが始まる前に警告が流れます。

番組内容で時間帯が決まっているんです。

イギリスはTV関係厳しい と思いますが、アメリカや他の欧州も実は厳しんですよ。

裸でお盆芸なんて やっていたら 公然わいせつで逮捕です。100%TVでは放映できません。

 

この様に、社会全体が勤務時間や学校登校時間が変わると流れがスムーズになりストレスを抱える事も少なくなります。

イギリスは公立と私立の登校時間も異なったりもします。

 

例えばロンドンの勤務時間対策は電車から始まります。

朝のラュシュ時間は金額が違います。 高いんですよ。 

ロンドンは世界唯一観光が多い都市です。 その観光客と通勤時間を合わせない為の対策です。

なのでロンドンへ着たら行動時間は10時以降がお勧めです。 ほとんどが10時以降の開店です。

電車も地下鉄もガラ~~~~ン・・・としていますし1日券も安くなります。

この反対もあります。

深夜バスの利用は増しますので要注意です。

 

ロンドンは11歳以下の子供はバス、地下鉄は無料なんですよ これって、凄いですよね

ベビーカーもOKです。 誰も文句を言う人はおりません。 バスにはベビーカーや車いす専用のスペースがあります。

平日の空いている時間帯での電車でも子供料金が1ポンド 

って時間金額もあり実際にロンドンからーポーツマスまで行った事があります。

映画館も平日の昼間は安く、週末は金額が増します。

イギリスでは毎週木曜日が「レイトナイト」と言われ、デパート、商業施設は遅くまで営業し レストランなどでは特別メニューなど、特典があったりするんです。

出会いパーティーイベントも木曜日にあったりしますね。

オランダでも木曜日の夜は飲み、金曜日は早く帰宅して家族の時間・・・と言う習慣あります。

日本がバブルの頃は「はな金」と言う呼び方をしていましたよね?

消費改革でプレミアフライデー(プレ金)が出来ましたが なんかいまいちですよね

 

 

<欧米でのパート勤務>

 

欧米ではパート勤務 いわゆる時間短縮勤務の方を言います。

日本では「アルバイト」と言う言い方をしますが、アルバイトってドイツ語で「パート」の意味を示します。

なので「パート」と同じ意味合いです。 なんか ややこしいですよね

 

週3、週4で働く人、1日に休憩無しで6時間労働、休憩アリで7時間労働と人それぞれ違います。

私の知人は 幼い子供が2人居る為に 学校にお迎えに行かなくてはなりません。

なので、仕事開始は朝の9時から休憩無し午後3時上がりです。 その後、学校へお迎えに行き 子供達のお稽古に連れて行き、自宅へ戻り夕飯を作るスケジュールです。

えーーー お昼抜き? キツイんじゃないの???

っと思いますが、彼女の様に事務仕事ならデスクで ちゃちゃとお昼を済ませるので、1時間ランチタイムを取り外で食べるなら、短縮の方が効率が良いんです。

労働勤務が短い為に、給料は低いですが それでも正社員です。(←ここが日本と違う所)

50代から勤務体制を変える企業も多く週5日勤務を、週3か4日に変わる人も多いです。

※給料は減りますが。

会社に寄っては早期退職を希望を募る所もありますが 定年退職を迎えて一気に暇になるよりかは

週3勤務でならし、趣味を見つけたり 副業をしたりする事も出来るのでストレスはたまりません。

将来老後の事を きちんと考えだします。

もちろん奥さんとの時間も増えます。

突然会社を解雇をするなら、その人の勤務体制を変えての雇用です。

勤務する人が全て同じ時間じゃ無くても良いんです。 

もちろん病を持っても勤務している方、障害を持ち勤務している方 色々です。

在宅だって可能な時代です。出勤だって、数回すれば良いポジションもあります。

AIの未来だから仕事が減る‥‥のではなく、人が働くのを減らす考え方の方です。

 

 

今、日本では「夫源病」と言う新しい精神的な病気が生まれました。

男性の更年期を言うそうですが、定年退職 在宅となり 家に夫が居ることを嫌がる、息がつまる、ウザイ、うるさい、何もしない、妻は夫が家にいるだけが最大のストレスの事を指します。

これが熟年離婚の原因です。

私の周りでも「夫源病」の方は多く すでに一緒に住めない、一緒に食事もしない、一緒に買い物や旅行すら行かない・・・と言う感じです。

なら、毎日の生活はどうしているんでしょうか?

夫婦の顔を合わせない為に、お互いの勤務時間をズラしたり部屋は別々。

最悪な旦那になると、自部屋に備え付けの冷蔵庫、お茶が飲めるポットなどを置き ちょっとしたホテル感覚にしている人もおります。 ちょ、ちょっと・・・これは行き過ぎかと・・・

酷い方は、自部屋で1人飯もおります・・・

知人のご主人様が会社に退職まで転勤希望と言う方も少なくはありません。

「妻源病」の人もいるんですよ

単身赴任をすると、自分で何でも出来てしまいますから離婚後の良いトレーニングとしている方もおります。

なんか、こういう話題が多くなると 日本の奥さんはパートナーでは無いのでしょうね・・・

2つの財布を持つと、意味合いが変わるのは 欧米でも同じです。 

 

<早朝出勤は他にある>

早朝出勤と言うと どんな職業の方を思いますか?

漁業、市場関係、運搬のトラック、新聞屋さん、空港、駅、タクシードライバー、TVやラジオ勤務、パン屋さん・・・って感じでしょうか?

私の知人は無職になった頃のバイトでパン屋さんで働いた経験がありますが毎朝4時起きでした。

とにかく体が早朝に慣れておらず3か月で辞めてしまいましたが重労働・・・・と言います。

近所にあるパン屋さんなら、勤務も便利ですが 交通を利用する・・・となると厳しい物があります。

イギリスでの早朝勤務でも、結構 地味に人気な職場があります。

それはスーパーの早朝棚卸、商品並び補充です。

イギリスのスーパーは早い所では朝の7時に開店します。大型スーパーでは棚卸、商品補充の勤務の人が居るんです。

この人たちはレジ打ち、セルフ監視などは一切せず 商品を黙々と棚に補充します。

ま~、とにかく早いのなんの 

例えば夜の仕事している方が(バーやナイトクラブ)帰りにスーパーの補充仕事し帰宅・・・って感じです。

なるほど~。 これも副業になるんですかね。

ちなみに、スーパー勤務が人気な理由は従業員の割引があるからも1つなんです。

大手スーパーも合併が多く、加盟グループ内での割引って 結構お得なんですよね。

特にデパートのジョンルイスはウェイトローズと言う高級スーパーの経営もしており 一度勤務したら長く務める方が多い。

 

もう一つは郵便配達です。 郵便配達の方も勤務は早朝から午後1か2で終了です。

イギリスの郵便配達員の勤務では2つの方法で、集荷場勤務は夜中から朝までの荷物の仕分け(仮眠付き)と

配達員の仕事です。配達員は歩いてポストをします。 

何故か 一度 配達員の仕事を始めると勤務が長いので何か他の副業があり?の方が多いのでしょうね。

何時も同じ顔ぶれで勤務してる・・・と言うのは体制が良く、その反対もあります。

例えば〇マゾンとかです。 

一昨年、倉庫勤務の職員が内部告発をし大問題に発展しました。

倉庫勤務と言う見えない現場だからです。

〇マゾンの倉庫勤務は監視カメラがあり、物の盗難防止を防ぐの為では無く労働監視もある・・・と白状したのです。

トイレ休憩も禁止、私語も禁止、休憩時間???と奴隷の様な扱いが明るみに出てしまい

今 現在でも ブラック企業のキングです

 

<資格や趣味を生かして、お金にする>

私の知人では、もう数年前から趣味を副業としている方が多く見られました。

仕事を定時で上がり、その後は副業です。

自分の好きな趣味での副業ですから 収入も小遣い程度です。

 

1 バントが趣味で、パーティーや結婚式での演奏者

1 フラメンコ ダンスの講師

1 チーズなどの食品に関するマスター資格を取り 料理教室

1 自分の合ったアロマオイルなどを作るブレンダー師

1 お寺の坊主

1 無償ですがボランティアの仕事で病棟患者のお茶や話し相手、子供病院なら図工などを教える。

などなど・・・。

今、流行りのユーチューバー、ネット販売、ネットで学習講師などもありますが 人と違う事をするから副業が出来るのもあるようです。

共働き社会となり、お子さんの面倒を どうしてもお願いしなくてはならないって時、ありませんか?

幼稚園、保育所の教師免許を持ち、シッターに慣れる事だって可能です。

日本でも月に50万ほどのお給料で人気の方になると100万を超える給料と言いますから驚きますよね。

例えば、イギリスの名門ナニー学校を卒業すると 生徒は それぞれの雇い主の家庭へ派遣されます。

その年収は1千万を超えると言うからプロなんです。

ウィリアム王子の子供達3人も、ここの卒業生出身のナニーが面倒を見ておりますので、きっとお給料はそれ以上に貰っていると思いますね。

欧米ではペットの面倒を見る方もおります。ドックウォーカーや一時預かり所です。(長期ホリデーも宿泊OK)

矢張り、自宅で留守番がは可哀そうですよね。

資格は無くてもOK

この仕事も大変人気がありますから、1日に面倒を見る数も限りがあります。

ワンちゃんのオヤツ、ご飯は持参です。散歩は1日、2回してくれます。 

日中は、飼い主さん宅で自由に過ごして居ますので 檻に入れられているようではありません。

人気のドックウォーカーさんも年収1千万を超える と言うから驚きですよね。

ここまでくると、どっちが本職なんでしょうかね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント