アナーキー小池の反体制日記

世界中のひとが 仲良く助け合い ほほえみながら 平和に暮らしていくために (イマジン)

#2676 小日本主義

2018年05月16日 | 国内の話題
戦前の大日本帝国主義全盛期に“小日本主義”を主張した人がいたんです。
民主主義を提唱し、朝鮮の独立運動に理解を示し、帝国主義に対抗する平和的な加工貿易立国論を唱えて台湾・朝鮮・満州の放棄を主張するなどしたのです。
いわゆる小日本主義で、石橋湛山が主張しました。

石橋湛山は戦後 自民党ができて間もなく、首相の座をアメリカのパシリこと岸信介と争い、総理大臣になりました。
パシリが敗れ去ったことを、アメリカは苦々しく思ったことでしょう。
ところがその湛山、就任後数ヶ月で病に倒れてしまったのです。
そしてその時に副総理だった岸信介が、政権を牛耳ってしまうことになりました。
日本の戦後政治の大きな分水嶺となった出来事です。

その後 総理となった岸信介は、アメリカの協力者です。
アメリカ政府公認の、アメリカの走狗(そうく、スパイ、パシリ)なのです。
日米安保改正など、アメリカに都合の良い政策を次々と行いました。
・・・そんな状態が今も続いているのです。
あのアベは、その岸信介の孫で、祖父の言いつけを忠実に守っています。

・・・
石橋湛山が病気で倒れなかったら・・・なんてことを思っています。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #2675 あのアベらを北朝鮮に... | トップ | #2677 元号? »

国内の話題」カテゴリの最新記事