アナーキー小池の反体制日記

世界中のひとが 仲良く助け合い ほほえみながら 平和に暮らしていくために (イマジン)

#1466 事故原発 止水壁造成開始

2014年05月31日 | 災害と防災
原発事故が起きて3年を過ぎてようやく、原発下地下水を止める工事を始めました。 2年遅いです。 真っ先に行わなければならなかった作業です。 地下水の流入は際限なく進み、汚染された地下水は貯留槽に溜まる一方です。 汚染された地下水の一部は、そのまま他の地域の地下水となって、永遠の汚染水になり地球を駆け回るのかもしれません。 最初から完璧な止水壁でなくてもいいのです。 最初は、9割の止水率でも良かっ . . . 本文を読む

#1465 コンプライアンス(法令遵守)

2014年05月30日 | ボクの思い・信条・理念
世をあげて”コンプライアンス(法令遵守)”が叫ばれています。 ボクの前の職場でも、年に2回はそんな文書が職員全員に配布されました。 交通違反をするな、酔っ払って悪いことをするな、関係業者と飲食するな、公金を横領するな、粉飾決算をするな、猥褻物を露出させるな、など口うるさいのです。 日本は立憲主義国家ですし、法治国家です。 法令を護り尊ぶことは当たり前です。 みなその教育を受けてきているのに、なぜ . . . 本文を読む

#1464 平たい顔族と紫外線

2014年05月28日 | 健康と生と死と
”平たい顔族”(ひらたいかおぞく)とは、テルマエ・ロマエで近代日本にタイムスリップしてきた古代ローマ人が、日本人の顔を見て名付けた人種名です。 目鼻たちのはっきりした彫の深い白人から見ると、日本人など北方系アジア人は平たい顔の集団となるのです。 日本人など北方系アジア人が”平たい顔"になったのには訳(わけ)があります。 モンゴルなどの酷寒の地を耐え抜くため、体表面積を最小にして、熱の発散を抑えた . . . 本文を読む

#1463 AKB握手会と戦地慰安所

2014年05月27日 | その他
法と審判シリーズを中断して、最新の下品なニュースからです。 芸能集団AKB48の握手会で、メンバーが若い男にのこぎりで襲撃される事件が起きました。 被害者には大変お気の毒に存じます。 でもボクは、そんなことよりこの事件で興味深いことに気が付いたのです。 握手会はメンバーが個別のテントに分かれて入っているのです。 そして握手希望者は列をなしています。 一人何秒かで握手は終わり、次々とこなされてい . . . 本文を読む

#1462 騒音訴訟、自衛隊機の夜間飛行差し止め判決

2014年05月26日 | 犯罪と防犯と審判
横浜地裁は、厚木基地で自衛隊機の夜間飛行差し止めを命じる判決を下しました。 住民が受忍限度を超える騒音により睡眠妨害の程度は相当深刻との指摘がなされ、夜間、自衛隊機を「飛行させてはならない」と命じたのです。 きっと上級審へと進み、最高裁の判断待ちになるのでしょうけど、”飛行させてはならない”とは地裁での判決といえ大きな意義があります。 少しずつ住民の受忍の範囲が狭くなってきたのでしょう。 政権は . . . 本文を読む

#1461 関電大飯原発、再稼動差し止め判決

2014年05月25日 | 犯罪と防犯と審判
福井地裁で、関西電力大飯原発3・4号機の運転差し止めを命じる判決がありました。 地震時の安全性、災害時の対策が十分に講じられていない、などの指摘がなされ、2基を「運転してはならない」と命じたのです。 きっと上級審へと進み、最高裁の判断待ちになるのでしょうけど、”再稼動を認めない”とは地裁での判決といえ大きな意義があります。 東日本大震災による東電福島第1原発の壊滅が、判決の伏線になっているのでしょ . . . 本文を読む

#1460 原発事故放射能健康被害

2014年05月24日 | 災害と防災
今、マンガで表されている福島県に住む人たちの原発事故放射能健康被害が話題となっています。 事故原発周辺の人の多くが体調を損ない、困惑している様を画いています。 特に、頻繁に鼻血を出す様子の画のインパクトが強く作用したようです。 テレビの番組で、事故原発周辺に住む人にインタビューしていました。 周辺住民は「そんなことは絶対にない!」と力んでいます。 そのはずです、放射能の健康被害を案ずる人はみな、 . . . 本文を読む

#1459 あほんだら

2014年05月22日 | マチの事件簿
先ほど全国ニュースを見ていたら、滝川市議会が裁判所の判断に逆らって、元幹部職員に対する債権を放棄する議決をしたとありました。 例のごろつき夫婦による生活保護費2億4千万円恐喝事件で生じた損害を、関係者に札幌高裁が断じた1億4千万円の賠償を求めないとするものです。 裁判所の判断を田舎の議会が簡単に覆せるなんて、まるで安倍の手法です。 よくも恥ずかしくもなく、司法の判断をひっくり返せるものだと、呆れ . . . 本文を読む

#1458 神聖喜劇

2014年05月21日 | その他
♪ 新兵さんはつらいとねー また寝て泣くのかなー 昔の軍隊の新人訓練は過酷を極め、理不尽な暴力が横行する凄惨なものでした。 上記♪は、軍隊の消灯ラッパを万感の思いで聞いた新兵の様子を捉(とら)えています。 今、大西巨人の”神聖喜劇”を読んでいます。 とっても長い小説なものだから、まだ3分の1くらいしか読んでいません。 帝国陸軍に入隊した主人公の眼を通して、軍隊の、そして戦争のアホらしさが、しつ . . . 本文を読む

#1457 未成年学生飲酒事件

2014年05月20日 | ボクの思い・信条・理念
#1454に続き、心配性のボクが心配していることについてです。 先日、昨年の新入生歓迎コンパで酒を飲まされ死亡した事件で、関係者に謝罪と慰謝料と碑文の設置を求めた両親と関係者が和解した、との報道がありました。 両親にとってかけがえのない息子を失ったことは大変残念なことでありましょう。 この事件、飲酒を強要したのは、明らかな誤りです。(どの程度の強要なのかわかりませんが) 飲酒や喫煙の強要は犯罪で . . . 本文を読む

#1456 立憲国家

2014年05月19日 | ボクの思い・信条・理念
前回登場した立憲国家についてです。 日本は立憲国家を標榜(ひょうぼう)していますが、嘘(うそ)っぱちです。 立憲国家とは、「政府の統治を憲法に基づき行い、政府の権威や合法性が憲法の制限下に置かれている国」のことです。 憲法とは、「国家権力の組織や権限、統治の根本規範(法)となる基本原理・原則を定めた法規範」と定義付けられ、他の法とは全く位置付けが違います。 日本政府は、その憲法を無視するのですか . . . 本文を読む

#1455 集団的自衛権

2014年05月17日 | ボクの思い・信条・理念
安倍の茶坊主ばかり集めた諮問機関が、集団的自衛権を認める答申をしました。 ごじょごじょといっぱい文字が並んでいるのだけど、読む気もしません。 法律とは何か、その中の憲法とは何かを知る必要があるのですが、裁判で決着がついたことを田舎の議会が引っくり返すこの世界、何がおこっても不思議ではありません。 なんでもありなんだけど、憲法9条の拡大解釈には恐れ入ります。 日本国憲法の9条部分をコピペしまし . . . 本文を読む

#1454 2億4千万強奪事件 損害金請求せず

2014年05月16日 | マチの事件簿
あれっ! みな懲戒処分、受けてたっけ? . . . 本文を読む

#1453 アスベスト禍 教員 労災認定

2014年05月14日 | ボクの思い・信条・理念
ボクたちは、小さいころからアスベストを浴びています。 学校にも近所の小さな工場(こうば)にも、アスベストでできた建材やアスベストを吹き付けた鉄骨を見ることができました。 アスベストを吸い込んで数十年後に中皮腫などのガンを発症することが知られ、アスベスト製品製造工場従業員やアスベスト材を扱う作業員が労災認定されているところです。 ところが今回、教員が校舎の改修などによりアスベストを吸い込んだことが . . . 本文を読む

#1452 続々 マレーシア航空機不明事件

2014年05月11日 | 海外との話題
以前2度記していますが、例のマレーシア航空機不明事件、この頃はニュースでも取り上げられなくなりました。 忽然と消え、一片の残骸すらも発見されていません。 一度、中国のレーダーが捉えたかとする海上の浮遊物は、漁船が捨てたゴミだったそうです。 ゴミの中身を調べ、ゴミを捨てた漁船を特定し、処罰でもしなければおさまりません。 この航空機事件、そのあと韓国で起きたフェリー海難事件に勝るとも劣らぬ重大な事件 . . . 本文を読む