アナーキー小池の反体制日記

世界中のひとが 仲良く助け合い ほほえみながら 平和に暮らしていくために (イマジン)

#2617 強制不妊手術と不妊治療と・・・(下)

2018年03月18日 | 生物のヒトとして
不妊もれっきとした障碍です。(夫婦のうちどちらかが、ですが) つい近年まで、不妊は不妊としてきちんと認知され、子が欲しかったら養子を迎えたりして済ましていました。 不妊の遺伝の係わりは知りません。 でも、不妊治療で産まれた子の不妊障碍を持つ確率は間違いなく高いものになるでしょう。 放っておいたら、日本の新生児の大半が不妊治療を受けてた、なんて結果になるのではないか?と強く危惧するものです。 ヒ . . . 本文を読む

#2616 強制不妊手術と不妊治療と・・・(上)

2018年03月17日 | 生物のヒトとして
#2593強制不妊手術、で優性思想に基づく障碍者に対する強制不妊手術が近年まで行われていたことに対し批判をし、ついでに、世襲を許さないため政治家に強制不妊手術を行わなければならないこと、を記したのです。 そのことについてのボクの信念は揺るぎません。 最近、気になるニュースを聞きました。 なんと新生児の20人に一人が不妊治療の体外受精により 産まれた子 なのだそうです。 不妊治療が繁盛していること . . . 本文を読む

#2371 人口爆発はまだまだ続く(下)

2017年07月13日 | 生物のヒトとして
少子高齢化を嘆き人口増を望む国や地方の政治家ばっかりのこの日本、ボクは心の底から”彼らの頭がおかしいのではないか?”と思っています。 愚かな政治家に比べ、愚衆と侮(あなど)られる民衆は健全です。 民衆の総意として、子どもをあまり産まなくなりました。 育児にお金や手間がかかる、育児に対する施策が不十分、とかの評論がなされていますが、本質から外れた分析です。 民衆はこれ以上ヒトが増えたら深刻な問題が . . . 本文を読む

#2370 人口爆発はまだまだ続く(中)

2017年07月12日 | 生物のヒトとして
中国は毛沢東が推進した”一人っ子政策”が功を奏し人口増に歯止めがかかっています。 放ったらかしにしていたら、20億人に届くほどの人口になっていたでしょう。 中国共産党、特に毛沢東はあまり褒(ほ)められる事はありませんが、この”一人っ子政策”だけは素直に褒めてやらなければなりません。 中国は近年”一人っ子政策”を取りやめましたが、民意が向上したためか出生率は上がらないままだそうです。 国や地方の政 . . . 本文を読む

#2369 人口爆発はまだまだ続く(上)

2017年07月11日 | 生物のヒトとして
ボクはたびたび人口問題を記しています。 地球上の最大の問題は、ヒトの頭数が多過ぎることだ!と確信しています。 ヒトの頭数の急増は、地球上の全生物に危機的状況をもたらせています。 地球の生物を守るためには、ヒトの頭数の減少が急務なのです。 少子高齢化を嘆き人口増を望む国や地方の政治家を、ボクは”頭がおかしいんではないか?”と思っています。 今、世界の人口は73億人といわれています。 3千年前、地球 . . . 本文を読む

#1869 不倫辞職

2016年02月16日 | 生物のヒトとして
自民党の国会議員が不倫で辞職しました。 不倫なんて何の罪にもならず、誰でも行っている行為なのですが、その以前の彼の言動が災いし大きな話題となってしまったのです。 多くの国は一夫一妻制をとっています。(イスラムのように多妻を認める国もありますが) でもこれって、ちょっと不自然なのではないか?と思っています。 一番ヒトに近いチンパンジーを見てみます。 一応リーダーのオスはいますが、交尾はリーダーだ . . . 本文を読む

#1867 継子殺しの本能

2016年02月13日 | 生物のヒトとして
交際相手の女性の子供を殺す事件って昔から多いのです。 男性が、交際相手の女性が以前に自分以外の相手との間に産まれた子供を殺してしまうのです。 継子(ままこ)殺しといいます。 そんな状況でも、たいそう子供をかわいがり、しっかり育てる男がいっぱいいるのに、虐待する男が後を絶ちません。 自分の遺伝子を残したい!との本能が係わっているようです。 自分の遺伝子を残すのに支障となるものを排除する原始本能が働 . . . 本文を読む

#1866 早漏は先祖返り?

2016年02月12日 | 生物のヒトとして
カテゴリー”生物のヒトとして”はまだ続きます。 今回は、ヒトをヒトとならしめた、ある遺伝子の変化についてです。 早漏(そうろう)とは読んで字のごとく早く漏れてしまうことを言います。 オシッコやウンコが思ったより早く漏れてしまって困ることがありますが、そんな場合、広義には早漏といってもいいのでしょうが、一般的には早漏とは言わず、”おもらし、と言うのです。 早漏とは、性交の際にパートナーの女性が性 . . . 本文を読む

#1865 フローレス人

2016年02月11日 | 生物のヒトとして
フローレス人については異論も多いのですが、例によってウィキペディアを参照して記してみます。 フローレス人は、インドネシアのフローレス島で発見された、約1万2千年前まで生息していた小型のヒト属の新種の可能性が取りざたされているヒトです。 1万2千年前って人類史上でいえば、ほんのちょっと前です。 日本では縄文時代なのです。 その時代に他のヒトが生きていたなんて不思議に思えます。 身長は1mあまりで、 . . . 本文を読む

#1864 デニソワ人

2016年02月10日 | 生物のヒトとして
ヒト科ヒト属の隣人は、ネアンデルタール人だけでなかったことがわかっています。 他に、デニソワ人とフローレス人の存在が知られています。 きっとまだまだボクたちヒトと近縁のヒトが多数存在していたのでしょう。 ネアンデルタール人とデニソワ人は3万年前に絶滅しています。 フローレス人に至っては、なんと1万数千年前まで存在し、現生人と共存していたと発表されています。 デニソワ人とフローレス人はネアンデルタ . . . 本文を読む

#1863 ネアンデルタール人は私たちと交配した

2016年02月09日 | 生物のヒトとして
って、タイトルの本を読みました。 昨年6月に文藝春秋から発刊された、スヴァンテ・ペーポ著、野中香方子訳のノンフィクションで、著者の自伝のようなものです。 滝川市立図書館から借りたものです。 5年前に、我々現生人にはネアンデルタール人の血が混じっている、と研究成果を発表し世界中を驚かせた研究者自身が、その発見に至る経緯を重々しく時には得意気に記しています。 5年前その記事に接したとき、ボクも興奮 . . . 本文を読む

#1765 打製石器(下)

2015年10月19日 | 生物のヒトとして
当時のヒト(猿人)は、ありふれた動物の一つに過ぎませんでした。 とりわけ頭脳が高くもなく身体が強くもなく、肉食獣に襲われて食べられてしまう、ありふれた動物だったのです。(二本足で直立しているのが唯一の特徴です) そんなありふれた種の一つであったヒトが特異化するのに大いな役割を果たしたのが、石器を使用することにより可能になった脊髄を食することだったのです。 脊髄(せきずい)は硬い骨により守られて . . . 本文を読む

#1764 打製石器(上)

2015年10月18日 | 生物のヒトとして
ヒトと他の生物の違いは、ヒトは道具を"使う”けど他の生物は道具を使わない!と、昔は言われていました。 しかし、道具を使う動物が次から次と見つかったのです。 チンパンジーなどの類人猿から鳥類まで、いろいろな動物が道具を使っていました。 その後、ヒトは道具を"作る"けど他の生物は道具を作ることができない!と、言われ出しました。 しかし、道具を作る動物が次から次と見つかったのです。 チンパンジーなどの類 . . . 本文を読む

#1268 ヒトの寿命

2013年09月04日 | 生物のヒトとして
前回の人口に係わる話です。 日本の人口は減りつつあるといわれますが、感じるほどの減少はありません。 それは、寿命が長くなったためです。 男80才、女90才、この数字、今の日本人の平均寿命なのです。 このところ、戦国時代から明治維新に係わる物語を多く読んでいますが、その時代に活躍した人々の多くは40歳ぐらいで死んでいます。 20代から30代に活躍していますので、40代で死んでも何ということが無か . . . 本文を読む

#1267 人口問題

2013年09月03日 | 生物のヒトとして
何度も取り上げているこの問題。 先日も報道で日本の人口が減り続けていること、とりわけ北海道は減少率が高いことが伝わりました。 論調は、人口が減り続けていることに危惧し、警鐘を鳴らすものでした。 何度も記しましたが、世界中で一番の課題はヒトが多すぎることです。 今の百分の1か千分の1が、地球上に生息するヒトの適正な頭数なんです。 他の生物に無理な圧迫を加えない、そんな姿勢がヒトに求められる資質で . . . 本文を読む