アナーキー小池の反体制日記

世界中のひとが 仲良く助け合い ほほえみながら 平和に暮らしていくために (イマジン)

#2853 華氏119

2018年11月23日 | ボクの思い・信条・理念
トランプを痛烈にした批判したドクメンタリー映画のタイトルです。 2年前の11月9日をタイトルにしたマイケル・ムーア監督の映画です。 ボクは封切日の11月2日にこの映画『華氏119』を見るべく札幌へ出かけたのです。 タイトルは2004年に公開されたジョージ・W・ブッシュ政権を批判した映画『華氏911』にちなんでいます。 「119」はドナルド・トランプが第45代大統領が当選を確実とし勝利宣言をした「 . . . 本文を読む

#2852 逆行する世界情勢

2018年11月22日 | ボクの思い・信条・理念
あのアベやらトランプの出現とか、イギリスのEU離脱とか、ブラジルのファッショ政権誕生など、世界の政治情勢は数十年前に逆戻りをしているような気がしてなりません。 トップが全て悪いのではありません。 きちんと選挙を通して住民の意思が反映されたもの、なもんだから、なお恐ろしく感じるのです。 地球の民は自由で平等で平和な世界を目指していくもんだ、と思っていたんだけど、多くの民は自由が無く平等で無く好戦的 . . . 本文を読む

#2843 優生思想の根源

2018年11月07日 | ボクの思い・信条・理念
国は、過去 優生保護法下で不妊手術を受けた人たちに、何らかの形で保障する腹を決めたようなんです。 北海道は各保健所に不妊手術数のノルマを課してまでして、障碍者を探し回わりました。 そのいい加減さは徹底していました。 優生思想っていえばすぐナチス・ドイツを思い浮かべるのだけど、いち早く触れ回ったのはアメリカです。 それ以前の旧世界で障碍者はけっこう大事にされていたんです。 ところによっては、神の使 . . . 本文を読む

#2818 勧善懲悪(かんぜんちょうあく)

2018年10月09日 | ボクの思い・信条・理念
前回、政治屋の遵法意識の欠如とモラル(道徳)低下について嘆(なげ)きました。 政治屋の全員ではないのでしょうが・・・犯罪率・モラル不足によるトラブルは一般人(非政治屋)に比べ高いように感じます。 ・・・ タイトルの勧善懲悪(かんぜんちょうあく)とは、善良な人や善良な行いを奨励して、悪者や悪い行いを懲こらしめること、と示す言葉です。 長い間、日本人の行動規範(モラル)を表す言葉でもあったのです。 . . . 本文を読む

#2812 沖縄米軍基地(下)

2018年10月03日 | ボクの思い・信条・理念
非武装中立が認められないんだったら、仕方なく次善の策を検討します。 沖縄に置かれた米軍基地は、国を挙げて全国に分散すべきでした。 それが沖縄を捨て石にし、日米安保を受け入れた日本政府の責務というものです。 沖縄の米軍基地を受け入れられる本土の米軍基地はたくさんありました。 山口県の岩国基地、東京都の横田基地、旧立川基地など、沖縄の米軍基地を受け入れるのにふさわしいところが目白押しなのです。 と . . . 本文を読む

#2811 沖縄米軍基地(上)

2018年10月02日 | ボクの思い・信条・理念
昨晩 今年のノーベル医学生理学賞を、がんの治療法に革命的な変化をもたらした功績により、本庶佑氏に授与すると発表がなされました。 誠に喜ばしいこと、と気を良くしてますがこのことについては後に思いを記します。 ・・・ 本題の沖縄米軍基地についてです。 沖縄は日本の捨て石になっています。 第2次世界大戦で唯一の地上戦が行われ、沖縄に当時住む民の3分の1から5分の1が亡くなりました。 ただ日本の最南端 . . . 本文を読む

#2809 再掲 “インドチンポ”

2018年09月30日 | ボクの思い・信条・理念
前々回の、再掲 “ 黒ネコのダンゴ” ♪が一部で誤解を与えているようです。 人種差別につながるんじゃ~ないか?、との指摘があります。 トンでもありません。 ボクは、腹黒い、とか、黒い噂、とかに使われるような意味での真っ黒け!を用いているのです。 逆にボクは“黒い”ことに美しさを感じることがあるんです。 腹黒い、とか、黒い噂、とか、談合などは極めて悪い黒ですが、黒いものに崇高さを感じてもいるんです . . . 本文を読む

#2808 似た者同士、トランプと島牧村議

2018年09月29日 | ボクの思い・信条・理念
3日ほど前になりましょうか?、島牧村議会議員の身勝手さを記し、嘆いたのです。 ムラのことより、ムラの中の支持する集落の意向が優先する惨状に目を覆ってしまいました。 補正予算に反対した村議どもは、まるで町内会の班長です。(班長に失礼ですが) 国連の場で、トランプは自国第一を高らかに掲げました。 11月の中間選挙を見据えての作戦的言動、との見方があります。 国連なんていらない!、って国連の場で言って . . . 本文を読む

#2794 日本人の倫理観

2018年09月13日 | ボクの思い・信条・理念
ボクは小学生のころから、教師を含む周りの大人たちが古い価値観・倫理観のもとで言動していることに違和感をもっていました。 でもその頃の大人って戦前・戦中の儒教や富国強兵、産めや増やせ思想などの影響から逃れられなくて、どうにもこうにもならないんだ、と妙に納得していたもんです。 いずれ彼らがいなくなったら、古臭い観念から解放された社会になる、と確信していたものです。 それから50年以上も経ったのだけど . . . 本文を読む

#2792 ムハンマドになり損ねた男・日蓮

2018年09月11日 | ボクの思い・信条・理念
地震のため延び延びになっていた日蓮についての連載、再開します。 きちんとした書名は忘れたけど昔“ムハンマドになり損ねた男・日蓮”ってタイトルの本がありました。 ムハンマドとは、モハメドとかマホメットとか呼ばれることもあるイスラム教の教祖です。 皆さんご存知のように、イスラム教はキリスト教から分離独立した宗教です。 そしてキリスト教はユダヤ教から分離独立した宗教なんです。 ユダヤ教から見れば、キ . . . 本文を読む

#2788 日蓮と創価学会

2018年09月05日 | ボクの思い・信条・理念
創価学会の信者は日蓮を崇拝してます。 同時に池田小作も崇拝の対象になってしまいましたが。 日蓮の崇拝する人は日本にたくさんいます。 まず、一般的に日蓮宗といわれるお寺の信者です。 創価学会はその日蓮宗を“世俗日蓮”といって、大いに侮(あなど)るのです。 彼らのことを日蓮の教えを忘れたエセ日蓮信徒だ!とバカにしてます。 昭和の初期に立ち上げた初代は日蓮を崇拝してましたが“世俗日蓮”を嫌い、我こそ . . . 本文を読む

#2787 創価学会(公明党)の欺瞞(ギマン)

2018年09月04日 | ボクの思い・信条・理念
“創価学会秘史”って本があります。 2018年2月28日講談社が刊行した高橋篤史による著作です。 図書館から借りて読みました。 創価学会を持ち上げるか、けなすかのどちらかだろうと思って読んだのですが、古い資料の新たな発掘により検証された創価学会の歴史を淡々と記したものでした。 悪意を持っているのでもなく、創価学会の提灯(ちょうちん)本でもなく、戦前・戦中にかけての古い創価学会の機関紙を丹念に読み解 . . . 本文を読む

#2759 温かい白熱灯の灯り?

2018年08月07日 | ボクの思い・信条・理念
ボクが幼いころ、電灯と言えば白熱灯でした。 それが蛍光灯に替わり、今ではLEDが主役です。 白熱灯はエネルギー効率が悪いため、蛍光灯は環境に悪影響を及ぼしかねないため、として官民あげてのLEDへの切り替え大作戦を行っています。 功を奏し、大半がLEDに切り替えられました。 いまだ白熱灯に固執する者がいます。 白熱灯の持つ温かみは他に替えがたい、と申すのです。 白熱灯の製造が無くなったもんだから . . . 本文を読む

#2758 懐かしのレコードの音色?

2018年08月06日 | ボクの思い・信条・理念
昔のレコードが見直されているんだそうです。 CDでは得られない、温かくて柔らかい音色が魅力なんだそうです。 ボクには、その魅力がわかりません。 ノイズの少ないCDのほうが良く聴こえます。 そのノイズがいいんだ、と言う人がいますが、耳ざわりなノイズなど無いにこしたことはありません。 昔 レコードでジャニス・ジョプリンのチープ・スリルってアルバムを聴いていたもんです。 ライブを収録したものが多く、 . . . 本文を読む

#2753 日本の体育界

2018年08月01日 | ボクの思い・信条・理念
日本の体育界は、いまだ大日本帝国陸軍新兵訓練掛の呪縛に囚われているようです。 日大アメフトお下品部長事件、女子レスリング選手虐待事件、スモー取り暴力事件、ボクシングお下劣協会長問題など、戦前・戦中の軍部の態様とおんなじなのです。 暴力団にも似ています。 日本古来の格闘技(スモーや空手など)部が、リンチまみれなのは皆が知っていることでした。 しかし、カタカナ・スポーツはもういい加減そんなところから . . . 本文を読む