アナーキー小池の反体制日記

世界中のひとが 仲良く助け合い ほほえみながら 平和に暮らしていくために (イマジン)

#2794 日本人の倫理観

2018年09月13日 | ボクの思い・信条・理念
ボクは小学生のころから、教師を含む周りの大人たちが古い価値観・倫理観のもとで言動していることに違和感をもっていました。 でもその頃の大人って戦前・戦中の儒教や富国強兵、産めや増やせ思想などの影響から逃れられなくて、どうにもこうにもならないんだ、と妙に納得していたもんです。 いずれ彼らがいなくなったら、古臭い観念から解放された社会になる、と確信していたものです。 それから50年以上も経ったのだけど . . . 本文を読む

#2792 ムハンマドになり損ねた男・日蓮

2018年09月11日 | ボクの思い・信条・理念
地震のため延び延びになっていた日蓮についての連載、再開します。 きちんとした書名は忘れたけど昔“ムハンマドになり損ねた男・日蓮”ってタイトルの本がありました。 ムハンマドとは、モハメドとかマホメットとか呼ばれることもあるイスラム教の教祖です。 皆さんご存知のように、イスラム教はキリスト教から分離独立した宗教です。 そしてキリスト教はユダヤ教から分離独立した宗教なんです。 ユダヤ教から見れば、キ . . . 本文を読む

#2788 日蓮と創価学会

2018年09月05日 | ボクの思い・信条・理念
創価学会の信者は日蓮を崇拝してます。 同時に池田小作も崇拝の対象になってしまいましたが。 日蓮の崇拝する人は日本にたくさんいます。 まず、一般的に日蓮宗といわれるお寺の信者です。 創価学会はその日蓮宗を“世俗日蓮”といって、大いに侮(あなど)るのです。 彼らのことを日蓮の教えを忘れたエセ日蓮信徒だ!とバカにしてます。 昭和の初期に立ち上げた初代は日蓮を崇拝してましたが“世俗日蓮”を嫌い、我こそ . . . 本文を読む

#2787 創価学会(公明党)の欺瞞(ギマン)

2018年09月04日 | ボクの思い・信条・理念
“創価学会秘史”って本があります。 2018年2月28日講談社が刊行した高橋篤史による著作です。 図書館から借りて読みました。 創価学会を持ち上げるか、けなすかのどちらかだろうと思って読んだのですが、古い資料の新たな発掘により検証された創価学会の歴史を淡々と記したものでした。 悪意を持っているのでもなく、創価学会の提灯(ちょうちん)本でもなく、戦前・戦中にかけての古い創価学会の機関紙を丹念に読み解 . . . 本文を読む

#2759 温かい白熱灯の灯り?

2018年08月07日 | ボクの思い・信条・理念
ボクが幼いころ、電灯と言えば白熱灯でした。 それが蛍光灯に替わり、今ではLEDが主役です。 白熱灯はエネルギー効率が悪いため、蛍光灯は環境に悪影響を及ぼしかねないため、として官民あげてのLEDへの切り替え大作戦を行っています。 功を奏し、大半がLEDに切り替えられました。 いまだ白熱灯に固執する者がいます。 白熱灯の持つ温かみは他に替えがたい、と申すのです。 白熱灯の製造が無くなったもんだから . . . 本文を読む

#2758 懐かしのレコードの音色?

2018年08月06日 | ボクの思い・信条・理念
昔のレコードが見直されているんだそうです。 CDでは得られない、温かくて柔らかい音色が魅力なんだそうです。 ボクには、その魅力がわかりません。 ノイズの少ないCDのほうが良く聴こえます。 そのノイズがいいんだ、と言う人がいますが、耳ざわりなノイズなど無いにこしたことはありません。 昔 レコードでジャニス・ジョプリンのチープ・スリルってアルバムを聴いていたもんです。 ライブを収録したものが多く、 . . . 本文を読む

#2753 日本の体育界

2018年08月01日 | ボクの思い・信条・理念
日本の体育界は、いまだ大日本帝国陸軍新兵訓練掛の呪縛に囚われているようです。 日大アメフトお下品部長事件、女子レスリング選手虐待事件、スモー取り暴力事件、ボクシングお下劣協会長問題など、戦前・戦中の軍部の態様とおんなじなのです。 暴力団にも似ています。 日本古来の格闘技(スモーや空手など)部が、リンチまみれなのは皆が知っていることでした。 しかし、カタカナ・スポーツはもういい加減そんなところから . . . 本文を読む

#2752 常識が非常識に

2018年07月31日 | ボクの思い・信条・理念
ボクたちの住むこの社会は、価値観とか倫理観などがどんどん変化しています。 その変化についていけない輩(やから)が、「今の若い者は!」とか「昔は良かった」などとほざいています。 保守派とか温故派なんて呼ばれる連中のことです。 太陽は地球の周りをまわっている。進化論なんて信じない、人は最初から人なんだ。 から始まって、戦前の日本に戻さなければならない、なんて考える者も、太陽は地球の周りをまわっている . . . 本文を読む

#2751 坑夫(こうふ) ②

2018年07月30日 | ボクの思い・信条・理念
検察の横暴の続きです。 たかが一介の検事が企業存亡の是非を語るのですから、おこがましいったらありゃ~しません。 労働者の社会貢献を微々たるもの、三井の貢献は大、と断じているのには驚きを禁じえません。 オウム事件の被害死者の20倍もの人が亡くなった大事故だったのに、この言い様です。 企業への忖度(そんたく)などしないで、法の番人として公平な判断をしなければならいはずなのに。 森友学園事件で佐川を . . . 本文を読む

#2750 坑夫(こうふ) ①

2018年07月29日 | ボクの思い・信条・理念
前回、“民衆史の遺産”というシリーズの本の“憑きもの”って巻のことを記しましたが、“坑夫”って巻もあるのです。 炭鉱夫のことが記されています。 驚いたのは、九州では坑夫は差別の対象だったのです。 九州では江戸時代から採炭が行われ、男も女もほとんど裸で作業する過酷で危険な職業だった、ことが差別の源だったようなのです。 ツルハシを持った夫が狭い坑道を這(は)うようにして切刃に行き、ツルハシで切り崩 . . . 本文を読む

#2749 憑(つ)きもの筋

2018年07月28日 | ボクの思い・信条・理念
ボクは、差別について考えることが多いのです。 なぜ差別は無くならないのだろう、などって。 このブログで何度も取り上げ、その理不尽を糾弾し、差別解消に向けた手立てについて記してきたつもりです。 そんなボクですが、高齢者になっているのに知らなかった差別があったのです。 憑きもの筋(つきものすじ)って差別です。 このところ好んで読んでいる“民衆史の遺産”ってシリーズの本があるんだけど、そのなかに“憑 . . . 本文を読む

#2731 民族の多様性

2018年07月10日 | ボクの思い・信条・理念
今回のW杯を見てると、もともとの白人国家が有色人選手ばっかり現象なのを知ります。 特に、西欧の強豪国はアフリカ系や南米系とおぼしき選手が過半を占めています。 アメリカをはじめとして、西欧諸国には世界中から人が集まってきています。 アメリカはすでに国民の過半が非白人になっているのだそうです。(もとをただせば白人も移民(侵略者)なんですが) ヨーロッパにもアフリカやアラブから移民が急増し、問題化して . . . 本文を読む

#2730 入墨(いれずみ・タトゥー)

2018年07月09日 | ボクの思い・信条・理念
日本ではチンピラやごろつきの恐喝(カツアゲ)の道具になっている入墨ですが、今回のW杯に出場した外国の選手たちの多くが入れていました。 アメリカ大リーグでも多くの選手が入墨を入れています。 日本の多くの者は入墨を嫌います。 公衆浴場入場禁止やら就職に差し障ったりと、酷い目にあわされているんです。 当たり前です。 入墨はチンピラやごろつきのカツアゲの道具だったのです。 今でもイカれたチンピラが粋がっ . . . 本文を読む

#2729 日本もアメリカに報復関税を

2018年07月08日 | ボクの思い・信条・理念
アメリカ・トランプの悪行に対し、世界中が怒っています。 アメリカ・トランプが世界中の国に発動した輸入製品の高関税について、被害を被(こうむ)る各国から報復関税を課す、と発表がされています。 中国、EU、メキシコ、ついにはカナダまで、アメリカの高課税による被害額に相当する額の輸入品に高課税を科す、と述べました。 日本もアメリカからたくさんの物を輸入しています。 大豆や牛肉など、とんでもない量を輸 . . . 本文を読む

#2722 首長の選挙公約

2018年07月01日 | ボクの思い・信条・理念
JR札沼線の廃止をめぐり、とうとう月形町も“廃止容認”宣言です。 でも、ちょっと待ってください。 月形町長って2年前の選挙戦で、鉄路の廃止に反対して当選したんじゃ~なかったっけ。(間違いならごめんなさい、この頃 記憶に自信が無いのです) もしその通りなら、公約違反です。 ボクの記憶が正しければ、対立候補は“廃止やむなし”を唱えていたはずです。 鉄路の存廃だけが争点だったのではないでしょうが、こ . . . 本文を読む