アナーキー小池の反体制日記

世界中のひとが 仲良く助け合い ほほえみながら 平和に暮らしていくために (イマジン)

#2117 吃驚仰天・・・比ドゥテルテ大統領

2016年10月31日 | その他
フィリピンのドゥテルテ大統領には吃驚仰天(びっくりぎょうてん)です。 数々の奇行・暴言で世界を騒がせていますが、圧巻は先日行われた中国の習近平国家主席との会談でした。 口をくちゃくちゃし、いかにもガムを嚙(か)んでいるように見えます。 会談後そのことを問われたドゥテルテ大統領は「口内炎が酷(ひど)くて舌で口の中を潤していた」と語ったのです。 ガムを嚙むなんていくらなんでも酷すぎる、と評していた報道 . . . 本文を読む

#2116 吃驚仰天・・・日本ハム日本一

2016年10月30日 | 教育・文化・芸術・スポーツ
プロ野球の北海道日本ハムファイターズが日本一になりました。 春の開幕前の下馬評は高いものでなかったのです。 案の定、途中まで中位置に留まっていました。 ソフトバンクの独走だったのです。 吃驚仰天(びっくりぎょうてん)、途中から奇跡の快進撃です。 とうとうパリーグ優勝しちゃいました。 クライマックスシリーズも勝ち抜き、広島カープとの日本シリーズです。 接戦が続き、楽しませてくれました。 ・・・ . . . 本文を読む

#2115 吃驚仰天・・・核兵器禁止条約反対

2016年10月29日 | ボクの思い・信条・理念
吃驚仰天(びっくりぎょうてん)シリーズ第2弾です。 昨日の国連総会で日本は”新たな核兵器禁止条約の制定に向けた交渉の開始決議”に反対票を投じました。 過去に稲田防衛相が言っていたように、日本も核兵器保有国になりたい、との意思表示です。 唯一の被爆国として核兵器廃絶の先頭に立たなければならない日本が・・・この体(てい)たらくです。 アメリカへのポチぶりもここまでくるのかと、吃驚仰天(びっくりぎょうて . . . 本文を読む

#2114 吃驚仰天・・・三笠宮死す

2016年10月28日 | その他
佳境に入っている差別シリーズを中断して、吃驚仰天(びっくりぎょうてん)モノを少々記しましょう。 昨日、三笠宮が亡くなりました。 昭和天皇の弟で百歳でした。 さっそく大都市では新聞の号外が配られていました。 号外を受け取って読んだオバサンが、「びっくりしました、まだ生きていたんですか?」 . . . 本文を読む

#2113 差別 ⑤ 在日韓国・朝鮮人(中)

2016年10月27日 | ボクの思い・信条・理念
ルーツをたどれば日本にとり韓国・朝鮮は兄か姉のような存在です。 中国は父や母のような存在です。 モンゴル・チベットは祖父母のような存在なのです。 いつの頃からでしょうか? 日本人は隣人を敬わなくなってしまったのです。 敬わないどころか蔑視するようになりました。 戦国の世から日本と朝鮮は小競り合いを起こしていました。 しかしそれは兄弟喧嘩みたいなようなものです。 百年前に大日本帝国は韓国帝国を併 . . . 本文を読む

#2112 差別 ⑤ 在日韓国・朝鮮人(上)

2016年10月26日 | ボクの思い・信条・理念
最新の調査・検証結果です。 日本人の遺伝子を解析すると、ネアンデルタール人2%、縄文人12%、弥生人86%なのだそうです。 昔に”旧人”と呼称されていたネアンデルタール人の血が受け継がれていることに驚く人もいるでしょうが今は常識です。 アフリカ人以外の人にはネアンデルタール人の血が混じっています。 10万年前、アフリカを出た現生人は中東かヨーロッパ南部でネアンデルタール人と混合したのです。 今の遺 . . . 本文を読む

#2111 差別 ④ アイヌの民(下)

2016年10月25日 | ボクの思い・信条・理念
先住民の権利が唱えられてもう何十年にもなります。 日本政府も遅らばせながらアイヌを先住民として認め、少々の施策を打ち出しています。 ちょっと前まで日本は単一民族国家だ!と言って憚(はばか)らなかったのに。 北海道はアイヌの地です。 ボクたちシャモ(和人)は侵略者です。 ヒトの歴史は侵略の歴史と言っていいほどの侵略が繰り返されています。 古代のギリシャやローマで栄華を極めた人たちの子孫は、誰一人 . . . 本文を読む

#2110 差別 ④ アイヌの民(上)

2016年10月24日 | ボクの思い・信条・理念
つい何年か前まで日本には旧土人保護法なる法律がありました。 旧土人とはアイヌ民族のことです。 無神経も甚(はなは)だしいのです。 ボクはアイヌの人が多く住むところで生まれ育ちました。 アイヌの人たちへの差別心は確かにありました。 ボクの父親など、アイヌの人に優しく接していましたが、差別心は確かにあったと思われます。 周りのみながアイヌの人への差別心を持っていました。 周りのみながそうなもんだから . . . 本文を読む

#2109 差別 ③ 沖縄人

2016年10月22日 | ボクの思い・信条・理念
沖縄に住む人たち、今も差別に遭(あ)っているんですね。 明治になり、多くの沖縄の人が関西方面に移住したのです。 沖縄出身者はその頃から”内地”の人に酷い差別を受けていた、といいます。 それこそ”土人”と呼ばれていたのです。 先日の出来事です。 沖縄県東村で進められているアメリカ軍のヘリパッド移設工事をめぐり現場に派遣されていた大阪府警の機動隊員が反対活動を行う住民に「触るな、コラ。どこつかんどん . . . 本文を読む

#2108 差別 ② 被差別部落(下)

2016年10月21日 | ボクの思い・信条・理念
なぜ被差別部落民が差別を受けるようになったのかは、定かではありません。 ただ、人や家畜の死体を扱う人たちが差別を受けていたことは間違いありません。 日本神道の穢(けが)れの思想に基づくものです。 誰かが死体の処理をしなければなりませんし、動物の皮や毛皮だって誰かが処理しなければ利用することができないのに、そんな大事な仕事をする人たちを差別するなんてもってのほかです。 北海道は部落差別の無いとこ . . . 本文を読む

#2107 差別 ② 被差別部落(上)

2016年10月20日 | ボクの思い・信条・理念
学生寮にいた当時、もう40数年前になりますが、関西出身の寮生とレコードを聴いていました。 このシリーズ冒頭で記した岡林信康の”手紙”です。 ボクはその関西出身の寮生に聞いたのです。 「キミが被差別部落出身の女性と結婚しようとしたら、親は反対する?」 「間違いなく反対する。僕が望んでも結婚は難しいかもしれない」 その寮生はとてもリベラルな考え方を持っていて、部落差別なんてなんら根拠のない戯言(たわ . . . 本文を読む

#2106 差別 ① 男・女(下)

2016年10月19日 | ボクの思い・信条・理念
男が差別に気が付いていながら改めようとしないのは、今のままが心地いいからです。 だんだん薄れてきているとはいえ、儒教の影響を受けた家長制に捉われる風潮って確かに残っています。 そんな古臭い観念でいる男を、女は離縁してでも突き放さなければなりません。 男を突き放して離縁するには、女性の自立が必要です。 ところが未だ就職や昇進に差別が付きまとい、離縁に踏み切れない女性が散見されます。 悪循環に陥って . . . 本文を読む

#2105 差別 ① 男・女(中)

2016年10月18日 | ボクの思い・信条・理念
今の閣僚には結構多くの女性が登用されています。 しかしその女性閣僚たちは、戦前回帰の古臭い観念の持ち主ばかりです。 あの女性閣僚たちは、女性の地位向上のために何の役にも立ちません。 あのアベの手先として、封建社会復活の旗振りをしているのです。 そのうちに女性の参政権すら奪われかねないのに、です。 ・・・ 学生時代までは男女平等です。 女性の方が成績がいいのだそうです。 大学進学率も最近は女性が男 . . . 本文を読む

#2104 差別 ① 男・女(上)

2016年10月17日 | ボクの思い・信条・理念
ボクはずいぶん若い頃から差別について考えてきました、 このブログにも前からたびたび記してきましたが、ボブ・ディランのノーベル賞受賞報道で和製ボブ・ディランと称される岡林信康のことを思い出し、そして彼の”手紙”を思い起こし、改めて差別についてボクの思いを伝えることに決めたのです。 ちなみに岡林の”手紙”は、差別に苦しむ被差別部落出身の若い女性の心情を静かに語ったものです。 差別は単純でありません。 . . . 本文を読む

#2103 メリーさんのひつじ

2016年10月16日 | その他
前回、来年のノーベル文学賞の最有力候補として泉谷しげるをあげました。 そして、ノーベル文学賞にふさわしい彼の歌を思い出したのです。 同じような歌を高石ともやも歌っていたように思いますが、この歌、ネット検索しても出てこないのです。 古い記憶をもとに紹介します。 メリーさんのひつじ ♪メリーさんのひつじ メエメエひつじ メリーさんのひつじ まっしろね ♪スーパーマンの子ども 子ども子ども スーパ . . . 本文を読む