バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

鳥インフルエンザの治療のための漢方組成物、それらの調製方法、およびそれらの適用

2017年03月15日 | 医療 医薬 健康
出願人: リジュイヤオジツアングフェンヨウシアンゴンシ
発明者: デシェン・タオ, ヨンチン・ゼン, フイ・カオ, ジ・グアン

出願 2007-011635 (2007/01/22) 公開 2007-191480 (2007/08/02)

【要約】【課題】鳥インフルエンザの予防および治療のための漢方組成物の提供。【解決手段】その活性成分は:ジュウヤク 21*4wt*%、ニンドウ 17*9wt*%、バンランコン 14*3wt*%、オシダ 10*7wt*%、サンズコン 7*1wt*%、ビャクシ 7*1wt*%、ジュウロウ 7*1wt*%、セイコウ 7*2wt*%、およびイリス 7*2wt*%からなる。この漢方組成物は、例えば経口溶液、錠剤、カプセル、ペレット、および注射溶液等のいずれの定型的な薬剤剤形に作ることができる。この漢方組成物の修飾された調製方法、ならびに鳥インフルエンザの予防または治療のための薬剤および健康食品の調製に使用することができる。この漢方組成物は、鳥インフルエンザを効果的に予防および治療することができる。それは、より安全であり、より簡単に得られ、且つ安価な抗鳥インフルエンザ薬である。

http://kantan.nexp.jp/特許/a2007191480/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  硫酸化多糖を含有する抗ウイ... | トップ | ヒノキ科植物の抽出物を含有... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。