バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

HGFによる循環器疾患に対する遺伝子治療

2010年09月30日 | からだと遺伝子
青木 元邦, 森下 竜一
日本血栓止血学会誌, Vol. 10 (1999) No. 6 pp.435-443
[ 抄録 ][ 全文PDF(6031K) ]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遺伝子治療の現状と問題点

2010年09月30日 | からだと遺伝子
島田 隆
日本臨床免疫学会会誌, Vol. 23 (2000) No. 6 pp.519-522
[ 抄録 ][ 全文PDF(1063K) ]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近の血友病B遺伝子治療の進歩をめぐって

2010年09月30日 | からだと遺伝子
嶋 緑倫
日本血栓止血学会誌, Vol. 10 (1999) No. 4 pp.310-314
[ 抄録 ][ 全文PDF(580K) ]
Keywords: 遺伝子治療, 血友病B, 第IX因子, ベクター, インヒビター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新規がん抑制遺伝子 REIC/Dkk-3 によるがん遺伝子治療

2010年09月30日 | 癌 ガン がん 腫瘍
柏倉 祐司
岡山医学会雑誌, Vol. 121 (2009) No. 2 pp.79-83
[ 抄録 ][ 全文PDF ]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遺伝子治療テクノロジーの開発とその応用

2010年09月30日 | からだと遺伝子
小澤 敬也
ウイルス, Vol. 54 (2004) No. 1 pp.49-57
安全性の観点からは非病原性ウイルスに由来するAAVベクターの臨床応用が期待される. このベクターは神経細胞・筋細胞・肝細胞などへの遺伝子導入に適しており, 例えば, パーキンソン病の遺伝子治療などへの応用が検討されている. 遺伝子操作技術は再生医療の領域でも必須であり, さらなる開発研究の推進が望まれる. [ 抄録 ][ 全文PDF ]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遺伝子診断と治療

2010年09月30日 | 医療 医薬 健康
鎌谷 直之
日本内科学会雑誌, Vol. 82 (1993) No. 4 pp.598-604
注目されているのは遺伝子診断と遺伝子治療である.遺伝子診断が急速普及した背景にはPCR (polymerase chain reaction)技術の登場が大きく,遺伝病の確定診断,早期診断,保因者診断,出生前診断だけでなく,癌の診断や微少残留悪性細胞の検出などで威力を発揮している. [ 抄録 ][ 全文PDF(1156K) ]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

血液学における遺伝子療法

2010年09月30日 | からだと遺伝子
小澤 敬也
日本内科学会雑誌, Vol. 91 (2002) No. 7 pp.2003-2006
[ 抄録 ][ 全文PDF(305K) ]
Keywords: 遺伝子治療, ADA欠損症, 血友病
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アデノシンデアミナーゼ欠損症における遺伝子治療

2010年09月30日 | からだと遺伝子
崎山 幸雄,有賀 正, 川村 信明
臨床薬理, Vol. 32 (2001) No. 3 pp.445S-446S
[ 抄録 ][ 全文PDF(208K) ]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

消化器癌遺伝子治療の現状

2010年09月30日 | からだと遺伝子
栗山 茂樹
日本消化器病学会雑誌, Vol. 101 (2004) No. 10 pp.1072-1077
本稿では, 消化器癌に対する遺伝子治療の臨床治験成績を含め, 遺伝子治療の現状を概説する. [ 抄録 ][ 全文PDF ]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パーキンソン病の遺伝子治療

2010年09月30日 | からだと遺伝子
伊苅 弘之,梅垣 宏行, 井口 昭久
日本老年医学会雑誌, Vol. 36 (1999) No. 2 pp.103-109
臨床的に有効な遺伝子治療の基礎を確立するためにドパミンD2受容体 (D2R) を発現させるアデノウイルスペクターを用いてパーキンソン病の遺伝子治療の可能性を検討した. [ 抄録 ][ 全文PDF(1943K) ]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加