バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

ラミニン5を利用した間葉系幹細胞の培養技術

2010年02月04日 | 医療 医薬 健康
国際出願番号 : PCT/JP2006/316545 国際出願日 : 2006年8月17日
国際公開番号 : WO2007/023875 国際公開日 : 2007年3月1日
出願人 : 公立大学法人横浜市立大学 外2名 発明者 : 宮崎 香 外2名

間葉系幹細胞の増殖活性、接着活性及び伸展活性からなる群より選択される少なくとも1つの活性を促進するための薬剤であって、ラミニン5を有効成分として含有する前記薬剤。間葉系幹細胞を培養する方法、間葉系幹細胞の単離方法、間葉系幹細胞を培養するための培地、容器及びシートも提供される。 明細書pdf >> かんたん特許検索
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 細胞の培養方法および細胞培... | トップ |  間葉系幹細胞誘導剤及び組織... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ひとときの面影)
2011-08-10 18:28:01
生体接着剤のラミニンなるもの、今回初めて知りましたすごいですね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療 医薬 健康」カテゴリの最新記事