バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

硫酸化多糖を含有する抗ウイルス性組成物

2017年03月15日 | 医療 医薬 健康
出願人: マリノメド バイオテクノロジー ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツング
発明者: グラザオアー、アンドレアス, プリーシュル−グラザオアー、エヴァ

出願 2010-521363 (2008/08/22) 公開 2011-512319 (2011/04/21)

【要約】本発明は、オルソミクソウイルス、パラミクソウイルス、アデノウイルスおよびコロナウイルスからなる群から選ばれる呼吸器系ウイルスによって引き起こされる感染症またはそれらに起因して生じる他の病的容態または疾患の予防または治療のための抗ウイルス性製剤用組成物の製造のために、イオタカラギーナンやカッパカラギーナンの使用を提供する。本発明は、さらに、オルソミクソウイルスとパラミクソウイルスからなる群から選ばれる呼吸器系ウイルスによって引き起こされる感染症またはそれらに起因して生じる他の病的容態または疾患疾病の予防法または治療のために抗ウイルス性製剤用組成物を製造するために、フコイダン(特に高分子フコイダン)の使用を提供する。
http://kantan.nexp.jp/特許/t2011512319/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インフルエンザのためのワク... | トップ | 鳥インフルエンザの治療のた... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療 医薬 健康」カテゴリの最新記事