バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

放射線生物効果の年齢依存 (09-02-02-18)

2016年11月19日 | 放射線と健康
 生物の特徴の一つは寿命があることであり、年齢は特定生物個体の性質を考えるときのきわめて重要な因子である。放射線の生物学的効果も被ばく時の年齢により異なる。一般的には、幼若なものほど放射線に対する感受性が高い。即ち、盛んに分裂をしている細胞の方が緩やかに分裂している細胞や休止している細胞よりも放射線の作用に関する感受性が高く、また幼若な個体ほど盛んに分裂している細胞が多いからである。しかし、生物では実際にはそれほど単純ではなく、放射線生物影響の指標に何を選ぶかによって多様な様相を示す。以下に確定的影響と確率的影響に分け年齢依存を概観するが、確定的影響について最近の研究はほとんどない。
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=09-02-02-18
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野生生物を調べてわかること

2016年11月08日 | 放射線と健康
福島原発事故による放射能汚染と森林・木材 Part II

石田 健
学術の動向 Vol. 20 (2015) No. 10 p. 10_38-10_45

http://doi.org/10.5363/tits.20.10_38


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

放射線被ばく尿中バイオマーカーによる線量評価法の開発

2016年11月08日 | 放射線と健康

研究分野 放射線・化学物質影響科学
研究機関 広島大学
研究代表者
神谷 研二 広島大学, 原爆放射線医科学研究所, 教授
研究期間 (年度) 2013-04-01 – 2015-03-31完了

研究成果の概要 放射線被ばくによる生体影響は、その被ばく線量により異なることから、正確な被ばく線量の評価法が必要である。現在、最も信頼性の高い末梢血リンパ球における染色体異常の評価法は煩雑で熟練を要するため、多数の被ばくを疑われる人に対し実施するのに適当ではない。そこで本研究の最終目標は、非侵襲的検体を用いた簡便かつ精確な生物学的放射線被ばく線量測定・リスク評価技術の開発である。マウスにおいて、尿中Adipsinたんぱく質の糖鎖が0.25 Gy以上の被ばくで切断され、それが被ばく後、8時間から48時間の間で主として観察されることが明らかとなった。今後、糖鎖の切断を指標とした評価法の確立が期待される。
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-25550031/

キーワード 生物影響 / 生物学的線量評価法 / 糖鎖修飾 / 生物学的線量評価 / 放射線被ばく / バイオマーカー / 質量分析計
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヌクレオリンを抑制することによる悪性疾患の治療方法

2016年11月02日 | 放射線と健康
出願人: ユニヴァーシティー オヴ ルイスヴィル リサーチ ファウンデイション インコーポレイテッド
発明者: ベイツ ポーラ ジェイ, ミラー ドナルド エム, トレント ジョン オー, シュー シァオフア

出願 2006-534360 (2004/10/08) 公開 2008-502584 (2008/01/31)

【要約】癌治療における抗体、アンチセンス分子および干渉性RNA分子のような抗=ヌクレオリン薬の使用。該治療は、好ましくは、化学毒性薬または化学療法薬の投与または放射線療法と併用する。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/t2008502584/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

X線によりラットに誘発された動脈炎の食塩,味噌ならびにエタノールの影響

2016年06月20日 | 放射線と健康

渡辺 敦光, 高橋 忠照, 岡本 太郎, 小島 康知, 伊藤 明弘
Journal of Toxicologic Pathology Vol. 5 (1992) No. 2 P 233-242

http://doi.org/10.1293/tox.5.233
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中性子線障害防護剤

2016年05月09日 | 放射線と健康

出願番号 特願2014-087177
公開番号 特開2015-205835
出願日 平成26年4月21日(2014.4.21)
公開日 平成27年11月19日(2015.11.19)
発明者 :松本 英樹・上野 渉・鶴岡 千鶴・柿沼 志津子

出願人:国立大学法人福井大学

発明の概要 【課題】放射線の中でも特に透過性が高く、障害の程度が大きい中性子線による障害から防護する手段を提供すること。
【解決手段】ニトロプルシドまたはその薬理学的に許容される塩を含有する、中性子線障害防護剤を提供することで上記課題を解決する。J-Store >>国内特許コード P160012933
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

放射線の人体に及ぼす影響

2016年01月20日 | 放射線と健康
都築 正男
高分子 Vol. 6 (1957) No. 5 P 214-216

http://doi.org/10.1295/kobunshi.6.214
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

細胞分裂の制御機構と放射線

2016年01月20日 | 放射線と健康
土井田 幸郎
生物物理 Vol. 9 (1969) No. 1 P 21-33

http://doi.org/10.2142/biophys.9.21
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

甲状腺と放射線

2016年01月20日 | 放射線と健康
山下 俊一, 難波 裕幸, 長瀧 重信
日本内分泌学会雑誌 Vol. 69 (1993) No. 10 p. 1035-1043

http://doi.org/10.1507/endocrine1927.69.10_1035

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セシウム排出、予測より遅い…作業員を追跡調査

2015年08月10日 | 放射線と健康
読売新聞 8月10日(月)19時2分配信

読売新聞

 福島第一原子力発電所で事故対応にあたった東京電力の作業員が体内に吸い込んだ放射性セシウムは、当初の予測より、体外への排出が遅いという追跡調査結果を、放射線医学総合研究所の谷幸太郎研究員らが発表した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150810-00050080-yom-sci
コメント
この記事をはてなブックマークに追加