バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

息切れ、足のむくみ…難病「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」 カテーテル治療に効果

2017年01月31日 | 循環系 心臓

 肺の血管に血栓が詰まり、肺動脈の血圧が高くなることで心臓に負担がかかって機能が低下する難病「慢性血栓塞栓(そくせん)性肺高血圧症(CTEPH)」。ここ5年ほどで治療法が増え、適切に治療すれば約6割が日常生活に支障がないレベルまで回復するようになった。しかし、広く知られた病気ではないため、潜在的な患者もいるとみられる。専門医は「心当たりのある人は検査を」と呼び掛けている。産経 SankeiBiz.2016.8.13
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブタが人間のドナーになる?!米国で成功した実験とは?

2017年01月31日 | 生命科学 生物誌
ナショナルジオグラフィック.,2017-01-31

臓器ドナー不足の解消を目的として、ヒトの細胞をもつブタの胎児の作製に成功したという報告が科学誌に発表され、話題になっています。何かと物議を醸しそうな今回の成果について、記事では解説しています。このほか、写真で見るメキシコ国境の壁、宿主の頭を食い破る新種の寄生バチの発見などナショジオならではの記事をお楽しみください。http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/013000032/




ヒトの細胞もつブタ胎児の作成に成功、臓器作り見据えた研究

(CNN) 米ソーク研究所などの研究チームは26日、幹細胞技術を使ってヒトの細胞や組織をブタの胎児の中で作ることに成功したと、科学誌「セル」で発表した。

もっとも、ヒトの臓器を他の動物の体内で作って再生医療につなげる日は当分先だと、論文の主著者であるソーク研究所のジュン・ウー研究員は言う。 CNNニュース 2017.01.27
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

T細胞培養用培地

2017年01月31日 | 細胞と再生医療

出願番号 特願2015-125147
公開番号 特開2017-007977
出願日 平成27年6月22日(2015.6.22)
公開日 平成29年1月12日(2017.1.12)
発明者

黒田 章夫
河本 正次
廣田 隆一

出願人

国立大学法人広島大学

発明の名称 T細胞活性化剤、T細胞の活性化方法、および、T細胞培養用培地 NEW
発明の概要 【課題】コストが低く、かつ、煩雑な処理を必要としない、T細胞活性化剤、T細胞の活性化方法、および、T細胞培養用培地を提供する。
【解決手段】本発明では、ポリリン酸および抗TCR抗体によって、T細胞を活性化させる。J-Store >>国内特許コード P170013659
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

哺乳動物細胞内で目的遺伝子の発現を高める方法およびキット

2017年01月31日 | 医療 医薬 健康

出願番号 特願2015-092336
公開番号 特開2016-208845
出願日 平成27年4月28日(2015.4.28)
公開日 平成28年12月15日(2016.12.15)
発明者

清水 典明

出願人

国立大学法人広島大学

発明の名称 、並びに、その利用 NEW
発明の概要 【課題】哺乳動物細胞内で目的遺伝子の発現を高める方法およびキット、並びに、その利用を提供する。
【解決手段】目的遺伝子の発現を高めるポリヌクレオチドを複数含むリピート配列と、目的遺伝子、および、哺乳動物細胞内で機能する核マトリックス結合領域をコードするポリヌクレオチドを具備する発現ベクターと、を哺乳動物細胞に同時に導入することによって、哺乳動物細胞内での目的遺伝子の発現を高める。J-Store >>国内特許コード P170013656
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最先端の分子生物学から、まず人間を考える

2017年01月31日 | 生命科学 生物誌

足立倫行 (ノンフィクションライター)

 年明け早々、どうにも気になって後を引き、2度、3度取り出して部分読みをしたのは、中屋敷均著『ウイルスは生きている』。

昨年の講談社科学出版賞を受賞したこの本は、私が取材・執筆を担当している月刊『ウェッジ』2月号の新刊クリップで取り上げ、筆者の中屋敷さん(神戸大学大学院教授)の研究室も訪ね、ご本人から話を聞いた。
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/8777
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子宮体がんで新検査法 妊娠の可能性拡大に期待 福井大

2017年01月31日 | 癌 ガン がん 腫瘍

女性に多い子宮がんの一種、「子宮体がん」の治療の際、がん細胞が残っているかどうかを画像で診断できる検査法を福井大学の医療チームが開発し、治療を終えた女性が今月、出産したと発表しました。子宮を傷つけるおそれのある、これまでの検査法と比べて体の負担が少なく、妊娠の可能性を残すことにつながるとして注目されています。NHKニュースweb.,2017年1月30日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

βカテニン経路のモディファイヤーとしてのPRKCs及び使用方法

2017年01月30日 | BioTech生物工学 遺伝子工学
出願人: エクセリクシス, インク.
発明者: フランシス−ラング, ヘレン, ウインター, クリストファー ジー., ヴェンチュラ, リチャード ベン アベガニア, ヒューア, ティモシー, エス., アダムケウィッツ, ジョアン アイ.

出願 2006-523407 (2004/08/13) 公開 2007-515935 (2007/06/21)

【要約】ヒトPRKC遺伝子はβカテニン経路のモジュレーターとして同定されており、したがってこれらは欠陥βカテニン機能に関連する疾患の治療上の標的である。PRKCの活性を調節する作用剤を探すためにスクリーニングすることを含む、βカテニンのモジュレーターを同定する方法が提供される。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/t2007515935/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

p21経路のモディファイヤーとしてのRORsおよび使用方法

2017年01月30日 | BioTech生物工学 遺伝子工学
出願人: エクセリクシス, インク.
発明者: フランシス−ラング, ヘレン, フリードマン, ローリ, キッド, トーマス, ロシェ, ジオブハン, ザン, ハイギャン

出願 2004-536323 (2003/09/15) 公開 2005-538722 (2005/12/22)

【要約】ヒトROR遺伝子はp21経路のモジュレーターとして同定されており、したがってこれらは欠陥p21機能に関連する疾患の治療上の標的である。RORの活性を調節する作用剤を探すためにスクリーニングすることを含む、p21のモジュレーターを同定する方法が提供される。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/t2005538722/

審査最終処分:未審査請求によるみなし取下
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

可逆的に増殖可能なインスリン発現ヒト膵島細胞株およびその用途

2017年01月30日 | BioTech生物工学 遺伝子工学
出願人: 田中 紀章, 小林 直哉n, クラレメディカル株式会社
発明者: 田中 紀章, 小林 直哉, 成島 道樹, 田中 斎仁

出願 JP2003014243 (2003/11/10) 公開 WO2005045026 (2005/05/19)

【要約】本発明は、それぞれ一対のLoxP配列に挟まれたhTERT遺伝子およびSV40T遺伝子を含有する可逆性不死化ヒト膵島細胞株であって、インスリン産生能を有し、かつ該hTERT遺伝子およびSV40T遺伝子を除去したのちにインスリンの発現が増強されることを特徴とする可逆性不死化ヒト膵島細胞株、特にはNAKT−13(寄託機関 独立行政法人産業技術総合研究所 特許生物寄託センター、あて名 日本国茨城県つくば市東1丁目1番地1 中央第6(郵便番号305−8566)、寄託日 平成15年9月4日、受託番号FERM BP−08461)またはそれらの継代株、該可逆性不死化ヒト膵島細胞株またはその継代株からhTERT遺伝子およびSV40T遺伝子を除去することにより得られるヒト膵島細胞、ならびにそれらの細胞の用途に関する。本発明の可逆性不死化ヒト膵臓細胞株を用いることにより、需要に見合った数のインスリン産生細胞を容易に確保することができる。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/s2005045026/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

多層培養装置

2017年01月30日 | 細胞と再生医療
出願人: 株式会社大竹
発明者: 大竹 直, 大竹 伸吾

出願 2007-329302 (2007/11/23) 公開 2009-125068 (2009/06/11)

【要約】【課題】一検体一装置、検体の培養細胞が他検体の細胞と混濁しない構造、密封培養容器、小型カセット型培養容器の課題をクリアし、さらに多層培養を密封培養容器内で可能にした培養装置の提供。【解決手段】細胞・組織培養装置は、細胞の培養を行う密封細胞培養容器5にダイヤフラムポンプ4機能を設け、培地を効果的に交換し、回転駆動装置17と連結された回転足場固定具に装着した培養細胞シートの下面浮遊老廃物を180度回転させ離脱させる。さらに密封細胞培養容器5内のプレス機能で密封細胞培養容器内で多重、多層培養を可能とした。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2009125068/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加