バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

ヒトiPS細胞からミニ肝臓の大量製造に成功

2018年01月18日 | 細胞と再生医療
ヒトiPS細胞からミニ肝臓の大量製造に成功-再生医療への応用を大幅に加速-
日本医療研究開発機構 プレスリリース 平成29年12月6日

横浜市立大学
日本医療研究開発機構
株式会社ヘリオス
株式会社クラレ
味の素株式会社
株式会社ニコン
カールツァイスマイクロスコピー株式会社

横浜市立大学 学術院医学群 臓器再生医学 武部貴則准教授、谷口英樹教授らの研究グループは、複数の企業との産学連携体制のもと、iPS細胞からヒトのミニ肝臓(iPSC肝芽)を、大量製造する手法の開発に成功しました。京都大学iPS細胞研究所・山中伸弥教授らの樹立した、日本人への免疫適合性の高いHLA型をもつHLAホモドナーiPS細胞(研究用)から、ミニ肝臓作製に必要な3種類の全ての細胞および小型化したミニ肝臓を、高い品質を担保して製造することが可能となりました。

さらに、大量製造されたミニ肝臓は、移植により、重篤な肝疾患を発症する免疫不全マウスの生存を大幅に改善することを実証しました。
https://www.amed.go.jp/news/release_20171206.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

iPS細胞使った臨床研究の患者 網膜に膜状組織でき追加手術

2018年01月18日 | 細胞と再生医療

神戸市にある理化学研究所などの研究グループは、他人に移植しても拒絶反応が起きにくい特殊なiPS細胞を使って重い目の病気を治す臨床研究を行った患者5人のうち1人で、網膜に膜状の組織ができ、取り除く手術をしたことを明らかにしました。グループによりますと膜状の組織は移植した細胞からできた可能性が高いということですが、iPS細胞を使ったことによる特有のリスクではなく、経過を慎重に観察しながら臨床研究は継続するとしています。 NHK ニュース.,2018年1月16日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AG-PROTEX®を応用した抗菌性人工股関節を開発

2018年01月16日 | 細胞と再生医療
佐賀大学・京セラが第7回ものづくり日本大賞「特別賞」を受賞

日本の研究.,プレスリリース 掲載日:2018.01.16
佐賀大学


 AG-PROTEXは, 抗菌スペクトルの広い銀を含有したハイドロキシアパタイト(HA)の溶射技術であり, 本学と京セラ株式会社が共同開発したものです。
https://research-er.jp/articles/view/66994
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

iPS分化、スイッチ発見=腫瘍化リスク回避期待-先端医療振興財団

2018年01月16日 | 細胞と再生医療

時事通信.,2018/01/11

 体のさまざまな細胞になる能力を持つ人工多能性幹細胞(iPS細胞)や胚性幹細胞(ES細胞)が、実際に分化するかどうかを決めるスイッチの役割を持つ分子を初めて発見したと、先端医療振興財団細胞療法研究開発センター(神戸市)が11日、発表した。分化しない細胞を移植すると腫瘍になる恐れがあり、事前に選別できればリスクを回避できる。論文は英科学誌サイエンティフィック・リポーツ電子版に掲載された。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018011101254&g=soc
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幹細胞により早発閉経を修復、健康な赤ん坊誕生

2018年01月16日 | 細胞と再生医療

人民網日本語版 2018年01月15日

中国科学院幹細胞・再生医学研究先導特別プロジェクトの支援を受け、同病院生殖医学センターと中国科学院遺伝・発育生物学研究所の戴建武氏が率いる再生医学研究チームが協力し、2015年に世界に先駆け臍帯間幹細胞充填による早発閉経合併不妊症への臨床研究を展開した。
http://j.people.com.cn/n3/2018/0115/c95952-9315525.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

iPS細胞のがん化原因特定 安全な細胞の選別容易に 神戸

2018年01月12日 | 細胞と再生医療
20178/1/11(木) 21:53配信 神戸新聞

iPS細胞のがん化原因特定 安全な細胞の選別容易に 神戸
先端医療振興財団・細胞療法研究開発センターの川真田伸センター長
 人工多能性幹細胞(iPS細胞)からさまざまな組織などを作る際、がん化するかどうかを見分ける方法を発見したと、先端医療振興財団・細胞療法研究開発センター(神戸市中央区)の川真田伸センター長らのチームが発表した。良質なiPS細胞の量産につながり、再生医療の実用化に弾みがつくと期待される。10日付の英国科学誌サイエンティフィックリポーツに掲載された。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00000014-kobenext-life
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不正納品:旭硝子子会社、検査実施装う 9日から出荷再開

2018年01月10日 | 細胞と再生医療

毎日新聞 2018-01-10

 ガラス最大手の旭硝子の子会社「AGCテクノグラス」(静岡県吉田町)が、自社が定めた検査項目の一つを実施せずに、実験などに使われるプラスチック製容器「遠沈管」を2015年以降、出荷し続けていたことが明らかになった。出荷先は約1500の大学や研究機関で、そのうち80の出荷先に対しては、検査未実施にもかかわらず品質保証書を発行していた。同社は出荷先に対する説明と、実態調査を開始した。msnニュース.,2018-01-10



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

骨再生組成物製造器具、骨再生組成物の製造方法

2018年01月09日 | 細胞と再生医療
骨再生組成物製造器具、骨再生組成物の製造方法、骨再生組成物、および骨再生方法

出願人: 株式会社カネカ, 国立大学法人京都大学
発明者: 吉田 進也, 小林 明, 渡邊 基一, 戸口田 淳也, 青山 朋樹

出願 2007-276872 (2007/10/24) 公開 2009-101022 (2009/05/14)

【要約】【課題】本発明は、培養操作を行うことなく、閉鎖系内で簡便かつ迅速に骨再生組成物を製造することが可能な骨再生組成物製造器具、骨再生組成物の製造方法、骨再生組成物、および骨再生方法を提供する。【解決手段】骨再生に関わる骨再生関連細胞を、細胞分離器1を用いて捕捉する。回収用シリンジ5を用いて、細胞分離器1に、洗浄液を注入し、骨再生関連細胞を細胞分離器1から流出させる。細胞分離器1から流出した骨再生関連細胞を分離容器6に回収し、該混合容器6において、骨再生関連細胞と支持体とを混合する。これにより、骨再生に関わる骨再生関連細胞を含む試料からの該骨再生関連細胞の分離と、該骨再生関連細胞と支持体との混合とを、一連の操作として閉鎖系内で行う。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2009101022/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真皮幹細胞の維持に重要なタイプ 5 コラーゲンの発見!

2017年12月20日 | 細胞と再生医療
~皮膚における幹細胞の存在場所と再生メカニズムの解明~

日本の研究.,プレスリリース 掲載日:2017.12.20
藤田保健衛生大学 名古屋大学

 本研究グループは、まず、真皮組織の上層部(乳頭層)と下層部(網状層)の病理学的な構造の違いから、それぞれのエリアに存在する細胞や膠原線維※3 の詳細な解析を行いました。その結果、真皮乳頭層において幹細胞(CD271 陽性細胞※4)が多く存在していること、また、そのエリアではタイプ 5 コラーゲン※5が強く発現していることを突き止めました。
https://research-er.jp/articles/view/66266

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

免疫細胞の機能と運命のリアルタイム判別

2017年12月19日 | 細胞と再生医療
GENニュース 2017年12月1日(第37巻、第21号)

免疫細胞の特徴を超えて
Brian P. Dranka、Ph.D. 、 ルーク・ディマッシ
免疫系は、病原体、生体異物、および他の非自己信号を身体的に捜し続けています。したがって、免疫系を構成する様々な細胞型は、非常に動的であり、数分から数時間の時間スケールでこれらの傷害を処理するプロセスを上方制御することができる。

https://www.genengnews.com/gen-articles/real-time-discrimination-of-immune-cell-function-and-fate/6213
コメント
この記事をはてなブックマークに追加