バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

鹿児島大、ガン化の恐れのある細胞の除去方法を開発

2015年07月31日 | 癌 ガン がん 腫瘍

iPS細胞やES細胞を目的の細胞に変化させて人に移植するとき、目的細胞に変化できずに残った細胞があると 、それが腫瘍になるおそれがある。

鹿児島大の小戝健一郎教授(遺伝子治療・再生医学)のチームは、がんになる可能性がある細胞だけを特殊なウイルスで取り除く方法を開発した。

研究チームは、がん細胞で働いているサバイビン(survivin) という遺伝子に注目した。 化学業界の話題 2015年7月30日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台湾政府機関、新型インフルエンザ対策として「アビガン錠」の備蓄を決定

2015年07月31日 | NEWSクリッピング

台湾の感染症対策を行う衛生福利部疾病管制署(台湾CDC)はこのたび、抗インフルエンザウイルス薬「アビガンR錠200mg」(Favipiravir) を備蓄することを決定した。
これを受け、富士フィルムは7 月13 日に同署へ「アビガン錠」を供給した。

今回の備蓄は、台湾でヒトへの感染の危険性が高まっている鳥・豚インフルエンザおよび新型インフルエンザの治療薬として台湾国民のリスクに備えるもので、「アビガン錠」は現時点では台湾CDCから製造販売承認されてはいないが、台湾CDC は「アビガン錠」の持つ新しい作用メカニズムなどを評価し、「アビガン錠」の特例輸入を決定した。 化学業界の話題 knak 2015年7月24日

註)「アビガン錠」はヒトが鳥・豚インフルエンザや新型インフルエンザに感染した時に使用され、また実際投与された場合には、その情報が富士フイルムに提供される。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CRISPR/CASシステムを用いたマウスゲノム編集

2015年07月31日 | BioTech生物工学 遺伝子工学
伊川 正人
第41回日本毒性学会学術年会
セッションID: S17-5

シンポジウム 17 
発生・発達毒性におけるエピジェネティクス研究の新展開
https://goo.gl/fomT3A

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2015年07月31日 | 医療 医薬 健康
WHO必須医薬品モデルリストに見る血漿分画製剤の位置付けの歴史的変遷と現状
坂上 裕一郎, 津谷 喜一郎
YAKUGAKU ZASSHI Vol. 134 (2014) No. 2 p. 237-247

http://doi.org/10.1248/yakushi.12-00282
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナノ構造化RNAを用いたRNA干渉法

2015年07月31日 | 医療 医薬 健康
阿部 洋
YAKUGAKU ZASSHI Vol. 133 (2013) No. 3 p. 373-378

http://doi.org/10.1248/yakushi.12-00239-4

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人工DNA結合タンパク質のデザインと細胞機能制御への展開

2015年07月31日 | 細胞と再生医療
今西 未来
YAKUGAKU ZASSHI Vol. 132 (2012) No. 12 p. 1431-1436

http://doi.org/10.1248/yakushi.12-00228
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人工酵素によるゲノム編集工学とその応用,可能性

2015年07月31日 | BioTech生物工学 遺伝子工学
野村 渉
AKUGAKU ZASSHI Vol. 135 (2015) No. 3 p. 405-414

http://doi.org/10.1248/yakushi.14-00240-5

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

治療が困難な難病の根本的治療

2015年07月31日 | からだと遺伝子
 世界には、劣性遺伝に起因する筋ジストロフィーや、染色体異常によるダウン症、がん遺伝子異常によるがんといった遺伝性の難病を抱える患者が多数いる。国際がん研究機関の報告によると、2012年に新たにがんと診断された患者は1400万人だが、これが20年後には2200万人まで増えると予想... 特許資料>>astamuse

最終更新日:2015/04/28 市場推定規模:230兆円 掲載されている公募課題件数:0件
取り組んでいる企業:アンジェスMG株式会社、オンコセラピー・サイエンス株式会社、学校法人北里研究所、協和発酵キリン株式会社、ファイザー・プロダクツ・インク
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゲノム情報表示システム

2015年07月31日 | 創薬 生化学 薬理学
特許権者:日鉄日立システム... 発明者:佐々木淳 他3名
登録番号:4433289 号登録日:2010/01/08

本発明は、例えばゲノムに関する研究を行う際にゲノム情報を閲覧するために用いられるゲノム情報表示システムに関する。近年、ゲノムに関する研究の進展に伴い、遺伝子等の塩基配列やその機能に関するデータ等が多数獲得されている。このようなゲノムデータは、公共の専門機関、例えば米国立バイオテクノロジー情報センター(NCBI)等においてデータベース化されている。公共の専門機関は、自己... 特許資料>>astamuse
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

非必須遺伝子の欠失あるいは除去により弱毒化された組換えパラインフルエンザウイルスワクチン

2015年07月31日 | 感染症 ワクチン 抗生物質 食中毒
特許権者:アメリカ合衆国 発明者:ダービン,アナ・... 他2名
登録番号:4813710 号 登録日:2011/09/02

発明の背景 ヒトパラインフルエンザ3型(HPIV3)は1歳未満の新生児及び小児に於ける重症下気道感染症の主原因の一つである。上記年齢群に於けるウイルス性下気道疾患による入院の主原因として呼吸系発疹ウイルス(RSV)に次ぐものである(Collinsら、p1205−1243、B.N.Fields(Knipeら、編集)、Fields Virology、第3版、第1巻.Li... 特許資料>>astamuse
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加