バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

脳の細胞再生成功、特殊なたんぱく質利用 名古屋市立大

2011年02月21日 | 細胞と再生医療
 病気などで失った脳の細胞を、脳内にある幹細胞から再生させることに、名古屋市立大のグループがマウスで成功した。幹細胞が脳内で作り出した細胞は通常、未熟な状態のままだが、特殊なたんぱく質を注射すると一人前の細胞に成長させることができた。脳性まひや脳梗塞(こうそく)などの治療法の開発につながると期待される。朝日新聞(Web版)2011年2月21日
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 特定保健用食品の審査等取扱... | トップ | 武田薬品、消炎酵素薬を自主... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (清水敏夫)
2011-02-21 06:01:23
素晴らしい発見です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

細胞と再生医療」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。