バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

南アフリカのマラリア発生率に及ぼす気候変動の影響

2017年05月31日 | 感染症 ワクチン 抗生物質 食中毒
~エルニーニョ/ラニーニャ現象・インド洋亜熱帯ダイポール現象と マラリア発生率との関係性~

日本の研究.,プレスリリース 掲載日:2017.05.30
海洋研究開発機構 長崎大学 国際協力機構 日本医療研究開発機構

国立研究開発法人海洋研究開発機構(理事長 平 朝彦、以下「JAMSTEC」)アプリケーションラボの池田隆美特任研究員と国立大学法人長崎大学熱帯医学研究所の皆川昇教授らは、南アフリカ北東部に位置するリンポポ州におけるマラリアの発生変動と南アフリカの気候変動および世界の海域でみられる気候変動現象の関係を調べ、熱帯太平洋や南インド洋の気候変動によりもたらされる南アフリカの降水量や気温の変動が、その数ヶ月後に生じるマラリアの発生率に影響を及ぼす可能性があることを示しました。
https://research-er.jp/articles/view/58862
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

喫煙で毎年700万人が死亡、経済損失は155兆円

2017年05月31日 | NEWSクリッピング

AFP=時事 5/30(火) 22:26配信

喫煙で毎年700万人が死亡、経済損失は155兆円 WHO
中国・上海の鉄道駅で、灰皿にたばこの吸い殻を捨てる男性(2017年2月28日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】世界保健機関(WHO)は30日、喫煙やたばこ類の使用により、毎年700万人以上が命を落とし、経済的損失は1兆4000億ドル(約155兆円)に上るとの報告書を発表した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170530-00000038-jij_afp-int
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

乳清タンパク食品

2017年05月31日 | 健康・栄養機能性成分

出願人: アサマ化成株式会社
発明者: 矢嶋 瑞夫, 岩附 聡, 塩野谷 博

出願 2005-236072 (2005/08/16) 公開 2006-149371 (2006/06/15)

【要約】【課題】 乳清タンパクのもつミルク臭、渋み、えぐみ、収れん味を低減させて、よりおいしく摂りやすいように風味を改善し、吸水性、分散性の改善された乳清タンパク食品を提供する。【解決手段】 乳清タンパクと、乳清タンパク100質量部に対し5~1000質量部のフラクトオリゴ糖、乳果オリゴ糖等の糖質を含有する乳清タンパク食品。乳清タンパク食品を顆粒状にするか、乳清タンパクを顆粒状にするとさらに分散性が向上し、難消化性糖質を加えると、これらの生理的機能と、抗体の免疫賦活作用の相乗効果が期待でき、抗体を5mg/g以上含有することが望ましい。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2006149371/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

過剰増殖性細胞を認識する抗体ならびにその作製および使用方法

2017年05月30日 | 癌 ガン がん 腫瘍
出願人: シャーンタ ウェスト インコーポレーティッド
発明者: チャクラバルティ スブフラ, ムケルジー サンジョイ, グラッシー マーク シー.

出願 2004-536268 (2003/09/11) 公開 2006-510352 (2006/03/30)

【要約】本発明は、過剰増殖性細胞と関連した抗原のような、抗原に結合する抗体、および過剰増殖性疾患の治療方法に関する。本発明の抗体は、新生物形成のような、過剰増殖性疾患を治療するのに有用である。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/t2006510352/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インターロイキン2のスーパーアゴニストおよびアンタゴニスト

2017年05月30日 | 癌 ガン がん 腫瘍
出願人: ザ ボード オブ トラスティーズ オブ ザ リーランド スタンフォード ジュニア ユニバーシティ
発明者: ガルシア,ケナン,クリストファー, レビン,アロン, リング,アーロン

出願 2013-546430 (2011/12/22) 公開 2014-502967 (2014/02/06)

【要約】【課題】新規のヒトインターロイキン2(IL−2)ムテインまたはそれらの変異体、ならびに核酸分子およびそれらの変異体が提供される。【解決手段】これらのムテインを生成させる方法のほか、動物の免疫系を刺激する方法もまた開示される。加えて、本発明は、本発明の核酸分子を含む組換え発現ベクターおよび発現ベクターが導入された宿主細胞も提供する。治療有効量の本発明のヒトIL−2ムテインおよび薬学的に許容可能な担体を含む医薬組成物も包含される。IL−2ムテインは、がんの治療および免疫反応の刺激で用いるための医薬組成物において用いることができる。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/t2014502967/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

免疫増強組成物及びそれを製造する方法

2017年05月30日 | 抗体 免疫 抗原 
出願人: 有限会社メイショウ
発明者: 御手洗 薫, 長濱 陽二

出願 JP2010001120 (2010/02/22) 公開 WO2010095463 (2010/08/26)

【要約】本発明は、自然免疫及びそれに続くリンパ球の免疫を、細胞を痛めつけることなく活性化させることのできる効果的な免疫賦活物質を有する免疫増強組成物を提供することを目的とするものであり、バシラスsp.(Bacillus sp.)(FERM BP−11209)、リシニバシラスフシフォルミス(Lysinibacillus fusiformis)(FERM BP−11206)、バシラスソノレンシス(Bacillus sonorensis)、リシニバシラスsp.(Lysinibacillus sp.)(FERM BP−11207)、及びコマモナスsp.(Comamonas sp.)(FERM BP−11208)から成るMRE共生菌群から選択される1若しくはそれ以上の菌類を分解することによって生じる免疫賦活物質を有効成分として有するものであることを特徴とする、免疫増強組成物である。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/s2010095463/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

修飾抗体と使用方法

2017年05月30日 | 医療 医薬 健康
出願人: アイデック ファーマスーティカルズ コーポレイション
発明者: ブラスロウスキー、ゲイリー、アール, ハンナ、ネイビル, チン、ポール

出願 2002-561522 (2002/01/29) 公開 2005-503109 (2005/02/03)

【要約】修飾抗体を含む新規化合物、組成物および方法が提供される。好適な実施態様において、開示された修飾抗体は、標的局在化の増強と迅速な血液クリアランスのような有益な生理学的性質を与えるように改変または欠失された、1つ以上の定常領域ドメインを有する抗体を含む。開示された化合物は、骨髄抑制患者の新生物疾患の治療に特に有用である。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/t2005503109/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

IL−12/p40結合蛋白質

2017年05月29日 | 抗体 免疫 抗原 
発明者: スーザン・イー・レイシー, エマ・フアン, ジヨナサン・ピー・ベルク, リチヤード・ダブリユ・デイクソン, マイケル・ログスカ, ポール・アール・ヒントン, シャンカール・クマール

出願 2013-091454 (2013/04/24) 公開 2013-177405 (2013/09」


【要約】【課題】IL−12p40結合蛋白質、特にヒトインターロイキン12(hIL−12)及び/又はヒトIL−23(hIL−23)と結合する抗体、特に、キメラ抗体、CDRグラフト抗体及びヒト化抗体を提供する。
解決手段】好ましい抗体はhIL−12及び/又はhIL−23に対する高い親和性をもち、hIL−12及び/又はhIL−23活性をin vitro及びin vivoで中和する。本抗体は全長抗体でもよいし、その抗原結合部分でもよい。本抗体又は抗体部分は例えばhIL−12及び/又はhIL−23活性が害をもたらす障害をもつヒト対象においてhIL−12及び/又はhIL−23を検出するため、並びにhIL−12及び/又はhIL−23活性を阻害するために有用である。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2013177405/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

頭頚部癌の治療に用いる、腫瘍栄養動脈に投与される抗癌細胞組成物の使用

2017年05月29日 | 癌 ガン がん 腫瘍
出願人: 国立大学法人 千葉大学
発明者: 谷口 克, 堀口 茂俊, 岡本 美孝, 中山 俊憲

出願 JP2008067416 (2008/09/26) 公開 WO2009041573 (2009/04/02)

【要約】【課題】抗腫瘍活性を有する細胞や、抗腫瘍活性を示し得る細胞を活性化する抗原提示細胞を利用する癌の細胞免疫治療において、抗腫瘍活性を有する細胞を腫瘍組織に効率的に送り込み、そして、より強い抗腫瘍反応を惹起させ得る方法、およびより有効な腫瘍縮小効果を得られる方法を提供すること。【解決手段】NKT細胞リガンドでin vitroにて活性化されたNKT細胞を含有する抗癌細胞組成物を腫瘍栄養動脈に投与し、かつ、NKT細胞リガンドで処理された抗原提示細胞を含有するNKT細胞刺激剤を上気道粘膜下に投与することを特徴とする、頭頚部癌の治療方法、頭頚部の抗癌治療における、該抗癌細胞組成物および該NKT細胞刺激剤の使用、該抗癌細胞組成物と該NKT細胞刺激剤とのキット、並びに該抗癌細胞組成物。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/s2009041573/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

細胞機能を調節する能力が増強された治療産物

2017年05月29日 | 抗体 免疫 抗原 
出願人: ラボラトワール フランセ デュ フラクションヌメント エ デ バイオテクノロジーズ, インスティチュート ナショナル デ ラ サンテ エ デ ラ ルシェルシュ メディカル (インセルム)g
発明者: ブーレル ドミニク, ドゥ ロムーフ クリストフ, シベリル ソフィー, フリードマン ウルフ エルマン, テイロード ジーン−ルク, ビオロー ニコラス, ノニー エマニュエル

出願 2006-506574 (2004/04/05) 公開 2007-527696 (2007/10/04)

【要約】本発明は、ヒトIgGのIIB型受容体(FcγRIIB_CD32)を介した阻害機能誘発などの1つまたはいくつかの特定のFc受容体の活性を調節し得る、ヒトIgGのFc領域を含む、ヒトの、またはキメラの、またはヒト化された、抗体または分子を作製および選択する方法に関する。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/t2007527696/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加