バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

成人T細胞白血病ATLに新治療薬 治験、半数で効果 春に承認申請

2011年01月02日 | 創薬 生化学 薬理学
 九州だけで毎年約500人が死亡している血液がん・成人T細胞白血病(ATL)の治療に有効性がある新薬を製薬会社「協和発酵キリン」(東京)が開発、2011年春、厚生労働省に製造、販売の承認申請をする。臨床試験では患者の半数で新薬の効果が確認された。現在、有効な治療薬はなく、この治験結果にATLの原因ウイルスHTLV1総合対策を検討する官邸の特命チームは注目している。共同通信47News.,2011-01-02
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 妊娠の高血圧症、治療薬探し... | トップ | 医師偏在解消も含め「医療は... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
九州だけで? (太郎冠者)
2011-01-03 14:45:58
九州だけで毎年500人死亡とは、どちらのデータでしょうか。ご教示ください。
いわゆる急性・慢性、骨髄性・リンパ性の白血病は、2万人に1人、国内での発症は年間6000人で、救命率は向上しています。
成人T細胞白血病は、キャリアでも発症するのは数%と聞いております。
国民の健康上は重大な病気ですが、九州だけで年間500人の死亡者があるというのはどこのデータでしょうか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

創薬 生化学 薬理学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。