バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

その健康食品、本当に飲んでも大丈夫? 健康食品と医薬品の危険な関係

2013年12月31日 | 健康・栄養機能性成分
その健康食品、本当に飲んでも大丈夫? 健康食品と医薬品の危険な関係

健康食品の市場がますます拡大している。健康食品は名前の通り、健康な身体づくりに役立つものとしてコンビ二やドラッグストア、インターネットの通販などでも幅広く販売されている。しかし、健康食品の中には医薬品の効果を変質させて身体に有害な効果をもたらす「相互作用」をもたらす品もある。ここでは、相互作用をもたらす可能性のある健康食品と医薬品の組み合わせについて紹介していきたい。ガジェット通信2013年12月31日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遺伝子異常、卵子で一括診断 高い精度、命の選択懸念も

2013年12月31日 | からだと遺伝子
新しい卵子診断法新しい卵子診断法
 受精前の卵子を壊さずに、筋ジストロフィーなど数千種類の病気を起こす染色体や遺伝子の異常を一度に見つける方法を、米ハーバード大と北京大の研究チームが開発した。9割以上の精度で異常を見つけることができた。チームはこの手法で「より健康な卵子」を選んで体外受精で出産する臨床研究を始めるという。専門家は生命の選択につながると懸念している。apital 朝日新聞Digital.,2013年12月30日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄の長寿の秘密、「ゲットウ」

2013年12月31日 | 生薬・植物成分と薬効 漢方
琉球大学農学部の多和田眞吉(Shinkichi Tawata)教授の研究室には甘くトロピカルな香りが漂う──。甘い香りを放つこの琥珀色の液体は、ここ沖縄で長寿の秘薬とされているエキスだ。

 この液体は、地元沖縄で「ゲットウ」と呼ばれる植物から抽出されたものだ。ゲットウを過去20年にわたり研究してきた多和田教授によると、この抽出液を線虫に毎日与えた実験では、線虫の寿命を平均で22.6%ほど延ばすことができたという。AFP BB News.,2013年12月28日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

DNA傷害に高感受性を示すヒトの遺伝病

2013年12月30日 | からだと遺伝子
井上 正
化学と生物 Vol. 17 (1979) No. 8 P 503-507
JST.Journalarchive/kagakutoseibutsu1962/17.503


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

DNA損傷チェックポイントコントロール

2013年12月30日 | BioTech生物工学 遺伝子工学
杉本 勝則
化学と生物 Vol. 40 (2002) No. 5 P 294-299
JST.Journalarchive/kagakutoseibutsu1962/40.294
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花粉の生き方

2013年12月30日 | 生命科学 生物誌
岩波 洋造
化学と生物
Vol. 6 (1968) No. 4 P 243-245
JST.Journalarchive/kagakutoseibutsu1962/6.243
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

DNA損傷チェックポイントコントロール

2013年12月30日 | 癌 ガン がん 腫瘍

杉本 勝則
化学と生物 Vol. 40 (2002) No. 5 P 294-299
JST.Journalarchive/kagakutoseibutsu1962/40.294

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

放射線照射と果実・そ菜の生体反応

2013年12月30日 | 植物&農業

発芽抑制と果実の熟度調整をめぐって
緒方 邦安, 茶珍 和雄
化学と生物 Vol. 10 (1972) No. 4 P 234-242
JST.Journalarchive/kagakutoseibutsu1962/10.234

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サルモネラ菌復帰変異体べん毛繊維のらせん構造と機能

2013年12月30日 | 生命科学 生物誌
林 史夫, 都丸 英敏, 大澤 研二
高分子論文集 Vol. 67 (2010) No. 12 P 666-678
JST.JSTAGE/koron/67.666

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最新データ技術で未来変える

2013年12月30日 | 医療 医薬 健康
落ちこぼれ防止・収穫最多日を予測…
保存リプリントこの記事をtwitterでつぶやくこの記事をフェイスブックに追加共有
 膨大な情報を分析して人の行動などを精緻に把握しようという動きが、教育や医療などの実生活に広がり始めた。分析対象は天候などの自然現象にまで及び、最新のIT(情報技術)がこれまで難しかった「未来予測」を可能にする。ヒト、モノ、カネに続く新資源と企業が位置付ける「データ」が、人々の暮らしや社会のあり方を変えようとしている。2013/12/30 日本経済新聞 電子版


コメント
この記事をはてなブックマークに追加