バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

プロバイオティクスの医療への展開

2011年06月18日 | 医療 医薬 健康
東海大学医学部基礎医学系感染症研究室教授
古賀 泰裕
ピロリ菌に対するプロバイオティクスがLG21乳酸菌
「プロバイオティクス」とは一言で言うと、我々の体に良い効果を及ぼす、生きた細菌と言えるかと思います。口腔を入口とし、肛門を出口とする消化管には、膨大な数の細菌が生息していますが、プロバイオティクスはそれらの常在細菌を介して、あるいはそれ自体が直接に作用することで、我々の体に有益な効果を発揮します。
http://medical.radionikkei.jp/premium/entry-157497.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Lactobacillus plantarum ONR... | トップ | クローン病の抗TNF-α抗体によ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
プロバイオテイクス e-プロバイオミン (エクセル貿易 和田)
2011-06-22 14:15:25
9割の病気は自分で治せる の著者 岡本裕医学博士開発の 強力乳酸菌 e-プロバイオミン。岡本先生のe-クリニックの患者さんを対象にした臨床試験でその効果が実証。
10粒で 1兆5000億の乳酸菌 
免疫力の60%は腸で働いています。その腸内環境を良くする 乳酸菌をはるかに超えた ベストミックス。
乳酸菌+ENM+FRMフラクタミン

エクセル貿易 和田
wada@excel-propolis.co.jp

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療 医薬 健康」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。