バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

岡山大と東北大、酵母の全遺伝子の「限界コピー数」を測定することに成功

2012年12月31日 | BioTech生物工学 遺伝子工学
岡山大学と東北大学は12月26日、酵母が持つすべての遺伝子の「限界コピー数」を測定することに成功したと発表した。

成果は、岡山大 異分野融合先端研究コアの守屋央朗准特任教授、東北大大学院 生命科学研究科の牧野能士助教らの共同研究グループによるもの。マイナビニュース2012年12月28日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

がん化しない多能性細胞作製成功 熊本大、乳酸菌使い

2012年12月31日 | 細胞と再生医療

 熊本大大学院生命科学研究部の太田訓正准教授(48)の研究グループは29日までに、乳酸菌を使ってさまざまな種類の細胞のもとになる多能性細胞を作製することに成功したと米科学誌プロスワン電子版に発表した。がん化の可能性が極めて低く、再生医療への応用が期待できるという。

 これまでに神経、筋肉、骨、軟骨、脂肪へ分化させることに成功しており、今後は血液など他の細胞への分化も可能か検証する。

 開発した細胞は、ほぼ無限に増殖する人工多能性幹細胞(iPS細胞)と異なり、直径0・3ミリ程度まで成長すると増殖が止まるのが特徴。共同通信47News.,2012/12/29
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

医薬品ネット販売、13年1月にも再開へ 「吉報」「これはありがたい」

2012年12月30日 | 医療 医薬 健康
インターネットでの市販薬の販売が2013年1月内にも可能になりそうだ。13年1月11日に販売権を認める最高裁判決が確定する見通しのためだ。
ネット通販大手のケンコーコムでは確定後、すぐにでも再開できるよう準備を進めているという。ネットでは「吉報」「これはありがたい」などと歓迎の声が相次いだ。J-Cast.,2012/12/30
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

味噌の生理機能

2012年12月30日 | 医療 医薬 健康
岩下 敦子, 高橋 裕司, 河村 幸雄
日本醸造協会誌 Vol. 89 (1994) No. 11 P 869-872
JST.Journalarchive/jbrewsocjapan1988/89.869
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

味噌の色調と抗酸化性との関係

2012年12月30日 | 健康・栄養機能性成分
下橋 淳子, 西山 一朗
日本食生活学会誌
Vol. 19 (2008) No. 3 P 247-250
JST.JSTAGE/jisdh/19.247

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガゴメ昆布フコイダンときのこテルペンエキスの安全性評価

2012年12月30日 | 医療 医薬 健康
ラット薬物代謝酵素への影響
大野木 宏, 工藤 庸子, 速水 子, 滝本 裕子, 鈴木 里芳, 鈴木 信孝
日本補完代替医療学会誌 Vol. 9 (2012) No. 1 P 1-7
JST.JSTAGE/jcam/9.1

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高年齢者におけるガゴメ昆布フコイダンの安全性ならびに免疫機能への効果

2012年12月30日 | 健康・栄養機能性成分
鈴木 信孝, 上馬塲 和夫, 宋 函, 滝本 裕子, 鈴木 里芳, 川端 豊慈樹, 大野木 宏, 仲井 培雄
日本補完代替医療学会誌 Vol. 9 (2012) No. 2 p. 149-155
DN/JST.JSTAGE/jcam/9.149

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

亜臨界水処理後のオカラにおける抗腫瘍性及び抗プロモーター作用

2012年12月30日 | 癌 ガン がん 腫瘍
西 正人, 榎本 俊樹, 坂井 良輔
日本補完代替医療学会誌 Vol. 9 (2012) No. 2 p. 129-135

オカラの殆どは産業廃棄物として処理されており,食用として利用されるのはごく僅かである.オカラを亜臨界水と反応させ,低分子化,可溶化することにより風味や食感が改善される.亜臨界水反応後のオカラの付加価値を明らかにするために抗腫瘍効果と抗プロモーター活性について検討した. DN/JST.JSTAGE/jcam/9.129

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

完全ヒト抗VEGF抗体および使用方法

2012年12月30日 | 抗体 免疫 抗原 

出願番号 : 特許出願2010-531152 出願日 : 2008年10月20日
公表番号 : 特許公表2011-500086 公表日 : 2011年1月6日
出願人 : シェーリング コーポレイション 外1名 発明者 : スマント・ラマチャンダ 外6名

本明細書では、ヒトVEGFと特異的に結合し、VEGFのVEGF-R1およびVEGF-R2への結合を阻害し、それにより、VEGFシグナル伝達を阻害する完全ヒト抗体およびその抗原結合フラグメントが開示される。本明細書に開示される抗体および抗原結合フラグメントは、例えば、in vivoおよびin vitroの双方で脈管形成および脈管形成に関連する疾患を処置するために用い得る。ekouhou 特許公開・明細書(全文)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

抗IGF1R療法に対する感受性のバイオマーカー

2012年12月30日 | 医療 医薬 健康

出願番号 : 特許出願2010-539750 出願日 : 2008年12月17日
公表番号 : 特許公表2011-505873 公表日 : 2011年3月3日
出願人 : シェーリング コーポレイション 発明者 : ワン, ヤン 外5名

本発明は、例えば、対象の癌性状態がIGF1R阻害剤に応答するかどうかを簡便に決定するための方法を提供する。本発明は、患者選択法および治療法を含む。本発明は、IGF1R阻害剤で治療するために悪性細胞または新生物細胞を有する対象を選択するための方法であって、上記で論じられている感受性を評価するための方法により前記阻害剤に対する悪性細胞または新生物細胞の感受性を評価する工程を含み、前記細胞が感受性であると決定される場合に前記対象が選択される方法も提供する。ekouhou 特許公開・明細書(全文)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加