The Wine Heat!

オテル・ド・ヤマダ ワインフォーラムの主催者であるDr.ヤマダのワインな日々の記録です。

『パパジイ忘年会』、打ち合わせ無しでもこの流れ♪

 | ワイン
好きもの親父的持ち寄りワイン会の『パパジイ・・・』ですが、
はて何回を数えるのかは忘れたけれど、忘年会はやろう!となって、
今回の開催の運びとなりました。

いつものように持ち寄りだけど、今回ばかりはテーマは無しで、
でも少しだけ、いつもよりイイモノ持ってきましょう!とのことで、
さてどうなるのか?と思っていましたが、それが何と!ワインのソコソコは分かるけど、
この流れは偶然にしては凄すぎる結果に相成ったわけ♪

まるで示し合わせたかのような、見事な流れ、主宰が熟慮に熟慮を重ねても、
ショウジキこれだけのラインナップを作り上げるのは難しいと思います。

で、まずはその日に登場したラインナップをご覧下さい↓

1.2007 ブルゴーニュ・シャルドネ ドニ・モルテ

2・2013 シャサーニュ・モンラッシェ ブラン フェルナンド&ローラン・ピオ

3.1995 シャトー・ド・ポマール ジャン・ルイ・ラプランシェ



4.1998 シャンベルタン キュベ・エリティエ・ラトゥール

5.2008 ヴォーヌ・ロマネ ヴィエ・ヴィーニュ ベルナール・デュガ・ピィ

6.1997 ダルマジ ランゲ DOCG ガヤ

7.1988 シャトー・パプ・クレマン ペサック・レオニャン



ということでした、いかがでしょうか?

白に始まって、ブルゴーニュ・ピノノワールの多様性にオドロキ、
最後はイタリアの濃厚系と、そのワインに味わい的に重なるペサック・レオニャンの88’ものが来た♪

偶然にしては凄すぎ!
まあ未だにコーフン覚めやらぬのですが、後ほど個別に説明いたします。

ではでは・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2000 ジュブレイ・シャンベルタン クロ・サン・ジャック アルマン・ルソー

 | ワイン
ヴィンテージは2000年、ジュブレイ・シャンベルタンの造り手です。
と言われれば、さすがに『クロ・サン・ジャック ルソー』と答えます♪

これで、ご名答が出なきゃ、『クロ・サン・ジャック』フェチの名がすたるつうもんです!



この2000年物は、薫り高く、ミネラリーに締まっていて、薄旨(うすうま)♪
薄旨と言ったって、その味わいの広がりや、エキスの濃さが半端じゃあない。
まるでこのワインは、ジュブレイ最高のプルミエ・クリュの畑の最高の恵みを一点に集めたようだ!

このタイミングで飲めて、シアワセだ!
ブルゴーニュらしいワインの少なくなった昨今、こんな至福の時間は大事にしなきゃ!

今更ですが、出展者にありがとう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1975 シャトー・オーゾンヌ サンテミリオン・グラン・クリュ・クラッセ A

 | ワイン
ワインの飲み頃を、断層写真のような物を使って、どこで飲んだら一番良いのか?が直視できたら、
どんなにイイのだろうと、このワインを飲んで思った!



と言うのも、飲んでみて、ジブンは物凄くスバラシイものに感じたし、
香りだけとっても、最後の3本の奇跡的な右岸の中で、一番素晴らしかったと思っている。

だから、このシャトーは何ですか?と聞かれたときに、
即座に『トロタノワ』と答えたのが、その理由なんですね・・・

1975年の『トロタノワ』は実に素晴らしく、薫り高い代物であることが、
ワタクシの頭の中に、既にインプットされていたからなんですね。

その昔、あるワイン評論家がこの75’物の『オーゾンヌ』を酷評し、
まさかあの『オーゾンヌ』という頭はなかった!
その評論家をその場に連れてきて、飲ませてみたいくらいだった(笑)

確かに、世紀のヴィンテージの89’コンセイヤントと59’ペトリュスにはさまれれば、
幾分スタイリッシュで、緊張感を感じることは確かではあるけれど、
ともかくバッドな印象はこの39年の歳月が吹き飛ばしてしまったと言っても過言ではない。

つまり、この『オーゾンヌ』ってやつは、ココまで待たなくては、ダメよダメダメ!!!

細かい香りの分析はココではしないけれど、
とにかく沸き立つブケに暫し陶然の境地だったことだけは確かだ!

DRCも『オーゾンヌ』も並みのヴィンテージのものを、
これでもか!と熟成させるのがイイと言う事だ!

まあそれにしても、そうするには時間が無さ過ぎるか・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1993 エルミタージュ ジャン・ルイ・シャーヴ

 | ワイン
シャプティエが出たからには、この造り手が出ないわけ無いでしょ!
と言うほど、エルミタージュではトップの生産者の一人です。
まあ説明するまでも無いわけですが・・・



ある意味この造り手こそ、濃厚でありながらも、ナチュラルでエレガント♪
正しくシラー100%で、ピノ的フィネスを体現してくれる造り手なんですね・・・

これは例のアッサンブラージュの妙によるもの!だと思う。

で、飲んでみてこのワインはドウだったのか?
これが正しくエレガントで、透明感のある、旨みたっぷりのエルミタージュだったのですが、
色合いはアンバーに染まり、香りも鉄分とミネラルが全面に突出し、
甘く妖しげな熟成香がマッセで迫り来る・・・

実にパヴィヨンとは好対照な味わいでした!
93’にして、全てを見せてくれた、枯淡のシラー♪

イイと思います!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1993 エルミタージュ ル・パヴィヨン M.シャプティエ

 | ワイン
まずもって、このアペラシオンはシラー100%であることを意識しなければならない。
単一品種であることをだ・・・

そしてそのシラーが、あたかもブルゴーニュのピノノワールのように、
20年の歳月をもって、フィネスといえる調和の極みと、
上質の証といえる特有の複雑な香りを獲得する。

そして今回のT君の会では、このパヴィヨンと、同じヴィンテージのシャーヴのエルミタージュが並び、
両者ともに同じくブルゴーニュ的フィネスと、
この世のモノとは思えないほどの見事なブケを見せてくれた。

そしてまずはパヴィヨンだ・・・



このワインはジャン・ルイ・シャーヴのものより、未だ若々しく、健全で、将来がある。
果実は充実しており、濃密で、豊満で、噛めるが如しだ!

ブラックベリーのリキュール、完熟カシスに、プルーンのアロマ。
そこに紫の花のエッセンス、リコリス、カカオ、加えてタールにダージリンのアクセント♪
全ての香気は、練れて、官能的な豊かさと、広がりを持って迫り来る!

そして総体的な果実のバランスはブルゴーニュ的な構成を見せる。
ある意味、ウットリとしつつも、料理がなくとも、このワインだけで付き合える代物・・・

極上の、極め付きのエルミタージュ♪
お見事の一言・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

92’ですが、この値段↓
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1989 シャトー・ラ・コンセイヤント ポムロール

 | ワイン
1989年産の数あるボルドーの中で、際立った出来映えの物は何か?
と問われれば、右岸においては、真っ先にこのシャトーを挙げるでしょう(キッパリ)

いかに、この年のペトリュスが飛びぬけて卓越したものであっても、
リアルタイムで味わってみて、このヴィンテージのこのシャトーほど、
心を揺さぶられ、そそられる代物であったかはどうかは疑わしい。

もちろん、89年物のコンセイヤントは、今ここで25年の歳月を経て飲めたけれど、
ペトリュスにおいてをや、それは敵わず、今だったらどうなっていただろう?とのことではあるけれど、
そのことを差し引いても、とにかく心底美味しいことだけは確かだ。



コンセイヤントの89年物は、既に薫り高く、汁気が多く、豊満で、
噛めるが如く濃度と内実がある!

そのスタイルは、正しく外向的で、気立てが良く、良い意味で向こうから挨拶してくれる!
まあオノコとしては放って置けないタイプだ。

良いワインです、旨いです、実はこれが右岸の真骨頂♪
気持ちよく飲ませてもらった!

困るんです、ホントーに、この世は旨い酒ばかりじゃあないんですから(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ココにあります↓
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1959 シャトー・ペトリュス ポムロール

 | ワイン
あまり時間を置くと、さすがにあの感動も薄れる恐れがあるので、
このへんで『Eレヴァージュの会』のメインを張った、このワインについて触れておこう!

およそ『ペトリュス』なるワインは、美味しく飲めたためしがない。

といいますか、おそらくポムロールで最も評判が高く、最も高価であるにもかかわらず、
そのワインの熟成しきった完成形を飲める機会が皆無だ!と言い換えよう!

今まで飲んでみた『ペトリュス』では、66年物のマグナム、
しかもラコステのコルクで封された物が最高だったと覚えている。

そのワインですら、先日飲んだ59年物には到底及ぶことは無いだろう!



この『ペトリュス』の真骨頂は、練れて昇華したその香りにある!
それはまずもって、なめし革に焙煎のニュアンスがあって、続いてカラメルと黒い果実のジャムを連想させる。
グラスで待つと、和風出汁に漢方のモヤモヤが立ち昇り、とどめは燻した肉とトリュフが来た!

口に含めば、果実は正しく甘露そのもので、
グリセリンとミルクのようなタンニンがするりと喉を滑り落ちるのみ!

ゴージャスなフルボディが果てしないトロリとした余韻を誘えば、
そこには茫然自失の独りのワインヒートを佇ませるのみ・・・

後にも先にも恐らくこれだけだと思う!
絶品の『ペトリュス』と言い放つのが、やっとでした。

主宰のT君には感謝の一言である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1989 エルミタージュ・ブラン ジャン・ルイ・シャーヴ

 | ワイン
まずもって、このワインが先日のT君のワイン会の前段の肝になるワインだったと思う。

もちろん、このワインもブラインドで登場したのですが、
一番判別しがたかったのも、このワインであった!
流石にグラスで30分の待ちでは、正体がばれてしまったのだが・・・

エルミタージュ・ブランの89年物、しかもジャン・ルイ・シャーヴともなると、
いかに希少であるかは、皆さんご承知のこととと思う。



加えてこのワインは、樹齢100年を越える区画もふくめて、5つの区画のワインを、
絶妙のアッサンブラージュによって、極上のバランスを獲得するという周到さ。
さらに低収量に遅い収穫、そして人為的な介入を極力避けたナチュラルな醸造ををしているとのこと!

それによって、フィネスともいえる、絶妙の調和を持った、
煌びやかな白ワインが出来上がるのだ!

セパージュはマルサンヌ80%にルーサンヌ20%!
そこには5つの区画の中のレルミット区画のルーサンヌの100年の古木が含まれており、
それが複雑な蜂蜜のようなニュアンスを付与しているらしい。

実際このワインも、その真価を発揮したのは、グラスに注がれて随分な時間が経ってからで、
初めはクローズ気味のシャルドネ・グラン・クリュと見紛うイキオイだった!

そしてワインが開くと、この世のモノとは思えないほどの芳香を発し始め、
アルコール14.5%のダイナミズムと、芳醇なエキスが全開し、
このアペラシオンの見事さの全容を垣間見ることが出来たわけ・・・

まあ言葉では説明できないモドカシサというのは、このことを言うのであろう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

08’ですが、比較的こなれた値段↓
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1985 ドン・ペリニヨン

 | ワイン
いわゆる『ドンペリ』、素敵なシャンパーニュではあるけれど、
芸能人御用達のハンデを背負い、むしろ軽い評価に苛まれているシャンパーニュ!

これの1985年物が『VO』の次に登場したわけだ。
30分遅れの参加ゆえ、このワインは既に注がれていて、泡は正しくアワワ・・・
ほぼなくなっていた。

ですから、未だイエローの輝きにとどまっていて、泡も無く、
アタックも軽微で、香りも閉じていて、その時点ではシャンパーニュであることも不明!

飲んでみると、僅かではあるが、シュワシュワ感があって、壮麗な酸味と品良い果実が確認でき、
上質のシャルドネだと見て取れた♪

シャンパーニュだとすれば、主宰の3択で、ドンペリは正解!
ヴィンテージは90年の閉じ加減と思ったが、85年だと判明!
なるほど、このヴィンテージはまだまだなんだね、と妙に納得。



で、そのうち次のワインに熱中しているうちに、グラスの中でスゴイことが起こった!
ドンペリが見事に開花したのです!

綺麗なハチミツのニュアンスに可憐な白い花♪
ミディアムなボディーにシンメトリーな味わいを創出し、
そこで遅ればせながら、最高のグランメゾンの輝きを感じ取れたわけ。

すなわち、85’の熟成の歩みを見届けるには、もう少しの時間を要するのだろう!
そこまで、待った者が勝ち!ということなのだろう(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ココが最安値↓
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NV ジャック・セロス VO(ヴァージョン・オリジナーレ)

 | ワイン
まずは楽しみなワイン会に、タイヘンな目に合っての到着だったことのご報告!

盛岡は4号線を南に下った、津志田の交差点近郊のTさんのお店に向かうつもりでバスに乗ったのですが、
それが何と大間違い(汗)バスは宮古街道をひた走り、山越えして終点の手代森の営業所で降ろされるはめに!
その時点ですでに、定刻を過ぎており、そこから走った走った!
1kmはあるであろう、都南のタクシー会社まで、こちとら健脚商売と・・・
そこでタクシーに乗って、やっとこさ到着とあいなったわけ!

そうゆう状況での一杯目が表題のワインだったのですよ。



とにかくそのワインを飲んでみますと、色は濃い目のイエローで、
透かすとわずかにオレンジのニュアンスが見て取れる!
クヴェヴリ・ワインか四恩の橙のようでもある。

そしてまず思ったのは、泡のタッチの柔らかさと繊細さ!
加えて味わいにはマッタリ感こそあるけれど、心地よい酸味のキレがある、
で、シャンパーニュはまず間違いないだろうと感じていた。

しかしこの色合いがモンダイだ!
香りには気持ちのよいミネラリーなトップに、蜂蜜にオレンジ、
そしてステアーすれば、わずかにバレンシアオレンジと桃のニュアンスも感じてくるわけだ!

さて何だ、この厚みと色合いからピノ!しかもオジェのグランクリュを大量投入か?
などと頭の中で思い巡らしていると、主宰からブラン・ド・ブランなんです(汗)のお言葉!

はあ~、さすれば、自然派の造りを踏襲した、T氏お得意のあのツクリテか?
と、やっとのことで気がついたが、ジャック・セロスとのお言葉を拝聴するにいたり、
ソウだたんだ!と納得したわけ。

それにしても、この濃密な色、しかもオレンジがかっている!
聞けば、2006年あたりのデゴルジュマンらしく、T氏のセラーで数年眠っていたNVとのことなのだ!

それで納得!
ともかく年産300ケースの希少なRM!
リッチで素朴で自然なお味を、目一杯堪能させていただきました♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加