The Wine Heat!

オテル・ド・ヤマダ ワインフォーラムの主催者であるDr.ヤマダのワインな日々の記録です。

ボンドそれはハーランのお友達?

 | ワイン
雪もなく小康状態が続いております。
雪降りもモウ沢山ですが、寒さも緩む気配がないので、
なんとなく春を待ちどうしく思ってしまうのは、ワタクシだけではないでしょう!

さて、マダマダ続くブラインド大会の話題ですが・・・

そう、最後に会を〆た、黒々カルト系のカリフォルニア・ボルドー系ワインに触れない訳にはいかないでしょう!それは・・・

2001 St.Eden Bond Red Wine Oakville Napa Valley

ですが、これがなんと、
ハーラン・エステートのビル・ハーランとワイン・メーカーのボブ・レヴィのジョイントの新レ−ベルなんですね・・・

このボンドには三つの地所がありまして、
セント・エデン、メルベリー、ヴェッシーナがそれにあたります。

今回、皆さんに御相伴いただいたのがセント・エデン♪
三つのリジョンでは、一番の高評価らしいのですが、
ワタクシ、カリフォルニアってゼンゼン解りませんので、なんともはや・・・

それにしても、ヒルサイド・エリアでダラヴァーレが傍にあって、
尚且つ99’ファースト・ヴィンテージですが、
既にこの01’でRPが97点を付けている!
そそられますよね・・・?

ワイン・ヒートの風上にもおけない発言してしまいましたが、
このハーラン・エステートに同列に置かれると言われるこのカルトワイン!
心配された『オカルト・ワイン』でなかったのだけは確かです!

オークヴィルの超濃縮されたカベルネですが、
ぶっきらぼうに強さのみを追究した『エセ高級ボルドー系』ではなく、
甘さと奥行きがユニゾンで心に響いてきます!
ある種のインテリジェンスと知的な調和を垣間見る事が出来る訳です!

もちろん、モウ買いませんよ!そのワイン!!
ワタクシの趣味と違いますので・・・
でも、こんな芸術品もあるのだろう!と感心する今日このごろです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フリウリの鬼才、ヨスコ・グラヴネル!

 | ライフ
今回のオール・ブラインドの中で出された唯一の白ワイン!
もちろん、泡の代表の98’コント・ド・シャンパーニュを除いてですよ!

それがグラヴネルの97’ブレッグなんですね・・・

ブレッグはシャルドネ、ソーヴィニオン・ブラン、ピノ・グリッジョ、リースリング・イタリコの他に地場品種を混醸させた、グラヴネル独特のセパージュであります!

さて、そのブレッグが11年の歳月を経て、
どう熟成したのでしょうか?

もうロゼのような色付きであります!
濃密な香気は該当者なし!鼈甲あめ、花梨、セメダイン、蜂蜜などなど・・・
味わいは熟フルーツと酸味の十分な調和が生まれ、
トロリと美味しく濃縮されました。

この造り手を大絶賛していたのが、
あのブルネロの鬼才の『カーゼ・バッセ』の『ジャン・フランコ・ソルデラ』でした。
アノ偏屈者とさえ揶揄されかねない稀代の大醸造家がこう言ったそうです・・・

「偉大なワインとは、赤ワインの事なのだ。イタリアでもごく限られた地域にしか、存在しない。だが、もし私が自分ために白ワインを買うとすれば、ただ一つヨスコ・グラヴネルを選ぶね・・・」と・・・

グラヴネルもソルデラ同様に自然の流れで醸造を行ないます。

赤ワインと見紛う輝く液体を眺め、ワタクシもなるほどと思う訳であります!
美味しゅうございました♪

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ブレッグ99’は今でもこの値段で買えますよ!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツタンカーメンの秘宝ではありません!

 | ワイン
八本のブラインド・アイテムの中にこのワインを挟める・・・
そうとう、悩みました!

逆に貴方でしたら何所に挟めます?
難しいですよね・・・

濃厚な、向こうも見えないぐらいの黒々系!
石油や鉱物の雑風味にミネラリーなニュアンス・・・
そして、地場の生食葡萄をジャムにしたようなブラッキーなアロマです。
僅かに甘味を感じ、豪勢なタンニンながらも、思いの他の調和にはビックリです!

意外に流れ的には、バローロ・ボスキスの直後に出したのは正解のようでした!

このワイン・・・
なんと、グルジア産のスティル・ワインなんですね・・・
グルジアは世界最古のワイン産地と言われていますよね!
それから見てください、この陶材のボトル!
まるで、ツタンカーメンの埋蔵品のようでしょ!

いずれ、これはワタクシのチョイスではなくて、仙台のY田先生と針金氏が仕掛け人!
興味深々のブラインドには大感謝です!

思わぬ所で、思わぬ味わいのワインが登場します!
このドキドキ感もブラインドの楽しさですよね・・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ブラインドは蜜の味?それとも・・・

 | ワイン
目隠しのくだんのワインが目の前に登場し、
色合いを眺め、香りを嗅ぎ、そして一口含みます。

確かに、これって邪道かも?
でも挑戦者は真剣そのもの!生産者には敬意をはらいつつ、
真摯な態度でワインに向き合います。

もちろん、硬いパンをカジッテ『ロマネ・コンティ』って事も、
今は昔の話になりました。

ブラインドしながら、キュイジーヌも楽しみます・・・
こんなワイン会は蜜の味でしょう?
まさか、地獄の沙汰とは言わせません!

さて、1.27の『オール・ブラインドワイン会』に9名のワインヒートが集合!
注目の出展ワイン9本のワインリストは以下の通りです!
まずはご覧下さい↓

1998 Comtes de Champagne Blanc de Blancs Taittenger

1997 Breg Josko Gravner Friuli Venezia Giulia (フリウリの白、混醸)

2001 Romanee St Viven Quatre Journaux Louis Latour

1987 Bonne Mares George Roumier

1991 Barolo Boschis Luciano Sandrone

NV Saperavi Georgian Red Wine (グルジア産のスティル・ワイン)

1967 Ch. Margaux

2001 St.Eden Bond Red Wine Oakville Napa Valley
               (ハーラン・エステイトと同列のカルト・ボルドー系)

いかがでしょうか?
なんと言っても、最後から2本目がメインでしょうか?

少しビビリながら出しました!
マルゴーにとっては、メンツェロプーロス以前の暗黒の60年代、
チョットアンダーショルダーぎみの液面です。
加えて、コルク、キャップシール周辺の乾燥、固定の怪しげな状況でした。

確かに、濃縮感はありません!
でも、湖沼の上澄みのような、穏やかな味わいです。
リーデル・ボルドーで10分待てば、重厚な西洋杉やクローブの香気に溢れ、
熟した、あまやかなプラムやカラント、
更にはエキゾティックな香辛料と乾いたなめし皮のニュアンスです。
総体的には優しさとシリアスさ・・・
ミディアムな噛みごこちでも、本格的なメドックの味わいを存分に楽しめます!

ワタクシ結局、こんな熟ボルドー好きなんです!

個別のワインのコメントは後ほど・・・
ではまた!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新春オール・ブラインド大会開幕です!

 | ワイン
大雪の後の除雪の対応はどうでしょうか?
まずはそこかしこで除雪の跡がみられますが、出動が今一つ遅いようですね・・・

あまりしつこいと、小うるさいオッサンと揶揄されかねないのですが、
これも盛岡を愛するがゆえの苦言と思っていただきたい訳であります・・・

特に除雪が後回しになるY岸地区の奥地(カテドラル前)や、
小生通勤路のG枚橋ワイナリーの前などは、まるで洗濯板の様になっています。

お陰様で、車の微妙な振動でマッサージ効果も相俟って肩凝りが治ったようですね!
でも、道路上の氷の瘤が密集しているさまを見ますと、
そこらじゅうが痒くなって気色悪〜!

いずれ、除雪のコンペやって下さい!
青M、秋Tに負けない様に、頼みますよ!

さて遂に明日が、新春恒例となりましたあの催し!
そう、新春オール・ブラインド大会が開催されます。

参加を名乗り出ました剛の者は現在9名です。
もし、お一人様若しくは二人まででしたらOKですので、当方に御連絡を・・・

出展ワインですか?

明らかに保守本流の物が5本ですかね・・・
『怒髪天を突く』系が1本・・・?いや、2本かな?
なるほどね♪・・・が2本ということになりますか?

大丈夫!今回参加のワイン・ヒートの皆さんなら、問題なしでしょう!
まずは、御油断無きようによろしくお願いいたします。

ではよろしく!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マンゴーと黒豆?

 | キュイジーヌ
松も開けて、御節のオの字も忘れてしまった頃合に、
なんと、デザートに黒豆が出てきました。

これも、1.19の『プティ・モンド』の一こま!

和洋折衷とは正しくこの事・・・
まあ、K子シェフの真骨頂はワタクシそこにあると思うのですが、
つまり、洋食でありながら、どこかに和が存在するんですね・・・

前置きが長くなりましたが、
黒豆に苺にマンゴーのババロアをコラボってしまう所なんざ、
美味しさに、オドロキが加味されて、
絶品のデザートの誕生を高らかに宣言するしかないでしょ!

でも、本当に美味しかったですよ・・・これ・・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ピュズラの最後に瓶詰めされるもの?

 | ワイン
ビオがどうとか、ではなくて・・・
つまり、美味しいかどうかですよね!

ワタクシも最近、数ヴィンテージのピュズラのワインと付き合っています。

特に、赤ワインの開けたてからの美味しさは特筆もので、
03’のトゥーレイヌ・テステニエールのマグナムなんざ、完璧にホッペ系で、
もちろんコスパも及第点でありました。

意外に白でも、クール・シュベルニーなどは、
若いのに麦わらの色づきで、その芳香もマッタリとして、
味わいもねっとりして美味しいのにはビックリなわけです。
このACはロモランタンと言う地場品種なのはあまりにも有名!

ロモランタンはトゥーレイヌのACにも登場しますが、
こっちは白い花の香気よろしく、品とエレガンスで他の地場との差別化に成功!
ビオ・フェチがピュズラの魔力の虜となるのも分ります・・・

さて今回、先日の『プティ・モンド』に、
「05’トゥーレイヌ・テゼ・ファン・ド・ミーズ」を出しました。

これはもちろん、トゥーレイヌのソーヴィニオン・ブラン100%ですが、
「ファン・ド・ミーズ」がミソなんですね!

『瓶詰めの最後』という意味らしいのですが、
つまりこれは、キュベの最後のエキスたっぷりの液体を詰めたものの事なんですね・・・

開けたての香りの華やぎはピュズラの真骨頂ですが、
このワインも正しくそれ!

白い花とアカシヤの蜂蜜、リンゴの新鮮な摩り下ろしにレモンを一滴・・・
微かに高原の草木の香気を感じるでしょうか?
微発泡のフレッシュさに爽快なソーヴィニオンの味わいです!
味わいはシッカリと凝縮感があり、酸味の広がりで強さはクドサになりません!

まあ美味しいから許せるけれど・・・
自家消費用を提供と言えば、聞こえもイイのですが、
本当は出さないワインを、出しちゃう、ピュズラの商売ッ気も凄まじいですよね!

でも、それを買っちゃうワタクシも、何なんでしょう?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬将軍、再び!

 | ライフ
今朝起きたら、一面の銀世界でした。
日中まで、寒風吹きすさぶ中で、雪は降り続き、ワタクシ今日は3度の雪掻きを敢行!
その根気に負けたのか?夕方までには、御天道様もやっと降るのを止めたようです・・・

こんなに積もったのは、いつの頃からでしょうか?
まあ思い出しますと、小生が中学生の頃は、一月中の降雪はいつもこんな感じでした。

そして、マイナス10度以下のトンでもない厳寒の日が続いた記憶があります。

寒い夜の就寝時は、まずは丹前にくるまり、毛布に分厚い布団をかけて、
真正面の天井の板の目を眺めながら寝につくわけですが、
天井の節穴の位置などは、今でも覚えております。

まあ、むしろ雪が降っても今日などは、チョット暖かに感じましたよね!
寒さに慣れて、体感温度もキツク感じなくなるのでしょうか?

こんな天候でも、三寒四温・・・
春はもうそこまで、やって来ています!

最近の長い通勤時間は、昔のカセットテープ引っ張り出して聞いております。
ちょっとマニアックなプログレ系のロックなのですが・・・

詳しく説明いたしますと、カンタベリー系のジャズロックに分類されるグループなんです!バンド名は『イン・カフーツ』!

カンタベリー系と言いますと、
大御所の『ソフト・マシーン』を始めとして、
『キャラヴァン』『ハットフィールド&ザ・ノース』などなんですが、
このバンドはギターのフィル・ミラーを中心として、
その系列グループのテクニック集団の感があります!

今回、これを聞くキッカケはその中のサックス奏者のプレイに、
釘付けになったことなんですね!その奏者はエルトン・ディーン・・・
一昨年、残念ながら亡くなりました。

シュールで、うねりのある、洗練されたインプロヴィゼーション!
USAの黒人ジャズメンにはない、独特のニュアンスがありますよね・・・
ナパのカベルネとボルドーのカベルネの違い・・・
とは違いますか?

とりあえず、目が醒めます!テンション上がります!
そして今日も、準備オーケーです!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

チョット報告を一つ、
皆さん御存知の通り諸般の事情から、当方のホームページの管理人シマダーノ氏は、
当分の中、管理業務から離れます。

当分はワタクシのブログのみにて、ワイン会の様子は、
以前にも増して詳しく報告致しますので、御容赦を・・・

ではまた!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベアレン事故の悲報・・・

 | ライフ
昨晩、当ホームページの管理人シマダーノ氏との連絡で、
本日、ベアレン醸造所にてワイン会のメモリーを渡す約束でした。

夕刻、醸造所に車で近づいたところ、なにやら様子がタダゴトではありません!
MんこいTVの中継車やパトカー、更にはタクシーなどで駐車場が満杯状態であります。

新しいイヴェントでもあるのかな?
それにしても、パトカーは何のために?

と思っていたところ、
タクシー運転手の『事故があったらしいですね!』と話す言葉が漏れ聞こえてきました。

なんと言う悲報でしょうか!

ベアレンと言えば、一昨日、限定ビール『97’ウルズス』を皆で楽しんだところ。
このビールを飲んで『いや〜!これは美味しい・・・』と、そこかしこから声が挙りました。

後から入った情報では、ビールの貯蔵タンクの事故との事・・・
破損も大きく、人的な被害もあったと聞いております。

ある意味、ここまで来れば『ベアレン』は盛岡、否岩手の文化!宝!!
と言っても過言ではありません。

現時点では、詳しい状況も分りませんので、軽軽しくコメントも出来ませんが、
『オテル・ド・ヤマダ』とその仲間は、ベアレン復興のために、
出来うる限りの協力を惜しみません!
と考えております。

皆さん、その時はよろしく!
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

01’コルトン オスピス・ド・ボーヌ!美味でした!!

 | ワイン
先日の『ワインとキュイジーヌの夕べ』の中盤に、
2本のボーヌを出しました。

1本目はアンリ・ジェルマンの01’ボーヌ・ブレザンド!
そして2本目が01’コルトン・オスピス・ド・ボーヌなんですね・・・

オスピス・ド・ボーヌのコルトンは二つのキュベがありまして、
それがシャルロット・デュメイとドクトール・ペストのキュベであります。

今回のキュベはドクトール・ペストのもので、
年30樽、9000本の生産量との事です。
シャルロット・デュメイのキュベも年32樽なので、
生産量は似たり寄ったりですよね・・・

でも中味はチョット違います!
もちろん、ドクトールのキュベが数段上を行くでしょう。

確かに01’コルトン・キュベ・ドクトール・ペストは見事なものでした。

鮮烈のクリムゾンの色合いで、ビューティフルに照り輝いています!
ミネラリーに締まったトップですが、10分ほどグラスで待てば、
バラの花束、レッドカラントやラズベリーの香気で頭クラクラ!
果実味の見事なコンセントレーションと、タッチの良いシルキーな舌触りは、
ボーヌのグランクリュの証明でしょう・・・

01’で開けたてから、こんな感じで飲めるのは、
ボーヌの特権!

嬉しい限りでした・・・
まずはこの場を借りて、月光氏にサンキュー!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ここはこの値段、T商店の出展まで待つべきでは?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加