The Wine Heat!

オテル・ド・ヤマダ ワインフォーラムの主催者であるDr.ヤマダのワインな日々の記録です。

フェヴレを飲んで思うこと・・・

 | ワイン
今回のマコTの仕掛けの第一弾が『ニュイ・サンジョルジュ レ・サンジョルジュ』の2つの造り手、
『ロベール・シュヴィヨン』と『フェヴレ』なのですが、
コレが実に近年になって、正しく同じ方向に造りが劇的に変化し、
それによって飲み手も『デイズド&コンフューズド』状態に陥っているように見受けられます。

さて貴方は、その変化をどう感じるのか?

まずは『シュヴィヨン』は置いといて、『フェヴレ』についてですが、
04’以前のフランソワの造りの、超超超・・・長期熟成スタイルが目の前にあって、
それがタンニン・バランスで、今は未だ飲める状態になく、
それをして果たしてイイ『フェヴレ』と言えるのかどうか?
お主はココから30年待って、このタンニンが溶け込むまで、本当に待つんですか?
ということなんですわ・・・



『フェヴレ』は息子の代になって、おそらく06’あたりからでしょうか、
スタイルがガラリと変わって、早く飲み頃をむかえ、薫り高く、シナヤカで、優しい味わいになりました。

で、ワタクシはどうしても気になって、マコTの次の日、
すなわち昨晩に息子の代の『07’NSG クロ・デ・ポレ・サンジョルジュ フェヴレ』を開けたんですね、
飲んでみて、確認その一・・・こちらの方にはフィネスがある、
調和がある、風味がヨロシ!フクジャツ性もある・・・



ワタクシの舌感にシットリとなじむんですね・・・

ソリャー、30年先にどんなに良くなろうとも、飲むのは今でしょ!
同じ値段だったら、ワタクシはコッチを選ぶでしょう。

まあソレゾレ意見もおありでしょうが、老体にはコッチが染みるわけだ。

但し、コレは『フェヴレ』の赤の2004年以前のオハナシ。
最近の赤と白全般についてはコレにあたらず、ですからソコントコよろしく!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マコTはポーイヤック古酒の流れ!

 | ワイン
なかなか飲む機会の無くなったボルドーを、これほどまでに並べて飲めて、
しかもテーマを決めて、デギュスタシオン出来るのは、ここの会しかないでしょう。

始まりは、大ぶりのボルドーグラスにワインがナミナミと注がれて、
まずは飲んでみなさい!ときたもんだ。

色合いは程よいアンバー加減のガーネット!
薫りのトップには、本格的なメドック古酒の風格が感ぜられ、
果実はミディアムにして、余韻も中程度、飲み口には僅かに辛味が残っています。

飲む前にはマグナムであることが宣せられ、ナルホド熟成感はあるけれど、
この進み具合はヴィンテージの傷跡と見た!

しかも総体的には、果実が健全で、あってほしいブケの点描は確認できうるが、
枯淡の域まで入っては居ない・・・

ミディアムで、この状態であれば、90年代の前半と推定!
で、結果92年のいうことで、まずは正解であったようなんですわ・・・

聞いてみれば、『シャトー・ダルマイヤック』とのこと、
確かにポーイヤック5級で、その昔『バロン・フィリップ』の名前で、
80年代も相当飲み込んでいるシャトーなんですね!



イヤー、イイ仕事をしております。

驚きの『ダルマイヤック』を鱈腹飲んで、さて今日のテーマは『ポーイヤック』と来た!

そしてその日に並んだワインは以下の通り↓



さてこの流れには、面白い仕掛けがイロイロあって、当方も話したい事もイロイロあって、
まずはここで深呼吸をして、後ほど少しずつ報告いたします。

ではまた!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あの頃チャンネル(2012年05月27日~2012年06月02日)

 | ライフ
あの頃チャンネル(2012年05月27日~2012年06月02日)


昨年のこの時期、『東北六魂祭』があって、葛巻さんのブースにお邪魔。
当方のニッポンワインを飲む会も2回目を迎えていましたね・・・

結構盛んに飲んでいたようです♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暑い盛岡、ビール飲みたさにフラフラと・・・

 | ライフ
日曜日は岩手県立美術館で『若冲が来てくれました。』を見に行き、
昼は麻婆豆腐を某ホテルで食べ、夜は伊藤若冲の写真集を眺めていましたら、
これは飲まずに寝れそうだ!ということで、一日の断酒を決行!



結果、月曜日は清々しい朝を迎えたってわけ!

で、その日は、説明するまでも無く、
日中28度C越え、しかも仕事の最後に『水平埋伏智歯抜歯』が入ってて、
相当な力入りました。

さて、帰りはバス乗り継いで、県庁前に下りて、
フラフラと写真の通りに歩きまして、某所へお邪魔・・・





今日は『吉田Rの酒場放浪記』だったけど、自分で酒場を放浪しちゃった♪

この暑さで、ビールを飲むな!とは拷問みたいなもの!
飲むのは何時なの?今でしょ!なぞと、今ハヤリのフレーズで、自分を励ますんだわ。



ということで、数日ワインから遠ざかるマッサーウオなのであった。(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あの頃チャンネル(2008年05月25日~2008年05月31日)

 | ライフ
あの頃チャンネル(2008年05月25日~2008年05月31日)


もう5年も前のことになるんですね・・・
ミシュランの赤本が出て、さっそく3つ星フレンチの白金台は『カンテサンス』にお邪魔したのは。

お泊りは『ハイヤット・レージェンシー』のようです。
シャンパーニュで〆て、フルーツ食べて、
確か村上龍氏に会ったとか・・・

そんな5年前の出来事でした。
もちろん『カンテサンス』は写真不可ですので、あしからず。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

連夜に渡ってバルベラ飲んで、そのコスパを知る!

 | ワイン
まあ本当は、連夜に渡って飲まなくても、
ここ最近のバルベラの質の高さには驚きを禁じえません。

ピノ好きにとっては、濃い、甘い、香りはどうよ?
と注文があるのでしょうが、もちろんピノの品格は別格で、
それはそれで、不可触領域であって、比較するべくもない事は承知の上で言いますけれど、
それにしてもバルベラはイイ・・・

で、ここで二つの造り手を紹介しますと、
『ジュゼッペ・リナルディ』と『ルチアーノ・サンドローネ』ということになります。

一昨日は『やまや』の『つけ鴨蒸篭』の濃厚な『つけ鴨』の油を洗い流しに『ジュゼッペ・・・』を、



昨日は『アヴォガド・サラダ』『鱈と野菜のバター&ワイン蒸し』『ベーコンとトマトのパスタ』に合わせて、
『ルチアーノ・・・』を登場させたのですが、実に美味しくいただいたんですね!



『ジュゼッペ・・・』はクラシックな造りが基本ですが、
甘くお出汁が利いていて、酸度を抑えて、濃厚極まりなし!

『ルチアーノ・・・』は果実が健全で溌剌としており、
酸味もよろしく、シナヤカで後腐れのないお味、実にエレガント!

ワインだけ楽しむのなら『ジュゼッペ・・・』、
食中酒なら『ルチアーノ・・・』と使い分けるがヨロシ!

ここに来て、週末パスタの楽しみなぞ出来たりしますと、
良いバルベラを探すのも怠り無く・・・ワタクシとしても精進の毎日ですが、
この2つの造り手のバルベラ以上の物を探すとなれば、至難の業!

誰か教えてチョウダイ!
そのように、心底思っております。(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あの頃チャンネル(2011年05月22日~2011年05月28日)

 | ライフ
あの頃チャンネル(2011年05月22日~2011年05月28日)


震災直後の5月後半です。
弁当作ってもらって、よく歩き、空ばっかり見ていました。

ワインは少々・・・
一番最初の、汚れたラップに包まれた『シャルム・シャンベルタン カミュ』は、
大船渡の先生からのお裾分けでした。

気仙沼のワイン屋さんから購入した被災ボトルだったんですね・・・
大船渡の先生は、なんとか難を逃れて良かった。

それからもちろん、当方の会は開いていませんでした。

そして、その年の聖誕祭のバラの色は薄いピンク色だったんですね・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒトミワイナリーの醸造長岩谷さん、来盛す!

 | ワイン
フォトチャンネルなぞで、お茶を濁している内に、
もうすでに1週間経ってしまったんですね・・・

岩手は大迫や紫波の葡萄買い付けの合間に、ヒトミワイナリーの岩谷さんが盛岡に寄って、
交流会後にワタクシは『想い酒』さんへの引き込みに成功!



そして熱いワイン談義を聞くことが出来て、シアワセな時間を過したわけです。

顔写真つきは、ブログではご法度だそうで、
ここでは差し控えさせていただきますが、『想いざけ』さんに持ち込ませていただいた、
ニッポンワインは以下の通り↓



その後は『ミス・ジェイ』さんで『クリストフ・ミニョン』で喉を潤して、
最後は『シオタン』と『盛岡冷麺』まで振舞ったとのこと・・・



合流してくれました月光氏にはアリガトサン!

話の中味は詳らかには致しませんが、実にニッポンワインの方向性を思い描き、
行き先はコレだ!とジッカンし、一層飲まれるべきワインのスガタカタチを明確にヴィジョナリーにする!

そんなことでの、白熱の4時間半!

また来年も盛岡に来ます!と言ってくれて、もちろんコチラこそ待ってるぜ!と鸚鵡返し!
ナゼかまた一歩、ニッポンワインににじり寄るのでした(汗)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あの頃チャンネル(2008年05月18日~2008年05月24日)

 | ライフ
あの頃チャンネル(2008年05月18日~2008年05月24日)


5年前の5月21日のK子さんの聖誕祭!
何と『54’シャトー・オー・ブリオン』なぞ開けてましたね・・・

『キュイジーヌ・・・』では『シャンボール・ミュジニ』なども登場していたようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あの頃チャンネル(2012年05月20日~2012年05月26日)

 | ライフ
あの頃チャンネル(2012年05月20日~2012年05月26日)


去年の五月後半のフォトチャンネルです。

『88’シャサーニュ・ルージュ ガニャール・ドラグランジュ』などを『忘B』さんに持ち込んで、
なにやらカンパイなぞしていたようですね・・・
もちろん、その理由はK子さんの聖誕祭♪

それから自宅では、ニッポンワインを開ける頻度も多くなっていたようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加