The Wine Heat!

オテル・ド・ヤマダ ワインフォーラムの主催者であるDr.ヤマダのワインな日々の記録です。

1999 バルベーラ ダスティ ヴィーニャ・デル・ノーチェ トリンケーロ

 | ワイン
このワインを『パパジイ』出展ワインの最後にする。
ワタクシが持ち込んだものだ。

さて何から説明するべきだろうか?
そうそう1999年だからといって、このワインはそんなに前に買い込んだものではない。
というのも、このワインに限っては、リリースもヴィンテージによって後先になる。
すなわち、優良年は熟成に時間がかかるので、そのリリースは遅くなる。
だからそれよりも後のヴィンテージの物が先にリリースされるということがいくつもあるということなのだ。

説明するまでもなく1999年はイタリアのダスティ地区の優良年。
だからジックリと飲める状態の少し前にリリースされて、いきなり今回の『パパジイ』の連中に出されたのだけれど、トーゼンのように皆揃って旨い!と唸ったのもうなずけると言うわけだ。

『ヴィーニャ・デル・ノーチェ』は樹齢70年の古木のバルベーラで造られた『トリンケーロ』のフラッグシップである。
厳格な収量制限のもと、良質な葡萄のみを摘果し、長いマセレーション、自然発酵、スロヴェニアンの大樽で2年にわたる樽熟成で造られるとのこと。



これだけ聞かされると、がちなバルベーラを思い浮かべるかと思うけど、それは違う。
実に生態親和性のある優しい果実の薫り高い逸品と言ってイイのだろう。
もちろん内実はある、しかし精緻なバランスと密やかなエキストラクトが飲み手を桃源郷へといざなうのだ。

クラシックで正統な、がちバルベーラの対極にはあるし、ナチュールの範疇でもあるが、何だろう両方のワインヒートの納得を得られる数少ないワインと言ったら言い過ぎか?
今回コレを飲んで、そんな気がした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1995 ムルソー クロ・ド・マズレー ジャック・プリュール

 | ワイン
出展者のタケちゃんは、このワインをまるで厄介者を紹介するかのように出した。
確かに珍品ではあるけれど、飲んでみるとまさに正統なワインで、しかも熟成の高原部に差し掛かるところの、実に旨いワインだった!

ジャック・プリュールの単独所有の『クロ・ド・マズレー』は、シトー派の修道士によって作られて、古くから赤と白両方のワインが生産されている。
赤白のワインが同じクロで生産されると言うリューディーは他にあるのだろうか?
さすがにこの場所での赤ワインは白ワインの10%ほどで、生産量は数千本、日本には5ケースほどが輸入されているとのことだ。
だからその稀有なワインの、しかも1995年物が出てくること自体まず在り得ないことなのだ。



で、飲んでみて最初の思ったことは、タイトで、ミネラリーで、適切な酸味があり、好ましげな熟成香を楽しめるワインであるということ。
そうすると色合い薄めの、マフォガニーの要素もあるゆえ、90年代半ばと思っていて、それはフツーに当たった。
次にやはり酸味の下支えの確かな感じが印象に止まり、これは恐らくジュブシャンのプルミエ古酒、しかもクラシックな造りの中堅どころと踏んだ。
周りの皆もそう思ていたところ、出展者の速攻の種あかしで、流石に今回はビックリしたようだった。

ええ・・・ムルソー?

でも良く考えてみれば、ムルソーの粘土石灰岩質のリューディーではこのミネラル感と酸味もうなずける。
一方ではモノポールでしかも村名というのにはオドロキを禁じえなかった。
ジュブシャンのレベルがムルソーの上を行くとまでは言わないが、軽くプルミエはあると踏んだ見事な酒躯は、ムルソー・ルージュ恐るべしの警鐘を鳴らしたのだ。

飲めばゼッタイ外さないワインを飲んで、ああやっぱり素晴らしいと喜んだ時代もあったよね。
でも何それって、厄介者だと思っていたワインが、上手く化けてへ~~と感心する、そんなヨロコビが最近富に楽しみになってきたようなんだ。

やはりワインのパパジイになったって言うことなのかな?
へへへ・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1998 スペルス ランゲ ガヤ

 | ワイン
もちろんこの日のトリを取ったのはこのワインなのだろう。
もう『ガヤ』という名を耳にしなくなってから、何年の月日が流れただろうか?
インスタントで開けポンの横行する昨今のワイン業界で、この手の本格的に凝縮してオートクチュールなイタリアワインを飲む機会は随分と減った。
さりとてジブンも日常は前者のワインが多く、まさしくその通りなのだけれど、それでもこんな機会には特別枠のこういうワインに登場して欲しいのだ。



『スペルス』なんともオヨヨな名前だけれど、これこそガヤ家のバローロなのだ。
ご存知の通り98年には、世評なぞされかまないでDOCはランゲで出されたけれど、それは質を落としたのではない。
サン・ロレンツォやソリ・ティルディンなどと同じ塩梅で、質を高める為の格下げなのだ。

まあ能書きはここまでとして、実際飲んでみて思うのは、このワインこそ出展者の特別待遇で大事にここまで熟成したのだろうということ。
それは開けたての鼻をくすぐるミネラル感やら濃密ネッビオーロ特有のマオタイの香り、そしてステアーして立ち昇る濃密なブラックチェリーのキルシュの香りが証明する。
果実はフルボディでバローロでも究極のストロングスタイル、濃密でリッチ、しかしながらバリックの恩恵で飲み口もほどほどなのだ。

このワインを飲んでいると、あの本町二丁目を思い出すのはワタクシだけだろうか?
ワインの色合いは向こうが見えないほど黒系だけど、ココロはセピア色に染まるのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

94&13 シト・モレスコ アンジェロ・ガヤ

 | ワイン
イタリアをテーマとしたパパジイで、この奇跡的な偶然が生まれた。
全くの持ち寄りで、ガヤの赤のカジュアル・ブレンド、すなわち『シト・モレスコ』を垂直でご相伴に預かることが出来たのだ。

ガヤといえば、もちろんバルバレスコとなるわけだけれど、『シト・モレスコ』はそこのネッビオーロにメルロとカベルネ・ソーヴィニヨンがセパージュされてできている。



で、今回のパパジイでは、まず最初に1994年物がブラインドで登場した。
色合いは濃密でエッジはガーネットに輝いており、わずかにマホガニーのニュアンスも見て取れた。
加えてタケちゃん持込の通例に習えば、ボルドー系古酒をまずもって外すことはできず、さすればこの熟成感はボルドー古酒と即答しそうにもなった。
しかしながらある種の香辛料と蒸れた土の香りのあとに、僅かに香る赤い花の香水の香気とセミドライなプラムのニュアンスがさてさて?となったのだ。
で、思い切ってイタリア北部から中部の地場+ボルドー系の何か?と狙ったところ、その類推は見事に当たった。

それで驚いている最中に、タケちゃんがT介さんの持込ワインを開けて言うには、実はこれも『シト・モレスコ』でした~だと。
何とこれも示し合わせるかのように『2013年 シト・モレスコ』だった。

力強く張りのある果実には、噛めるほどのコクがあり、やはりそこにはボルドー系以外の赤い花の香水と黒系から赤系に踏み入る果実香がある。
繫がっている、もちろん繫がる筈だ、同じワインの垂直だもの・・・
と何気に納得するも、この奇跡的な偶然には皆正直オドロキだったのだ。

これを春の椿事とするか、ご褒美とするかは飲んだものだけが知っている!とだけ言っておこう(笑)
では・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『好き者親爺的持ち寄りワイン会、パパジイ』イタリア編!

 | ワイン
前の会からゆえあって2ヶ月が空き、やっとこさ開催にこぎ付けたのだけれど、不意の2名の欠員が出た。
それでもそのことを知っていたのだろうか?まあそんなことはありえないと思うのだが、とある御仁がもう一本追加で持って来たのだ。

で、そのことから、アル意味奇跡のようなラインナップが生まれる。
すなわちそれは、ガヤ繫がりであったり、そのガヤのシト・モレスコの垂直という離れ業的ラインナップなのだ。


(写真右からの登場です。)

このことは全くの偶然な産物で、前もっての示し合わせなどは無い。
一つだけ誰かさんが『スペルス』持って来るという噂だけはあったのだけれど・・・

で、このような流れとなって、伝統的な造りと新しいナチュールな造りの饗宴となったのだ。
諸般の事情で参加できなかった御仁はコレを見て、残念な気持ちになったに違いない。
悪いけど、ホントーに美味しかった、ゴメン!(笑)

てなことで、戯言はこの辺にして、今日より少しずつコメントを書き足してゆく。
まずはその日の出展ワインの雄姿をご覧あれ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012 モレ・サン・ドニ アラン・ミシュロ

 | ワイン
アラン・ミシュロといえばニュイ・サン・ジョルジュの造り手なのだが、わずか1haのモレ村名も生産している。
数あるニュイ・サン・ジョルジュの造り手の中で、ロベール・シュヴィヨンの次にどこが来るのか?と問われれば、ワタクシはこの造り手を挙げるだろう。

2012年という良いヴィンテージで、わずか5年のストロークで、さて飲めるのだろうか?となるけれど、ここの果実は滑らかで、なおかつ香りも馥郁として立ち昇るのだ。





造りはクラシックとされているけれど、グラスに注がれてすぐにその旨みがバクハツする。
それはタンニンがよく熟しており、更にはその果実の調和がそのことをもたらしてくれる。

今回はからずも、このワインをとある先生からお祝いのお品として頂いて、懐かしのアラン・ミシュロを再び堪能することができた。
このワインは待ちももちろんあるけれど、このタイミングで美味しいフルーツを楽しむのも一興!

ここに来てワイン界のニューウェーヴ遊びに耽溺している今日この頃、この一本でブルゴーニュへの原点回帰の着火点となりそうな気配がする。
その意味で送り主にありがとうと言いたいのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013 タン・イン・グルーヴ クレイヴィン ピノ・ノワール マールボロ NJL

 | ワイン
おそらくエティケットにもう少し美味しそうなイメージがあれば、もっと早く手が伸びたのだが・・・
なにしろこの調子なので、随分の時間を遠目で眺めて、放置状態にしていたのだ。



この造り手の醸造方法はともかく、才能のある2人の女性によるこのワインは、特別な意味で注目を浴びているらしい。
詳しいことはここでは割愛させてもらうが、ともかくワインダイヤモンズ社の注目ピノの一本とのことだ。

それにしても、このワインは開けてすぐの印象はあまり良くなかった。
香りこそ甘いベリーの香気よろしく、スパイシーで、もやっとした色気もあって、さすがのニュージーときたけれど、飲み口がボンヤリしている。
はっきり言えば、酸味のキレが良くなく、どこか篭った感じがするのだ。

このワインにブルゴーニュの村名の中堅どころの価格を払うとなれば、チョッとなあ!と感じた。
しかししかしこのワインは、待てば海路の日よりありの典型と言ってもイイのだろう。

すなわち、翌日の果実の立ち上がりが半端じゃあなくて、まるで別物!
まるでシャンボール・ミュジニを思わせる、可憐で、エレガントで、優雅な果実を見せ始めたのだ。

その日は蕪とシメジと厚切りベーコンを使って、ペペロンチーノ・パスタを合わせたけれど、何よりの食事となった。



それにしても、相当中味には自身があるのだろう。
このエティケットでいけてるのだから・・・(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012 シャンボール・ミュジニ マルシャン・グイヨ

 | ワイン
この凝縮したヴィンテージの、加えてこんな若いブルゴーニュを飲むのも久しぶりだ。
しかもマルシャン・グイヨという造り手の情報は皆無といってよい。
それにしてもマルシャンといえばモレ・サン・ドニのマルシャン家は聞き覚えがあるし、グイヨといえばさしづめジュブレイ・シャンベルタンのグイヨ家だろう。
で、調べてみればそのようだった。
すなわち両家の婚姻によってドメーヌ・マルシャン・グイヨが出来たとのことだ。



で、このワインは水曜日に開けて、木曜日に少し舐めて、金曜日に飲みきったのだけれど、最後の最後のワン・グラス、金曜日にそのワインの真価を見せたのだ。
すなわち開けたてはクローズドの状態で、押し黙ってシャンボールのシャの字もなし。
次の日はブルゴーニュの品格と果実感を見せてくれて、その翌日は落ちるのか?と思ったがシッカリとしたその姿を見せてくれた。
ということは、ブルゴーニュの何たるか?を知らない御仁は、ハタキコミを食らった取的のように、イヤイヤしながらも比較的新しいヴィンテージを開けてしまうけれど、さすれば美味しさを知らずして飲みきることも間々あるということだ。

で、ここで思うのはこの表題のワインのように、長い時間に渡って安定して飲めるこのブルゴーニュつうのも大事だなあ、ということだ。
ともすれば、リング中央でノーガードで殴りあうのような、飲み頃的瞬殺ワインが横行しているが、そうではないワインにも目を向けろと言いたい。

当方のように、それが分った上でのナチュール、ニッポンワインは免許皆伝つうことなのだから。
へへへ・・・

そこんとこヨロシク♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012 ル・ブラン デ・ガレンヌ VDF ドメーヌ・フォン・シプレ

 | ワイン
このエティケットだけ見ると、さてどこのワインかはもちろん不明。
さすがにフランスワインであるかは分かるけど、フランスのどこの白ワインなのだろう?となるわけだ。

自然派はわかるが、マメ臭も硫黄臭もなく、濃厚な果実のアロマとブリオッシュの香りが前面に出る。
グラスをステアーすると果実は黄桃からマンゴーやグアヴァにもなり、最後はメントールやミネラルのオマケまでつくのだ。

その味わいはまるでコンクジュースのように濃厚でオイリーに舌先に絡みつく。
そしてエキス多く、底味充分だが、その飲み口は後腐れは無い。





ふむふむと類推してみると、戻り香に僅かであるがライチっぽさを見つけ、さてはヴィオニエもあるかもよ!となって、それは正解だった。
このワインはコルビエールの白ワイン♪
ヴィオニエ40%、ルーサンヌ20%、グルナッシュブラン40%のセパージュでSO2無添加のナチュールなのだ。

レティシアという女性醸造家が2004年に立ち上げたドメーヌが、苦難の末にこんなキャラクタリスティックな白ワインを造り上げた。
唯一無二のこのお味、もう少し追い求めてみようと思う。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2008 ブレッサン スキオペッティーノ MG

 | ワイン
この造り手、この品種、飲んだら最後、土ツボにはまってしまうか如くにくせになる。
それだけこのワインはエレガントで、地場ながらも、どこかピノ的で、そしてこの香りは極めて特徴的であるのだ。



どうなのでしょう、スミレ的であり、蜜的であり、バンブー的であり、ミネラリーなのだ。
こんなことは、あるはずもないけれど、まるで竹串を削った粉でもふきかけたようなバンブー香!
何をしてこんな香気が立ち昇るのか?
なぞは深まるばかりなり。

その日はスキオペッティーノの08’物がMGで登場して、さらに深いところを感じてしまった。
濃密で風味豊かで甘気な豚肉のワイン煮込みに合わないわけは無く、当然おとっつぁんヨロコビ組となる。



しばらくこのワイン、追い求めてみることにする。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スキオペッティーノ[2009]ブレッサンSchioppettino 2009 Bressan
価格:4860円(税込、送料別) (2017/4/9時点)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加