The Wine Heat!

オテル・ド・ヤマダ ワインフォーラムの主催者であるDr.ヤマダのワインな日々の記録です。

クラシックな造り手を今すぐ飲むすべ・・・

 | ワイン
白のコルトン・シャルルマーニュや赤のマジ・シャンベルタンなど、
フェヴレイの優れたグランクリュは枚挙の暇もないわけですが、
ではそれらをどう飲むのかがヒジョーに難しいわけです!

2007年に97’コルトン・シャルルマーニュを飲んで感じたことは、
熟成期間としての10年のストロークはあまりに短すぎると言うこと・・・

ギュッと凝縮した果実が解けるのは何時の事でしょうか?

クラシックで秀逸な造り手はいつもそう・・・

こちらもそれを理解しつつ関わるのが肝要で、
ついついクローズした状態を見て、その造り手の凄さを見逃してしまうことも間々あるわけです。

ある日キッチンKで、T商店から調達した04’マコン・ルージュ フェヴレイをご相伴に預かりました。

どうも最近、それをバイ・ザ・グラスで重宝しているとの事・・・

それもそのはず、すぐ美味しい♪凄く美味しい♪♪
どっかのコマーシャルを思い出します!

クラシックな凄腕の造り手は、まずはこの辺のクラスで舌慣らしをしますと、
マコンでも、ただのマコンではないことがスグサマ判明するわけでして、
結構楽しませてもらえる訳・・・

とにかくフェヴレイの底力を感じてしまいます!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

T商店の残っていました、しかしこの良心的なお値段↓


コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ロビンちゃん完全復帰?

 | ライフ
今度の8月に12歳を迎えますのは、我が家の3女にして5番目の子供?
説明するまでもなく、それは金髪メス犬ロビンちゃんのことです!

実は12歳って犬年齢を人間に換算すれば85歳になるんですね・・・

随分前のことになりますが、そのロビンちゃんが最近体調を崩しまして、とうとう手術をすることになりました。
実はそれも無事終了し、ほぼ一ヶ月を経過したところであります。

術後の最初の2週間は相当痛そうで(痛いとは言いませんが・・・)
とても目を向けられませんでした。

3週間目にやっと散歩を開始し、最近やっと自己主張の吼えも始めたところであります。

85歳の三女・・・
そんな事もあって、室外犬も室内へ向かい入れることも多くなりました!

完全復帰もあとわずか?でしょうか・・・
ワタクシ密かに願っております!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラドワの果実に惚れました・・・

 | ワイン
普段飲みのワインの欠乏症に陥って相当の年月を経過しております!
やはり気の利いたブルピノで、懐を痛めない物を常時用意しておくことはワインヒ−トの必須条件ですよね・・・

上の段から最下段まで、相当な時間を費やしてとうとう適切な物が見つからず、
古いヌーヴォーなんかでお茶を濁す不快感!

最悪です!

そんな事のために、先日ある廉売のワイン屋さんのオファーで、
ブルピノ5本で運送料込み、内税、チョッキリ壱万円♪の商品を買ってみました!

その中に02’物のラドワ・ルージュが入っていたのですよ・・・

ラドワはニュイとボーヌの境目の小村ラドワ・セリニーの地所でして、
近隣にはぺナン・ヴェルジュレスやらアロース・コルトンなんてのもあるわけですが、まあ一番地味な地所ですよね・・・

一部コルトン・シャルルマーニュの畏敬の恩恵により、
小耳に挟む事もないわけではないのですが、いずれ珍しい地所・・・

とうとう昨晩、そのラドワに手がかかりました!
造り手はガストン・エ・ピエール・ラヴォーで、これまた無名・・・
でもその筋に詳しい究極のワインヒート氏によれば、著名な造り手も足繁く通うドメーヌとの事・・・

さてそのお味は・・・

02’にしてエッジはアンバーな色合いを見せています。
注がれるとすぐに甘い香り♪
どうでしょう?サンザシや熟したプラムのアローマに、
スイカジュースのニュアンスと言ったら語弊があるでしょうか?
でもいつものニュイとは違います!
ぽってりとした柔目のフルーツはもう既にテロテロ・・・
炎天下の農作業の後に完熟フルーツをその場でもいでカブリツイタ感じ?
とにかく、面倒な事はなしで、素直に美味しいんですよね・・・

もう1000円安ければデイリーにお勧めなんですが・・・
今のブルゴーニュでは無理ですよね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

02’ラドワここで単品で購入できます!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

S藤允彦 ライヴ イン Sピーク・ロウ

 | ミュージック
久しぶりの半ドンの木曜日でした。
帰りはバスを乗り継ぎ、山岸まで歩きます。

そういえば89’息子の19回目の誕生日を昨晩前倒しいたしました。
記念日には万障繰り合わせの上集合する家族であります!

ウォーキングの足元がおぼつかないのは、昨晩の美味しい酒の所為?でしょうか?

さて、日中は大通りを闊歩し、『珍M』で冷やし中華を食べました。
ぷりぷりの海鮮と食感のキュウリが心地よく、強めの酢味が胃に染み渡ります!

それから昼下がりはマイルスの『イン ザ サイレント ウェイ』を聞きながらウタタネ状態・・・こんな骨休みは年に何度もありません!

全て、その日の夜のライヴの為の前奏曲・・・なんですね・・・

そうですね、風貌はどこかの哲学科の教授然と言ってもいいでしょう・・・
センスの良いシャツと仕立ての良さそうなジャケット!
ロマンスグレーの髪には整髪料もつけてる気配もなし・・・
思索的な眼差しに気の利いた洒脱なトークで会場の和ませます。

そんなピアニストで作曲家にして編曲家・・・S藤允彦!

とうとう、夜の盛岡『Sピーク・ロウ』に登場いたしました!

サイドを固めるのは、御馴染みネイティヴ・サンの村K寛のドラム、
今をときめくB-Shot Creations のK藤紳一のベースの布陣!

さてそのライヴはK・ジャレットをも連想させる大音響のピアノのインプロヴィゼーション!
ある時はリッチー・ヴァイラークの凪を思わせる調べかと思えば、
次なる展開は手に汗握る、トリオの掛け合いと、それに連動する心地の良いスイングなんですね・・・

8:00から11:00までの3時間息もつかせぬ白熱のライヴ・・・
40数年のピアノ経歴に思わず頭をたれるのみ!

Sロウのオーナー氏にも感謝です!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さんざん飲んだ挙句のヴェルメンティーノ!

 | ワイン
前回のボン・ションスもいつものように保守本流の流れでした。

後半は華やかなシャンボール・ミュジニー・サンティエ シゴーの98’物を飲み、プティ・ガレージ・ワインのラクロワ・トリュフォーの96年物をしなやかに飲んで、さてフィナーレという感じでありました。

でも、何かが足りない・・・
そう思ったのはワタクシだけ?

ともかく、何かを出したほうがイイ感じだったんですね・・・

そこで出したのが、軽く冷やしたヴェルメンティーノ!

ヴェルメンティーノはサルディーニャ⇒リグーリア⇒トスカーナと渡ったイタリアの地場品種なんですね!

その日はトスカーナはボルゲリのヴェルメンティーノ!
造り手は御馴染み『チェラルティ』でした。

清涼感のある風味とグレープフルーツやレモングラスの香りを感じます!
わずかな洋ナシのコンポートやバターのアクセントは気軽なワインとは一線を画する物・・・
味わいはフルーティーさにも苦味と滋味っぽい底アジがゴージャスで、
硬軟取り混ぜて、時間をかけて楽しみたいワインであります!

飲んだ挙句のヴェルメンティーノ・・・
そうゆうタイミングでは、結構納得の白イタでしょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミステリーIn The Bus?

 | ライフ
仕事場からの帰りを徒歩とバスで乗り継ぐ場合、
バスの中での20分ほどをどう過ごすのが問題でして・・・

いつもはワイン関係の小冊子を斜め読みするのがせいぜいでした。

ここに来て、82’娘のプッシュもありまして、
あるミステリーを読みきってしまいました。

それはI坂K太郎の『Aヒルと鴨のコインRッカー』!
結構な長さの長編のミステリーでしたが、入り込んだが最後一気に読破!

ここのところミステリー離れのワタクシですが、
そういう状況に陥ったのは・・・

まずはそのミステリーの舞台が仙台だと言うこと・・・
そして作者がこれまたワタクシの出身大学の後輩らしいのですね・・・
これらの縁に加えて、なんといっても面白い♪
そして話の流れのスピード感なんですね!

本日より、同じ作者の『重力Pエロ』の購読に着手しております!

ワインピエロにならないように気をつけませんとね・・・ハイ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これ、映画にもなりました↓


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日曜日の夕刻、シャンパーニュに溺れるシアワセ♪

 | ワイン
やはりその酒はアロハで飲んじゃあダメ!
ましてビッルケンシュツックのサンダル履きじゃあ、これ以上の失礼はないでしょ!

それだけ神聖なシャンパーニュの数々を前にして、
こともあろうに、ワタクシこのワインヒートの大原則を無視して駆けつけてしまったわけです。

昼間は夏の暑さを感じつつ、勇んで外に出たものの、
大通りの街路樹を揺らすチョ〜寒い風に気づいた時には、既にウォーキング40分を踏破した後の祭りだったんですね・・・

てなことで、ダークスーツで身を固めるはずが、茶色のアロハ・・・
参加の皆さんには失礼いたしました。

さてそのワイン会で、
シャンパーニュの本家本元ヴィエイユ・ヴィーニュ!
そしてシャンパーニュの究極のダンディズム!
濃厚にして、シリアスな極上の味わい・・・

1999 ボランジェ・ヴィエイユ・ヴィーニュ・フランセーズ

をご相伴にあずかりました。
まずはフランセーズの両サイドにちりばめられたシャンパーニュずくしのその日のラインアップをご覧下さい↓

1.NV Billecart Salmon Brut Reserve

2.NV Henri Billiot et Fils Brut Grand Cru Cuvee Tradition

3.1999 Moet et Chandon Don Perinigon

4.1999 Bollinger "Vielles Vigne Francaises" Blanc de Noir

5.NV Henriot "Blanc Souverain" Pur Chardonnay Blanc de Blancs

6.NV Agrapart et Fils "Les 7 Crus" Brut Blanc de Blancs

7.NV Jacques Selosse "Initial" Brut Blanc de Blancs

ということで、最高の造り手のシャンパーニュを計7本!
次世代の皆さんに囲まれながら、イチゴとMシェルさんの焼きたてのバケットをほうばりながら頂きました。

4.以外に美味しかったのは、2.と5.と7.でしょうか?
否、全部か?

とにかく、こんなに溺れて・・・明日からが心配?
シャンパーニュの至福はそんな気にさせます・・・

今回のワイン会の企画マネージメントのFクン、そして声をかけてくださった次世代の皆様に感謝です!

では・・・
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

第113回の事など・・・

 | ワイン
気がつけば既に6月も後半になりました。
梅雨入りと言えども、梅雨っぽくなく・・・
昨日のように「にわか嵐」などに遭遇すれば、
もう忘却の彼方に仕舞い込んだ、小学生時代の夏休みを思い出してしまいます。

この季節に何を飲むのか?
はアル意味一つの命題でして、いつも苦慮いたします。

まあ、個人的なことですが小生の誕生月も7月と言うことで、
ヴィンテージワインなどを挟めて景気づけするのも一興・・・

と言うことで、秘密の古酒をブラインドで挟みつつ、
第113回のオテル・ド・ヤマダはこんな流れに致しました!

1.Welcome Champagne

2.1999 Trebbiano D'Abruzzo Edoardo Valentini

3.Blind Item-White Wine

4.1997 Villa Gemma Montepulciano D'Abruzzo Masciarelli

5.1997 Montepulciano D'Abruzzo Edoardo Valentini

6.Blind Item-Red Wine

7.1997 Tenuta di Trinoro Toscana IGT

8.Blind Item-Red Wine

9.Blind Item-Red Wine

という事で、久しぶりやの『イタリアン・スペシャル・ナイト!!』なんですね・・・

もちろんメインは97’というビッグな年のヴァレンティーニの赤♪
もうこれは拝めないワインでしょう・・・

サイドを固める布陣も同じ97’でアブルッツォの好敵手マシャレッリ、
更には奇跡のタスカン『テヌータ・ディ・トリノーロ』の日本初お目見えの97’ヴィンテージを並べる予定であります。

4本のブラインドには『胡散臭いワイン』は一切なし!
夏の夜のエキゾティックなワインの数々・・・

参加登録の御仁はご油断なきように・・・よろしく!

では!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

02’のモンテプルチアーノでもこの値段!
97’は?想像するのもイヤになります!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

盛岡恐怖のマイクロクライメット?

 | ライフ
四時半ころに仕事場を離れようとしたところ、
なにやら雲行きが怪しくなってきました!

北九州の大雨による大災害は承知しておりましたが、
ひょっとしてそれがこちらにまで来た?と見紛うばかりの横殴りの雨!

どうでしょう?30分ほども続きましたでしょうか?
とにかく、窓も割れよとばかりの集中豪雨でした。

そんなのもサレかまないで、車に乗り、
T南大橋に差し掛かったところ、丁度橋のてっぺんでピカ〜〜!
ワタクシが最も期待をしていない自然現象が発生!
車に落ちましたか?と自問自答するも、車直撃の結果どうなるのかも把握しておらず、そのまま橋の出口まで脇目も振らずに直行いたした次第!

いや〜〜!びっくりしました。

それじゃあ、山岸はどうなっているんでしょう?
と4号線バイパスまで飛ばしたのですが、門付近ではお天道様もご機嫌麗しく、
T南地区のあの天気は何だったのでしょう?と胸をなでおろしたわけです。

こうゆう負のマイクロクライメットは止してほしいですよね・・・

さて土曜日、この暑さの中・・・
大人しくオウチで過ごすべきでしょうか?

菜園では何やらイヴェントがあるやに聞いておりますが・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏近しゼリー寄せ、いと旨し・・・

 | キュイジーヌ
本日ついに30度を越えようとしています!
でもこれも、梅雨のあいだの、つかの間の晴れ間の気まぐれな温度上昇ってことでしょう。

明日からはじとじとのThat's梅雨の予報です!

こんな季節は、良く冷えたゼリー寄せなどをすすりながら、
チョット冷えた白ワインがグッド!

この写真は先日の『ボン・ションス』に出された一品です!

スパイシーな風味のトマトゼリーにホタテのカルパッチョをサンドイッチ♪
色合いにインゲンの緑をちりばめます。

当然のことながら、ジョゼ・ミッシェルのロゼ・シャンパンなどとはベストマッチ!更には、白後半のドゥー・モンティーユの04’サン・ロマン・ジャロンも合わせて見事なマリアージュを見せてくれました。

実を言えば休肝日なはずの今日も、明かりを絞って冷えた泡飲んでいます!
クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングのアルバム『デジャヴ』を聞きながら・・・

だってこの暑さじゃあ、我慢できませんよね!実際・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加