The Wine Heat!

オテル・ド・ヤマダ ワインフォーラムの主催者であるDr.ヤマダのワインな日々の記録です。

『さんさ』の音頭が聞こえます♪

 | ライフ
気がつけば、もう8月でした!

町のそちこちから、さんさ祭りの太鼓の音が聞こえているのは、
分かっていたのですが!何と、明日はその初日なんですね!!

明夕刻には、中央通りはさんさ踊りの大乱舞で埋まります!
サア皆さん!こぞって踊りましょう!って感じでしょうか・・
ワインヒート御用達の屋台も並ぶようですので、
その辺での顔見世興行の折にはヨロシクお願いいたします。

ところで、これは関係無いのですが、M上春樹の『ダンス、ダンス、ダンス』
の上巻読みきりました。

実際ダンス、ダンス、ダンスで、世の中乗り切れれば、楽なわけですが、
まずはイロイロ有りますよね・・・

さて昨晩は、夜中にセピアになりました!

というのは、例によって部屋真っ暗にして、
ロンヴァルディアのIGT飲みながら、
ジュリー・ドリスコールのハスキー・ヴォイスに揺れていましたが、
そろそろオネム・モードの10時近くに、着信アリ!

まあ、詳細はともかくですが、
桜山の喫茶の老舗『Rーベ』(昭和46年創業)に、IGT小脇に抱えて、
乗り込む事になったんですね!

何と『R-ベ』のマスターはワタクシを憶えていてくれまして、
恥ずかしいやら、懐かしいやら・・・

最近、頓にセピア色多くなりました・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャン・フィリップ・フィシェ、ムルソー育ち!

 | ワイン
あのムルソーの神様、コシュ・デュリの甥っ子と言われれば、
まあ普通はムルソー育ちのサラブレッドということですが、
果たしてこの名札が、ジャン・フィリップ・フィシェ本人にとって、
利点になるかどうかは、考え物です。

どうも、漏れ聞く話に寄れば、そうとう大真面目な人らしいので、
これがインポーターと買い手の間だけの話ですめば良いのですが、
こういうタイプの人に『コシュ・デュリの甥っ子』というレッテルを貼れば、
逆の方向性に進むと言うことが、往々にして起こりうるワケです。

さて今回、Vンパッションの会でジャン・フィリップ・フィシェの
06’ムルソー レ・シュヴァリエールをご相伴にあずかりました。
レ・シュヴァリエールにはコシュ・デュリ様の区画もございます。

さて、シャルドネ用のグラスに注がれたそのワイン・・・

始めは閉じ気味の還元臭を漂わせ、どこか純米酒ぽい風味を感じます!
トップの霧が晴れますと、タイトでミネラリーな鉱物質の香気に溢れ、
程なく果実の香りが立ち上ります。

味わいは、ムシロ塩気を感じるほど石灰岩を意識し、
フルーツの凝縮性に引き込まれてしまいますと、
アレヨアレヨと言う間に飲みきるほどの勢いが・・・
実はこのワイン、グラスでの1持間の待ちで、
大きくメタモルフォーゼ・・・
実に芳しく、旨みも立ち上るんですね・・・

ここまで待つのがヒジョーに大事!

さてこう来ると、『コシュ・デュリの甥っ子』のレッテルは必要でしょうか?

この辺が似ている・・・とかいう次元の問題ではなくて、
フィシェはフィシェじゃん!

むしろ、ワタクシ堅気のムルソー育ちと言いたいですね~~!

別のくくりで美味しくいただきました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
05’レ・シュヴァリエール ここが最安値↓

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

M上春樹の意識世界・・・

 | ライフ
『1Q84』が売れに売れているとの噂を聞き、
早くそこへ辿り着きたいものだなあ・・・

と考えておりましたが、この作家に関しては、
あまりのシュールさに、理解不能に陥り、途中で挫けてしまう、
そんな可能性が大いにあるわけでして・・・

ですから、肩慣らしが必要と考えました。

その最初の肩慣らしが、『アフターダーク』だったんですね・・・

そして一昨日、M上中期の長編の傑作『ノルウェイの森』の上下2冊を、
久しぶりに読み直しました。

ナゼ『ノルウェイの森』なのか?

それは来年には、映画化の予定との事・・・
そしてこの小説の時代が、ワタクシの大学生活の時代の5年前、
の背景である事・・・

もちろん、舞台は東京と仙台ではだいぶ違いますが・・・

更に、これが一番の理由でしょうが、解りやすいという事になります。

これを読む事で、ある意味『ワタクシのセピア色の異界』、
が再生されるんですね・・・

『小説を書くというのは・・・
多くの部分で自己治療的な行為であると僕は思います。』

すなわち、M上春樹に言わせれば、『何かのメッセージがあって、
小説を書くのではなくて、自分の中にどんなメッセージがあるかを探し出す為に、
小説を書いているような気がします。』(河合隼雄氏との対談にて)
ということです。

てことは、これを理解する為には、
M上春樹の意識世界まで踏み入る必要があるってこと?なんですね・・・

『ノルウェイの森』での主人公ワタナベは、
自分の周りで起こる死の側面に呑み込まれた人々と遭遇しながらも、
その呪縛から少しずつ解き放たれるわけですが、
70年代の東京での学生生活を舞台に、
ソコに至るまでのワタナベを通しての、
作者本人の意識世界の変容が描かれている・・・という事でしょう!

サア、二回目読みきったところで、
肩慣らしは充分と言えるでしょうか?

いずれ、M上は難しい・・・ですよね!
現在『ダンス!ダンス!ダンス!』を読んでいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プティ・モンド出展ワインの概要です!

 | ワイン
梅雨もあけない内に、お盆突入ですか?

随分前にも、こんなことありましたよね・・・

通勤時にMイケル・ジャクソンの追悼ベスト盤を聞いていますと、
今までに聞く機会の無かった曲に、心を動かされます。

例えば『オフ・ザ・ウォール』!
この曲はSズキのスクーターのコマーシャル曲だったんですね・・
Mイケルのリズムの切れ、声の表裏の使い分け・・・
この人、只者じゃあありません!

さて今週末の『第46回 ワインとキュイジーヌの夕べ』・・・
このうっとうしい季節に、何をサービスしましょうか?
とイロイロ考えましたが、次の流れと決めました!

1.Welcome Champagne

2.Blind Item-White Wine

3.2002 Saumur Les Cormieres Chateau de Villeneuve

4.Blind Item-White Wine

5.2004 Gevrey Chambertin Les Champeaux Alain Burguet

6.Blind Item-Red Wine

7.1996 Gevrey Chambertin Christian Seraphin

8.1998 Charmes Chambetin Almand Rousseau

9.Blind Item-Red Wine

いかがでしょうか?
後半は10年以上の熟成期間を持つブルピノですよね・・・
そこの周囲のブラインドはどうでしょうか?
鬼が出るか?蛇が出るか?それとも保守本流でしょうか?

まずはお楽しみと言うことで・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドメーヌ・クールセルの今昔物語

 | ワイン
今を去ること10数年前、かの伝説のワイン会が第一水曜日に行われていた時分、
その拠点のお店『二丁目H店』では、幾つかのドメーヌで造られた、
ポマールが良く出されていたんですね・・・

例えば、忘れもしない『ドメーヌ・ルジューヌ』・・・
ここのリュジアンなどは、70年代からヴァーティカルに飲ませて頂きました。

それから『ミッシェル・ゴーヌー』・・・
ここもリュジアンやゼプノを数ヴィンテージ、
嘗ては燦然と輝くイイ時代がありました。

そして、マダムが指揮していた『ドメーヌ・クールセル』・・・
これもある時期、薄められた時代も有りましたが、
記憶に残るドメーヌであります。

今回、ドメーヌ・クールセルの単独所有にしてフラッグシップの、
ポマール・グラン・クロ・デ・ゼプノ・・・
しかも、何と世紀のヴィンテージ、2005年ものをご相伴に預かりました。

さて、ここでニュイとボーヌの違いは何なのか?
ニュイであれば、ただのヴィラージュでも、
名だたるボーヌのプルミエをも凌駕する・・・てな事を言いますよね!

しかしながら、このクールセルはボーヌでありながら、
近年、目を見張るほどの高評価なんですね・・・

ラヴノー、ミュニエ、ルソー、DRC、ルロワ、ルフレーヴなどと同等の、
5つ星を獲得したとの事・・・

1996年に『コンフュロン・コトティド』のジャック氏の子息、
イヴ・コンフュロンがマネージャーになってから、
様相が変わったらしいんですね!
(コトティドがそんなに凄いのか?という疑問も残りますが・・・)

2005 ポマール・グラン・クロ・デ・ゼプノ ドメーヌ・クールセル

濃密なヴァイオレットの色合いで、エッジには青みが見られます。
ツーんとした黒胡椒のニュアンスに、
濃密なカシスとカラントのアローマが心地イイんですね!
未だ複雑性は見られないものの、ジビエと大地を思わせる大らかさ!
味わいはヴォリュームのある果実に、僅かに酸度が括られます。

このワイン確かに若いのですが、ワタクシむしろ今飲めてよかった!
オソラクこれからがバサロに入るのでしょうから・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

05’グラン・クロ・デ・ゼプノここが最安値↓

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エリック・ロデス、アンボネイの力学!

 | ワイン
今日は『北上川の川くだり大会』があるそうです・・・

ワタクシは関係者ではないのですが、家人の一人が昨晩から騒いでおりまして、
天気が守ってくれれば、と思っておりました。

どうやら、大丈夫そうですね・・・

リビングの大型エアコンの除湿のスイッチを押しますと
『Hi』の表示が・・・
やはり相当な湿度のようでして、この状態で、
気温が28度Cを超えれば、熱中症の注意が必要です!

特に、お酒が水分だと勘違いしているアナタ!
気をつけましょうネ!

さて、一昨晩の『Vンパッション』の流れで、
やはり、このスタート・シャンパーニュを説明せにゃならんでしょう・・・

それは、

NV シャンパーニュ アンボネイ グラン・クリュ エリック・ロデス

エリック・ロデスがボーヌの醸造学校を出た後、
若くして、かの『クリュッグ』のチーフ・エノロジストに就任、
そしてモンターニュ・ド・ランスの地にRM『エリック・ロデス』を興したとの事・・・

この経歴についてはVPのT葉君から説明を受けました。

いずれ、この経歴を頭から消し去っても、このワインには何かがあります!

ソレは、泡の立ち上がりと同時に香り立つ、
濃密なアプリコットの芳香や、ミネラリーなニュアンス・・・
そして節度のある、抜ける爽やか系ではなく、
むしろふくよかで、飲み応えのある抜け時のグリップ!
そして忘れがたい余韻などでしょう・・・

アンボネイのピノとシャルドネの比率はマル秘のようですが、
飲んでみて思うのは、両者の長所をポジティヴにアッサンブラージュした妙味、
を感じざるを得ません!

まずは素敵なシャンパーニュを、ご紹介いただきました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

NV アンボネイ ブラン・ド・ノワールはこの価格↓
上述は別物です!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

柔よく剛を制せず・・・残念!

 | ライフ
盛岡市内がスッポリと、まるでサウナの中に入ってしまったかのような朝でした。
降ってしまえば良いものの、降らずに我慢するからダメなんですよね・・・

この不快指数たるや、尋常じゃありません!

はやく、梅雨(つゆ)も開けてほしいものです。

さて、まずは結果から言いましょう!
当方の母校は、大本命を7回まで追い詰めましたが、
あと一歩及ばず、一点差で甲子園出場を逃しました。

私の気持ちは、今朝の天気のよう・・・
一日晴れる事はないのでしょう!

でも、でもですよ・・・
よう頑張った!何も怯む事はない!
胸を張って母校へ帰りなさい!

とワタクシは言いたい・・・

そして本日、冷房機器破損により、サウナのようなヌッフから、
桜山の『S山葡萄園』へ雨中行脚・・・

祝勝会はまたのお預けだったわけです!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マイ・フェイヴァリット・ワイン

 | ワイン
自分の醸造したワインにそう命名したそうです!

ソレは、ジュブレイ・シャンベルタンの造り手、
アラン・ブリュゲのことです!

2005 ジュブレイ・シャンベルタン 
           メ・ファブリオット ヴィエ・ヴィーニュ 

このワインの『メ・ファブリオット』が『マイ・フェイヴァリット・・・』
という意味で、すなわち『私のお気に入り・・・』ということなんですね・・・

昨晩のVン・パッションのT葉君のワイン会で、
2005年ものの『メ・ファブリオット』をご相伴に預かりました。

『私のお気に入り・・・』というだけあって、兎に角そのワインは凄かった!

まあ、ワタクシ以外のメンバーは、実際ドメーヌ・アラン・ブリュゲに訪問し、
当の本人に会って、その灰汁の強いパーソナリティーを思い出し、
今日のワインにも、強い思い入れがあったようですが、
まっさらなワタクシでも、ジュブレイ・ヴィラージュ・クラスでは、
最高の一本と言っても過言ではない!と確信いたしました。

ソレは、注がれた瞬間の美しいヴィオレットのアロマであり、
生気溢れる、パワフルなフルーツであり、
その巨大さに相反する、シルキーな舌触りと、
いわゆるフィネスが存在します。

アラン・ビュルゲは、
シャンポーにプルミエ・クラスを僅かに所有するのみですが、
そのシャンポーは樹齢が15年の若木なんですね、
もちろん、ご存知の通りグラン・クリュはありません!

いわば、この『メ・ファブリオット』が看板ワインのようですが、
実際飲んだワタクシも、村名VVでもこれがココのプレステージ!
と感じた次第です!

追い求めるべきワインでしょう!

主宰のS先生、並びにワインを提供してくれたT葉君に大感謝!

またよろしく!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

04’でココが最安値↓

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は言わせてチョウダイ!『柔よく剛を制す』と・・・

 | ライフ
昼ごはんを食べて、帰宅したのが午後一時半を過ぎた所でした。

いつもの半ドンでしたら、ゆったりとしているのですが、
今日は何か変?ソレもそのはず、気になる事があったわけです・・・

実は夏の高校野球準決勝に、母校が残っているんですよ!
しかも、昨年同じ準決勝で、こっ酷くヤラレタM大付属が対戦相手!

まずは、TVをつけて、情況を把握します。
おお~~!ただ今始まった所ジャン!

我が方のピッチャーK地君は、竹N直人が高校生になったような風貌で、
ノラリクラリとパーム・ボールを操っているではないですか・・・

これは調子良さそう♪

敵のピッチャーとて、豪腕ですが、おこぼれチョウダイ方式で、
2~3点は取れるでしょう♪

てことは、勝算あり~~!

そんな事妄想する内に、いてもたってもいられずに、
早速、県営球場へと向かいました。

妄想ではなく、予想通り、6回まで0対0の好ゲーム!
絶対有利と言われた、東北王者のM大付属に焦りが出たのが7回裏!

当方、二死二塁のチャンスですが、次の打者は全く打つ気配なし!
そこで飛び出した、起死回生の三塁盗塁!
M大キャッチャーは泡を食って、あらぬ方向へ返球をしてしまったんですね・・・

とうとう『虎の子』の一点をもぎ取り、三塁側は狂喜乱舞!
この臨場感は野球場だけでしか、味わえません。

サア、あと二回を抑えれば、16年ぶりの決勝戦!
152Kでも何でも、もってこい~~!

それにしても、あと二回・・・
K地君、何をトチ狂ってかマザー・Fッキング・カーブなぞ投げたら、
どうしよう?

(注訳:マザー・Fッキング・カーブとは、ゼンゼン意味のなさない、
    へな猪口カーブ、ボウ球でイワユルホームラン・ボール、
    大リーガーが良く使うスラング)

先輩の不安をよそに、竹N君いやK地君はスイスイと、
アっと言う間に9回もスリーアウト!

これでワタクシ、凱歌を口が裂けよとばかりに、
歌いながらの帰宅となりました。

明日?は決勝戦!
タービン持つ手にも、チカラ入ります。
気をつけましょう・・・では!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

03’ラヴォー ドニ・モルテ

 | ワイン
ドニ・モルテ急逝の衝撃的な知らせを聞いたのは、
2006年の松も明けない時期でした。

したがって、2005年がドニ・モルテのラスト・ヴィンテージで、
2004年が全てドニが手がけた物、ということになります。

先日の『海の日・・・』ワイン会で03’ラヴォーをご馳走になりました。
これは何と、三つ割のK先生が持参した代物・・・

心から感謝申し上げます!

ドニ・モルテほど果実が瑞々しく、優美なピノ・ノワールも無く、
その味わいは極めてアロマティックで、シルキーな舌触りを誇ります。

少なくとも、ドニが健在な04以前は、
味わいがソレに輪をかけて濃密で、しかも複雑で、
いま思えばビオ的な呪術的なオーラを持ち合わせておりました。
その法則も平均的なヴィンテージの物ですらソウナンデス・・・

ですから、ことさら巨大なヴィンテージの99’は、
まるでピノ・ノワールのモノリスの塔のの如し・・・
ワタクシにとってはオーヴァーデコラティヴになるんですね・・・

さてそこで、同じくビッグな03’はどうだったのでしょう?
さすがのドニ・モルテも、その頃にはエレガント・バランスにシフトした模様!

素晴らしいバランスです。

香りの複雑で、モヤモヤした、スー・ボワを思わせる、
素敵な香気はそのままに、
骨組みのある、ゴージャスで、洗練された味わいは、
フィネスの見本のようなもの・・・

ハタシテ、このバランスのシフトは、
故ドニ・モルテ氏にどう映ったのでしょうか?

ドニの息子のアルノー・モルテ氏はシフトの流れのままに、
エレガンス路線をひた走り続けています・・・

ドニ・モルテ氏は何を理由で死を選んだのでしょう?

あと10年は、アナタのワインを飲みたかった・・・
そう思っているのはワタクシだけでしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加