The Wine Heat!

オテル・ド・ヤマダ ワインフォーラムの主催者であるDr.ヤマダのワインな日々の記録です。

練れ白飲んで思うこと・・・今年最後のツブヤキです!

 | ライフ
1956年もののアーサー・バロレについて、書き込みをしていたところ、
かつて、伝説のワイン会で何度かご相伴に預かった、1974年 モンラッシェ DRCを思い出しました。

もちろん、56’シャサーニュ・モンラッシェ レ・シュニュボットは,
迫力、気高さ、複雑性、余韻・・・どれをとっても、比べようもないわけですが、
その時はそれを飲んで、流石は練れ白♪と感じた次第!
てことは『練れ白礼賛=誘発因子』が微妙に作動したということでしょう・・・

さてその当時、1974年物のモンラッシェは偶然目に入ったドラマに登場し、
ワタクシの中でも、それに対する思い入れがマスマス増長し、
それ以降の80年代、90年代の、どのモンラッシェ DRC をしても、
それ以上の感動を得ることは叶いませんでした。

そのドラマが、松本K四郎主演の『王様のレストラン』でして、
かつて支配人として働いていた、由緒あるレストランが、
今や閉店の憂き目にさらされているという設定なんですね・・・

そこに伝説の名支配人=松本が長い旅を終えて、そのレストランに辿り着きます!

テーブルに着席し、おもむろに頼んだワインが74’モンラッシェ DRCだったわけなんですね!
そして、主人公=松本は前菜からデザートまで、それ一本で通したわけです・・・

『いくら取られたんだろうか?』なんて、下世話な話ではなくて、
そこで思ったのは、そのやり方、格好イイ~~ぜ♪
(ディケムで最初から最後まで通すのは、モット格好いいけど・・・)

で、何が言いたいのか?という事になりますが・・・

つまり、何百本ワインを飲みこんでも、記憶に残るワインというのは、
相当美味しかったか?もしくは、別な話題性の絡みがあったか?
そしてどんな雰囲気(楽しいお相手♪)で飲めたのか?ということになるわけです・・・

ただそれが、言いたかっただけ・・・
(チョット酔ってます!大晦日は夕方から飲んでイイのだ!)

さあイキナリ話は変わって、気が付けば2008年が暮れようとしています!

全てのワイン・ヒートの皆さんに、今年一年お付き合いいただき、
心より感謝を申し上げる次第であります。!

来年もまた、素敵なワインをかたわらに、
カッコのいいワインライフを送りたいものです・・・

では、皆さん!!よいお年を!!

さて、紅白見よ~~と!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2008年 記憶に残ったワイン達 全ての白ワイン♪

 | ワイン
いや、今日は何でこんなに車が少ないの?
どうして、スーパーだけ混んでるの・・・

ありゃ?今日は大晦日だったんだわ~~~

てな感じであります!

何がなんだか、分からないうちに、今日を迎えました!

何かやり忘れはなかったか?
それも心配・・・でもいいか!
この国の首相は、いつのことからか分かりませんが、
年越しではなく、3月が年度末と言う様になりました。
(確かに法人はそうでしょうが、個人はいかがでしょうか?)

さて、この企画も最後になりますが、今年飲みました白ワインの中で、
記憶に残ったものをいくつかご披露いたしましょう!

1998 Le Montrachet Bouchard Pere & Fis

1997 Batard Montrachet Etienne Sauzet

1997 Chevalier Montrachet Leflaive

1956 Chassagne Montrachet Les Chenevottes Arthur Barollet

1998 Meursault Les Rougeot Coche Dury

2000 Meursault Clos de la Barre Comtes Lafon

1998 Chevalier Montrachet Leflaive

1999 Bienvenue Batard Montrachet Leflaive

1994 Meursault Clos de la Barre Comtes Lafon

1994 Silex Didier Dagueneau

2001 Silex Didier Dagueneau

1998 Ch. D'Yquem

こんなところでしょうか・・・
比較的若めの凝縮したシャルドネが多かったように思われます!

そんな中でも注目は、56’アーサー・バロレのシュニュボットでした!
これは、危険な位の熟成の極み♪
『甘く危険な香り・・・』とは、正にこの事・・・

白の危険なワイン、欲する今日この頃です・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2008年 記憶に残ったワイン達 ブルゴーニュ編♪行脚編

 | ワイン
さて、29日はワタクシにとっての年末の一つのピーク、
バスケの集まりや、47卒会などがありましたが、
各地のチュルドレンが帰省できるのは、この日だけ・・・

てことで、全てのイベントをキャンセルし、家族6人が大集合♪
と相成ったわけであります。

本当に本年も押し迫りましたが、何はさておき最後に思い出すのは、
ブルゴーニュ・ピノ・ノワールですよね・・・

そこで、記憶に残ったモノを、並べてみますと・・・

1997 Gevrey Chambertin Le Poissenot Geante Pansiot

1999 Gevrey Chambertin VV Hubert Lignier

2000 Musigny VV Comtes de Vogue

1995 Clos de Tard

1995 Chambertin Clos de Baze Almand Rousseau

2005 Chambertin Clos de Baze Almand Rousseau

2005 Chambertin Almand Rousseau

1997 Clos St Denis Dujac

2001 Gevrey Chambertin Clos St Jaques Almand Rousseau

2001 Chambertin Almand Rousseau

2003 Clos St Denis George Lignier

1993 Nuit St George Le Caillou Alain Michelot

1995 Romanee St Viven D R C

2001 Chapelle Chambertin Claude Dugat

2001 Charme Chambertin Claude Dugat

こんな感じでしょうか・・・

最優秀に評したい物、いろいろありますが、
アルマン・ルソーのシャンベルタン・クロ・ド・ベーズの世紀のヴィンテージ、
2005年を飲めただけではなく、一緒に1995年との飲み比べも出来、更には2005年のシャンベルタンをも飲めた、あの月光氏企画のラック会・・・

それをひとまとめにして、最優秀殊勲ワイン賞に評しましょう!

とにかく凄かった、の一言でした!

それから、話題賞は1995年のロマネ・サン・ヴィヴァン DRC!
目隠しでも、ビビビとブルゴーニュ魂を刺激する、エレガンスの波状攻撃・・・

これはルソーのクロ・サン・ジャックか?デュジャックのクロ・サン・ドニか?・・・なんとそれは、予想を遥かにクロス・オーヴァーしたロマネ・サン・ヴィヴァン♪だったんですね・・・驚きました!

そして、意外にも1997年が妖しの表情を・・・
程よくこなれて、迫り来る『エロティカ・セヴン』と言いますか・・・
デュジャックのクロ・サン・ドニで心も濡れた!
このにワインに今年度の敢闘賞を差し上げたいと思います。

皆さんは如何でしたでしょうか・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2008年 記憶に残ったワイン達 シャンパーニュ♪行脚編

 | ワイン
さて、うっとうしい日常が続く中で、一服の清涼剤になりうる飲み物・・・
それがシャンパーニュですよね!

今年も美味しいシャンパーニュ、いろんなところでご相伴に預かりました♪

記憶に残ったシャンパーニュは以下の通りです↓

1982 Champagne Sir Winston Churchill

1996 Salon

1999 Bollinger Vielles Vigne Francaise Blanc de Noir

1990 Champagne Le Mesnil Reserve Alain Robert

1990 Champagne Le Mesnil Tradition Alain Robert

NV Champagne Grande Cuvee Krug

この中で、最優秀殊勲のシャンパーニュは、
90’メニル・トラディッション アラン・ロベールでしょうか!

泡のタッチ、風味、エレガンス、そして品格・・・
このドメーヌの性根の入り方感じ入ります。

話題賞はボランジェ・ヴィエ・ヴィーニュ・フランセィーズ♪
濃密さと厚み、その中にも垣間見せる品格のダイナミズム!
見事でした・・・

それから、果てしない将来性をミセツケテクレタ96’サロンには大拍手!
このヴィンテージの希少性を考えるに付け、
二本並べて飲ませてくれたT氏に御礼を・・・

ということで、思い出のシャンパーニュでした・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2008年 記憶に残ったワイン達 ボルドー♪行脚編

 | ワイン
さて今年も、いろいろなワイン会に参加させていただきました!
それぞれの主宰の皆様には、この場を借りて、御礼を申し上げます。

いずれ、続いているワイン会は,主宰の日々努力があってのことです!
もちろん、えんの下の力持ちである月光氏の存在を抜きには語れないわけですが・・・

まずは、記憶に残った今年のボルドー以下の通りです↓

1982 Ch. Haut Brion Pessac Leognan

1990 Ch. Gruaud Larose Saint Julien

1985 Ch. La Fleur de Gay Pomrol

1976 Ch. Palmer Margaux

1954 Ch. Haut Brion Pessac Leognan

1987 Ch. Petrus Pomrol

1978 Ch. Pape Clemant Pessac Leognan

1978 Vieux Chateau Certan Pomrol

1982 Ch. Margaux Margaux

1982 Ch. Pape Clemant Pessac Leognan

1973 Ch. Haut Brion Pessac Leognan

どうでしょう、今年の傾向は、意外にもぺサック・レオニャンの美味しいところを、たくさんの機会にご相伴に預かったところでしょうか!

特にも、オー・ブリオンは82’54’73’の豪華ライン・ナップ!
奇跡に近い54’は、誕生月の絶妙のタイミングでのワイフのヴィンテージ♪
とにもかくにも、粋な計らいの月光氏にサンキューです!

ポムロールの豊満さと旨みを、存分に発揮してくれたのは、
85’ラ・フルール・ド・ゲイ!
このワインに最高殊勲ワイン賞を・・・

この時期に、このタイミングで、シャープな味わいの一面を見せつけてくれた、
87’シャトー・ペトリュースに話題賞を・・・

シリアスなメドックの香気をふんだんに楽しませてくれた、
76’シャトー・パルメに、敢闘賞を授与して、ボルドー編を終わりたいと思います!

まずは、飲んだ飲んだ・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これが、750mlオー・ブリオンの最安値!
02’ですが・・・


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年もわずかとなりました!さて思い出のワインは・・・

 | ワイン
ルビーからクリムゾン、そしてヴァイオレットからガーネットの液体に、
胸時めかせ・・・今年も何本の美味しいワインを、飲んだのやら・・・

我が家では、おそらく・・・
おそらくですよ!

『オテル・ド・ヤマダ』が6回、『ワインとキュイジーヌの夕べ』が12回、
『ボン・ションス』が4回、『次世代ワイン会』は?なかったかな??
いずれ、約20数回のワイン会が開催されました!

何本かの、思い出のワインがあります・・・

ボルドーでは・・・

1967 Ch.Margaux

1975 Ch.Magdlaine

1996 La Gomerie

1976 Ch.Cheval Blanc

1983 Ch.Ausone などなど・・・

ブルゴーニュでは

1990 Volnay Santenot Du Milieu Comtes Lafon

1953 Clos de Vougeot Remoissenet

1989 NSG Meo Camuzet

1988 NSG Aut Boudot Domaine Leroy

1992 Clos de Lambray

1995 Corton Les Rognet Bertran Ambroise

2003 Vosne Romanee Les Beaumont Bruno Clavelier

などなど、美味しく頂きました!
もちろん、遠征先でのワインはまた別口ですよ♪

さて、そもそもワインは、楽しさや美味しさを引き立てる物・・・
どんな諸条件がそろっていても、素敵な会話や、気の利いたキュイジーヌがなければ、そのワインは実力を発揮しないわけです・・・

まだ早いですが、ワインヒートの皆様・・・
そんなことで、2009年もまたよろしくお願いいたします!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

So This Is Christmas !

 | ライフ
さて、皆さん・・・クリスマスをどうお過ごしでしょうか?

お天道様の悪戯で、雨のクリスマスとなりましたね・・・
この経済環境で、家で家族と一緒のクリスマスを考えている人は、
なんと60%を越えているそうですね・・・

もちろん、誰とは言いませんが、相変わらずの行脚続行組もいるやに、聞いております・・・

まあ、カラダも身の内・・・ホドホドが大事ですよね!

どうでしょう・・・美味しいワインでも飲みましたでしょうか?

当方、前半はビールを楽しみまして、後半は濃厚なボルゲリを抜栓♪
2001年のルイット・オーラなんですが、
ひところよりも美味しく仕上がっておりました!

濃厚なガーネットの色合いです!
トップにチェリーを練りこんだビターチョコの風味よろしく、
微かなジンジャーのニュアンスも見つけられます!
ブラックチェリーの砂糖漬けに、オリエンタルな香辛料の香気が心地よし・・・
なんですね♪

味わいは、ボルドーちっくの中に、甘みのデカダンスと、
クドサを帳消しにする流麗な酸味の下支え♪
総体的には現代的でシュールな味わい・・・

それが、なんとMJからゴッツォになった(ママにはサンキュー)ゴディヴァのオーランジュ・チョコレートと良く合うんですね・・・

各方面からチュルドレンが帰還する前夜!
そんな感じで過ごしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

01’レヴィア・グラヴィア(ルイット・オーラの上のクラス)がこんな値段で・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

執念のソーテルヌ、ディケム・・・

 | ワイン
ディケムは一本の木から一杯のディケムしか生まれない・・・
と語られるように、何をしてこの偉大な甘口ワインが造られるのか?
と尋ねられれば、それの最大要因は『パッション』!
すなわちワインに向けられた執念、と言わざるを得ないでしょう。

ワタクシが初めてディケムに巡り会えたのは、
1967年ものという、60年代の奇跡とも言えるヴィンテージで、
それはもう、正しく『Beyond Description』『With Enthusiasm』だったんですね・・・

大柄で、豊満、ゴージャスの極み・・・
鼻を近づけますと、ヴァニリンのニュアンスに爛熟のパインナップル!
蜂蜜に燻したアーモンドのアクセントが香気のラヴィリンスへといざないます!

さてそのディケム・・・

先日の集まりで、98年物を久しぶりにご相伴にあづかりました。

ディケムはやはりディケム・・・
正しく甘露♪

世界最高の甘口ワインであることは疑いなし!
だだし、もう一つ言えることは、本領はこの先・・・

もう10年で、黄金が琥珀に帯びて、トロリと粘凋性が増してくるわけです!
そのディケム・・・また頼みマッセ♪

ダメか?・・・無理か??
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不景気風はどこへやら?立錐の余地も無しのN店でした♪

 | ワイン
さて、例のイタリアン・ワイン・バーの後ですが、
さんざん悩みつつも、やはりN店に足は向かったわけです・・・

想像はしていましたが、それ以上の満員御礼!
中央のテーブルから、両サイドの小上がり、
ヤマダ・スペシャルのカウンターまで全て、客・・客・・客・・・

立錐の余地も無し、とはこの事でしょうか?

まあデモ、年末のこの時期・・・
むしろ、この混雑ぶり、この喧騒さを無くして、何が年末なの?
って感じもしますよね・・・

てことで、帰ろうか?とした所・・・
『クー』が二席用意できますの声!

その時、中央で大騒ぎの若者の群れの喧騒から、
『ワイン飲んでけ!』と聞こえたような・・・聞こえなかったような?
不可思議なデジャヴ感を感じたわけなんです。

気が付いたら、『クー・ド・ヌッフ』のカウンター!

目の前には、大ぶりのワイングラスにルビー色の液体が♪

ミネラリーに閉まったトップに、
心地よいイチゴジャムやクランベリーのアローマです!
時間と共に花の香気と、クローヴのニュアンスが・・・
味わいは壮麗な酸味と、引き締まった果実が、
強めのヴィンテージを証明いたします!
僅かに塩味を感じるほどの閉じさ加減と、内包するダイナミズムを実感!

さてこのワインは

2005 シャンボール・ミュジニー ユドロ・バイエ

おそらく、5年後には華麗にメタモルフォーゼ♪
フィネスとエレガンスのバイエも、さすがに05’はバサロ中?

ココの造りに殺到するワイン・ヒートの諸兄も、
そう感じていると思いますが・・・

『ワタシ、待~つわ、イツマデモ、待~~つわ』の心です・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  

PS:04’は既に飲めますです・・・ハイ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

06’ブルゴーニュ もココで完売↓
この超人気は「健全なフルーツの旨み・・・」なのでしょうか?



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

It's Too Late キャロル・キングの歌声・・・

 | ミュージック
日曜日の深夜に、BSをつけながら、うたた寝をしていたところ、
懐かしい歌声で目が覚めました。

なんとそれは、キャロル・キングのライヴだったんですね・・・
これは、ワタクシにとっては、高校時代の郷愁を最大限に喚起するものでして、
眠気もどこかに吹っ飛んで、最後まで見入ってしまったわけであります。

今回の初来日のライブは、全篇通じて、キャロルの人柄が上手く表現された、
心が温まる、素晴らしいライブでしたが、
特にも、ジェームズ・テイラーがカバーして、大ヒットとなった『You’ve Got A Friend』(君の友達)を,
アンコールに持って来たところは、本当にナミダ物・・・

思わず、ウルウル状態でキャロル・キングと大合唱!(小生のカラオケの持ち歌です!)

中盤の名曲『You Will Still Love Me Tomorrou』や、
全米第一位に輝いた『It’s Too Late』は、ほぼパーフェクト!歌も演奏も見事の一言です!

日本に、アルバム『つづれおり』が発表されたのは、1971~1972年のこと、
ワタクシ高校2年生の頃でありました!

本当に懐かしや・・・

また、あの頃に戻りたい?・・・う~~む?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加