The Wine Heat!

オテル・ド・ヤマダ ワインフォーラムの主催者であるDr.ヤマダのワインな日々の記録です。

デュエロの名品、ティオフィーロ・レイエス!

 | ワイン
このワインを開けるのも、随分久しぶりになります。

1995年がリリースされたのは、98年頃の事ですので、
もう10年も前の事、になるわけです。

その時分は『ウニコ』や『アルハンドロ・フェルナンデス』などの、
リベラ・デル・デュエロの両巨頭のワインをいろいろ開けておりました。

そういえば、最近ご無沙汰の『カズクン』のスペシャルワイン会では、
60年の『ウニコ』なども開きましたねー♪しかも、マグナムで・・・

スパニッシュのヴィンテージワインは微妙にフランスとズレテいまして、
実はソレがイイ塩梅なわけですが、
60年(カズ氏のヴィンテージ)のような、フランスでは芳しくない年も、
スペインではマズマズと来れば、60年生まれの御仁は、
恵比須顔となる事も起き得ることになります!

さてそんな折も折、ワタクシ95’ティオフィーロ・レイエスを、
何本か買いためておりました。

これは、かのアルハンドロ・フェルナンデスの醸造責任者であったT.レイエスが興したボデガなんですね・・・

さてこれを、出張で開けましたが・・・
ハッキリ言って、オイシカッタ♪

テンプラニーニョの独特の、豆を煮すぎたような香気の、好き嫌いは抜きにして、
程よく解けた、濃密なブラックフルーツのデカダンスに惚れちゃいました!

噛めるような、コンクな果実は、
悪魔の微笑みの、しなだれ系のエロスを伴い、
ソレが同じヴィンテージの、背筋の通ったメドック代表、
サンジュリアンのポワフェレへと誘います!

流れ的にもOK!(ジコマンかあ?)

皆さんはいかがでしたでしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新緑の季節に何を飲みますか?

 | ワイン
さあて、盛岡のワイン業界においては、
イヴェント目白押しの4月になろうとしております。

北東北のソムリエ協会の立ち上げの会などもその一つですよね・・・
世界チャンピオンT崎真哉副会長を迎えて大々的に、お披露目の会を挙行するとの事です。

ワタクシも後半のパーティーには馳せ参じたいと思っております!

T崎真哉さんと言えば、その昔・・・
まだ世界チャンピオンの前になりますが、例のホテル西洋銀座の『Pストラル』で、ワインをチョイスして頂いた思い出があります。

その時の、ラインナップは今でも忘れもしない、
78’のシャト-・マルゴーをメインに据えまして、
バロン・ド・バッシャンの白、
最後の〆はカナダのアイスワインを並べてくれました。

ソレとあわせたのは鎌田シェフの見事なキュイジーヌ・・・

16年も前の、懐かしい思い出であります・・・

何とそのセッティングに尽力してくれたのが、
何を隠そう今回の北東北の会長に推挙された張本人・・・
VタンジュのマダムFFさんなんですね・・・

そんなことを思い出しました・・・

さて新緑の季節!
グリューナー・フェルトリーナーなどを冷やして飲みますか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポワフェレのテロワに痺れます!

 | ワイン
出張オテルの最後を飾ったのは、90年代中盤の優良ヴィンテージ95年のメドックなんですね・・・

そのシャトーは三つのレオヴィルの一つ、
一番のテロワと褒め称えられるポワフェレを出しました。

もちろん、117回のオテルからの流れなんですが、
これがどうでしょう・・・全くのドンピシャ!

ワタクシとしては、この辺で飲みたい感じの熟成状況でありました。

濃密なガーネットは、神秘的な輝きを持ち、
濃厚なジャムっぽいカラントの風味には、
微かなキザミタバコのアクセントを見つけられます。
ミネラリー感と焙煎のニュアンス、そしてカシスリキュール・・・
口に含みますと、ネットリと絡みつく粘凋の果実!
余韻も十分に長く、正しく満足で来うるもの!

とにかく117回の92’83’といい、
ポワフェレ恐るべし・・・と言うのが率直な印象です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

95’のポワフェレはこの値段が最安値でしょうか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

DRCヴォーヌ・ロマネ 1er クリュはどうでした?

 | ワイン
昨晩、出張オテルが終了いたしました!
気が付けば午前2時の丑三つ時、最後は這い這いして帰りました。

大通りは『The Bar S藤』に出張したのは11名のワインヒート!
2本のシャンパーニュと1本の白、そして6本の赤ワインを飲みきりました。

序盤に並べた、ヴォーヌ・ロマネの流れは・・・
04’ヴォーヌ・ロマネ・オー・シャン・ペルドリ オーディフレッド、
05’ヴォーヌ・ロマネ レ・ジャッセ イヴ・ビゾー、
そして02’ヴォーヌ・ロマネ 1er クリュ キュベ・デュヴォー・ブロシェ DRCの3本です!

DRCへの感じ方は、様々だったようです!

02’のDRCを2009年に飲む・・・まずこのストロークを考えますと、
当然あの熟成によるDRCフレーヴァーは望むべくもない訳ですが、
ピュアーな赤い果実のアローマと静謐なる品格の調和は、正しくこの造り手だけのものでしょう・・・

凝縮したヴィンテージの、還元された黒系の果実の風味はありません!
しかしながら、その味わいは薄いのではなく、わずかに閉じて、
底に潜む濃密な滋味が、今か今かとその出番を待っていると言う感じでしょうか?

まあ、10年のウェイティングはもちろん!
でも他の6つのグランクリュよりは、姿を見せてくれているのも確か・・・

一番の問題は、コストパーフォーマンスの問題でしょう・・・
今の時点で、これ一本でオーディフレッドのオー・シャン・ペルドリが10本買えてしまうのも、偽らざる現実です。
さすがに、このワインは、このような形で開けるのが常套手段となります。

そういえば、DRCの12人の正規社員の一人だった、
アンリ・オーディフレッドのオー・シャン・ペルドリが、
DRCのプルミエと微妙にニュアンスが繋がって思えるのは気のせいでしょうか?

などなど、興味津々のヴォーヌの流れではありました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サタデイ・ナイトに出張す!

 | ライフ
おそらく、給料日直後の花金ですので、
大通りはゴッタガエスのでしょうが、
敢えてオテルは出張いたします!

7本のマル秘ワインを小脇に抱え、目指すは『The Bar S藤』♪

『オテル・・・』『ワインとキュイジーヌ・・・』『次世代・・・』の、あたかも合同顔合わせ会のような・・・

『The Bar S藤』の奥の間のソファー席は、まるでワイン会の『パンチでデート』?違うか・・・

まあまあ、そんなことよりワインでしょう!
02’ヴォーヌ・ロマネ 1er Cru キュベ・デュヴォー・ブロシェを、忘れてはイケマセン!

周りを固める先陣は92’ピュリニー・モンラッシェ レ・フォラティエール メゾン・ルロワ

ピノの流れは、04’ヴォーヌ・ロマネ・オー・シャン・ペルドリ オーディフレッド、05’ヴォーヌ・ロマネ・レ・ジャッセ イヴ・ヴィゾーとなります。

間に2本のブラインドを加えまして、最後は前回117回の流れで、
95’レオヴィル・ポワフェレが登場いたします!

皆さんワインでも飲んで、年度末のモヤモヤを吹き飛ばしましょうか?
(モヤモヤしてるのは、俺だけか?)

では、出かけます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

巨獣モンローズも熟成の高原部へ・・・

 | ワイン
サンジュリアンのワイン群のハザマに、同じメドックの別ヴィンテージを並べるのが掟?・・・でもないのですが・・・

なぜか、習性でそうしてしまうワタクシ!なんですね・・・

今回はサンテステフの雄、75’シャトー・モンローズを並べました。

その理由は一つ、主役の一本シャトー・レオヴィル・バルトンと近似したセパージュであること、だったんですね・・・

しかしながら、その味わいは正しくサンテステフの『ステゴザウルス』のよう!
堅固なタンニンはほどけず、熟成は遅々として進みません!

それでも、グラスで30分も待てば、土の風味と黒いカラント、
更には赤い果実の風味が立ち上がり、独特のスパイス感と相まって、
サンテステフの全貌を明らかにしてくれます。

巨獣モンローズはそろそろ、熟成の高原部へと到達したのでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今やこの値段ですか↓

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トゥア・リタはカベルネも凄い!

 | ワイン
トスカーナ地方の海岸線よりの銘醸の地、ボルゲリ・・・
そこのスヴェラートにトゥア・リタのアジェンダがあるとのことです。

1984年にヴィルジオとリタのトゥア夫妻は、都会の生活に飽き飽きし、
オリーヴと葡萄に囲まれた土地での生活に憧れ、スヴェレートに土地を購入したらしい。

トゥア・リタのフラッグシップは何?
と聞かれれば、メルロ100%の『レディガフィ』となるのでしょうが、
実は92年物の『ジュスト・ディ・ノトリ』が1995年に初めてリリースされ、
これが、ワインの世界で大注目を浴びる事になります。

その時のエノロゴがルカ・ダットーマ大先生でして、
その後ステファノ・キオッチョリに変わりますが、
依然として注目度は落ちません!

何故かと言えば、02’レディガフィのPP100点満点や、
01’ジュスト・ディ・ノトリのPP97点などという、
ふざけた点数評価が横行し、真面目で教科書好きのワインヒートが飛びついた、
とうこともあった訳です。

今回117回では、01’ではなくて、00’のジュスト・ディ・ノトリをご相伴に預かったわけですが、01’がコンセントレーションのヴィンテージとすれば、00’はエレガントなヴィンテージなんですね・・・

飲んでみますと、どこがエレガント?
と思うほど濃厚な味わいです。
(ですから、このワインは弱めのヴィンテージで十分♪)

カベルネ65%とメルロ35%の混醸のこのワイン、
見事な骨格で、底に滲み出る甘みと滋味の折り合いが見事!

117回ではボルドーの92年物と83年物の中間にブラインドで登場させると、
さり気無い存在感を示しつつ、ドコカ違うエキゾティックなニュアンスを漂わすんですね・・・

トゥア・リタはレディガフィだけじゃない!ということです・・・ハイ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢心地じゃ!サムライ(ジャパン)降臨!

 | ライフ
第2回WBCの優勝は感慨深いものがあります!

35歳の天才打者のイチローが、本当にその最後の場面で、
真の天才のオーラを出してくれるのか?

10回表、二死、二塁三塁の走者・・・

誰もがしびれるその場面です!
野球は筋書きのないストーリー、ソレを地でいった、
正にその時!

この世の中で、最も美しいセンター前ヒットが、
糸を引くように抜けて行きました。

そこには、本当のサムライが降りました・・・

全てのサムライ・ジャパンに拍手です!
アリガトウ!!

自宅でシャンパンファイトやろーっと!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

季節はずれの雪を見て、思う事・・・

 | ライフ
夕刻から、季節はずれの雪がチラホラ降り始め、
そこで思うのは、明日の朝のロビンちゃんとの散歩の事なんですね・・・

最近になってやっとこさ、気力を振り絞って、朝のお勤め(金髪メス犬ロビンちゃんとの散歩)を欠かさず励行し始めたところでした。

雪が降れば、御齢12歳(犬年齢では90歳前後)のワンちゃんでは、
骨身に染みて、風邪でも召されては・・・

という事より、我が身が大事で、散歩を中止するのですが、
まあいずれにせよ、行かない事になります。

その結果、他にはこれといって趣味もないワンちゃんにとっては、
そうとうストレスも溜まるのでは、と心配になるわけです。

そんな事を、考えておりました。

ところで、この前の117回のワインリストと写真は、
ただ今シマダーノ神父が構成中であります。

上海帰りのリル♪じゃあなくて、シマダーノ神父は、
今週より職場復帰しておるようです!

さーて、あと一週間で3月も終わり、
4月になれば、後半はゴールデン・ウィークですよね・・・

そして、5月の前半は、これまたゴールデンで終わり、
半年が終了いたします!

とにかく、いつも言いますが、年の前半は電光石火!
あっという間ですよね!!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

家族でワイン3本開きました!

 | ワイン
まあ、こんな機会も、この時期だからありうる事かもしれません!
夫婦二人に息子二人・・・昔話に花が咲きました!

久しぶりに、パスタを囲み、
嫌がる息子の前に、ワインを並べ、
いつの間にか3本のワインを開けてしまう、これぞ至福の時間!

こんな事できるようになったんですね・・

開けたワインは・・・

2006 バルベラ・ダスティ ミケーレ・キャルロ

2001 モリナーラ ジュゼッペ・クィンタレッリ

1996 シャトー・リューシー サンテミリオン・グラン・クリュ

クィンタレッリのモリナーラは、マラスキーノ・チェリーの風味よろしく、
酸味も豊富で、熟成とは縁遠いワインですが、8年で見事に七変化!
それに加えて、このワインはパスタと極めて合致!
マリアージュなんて、生易しいもんじゃあありません。

旨すぎて困ってしまうと言っては御幣がありますでしょうか?

だから言ってんでしょ・・・
オトーサンがワインに狂ってしまう訳が・・・

(酔ってブログ書き込みました・・・ハイ!)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加