The Wine Heat!

オテル・ド・ヤマダ ワインフォーラムの主催者であるDr.ヤマダのワインな日々の記録です。

2005 マルサネ レ・ロンジェロワ ヴァージョン・オリジナレ ジャン・フルニエ

 | ワイン
『ジャン・フルニエ』はルイ13世の頃から、葡萄栽培業者としてマルサネに存在していたという、
歴史のある家系とのことで、現在は若手生産者の中でもスターとも言われる、
ジャンの息子の『ローラン・フルニエ』が継承しているということです。

『レ・ロンジェロワ』のリューディーは、平均樹齢40年~50年の超ヴィエ・ヴィーニュ!
それだけでも期待が持てるのですが、今回飲みましたのは、傑出したヴィンテージの『2005年』、
しかもそのヴィンテージの正しくイイトコドリの『ヴァージョン・オリジナレ』と言う代物なんですね・・・



そのワインを抱えながら、いつもの和食屋さんにお邪魔をし、
届いたばかりの『春鰹(初鰹)』をいただきながら、このワインを飲んでみたわけです!



まあ『マルサネ』と言いますと、ドウ頑張ったって『ジュブレイ・シャンベルタン』の域には遠く、
優しい味わいではあるけれど、何となく覇気のない代物が多いのですが、
この『05’ヴァージョン・オリジナレ』は別物・・・

トンデモナイ『マルサネ』ではありました!

まずはこの色合いを見てください↓



何ともいえない深みのある、神秘的なガーネット色を呈しております!

グラスに注がれますと、僅かですがスミレの花の香りとミネラルが鼻をくすぐり、
程なくブラックチェリーとプラムのアロマがわんわんと放たれるんですね・・・

始め濃密さの奥底にタップリのエキスが伴って、飲んだ第一印象はジュブレイのグラン・クリュ♪
しかしながら、そこはそれ、何しろ『マルサネ』ですので、
グラスで放置しますと、エキスのふくよかさより酸度が勝り、
果実のヴォリュームは少しずつ減弱してくるんですね・・・

さて、これはアペラシオンの性質(たち)からくるのでしょうか?
思うに、それはそうではなくヴィンテージなりのクローズと捕らえるべきでしょう・・・

このワインはあと5年は待つべきか?
高々『マルサネ』にして、熟成7年目、始め旨いが、ダンダン閉じての鎧兜!

この手のワインは、和食ではなくて、肉を焙って合わせるのが良いのでしょう!

それにしても、ある意味物凄い『マルサネ』ではありました!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワインの前の随分昔の趣味とは・・・

 | ミュージック
最近はたまにCDを買うこともありますが、決まって50~60年代のジャズ!

まあ、思い出したように『ピーター・ガブリエール』の新LPなどを買う事もありますが、
あっても『盆と正月』みたいなものでして、年に一度の行事なんですね・・・

日曜日でも、なにやかにやで暇な時間があるのは珍しく、
ゆっくりミュージックを聴くこともここしばらく無かったのですが、
K子さんは御つまみ作りで忙しいようだし、テレビもつまらないし、
じゃあ昔買い込んでいたLPでも聴いてみようか?となったんですね・・・

で、聴いたレコードはこんな感じでした↓

『イル・ヴォーロ』(1970年代のイタリアン・プログレッシヴ・ロック)

『タイ・フォン』(タイ人2人とフランス人3人のこれまたプログレ)

『ストリート・ノイズ ジュリー・ドリスコール、ブライアン・オーガー&ザ・トリニティー』(ワタクシの愛聴盤)



最後の一枚は涙物でありました!

美貌の誉れ高い女性ヴォーカリスト『ジュリー・ドリスコール』に、
稀代のオルガニスト『ブライアン・オーガー』率いるトリオの『ザ・トリニティ』の2枚組み!



1枚目のB面の『ライト・マイ・ファイヤー』に始まって、最後の『レッツ・ザ・サンシャイン』まで、
ブラックフィーリングの中にもソフィストケートされた曲調が見事!

部屋のライトを半分まで絞って、ただただ流れいずるスイング感覚に身をゆだねるのみ!



さすれば我が身は40数年前へ『バック・トゥ・ザ・フューチャー』か?
部屋がセピアに見えたのは気のせいか?

気のせいでした!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テレビを見ながら、ボックスボイテルを飲む!

 | ワイン
何を隠そうこのワタクシ、ワインのとっかかりはドイツワインでして、
実は何回か『ドイツワイン・コンテスト』などにもチャレンジしたこともありました。

もう随分昔のことであります。

もちろん、にわか勉強でペーパーテストはいつも芳しくないのですが、
どうゆうわけかブラインドの利き酒による実技で得点を稼ぎ、
東北代表で全国大会に何回か行かせてもらったのを憶えております。

さて、その頃にドイツワインの飲み比べもしたわけですが、
ズングリとした丸みを帯びた、独特の形の瓶も良く登場したんですね・・・

『ボックスボイテル』と呼ばれるこの瓶形は、
伝統的なフランケン・ワインの象徴的なボトルとのこと!

世界広しと言えども、この瓶形のワインはドイツはフランケンとポルトガルのマテウスのみ!

ですから、忘れようったって、忘れもしないという事です!

で、昨年末にこの瓶をある業者さんから見せられて、珍しさも手伝って何本か購入しまして、
今回お披露目となったわけなんですね・・・

まずはこの瓶形とこのワインの色合いを見てください↓



何とも愛嬌のある、かわいらしい形をしております。

でも、かわいらしいのはイイけれど、この形がナニから来たのか?てことになると、
チョット事情が違ってくるわけでして、まあ皆さんもご存知かとは思いますが、
『オス山羊のアソコ♪』なんですね・・・

そうすると、変なお話ですが、『オス山羊のアソコ』はそんなに大きいのか?
と考えるのは・・・俺だけか?俺だけですよね・・・

さて話を元にもどしまして、このフランケン・ワインは、

2010 テラ・コンシリウム ミューラー・トゥルガウ カヴィネット ハルプトロッケン フランケン

白い花の香りと優しい白桃のアロマに包まれた、極めてエレガントな味わいの代物、
濃厚な『トスカーナ IGT』のあとには、桃源郷のように染み入るワインでして、
ああ~ホッとするな~~と言う感じなんですね・・・

これから、日に日に暖かくなるのでしょうが、
春めいた日和には、もってこいのワインになるのでしょう・・・

ハルプトロッケンのカヴィネットですので、和食にでもマリアージュさせましょうか・・・

とにかくワインの裾野は広いという事です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2010 ロッソ・ディ・ノートリ トスカーナIGT トゥア・リタ

 | ワイン
チョット前から注目されつつある、トスカーナはスヴェレートの『トゥア・リタ』の造る、
一番気軽なクラスのワインであります。

ここの看板ワインの一つ『ジュスト・ディ・ノートリ』が初リリースされたのが、
1992年と聞きますので、このアジェンダも足かけ20年の歴史を歩んできたわけです。

その間2000年には、もう一方のフラッグシップであります『レディ・ガフィ』が、
PP100点を獲得して話題になりまして、その時はホレ、ワタクシタチもすぐさま飛びつき、
『このワインのドコが100点だべ?』などと言ったかどうか?はサダカではないのですが、
いずれ皆さんと飲んでみたりもしました!

それから、少し時間が経過いたしまして、ヒョンな事から当方のセラーにこのワインが紛れ込み、
今回テニスを見ながらの、家飲みの場面での登場、と相成ったわけであります!



先ほども触れましたが、このワインは『トゥア・リタ』の一番ベーシックなワイン、
そのセパージュはサンジョベーゼ50%、メルロ17%、カベルネ・ソーヴィニヨン17%、
それにシラー16%とのことなんですね・・・

で、そのワインを飲んでみました印象は?と言いますと・・・

メルロ100%の『レディ・ガフィ』やカベルネ系の『ジュスト・・・』などの、
ストイックな造りではなしに、香りと果実味重視の美味しけりゃいいじゃん!てな感じ・・・

ですが、ススッと飲めるも、シッカリとした充実のボディが厳然としてあるわけでして、
気軽に飲むといっても、それなりのパーフォーマンスを見せてくれるんですね・・・

ですから、ボルドー衛星地区あたりで美味しく、しかもコスパ優れたものを探すのなら、
この辺がいかがか?とも思うのであります!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さて、ワインを何本飲めば、気が済むのでしょうか?

 | ワイン
ごく最近の統計によりますと、日本人成人一人が一年間で飲むワインは約3.2本とのことで、
これは世界の国別で19番目にあたるということです。

ふ~~む!なるほどね・・・

国別トップのフランスは約70本で、イタリア、スイスがこれに続くそうなんですね・・・
(昔と比べリャ、随分減ったか?)

このトップの3カ国の一人当たりのワイン消費量は年々減少傾向にありまして、
日本だけは減ることはなく、横ばい状態とのことなんですね・・・

そして日本はアジアではNo.1のワイン市場を維持しているということです!

なるほどね・・・

じゃあ、年間○○○本必ず消費するマッサーウオ司教は、一体何人?

それから、盛岡の周りに蠢く魑魅魍魎のワインヒートは何人なのでしょうか?

宇宙人か・・・

ともかく、カラダには気をつけましょう!ってことです!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1987 シャローン・ヴァインヤード ピノ・ノワール USA

 | ワイン
コレで『第132回 オテル・・・』に登場したワインは最後になります。

このワインは、いわゆる『カリピノ』の元祖のような代物でして、
その地所は、セントラル・コーストのモンタレー郡とサンベニート郡にまたがる、
『シャローンAVA』とのことなんですね・・・

『シャローン・・・』という畑の名前が由来のAVAで、
しかもそれがワイナリーの名前になっているわけですから、
ある意味この道の大御所と言ってもイイのでしょう!



いつものクセで、大御所に反発する帰来のある『B型気質』のワタクシですが、
『外飲み』と『家で客を迎える飲み』では、同じワインに対してでも、その態度は一変するわけでして、
『家で客を迎える・・・』においては、例えば好みと違っても、
皆さんには気持ちよく飲んでもらうデリカシーを最大限に発揮するんですね♪

いや『シャローン・ヴァインヤード』が好みではない!ということではないですよ!
そこんとこ、ヨロシク!

さて『1987年』といえば、熟成期間24年になりまして、
昨日全豪オープンで『錦織 圭』を下した『アンディ・マレー』の生まれ年!
(関係ないか・・・)

まあ『カリピノ』ですから、これほどまでに熟成したものを御相伴に預かる機会は、滅多にございません!

まずはこの色合いを見てください、熟成24年にしてこの濃密さ、
そしていかにも美味しそうなガーネット色を呈しております↓



で、実際に飲んでみますと・・・

まずは良く練れた複雑な香気に驚かされます!

それは、僅かに感じる紅茶の香りに、シナモンや乾燥ハーブのアクセントがありまして、
熟成ブルゴーニュもビックリのスー・ボワ、すなわち森の下生えやキノコの風味が満載なんですね!
そして果実のアロマはブラックチェリーやセミドライなプラムとなるわけです。

フルーツは甘く、エキスがネットリと、そして充分な酸味が支えてくれまして、
ヒョットしたらコレってローヌ?と思わせる、重めのタンニンがあるのですが、
最後は後腐れなく、爽快なフィニッシュを迎えるんですね・・・

そして印象的なマンダリン・オレンジの戻り香にオヨヨ!

なるほど熟成カリピノもあるかもよ!と、この時はじめて思い出すわけなんですね・・・

このワインは『4種のチーズと生ハム、ひ烏賊、スモークサーモンのアミューズ』とあわせまして、



楽しく飲むことが出来ました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪は少なくとも、寒い冬はイヤじゃ!

 | ライフ
ここ一週間で風呂場のシャワーの水が2度ほど凍結いたしました。

まあ、慌てなくとも、昼頃には解けて出るパターンが多いのですが、
朝シャンならぬ朝風呂を励行しているワタクシとしては、
温度を下げて、お湯だけでシャワーを使うという、
一つ間違えば、火傷になり兼ねない危険極まりない方法を余儀なくされるので、
厭な気分になってしまうんですね・・・

あと何日、この寒さが続くのでしょうか?

さて昨日は、クルマで大通りをクルーズして見ました所、
『盛岡城跡公園』の石垣の周りをライトアップしておりました!



確かに、何も施さないよりは、綺麗と言えば綺麗でしょうが、
何となく迫力不足で、むしろ寒さを誘います・・・

でも、冬の恋人達にとっては、大事な冬の必需品になるのでしょう!

さて、夜は家に帰って、『ポトフー!ポトフー!ポトフー!』を連呼!
急に『ポトフ』を食べたくなりまして、急遽即決でつくって貰いました。

寒い夜は『ポトフ』に限る!



そしてあわせたワインは、ゾンビみたいにエティケットが無残にめくれてしまった、このワイン↓

2009 モレ・サン・ドニ クリストフ・ブリチェック



まあ、フツーこの料理には白でもイイのでしょうが、
コレも無性に赤ワインが飲みたい気分だったんですね・・・

こうゆうことって、間々あることでして、
つまりマリアージュよりも飲みたいワイン優先てやつ・・・

とにかく、ワインヒートは気ままと言う事です!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1985年 コルトン トロ・ボー

 | ワイン
今回の唯一のブルゴーニュ・ピノノワールは、ヴィンテージ『1985年』という『偉大な年』のもの!
しかも『コート・ド・ボーヌ』唯一のグラン・クリュ赤であります『コルトン』で、
造り手は1880年から続く『ショレイ・レ・ボーヌ』の『ドメーヌ・トロ・ボー』、
もちろんクラシックな造りを信条としているようです。

さて確かに『偉大な年』ではあるけれど、意外に早くから熟成感を漂わせていた『1985年』ですが、
このワインに限っては、今がちょうど熟成の高原部を駆け抜けているところのようです。

ブルゴーニュのグラン・クリュとしての品格と姿勢は崩さずに、
熟成による煌びやかな装飾を纏いつつ、グラスの中で目まぐるしいメタモルフォーゼを見せてくれる!

そんな『コルトン』ではありました!



まずはこの色合いを見てください↓



27年の歳月を経て、なおこの濃密なルビー色を保っているんですね!
もちろんエッジにはアンバーな縁取りがあって、灯りを当てますと外縁は正しくオレンジ色♪

涼しげな乾燥ハーヴに微かなミントを帯びながら、
ミネラルをしっかりと抽出したかのようなトップノーズ!

続いて僅かに鉄分を感じる大地の香気があって、程なく立ち上がるスー・ボワに心が高ぶります!
奥底に潜む熟成のアロマには、セミドライのプラムにレッドカラントのジャムを感じつつ、
正に香りにおいては、爛熟のエロスと厳格な抑制が表裏一体となっています。

しばらくして、一口味わってみますと、やはり肉厚な果実味と堅牢な骨組みとの両面を意識し、
わずかに酸度の低さと厳然さの中にも外向性を見つけられ、
なるほど、これぞ『コルトン』と、そっと胸を撫で下ろす・・・

丁か半か?の『85’コルトン』でしたのですが、実に美味しくいただけました!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2004 コート・ロティ ラ・ランドンヌ ギガル

 | ワイン
『韻を踏む』という言葉がありますが、『第132回 オテル・・・』での『ラ・ランドンヌ』は、
正しくそれのようなものでして、『第131回 ・・・』の『ムーリンヌ』の『韻を踏む』形で登場させました。

ヴィンテージは2002年⇒2004年、同じ造り手のコート・ロティですが、
クリマは『ムーリンヌ』⇒『ラ・ランドンヌ』という『韻の踏み』かた・・・

前回もそうだったのですが、このギガルの極上コート・ロティは、
たとえブラインドでの登場であっても、参加の皆さんの心を揺さぶる何かがあるようです。

拍手と歓声!までは起こらずとも、『このワインは凄い!』の搾り出すような誰かの一言を、
ワタクシは聞き逃さなかった!

『ムーリンヌ』も凄かったが、『ラ・ランドンヌ』も別な意味で凄かったんですね・・・




さて、別な意味とは何ぞや?となりますが、
同じギガルのコート・ロティでも、『ムーリンヌ』と『ラ・ランドンヌ』では、
その味わいは随分違う・・・

『ムーリンヌ』は極めてブルゴーニュ的であり、『ラ・ランドンヌ』は思いっ切りシラーなんですね!

それはどうしてか?と言いますと、皆さんご存知の通り、
『ムーリンヌ』には11%ほどのヴィオニエがセパージュされている、
一方『ラ・ランドンヌ』は100%シラーで出来ているという事なのでしょう・・・

まあ、そんな事どもも、この驚異のワインにとっては極めて狭小な事であって、
その本質は畑にあるというのは当然チン面前チン・・・?

すなわち、それだけの凝縮された実で出来ているということなんですね・・・

前にも触れましたが、『もし無人島にワインを一本だけ持って行ってもイイよ!』といわれた時、
お主は何を持っていくの?と聞かれれば、『ムーリンヌ』と言うかもよ!
と言ったのは、今でも前言撤回せずなのですが、そりゃ~無人島って当然南洋なのでしょうから、
そんな暑いところで『ロマコン』はないでしょう?という理屈で『ムーリンヌ』ってわけです!

違うか・・・?

さてこの通り、今の時点では『ムーリンヌ』の後じんを配する『ラ・ランドンヌ』ですが、
実はコレが熟成の高原部に達した時には話が違ってくるんですね・・・

熟成した堅固なシラーも、ダンダン良くなる正気に帰る!てな調子!

04’飲んで、果てしなく広がる将来の姿に思いを馳せたのは、
ワタクシだけではないでしょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2005 シェーファー レッド・ショルダー・ランチ シャルドネ カーネロス カリフォルニア

 | ワイン
『第132回 オテル・・・』での白2番手のワイン!

これが驚くほど黄金の色濃く、グラスに伝わるエキスが太くても、
参加者全員がブルゴーニュだと言ったのにはビックリでした。

確かに微かな樽のニュアンスの裏打ちと、ムルソーのような甘い黄桃のアロマがあって、
そこに充分なミネラルの抽出も見ることが出来る・・・

そして総体的な印象はブルゴーニュなんですね・・・

そこには『シェーファー』の造りに一つのヒントがあって、それはこうゆうことらしい。



すなわち『マロラクティック発酵』はしない、そして樽熟成はする。
しかも新樽は75%で、内訳はフレンチが85%でアメリカンが25%、
そして残りの25%はステンレスタンクでの熟成を行うというものなんですね・・・

もちろん発酵は自然の家付き酵母でユックリと行うというわけだ!

で、出来たワインが濃密極まりなくとも、酸度の下支えがいかにものブルゴーニュスタイル♪
まあ、食事の流れもそれを後押ししたのでしょうが、皆さんそう感じたのでしょう!

『毛蟹のしんじょう、蟹の身の白だしあんかけ』などの日本料理にも、
上手にあわせてくれました。



『シェーファー』においては唯一の白ですが、見事と言うしかありません!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加