The Wine Heat!

オテル・ド・ヤマダ ワインフォーラムの主催者であるDr.ヤマダのワインな日々の記録です。

昼歩く・・・

 | ライフ
木曜日の午後は休みを取り、久しぶりの木曜漫歩・・・
今朝の地方版ニュースで、中津川の鮭の溯上が話題となっておりました。

そこで山岸の自宅を出発し、自転車道路をひたすら街方面ヘ進み、
にほん蕎麦の『H本や』のところで左折し、山G橋に出ます。

そこから中津川を暫らく眺めましたが、いっこうに鮭を見つける事が出来ません!
そこはあきらめて河川敷へと降り、川の流れを眺めつつ4号線の直下をくぐります。
川どめ稲荷の裏に出て富士見橋方向へ・・・
それでも鮭は見つかりませんでした!

どういう事でしょう?

ま〜〜!鮭はまた次の機会に・・・

さて、上の橋を横切り東北電力の裏手から、懐かしい喫茶『ふかKさ』を通りすぎ、
目的地の『S水内K』で定期検診です!
約4キロ、35分の行程でありました!

酒を飲む分、おやつを控えよとの御指示を受け賜りました!

それはそれで、朝からガマンの食事を3時過ぎに、
ドクターの指示とは裏腹に『たかMや』で濃厚なラーメンを平らげます。

それから、気になっていた『Nさん』わいん屋さんに久しぶりの御邪魔虫!
F氏の紹介で、00’クロ・ド・ベーズ ダモワを調達し帰路につきました!

家に帰って、かみさんの買ってきたチーズパンをほうばりながら、
失ったカロリー数と得たカロリー数を計算します。
これって、無駄骨でしょうか?
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

夜歩く・・・

 | ワイン
冬になって、足元の悪い雪道を思い出しますと、
今のうちに歩かないと!と考えてしまいます!

昨晩も、山岸カテドラルから大通りまで、徒歩で35分歩きました。

何日か続けていますと、結構楽になり物足りなさもありますが・・・
これがだんだん癖になりそうです。

歩いて通うとビールも旨い!ってことで、
早速ヌッフ行脚・・・

なんとその日はイトウゾ神父はお御休みらしく、
魚の後はカジクンのチョイスでブラインドと相成りました。

カジクンうやうやしく差し出したワインは、
大ぶりのバルーンタイプのワイングラスに満たされた、麦わら色の白ワインです!
黄桃の甘いトップノーズにノーブルな白い花、
ミネラルも感じます!これは一瞬ニュートラルなアローマではないと判断!!
これが全くの裏目・・・
たっぷりの酸味に味わいはシャープですが、心地よい底味です。

なんだろう?

ひょっとしたらロワールの何か?ですか??

舌の根が乾かない内に、やさしいカジクン『シャルドネ・・・』との助け舟!
わたくし、あっそとブルゴーニュ・シャルドネまで確定!

ボーヌですか?ニュイですか?の問いに、
ボーヌだったら当たり前・・・そこまで聞くのならニュイでしょうと大山をかけ、
大正解!!

そこで思い付いたのが「01’オー・コート・ド・ニュイ キュベ・オージュ」
なんと、凄いの出したねカジクン!!

美味しく頂きました!大感謝!!

マッサーウオ司教は夜歩いていますから、
運転手の皆さんとにかく気をつけて!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋本番!

 | ライフ
先日、テスト期間を前にして、クラブ活動も一休み、
久しぶりに4番目の野球小僧がS台から帰ってきました。

その間の我が家の夕食は、生姜焼きやハンバーグが定番です!
大盛りの野菜とふかふかのハンバーグ・・・

わたくし、それに便乗して02’ジャン・ライヤールのACブルゴーニュを開けました。
苺風味の軽やかな酒躯と微かなタンニン!
トマトたっぷりのデミグラスと肉の旨味にピッタシ!!でした。

昨日気がついたのですが、
我が仕事場の近くの、N赤病Iの前のプラタナスが赤く色付き始めました。
朝夕の寒暖の差がそうさせたのでしょう!

外の冷気が気持ちよく、
もちろん車では、カーエアコンは止め、外気を取り込みます!

秋本番はもう間近・・・
ロダンでも見に行きましょうか?
わたくし、そんな芸術モードに入りつつあります!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ブルゴーニュの巨星落つ!

 | ワイン
ワインという一つの日常的な飲み物であり、
場合によっては、芸術品とも言える域まで達することが可能な代物の世界で、
巨星といえる造り手・・・

アンリ・ジャイエ氏が9月20日に亡くなりました。

この世の物とは思えない程の、美しく、複雑な芳香・・・
そして沈み込む事さえないのでは?と思わずにいられない、瑞々しい果実味・・・
色々なニュアンスを連想させる余韻・・・

わたくしたちは本当のアンリ・ジャイエをまだ知りません!
7月くだんのワイン会、86’クロ・パラントゥーを飲んだ人は気がついたでしょう・・・

すなわち、飲み頃を向かえたアンリ・ジャイエを飲んでいないという事です。
今・・・これまでの経験のもとに、
78’や80’のヴォーヌ・ロマネを飲んでみたかった!!

ワインの聖人、アンリ氏に合掌・・・
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

秋の連休・・・出かけましょうか?

 | ライフ
冷気が心地よい、でもまだ厚着は早い・・・
下は半そで、軽くジャケットなどを羽織っています。
そんな季節となりました!

最近CDではなく、懐かしいテープを引っ張り出し、カーオーディオで聞いています。
皆さん御存知ないとは思いますが・・・

『イン・カフーツ』というバンド!
これって白人のヨーロッパ・ジャズのバンドなんですね・・・
中心になっているプレーヤーはフィル・ミラーと言うギタリスト、
それからアルト・サックスのエルトン・ディーンでしょうか?

この二人は、知るひとぞ知る、
『ハットフィールド&ザ・ノース』で一世を風靡しました!
退廃的な、チョット世紀末のノリって言うところでしょうか?
なかなかですよ!!

さて、ロビンちゃんも庭先の石畳で日向ぼっこ!
最近食欲も出てきたところです。
イイですよね・・・いぬは平和で・・・

皆さん、頑張りましょう!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Zoo!第三水曜日に進出す!!

 | ワイン
早いもので、59回を数えるZOOの会であります。
今回から火曜日開催を水曜日に変え、心機一転・・・

当然、イトウゾ神父は気合入っておりました!

何と!大胆にも!『2004 ドメーヌ・ルロア特集』を開催してしまいました!!

皆さん、御存知かとは思いますが、
04’はドム・ルロアにとって、特別なヴィンテージなわけです。

何が特別か?と言えば・・・生産されたのは、
赤ではACブルゴーニュと4つの村名のワインのみ・・・

ニュイ・サンジョルジュ、ヴォーヌ・ロマネ、シャンボール・ミュジニー、
そしてジュブレイ・シャンベルタンの4つ!

つまり、リッシュブール、ロマネ・サンヴィヴァン、クロ・ド・ラ・ロッシュ、シャンベルタン、ミュジニーなどなど・・・
誰もが羨む珠玉のグラン・クリュ・クラッセの畑からは一本も生産されなかった、
という事であります!

何故でしょう?

何もかも旨く行かなかった?

ビオの神様の御告げがあった?

儲け過ぎて、一休みしたくなった?

いろいろ憶測がとんでおりますが、真偽はいかに?

飲んでみて、皆さんはどう思いましたでしょうか?
なるほどの部分と、何故にの部分が交叉しております・・・

美味しい!それだけは確か!!
しかしながら気になるのは、風味的にビオヘの傾注が一段と強まっている事でしょうか?

全体的なニュアンスといえば・・・
どこか、同じドメーヌの98’ヴォーヌ・ロマネ・ジュヌヴリエールを思い出します!

PS『第11回 ワインとキュイジーヌの夕べ』の写真アップできました!
トップページのバナーからどうぞ・・・

ではまた!!
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

カルトでしょうか?コングスガード!!

 | ワイン
皆さん、既にお気付きかと思いますが、
『オテル・ド・ヤマダ掲示板』が大量不正アクセスにより占拠されております。

世の中には暇な人もいる様で、特殊なソフトを使い、このような事をしたようです。
掲示板は気軽に御知らせの欄として使用しておりましたが、
これからはブログ一本で行こうと決めました!

皆さん、よろしくお願い致します。

さて、TちゃんMとわたくしのインスピレーションが合致したのか?
最後のブラインドでコングスガードのシラーを出しちゃいました。

自分としては、98’ジェラルド・シューラーのヴァンタンジュ・タルティヴの後の赤ワインって、それしか思い付かなかっただけなのですが・・・

TちゃんM氏が、実は・・・このワインどうしようか?考えていた所なんです・・・
なんて、言う物だから・・・
オテル・ド・ヤマダがまるで『占いの舘』になってしまったかの様でした。

くだんのコングスガードは、まるで赤のベーレナウスレーゼ!
濃密で、甘く、過熟のレッドフルーツのエキスを舐めているかの様です。

こりゃ、好き嫌いがはっきり出るでしょう!
飲むのであれば、最初か最後・・・

とにかく、いろいろなワインがあります!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蓮根、山芋、じゃが芋のコラボ!

 | キュイジーヌ
今回の週末レストランで一押しのキュイジーヌ!

まずは山芋を軽く焼き込み、紫キャベツを乗せ、ゴルゴンゾーラ・ソースを浸します。
その上にこれまた焼いたじゃが芋を乗せ、更に大胆にも蒸した毛蟹を穿ってトッピング!
ワインビネガー、塩胡椒、EVオリーヴオイルで味付けをした後、
揚げた蓮根を乗せ、イタリアンパセリで色付けをすると出来あがり!

蓮根、山芋、じゃが芋のミルフィーユ!

白ワインにも、赤ワインにも合いました。
味わい、マリアージュ、食感、皆さんにも大好評のキュイジーヌでありました。

もちろん、わたくしの作ではありません・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プティ・モンドのラインナップ

 | ワイン
さて、その日のラインナップを紹介しますと、
以下の通りとなります↓

1990 Champagne Brut Bernard Tornay

2001 Pur Sang Pouilly Fume Didier Dagueneau

1989 Chasagne Montrachet Marqui de Laguish-Blind-

1997 Chambolle Musigny Domaine Dujac

1972 Coteaux Champenoise Bouzy Rouge Bernard Tornay-Blind-

2003 Bonne Mares Drohin Larose

1997 Ch.L'Hermitage St-Emilion

1997 Cavernet Sauvignon Dario Princic DOC Collio-Blind-

1985 Ch.Cannon St-Emilion

1998 Alsace Riesling Vantange Tartive Gerald Schueller

2001 Congs Gaard Syrah Napa Valley Hadson River Vineyard-Blind-

1985 Champagne Brut R.Renaudin

自分でサーヴィスして、言うのも何ですが・・・
85’シャトー・カノンは素晴らしかった!!
料理(自家製トマトソースのビーフロール)とのマッチングも手伝って、
一段と輝いたのも確かでしょう・・・

この古典派の、嘗ては超有名サンテミリオン!
今は、影の薄さも否めませんが・・・どうしてどうして!

金気を感じる土の風味、たっぷりのミネラル、
バラエティーに富んだオリエンタルな香料、
そしてよく熟したプラムなどのレッドフルーツ!!

重厚な、滋味深い味わいでした・・・
皆さん、いかがでしたでしょう?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

週末レストラン大盛況

 | ワイン
どうも最近『オテル・ド・ヤマダ掲示板』のサーバーが不調ようです!
すみませんが暫らくは9.16週末レストランの報告はここで・・・

さて、前回のスペインからの風に続いて、今回も思いがけないゲストで大盛況!
さらに、そのゲストがとんでもない御土産持参であります。
その一部を紹介しますと・・・

1990 Champagne Brut Bernard Tornay

1972 Coteaux de Champenoise Bouzy Rouge Bernard Tornay

1985 Champagne Brut R.Renaudin

このワインの銘柄を見れば分かるはず・・・
そう・・・守護神TちゃんMが特別参加、
加えてベルナール・トルネイのインポーター、
N−ヴェル・コRクショNの寺D氏も合流です!

先に紹介済みの69’同様に、
90’も見事な練れ具合・・・素晴らしいバランス・・・
濃密で、ゴージャスな味わいでした。
このようなシャンパーニュを味わう瞬間に、幸せを感じてしまうのは、
わたくしだけでしょうか?
まずは、両名に大感謝!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加