The Wine Heat!

オテル・ド・ヤマダ ワインフォーラムの主催者であるDr.ヤマダのワインな日々の記録です。

2009 ニュイ・サン・ジョルジュ ラ・シャルモット ティボー・リジェ・ベレール

 | ワイン
最近気に入っているドメーヌです。
『ニュイ・サン・ジョルジュ』を開けました♪





休肝日の次の日も、もう少しで2日連続タッセイ目前で、
ちょっとイイ話を小耳に挟み、気がつけばこのワインに手がかかっていたんですね。

まあ休肝日云々も残念でしたが、それよりもやはりブルピノは旨い!
特にもこのドメーヌ、ベリーの香りと、複雑なニュアンスも気持ちよく、
果実は汁気の多い、ピュアな色気を持っている。

ブルピノはこうじゃなきゃ!
造り手はまだまだ若いと漏れ聞いてはいるけれど、
実にニュイ・サン・ジョルジュの優れたティピシテを投影し、
上のクラスに行くほど、だんだん良くなる正気に帰る♪

次は『レ・サン・ジョルジュ』に『クロ・ヴージョ』か・・・
まだまだ追い求めますぞ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カレーで、されむりワインじゃあ無くてもイイでしょ!

 | ワイン
との声が、どこからか聞こえてきそうですが、
その他に『キツネと薩摩揚げの煮物』『苺と寒締めホウレンソウとアヴォガドのサラダ』
などが出てきて、しかも昨日は日本酒で終わったし、
やはりここはワインを飲みたい♪となったわけ・・・



まあ、合うかどうかはともかくとして、『苺・・・』なぞもあることだし、
『13’ラロ・スプマンテ・アロマティコ 農楽蔵』を、清水系の心持で出したんですわ!



そしたら、これが意外に邪魔にならなかった!
むしろマアマアの相性を見せてくれました。

『13’ラロ・・・』は再飲ですが、味わいも以前より一段と落ち着きを見せ、
イイ塩梅にメタモルフォーゼ♪

残りは半年ほどの待ちを決め、セラーの下段でおねむの時間といたしましょう。
さてどうなるのか?

もちろん美味しくなるのでしょう♪
ニッポンの泡、美味しくなったけど、泡を食わずに追い求めるべし!

てことで、また・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2002 ポマール 1er Cru ソーシア ジャン・マルク・ボワイヨ

 | ワイン
漏れ聞く話では、この造り手は『エティエンヌ・ソゼ』の孫とのことですが、
『ピュリニー・モンラッシェ ルフェール』などの地所を持っている事を聞くにおよび、
なるほど白ワイン中心のドメーヌなわけだ!と思っていた。

もちろん、ここの白ワインは秀逸で、まさしく評判が良いのも確か!

で、ほぼ発作的に、ブルゴーニュを開けることになって、
このドメーヌを選んだわけですが、その昔ここのヴォルネイを飲んだことを思い出して、
問題は熟成期間だなー、と考えていた。

それはナゼかと言いますと、若すぎるここのワインに当たったときは、
まず料理とのマリアージュが必須となりまして、それだけで飲む羽目になれば、
酸味が勝って、蛸のような御口で飲まにゃあならんわけ(笑)

でこのワインは『2002年』で、ビッグなヴィンテージではあるけれど、
およそ12年目の熟成期間を要していて、飲める状態になっているだろうと、
期待に胸は膨らむばかり・・・



はたして、飲んでみますと、確かに酸味バランスではあるけれど、
それと調和する底味とエキスが拮抗する。

そこへもってきて、熟成したブルピノだけが持ちうる、妖艶で、優美なブケがすばらしい!

麝香、土の風味に鉄分を感じ、
そこへ東洋風の香辛料、セミドライのプラムにカラントも楽しめる。

この香りだけで、元を取った気分なんですね・・・

その日は『ポトフ』などに合わせましたが、実に美味しくいただきました!

ワインとしてはタイプではないけれど、今日のブケには驚かされて、
今一度挑戦してみようと思っておりまする。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

01’ポマール レ・ジャロリエールは値ごろです↓
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013 ソレイユ・クラシック ルージュ 旭洋酒

 | ワイン
『旭洋酒』さんの定番の赤ワインです。

これはマスカット・ベリーA100%かと思ったら、
メルロがセパージュされているとのこと。

確かにこのワイン、イイ酒躯をしていて、
噛んで飲めるほどのボディーが備わっているんですね。

そして香りがまたイイとくる!
マスカット・ベリーAのイチゴのニュアンスがあって、
あまやかなベリーのジャムと僅かなカカオの心地よさも垣間見れるんですね♪

遅番でバタバタと帰って、温かな『ワンタン』啜りながら、
『腿ハムとサラダ』と『トマトと胡椒のパン』を食べながら、
このワインをググッといったわけ!



こんな至福の時間があれば、外飲みの必要があるかしらんと思う(笑)
でもヤッパリ、ありますよね(汗)

このワイン、カラダに優しく、料理に優しく、
そして懐にも優しいと来る・・・

スグレモノデス(キッパリ!)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012 窓辺 橙 四恩醸造

 | ワイン
もう説明するまでも無いでしょう、引く手あまたの日本のヴァン・ナチュール!
コバポンこと小林剛士さんの造る甲州種です。



橙(だいだい)の名の通り、その色合いは極めて強い。
それは甲州種の果皮の色合いそのものだ!

今では、また来たな!とたじろぎもしないけれど、
初めて見たときの衝撃は、今でも忘れることはありません!

甲州種の実を、そのままもいで頬ばる、あの感覚なんですね。
果実感のリアリズムがググっと迫り来る、この美味しさよ!

しかしながら、この甲州も一つのスタイル!
イロイロ楽しめるのも、ニッポン甲州の裾野の広さ♪

コレはコレで、また追い求めてみましょうぞ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

12’ローズ 橙 ハーフのみは残っているようです↓
ローズ 橙 [2013] 375ml 【四恩醸造】

ローズ 橙 [2013] 375ml 【四恩醸造】
価格:840円(税込、送料別)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

1995 シャトー・ミュザール レッド レバノン

 | ワイン
『自家製パンチェッタ』を大きく切ってステーキにし、
『ビーンズ』などと『トマトと胡椒のパン』をほう張りながら、
表題のワインを開けました。

久しぶりです、懐かしくも、心引かれるワインなんですね・・・



独特の漢方やら、甘い蜜やら、チェリー・リキュールがあって、
ブラックカラントのアロマに、カカオやダークチョコのオマケつき♪

味わいはボルドーチックなタンニンと、ブルゴーニュを彷彿とする果実があって、
ココへあの香気があるんですから、このワインはナンだ?となるわけだ!

もしジブンだったら、やはりイタリアか、熟成ローヌと言うのでしょうか?

実は、セパージュはカベルネ・ソーヴィニヨン33%、サンソー33%、カリニャン33%なんだとさ・・・

確かに、思い描く品種特性も持ち合わせてはいるけれど、
飲んでみて思うのは、レバノンだけの特有のテロワなんですね・・・

一回飲んでも、今はイイけど、数年経ったらまた飲みたくなる魅力のワイン!
 
1995年といえば、まだまだ不安定な政情だったはずなのですが、
良くぞコレだけのワインを造ったものだと、感心しきり・・・

熟成がワインをイキイキされる不思議ワイン!
このポテンシャルが謎を呼ぶ・・・

また直ぐ飲みたくなるのでしょう(汗)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2013 ホイリガー ミュラー・トゥルガウ 高橋葡萄園

 | ワイン
おそらく岩手で2軒目のドメーヌの当主になるであろう高橋喜明さんのワインです。

今は未だ秋田の『このはな』さんでの委託醸造とのことですが、
実に新酒とは思えないほどの、実力十分の見事なワインを届けてくれました。



自宅農園のミュラー・トゥルガウ100%による、
上澄みを無濾過で仕込んだ新酒とのこと・・・

新しい年を迎え、ワインの色合いは仄かなピンクに色づいて、
ミネラルと、白い花の香りと、柑橘に梨の摩り下ろしのアロマを湛え、
穏やかな優しい酸味と、マッタリとした果実を楽しめます。

香りはミュラーのティピシテを踏襲し、
味わいは岩手の大地のテロワを集めたイイ滋味を持っている。

このワインを『ミスJ』さんでいただきました!

スルスルッと飲めて、ダンダン良くなる正気に帰る!
この時期の素敵な贈り物、貴方は飲みましたでしょうか?

もし未だなら、直ぐにでも探すべし!
マチガイナシ♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ココです↓
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2009 ロッソ・デル・ソプラーノ シチリア IGT パラリ

 | ワイン
満月の前の日の1月15日、その日は盛岡八幡宮の『どんと祭』があって、
しめ縄、お飾りなどを『どんと焼き』で燃やしてきました。

どれどれと引いた御神籤は『吉』と出て、あまりのフツーさに苦笑い!
一緒のK子さんは『大吉』で、ナゼか取替えましょうか?と、
わけわかんないこと言っている。

御神籤はともかくですが、『二黒土星』は意外にイイ年♪
まずは気負わないで行くつもり・・・



で、家に帰って、遅い食事となりましたが、
『ベーコンとインゲン豆とキャベツのトマト煮込み』『アヴォガド』に、
『胡桃パン』を食べながら、表題のワインを開けたんですね。





深みのあるクリムゾンの色合いに、僅かに熟成感を思わせるアンバーなエッジ!
ボルドーグラスかブルゴーニュ・グラスか迷ったけれど、香り重視でブルゴーニュを選択です。

思ったとおり見事なブケで、バラの花束、スパイス、甘いレッドフルーツなどなど。

味わいは凝縮感より果実味に重きを置いて、はじめは濃厚系ブルピノを連想させるのですが、
待っていると重厚なバローロをも彷彿とさせる、壮大な酒躯を魅せてくれるんですわ・・・

ソプラーノでこれだから、じゃあその上のファロはどうなんの?となるのも必定!

さてどのタイミングで、開けようか?
と嬉しい悩みで、打ち震えておりまする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2011 身土不ニ マスカット・ベリーA tsubo(ツボ) ヒトミワイナリー

 | ワイン
さてこのシリーズは、いつ頃からできたんだろうか?
ワタクシが知っている限りでは、この2011年からだと思うのだが。





tsuboだけに信楽の大きなツボで発酵させたとのことで、
発酵槽としての大きな違いは、僅かに空気穴からの酸素の供給がイイという事。

それだけに、間違いなく優しく、熟成感を醸す、
実にニュアンスに富んだ果実を楽しめるんですね・・・

葡萄の実は『身土不ニ』だけに、滋賀の地元産のマスカットベリーAであり、
味わってみますと、イイ酸味の下支えがあって、エキスも十分!

さすれば、一番近いのは『今荘野畑』なのか?とも思っているんですね!

なんとも、生産本数が500本ほどですから、売り切れ必死!
持っている人は、幸運と思ってイイのでしょう。

来年はもう少し買い込みます!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近馴染みのミュージックは・・・

 | ミュージック
クルマもしくは家で、こんなの聴いておりました。(笑)

















やはりジャズのメインストリームとプログレが多いようですね。
暇つぶしにアップいたしましたが、素通りしてくださいませ・・・

では!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加