♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して65年の
「世の光」を文字で 

■神が心に留める者  詩篇113篇 / 羽鳥頼和

2012年03月31日 | Weblog
2012/3/31放送
 
 世の光の時間です。いかがお過ごしですか? 羽鳥頼和です。

 ディーンという子が神様に手紙を書きました。「かみさま あなたは そら ぜんぶとおなじくらい大きくて せかいぜんたいと おなじくらいつよいの? すてきだなー。すごいよー。」 マーガレットという子はそんな神様にこんな手紙を書きました。「かみさま あなたはどこにでもいるとしっているのでわたしはあんしんです。それだけ。けいぐ マーガレット」

 神様の偉大さに心を向け、感動しながらその偉大な神様が自分のところにいてくださることで安心している子供たちの信仰は素晴らしいですねえ。 

 旧約聖書詩篇113篇にもこのようにあります。

 「主は高い御位に座し、身を低くして天と地をご覧になる。主は、弱い者をちりから起こし、貧しい人をあくたから引き上げ、彼らを、君主たちとともに、御民の君主たちとともに、王座に着かせられる。」 (詩篇113篇5~8節)

 神様は弱い者、貧しい者に目を留めて彼らを救われるのです。またこの詩篇にはこのようにも記されています。

 「主は子を産まない女を、子をもって喜ぶ母として家に住まわせる。」(詩篇113篇9節)

 聖書には実際に不妊の女性が神様によって子供を与えられることが記されています。イスラエル人の先祖であるアブラハムの妻サラ、そしてヤコブの妻ラケルたちがそうです。神様によってサラはイサクを産みました。ラケルはヨセフとベニヤミンを産みました。彼らはイスラエル民族の先祖としてそれぞれに重要な人物となります。その他にもサムソンの母マノア、預言者サムエルの母ハンナ、バプテスマのヨハネの母エリサベツ、彼女達は皆不妊の女性でしたが神様によって子供が与えられたのです。彼女の子供たちはイスラエルを外国の侵略から守る者、神に仕えるものとして活躍したのです。

 神様は今も弱い者、貧しい者そして人知れず悩み苦しんでいる人に目を留めて救いの手をさし伸べるお方です。神様はあなたにも心を留めておられます。あなたもこの神様の偉大さを知り、神様の救いを求めてください。そのために聖書を読み、キリスト教会にいらしてください。 神様はあなたを待っておられます。

 ( PBA制作「世の光」2012.3.31放送でのお話より )

***

このサイトは URL名として
 http://yonohikari.biblica.info 
が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。

***

東海福音放送協力会へのお問い合せは、
 464-0044 名古屋市千種区自由ケ丘2-10 自由ケ丘キリスト教会内 電話052-762-2196 へ

***


 

この記事をはてなブックマークに追加

■心の底からいのちの泉が  / 岩井基雄

2012年03月30日 | Weblog
2012/3/30放送

 世の光の時間です。お変わりありませんか? 岩井基雄です。

 明日で三月が終わりますね。忙しい最中にも昨年の三月からのこの2011年度を振り返り締めくくりの時を持つ方も少なくないでしょうね。この四月から新しい歩みが始まる方もいらっしゃるかもしれません。あなたはいかがですか?

 来週はキリスト教会では受難週と言います。これはイエス・キリストが十字架に向かわれる歩みを記念する週で、人生を静かに振り返り、自分の心や歩みを見つめる時です。あわただしく過ぎ去ることの多い人生の中で、しばらく立ちどまって深く考える静かな時間はとても大切ですよね。来週ぜひあなたもそのような一週間を過ごしてみませんか? そしてゆっくりと人生を振り返り、心を見つめるのです。

 旧約聖書の箴言というところには次のようなことばがあります。

 「力の限り、見張って、あなたの心を見守れ。いのちの泉はこれからわく。」  旧約聖書 箴言4章23節

 私たちは出来事の結果や成果を反省することは得意でも自分の心そのものを見つめたり見守ったりすることは不得手かもしれませんね。心は身体異常に疲れることも多いのに、その心をケアし守ったり労わったりすることはなかなかできないのです。さらに自分の心の闇を直視することはもっと難しいことかもしれません。しかし聖書は私たちの行動や言動の背後にある心を見つめ、それを見張り、守るようにと促します。私たちが他の人や自分自身を傷つけてしまう言動は、心の奥底にある様々な痛みや問題から来ることも多いのです。自分の心を見つめ、その闇を認めることは簡単なことではないかもしれません。しかし、あなたの心が命に輝くために、イエス・キリストはあなたの心の闇すなわち罪を全て引き受け、身代わりとなって十字架にかかられました。心の闇や罪を認め、キリストの愛と恵みを受け取るときに、あなたの心の奥底からいのちの泉が湧き出るのです。静かな時間を持ち、人生や自分の心を振り返り、心の奥底にキリストの愛と恵み、いのちと赦しをあなたも受け取りませんか? そこから新しい人生が始まるのです。

 もう一度お読みします。

 「力の限り、見張って、あなたの心を見守れ。いのちの泉はこれからわく。

 ではまた聴いてください。

   (PBA制作「世の光」2012.3.30放送でのお話しより)

******

 さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのはお勧め。
こっそり覗きたければ一人で。それとも友だちをけしかけてつるんでもいいし、日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。予約なしでもちょっとのぞかせてくださいと言えばいいでしょう。
PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。

******


 

この記事をはてなブックマークに追加

■神の祝福に信頼する / 福井 誠

2012年03月29日 | Weblog
2012/3/29放送
 
世の光の時間です。いかがお過ごしでしょうか、福井 誠です。今日のバイブル・メッセージは「神の祝福に信頼する」です。それではマタイの福音書14章19節から読んでみましょう。

 「イエスは、群衆に命じて草の上にすわらせ、五つのパンと二匹の魚を取り、天を見上げて、それらを祝福し、パンを裂いてそれを弟子たちに与えられたので、弟子たちは群衆に配った。

 イエスが起こした奇跡の中でも有名な五つのパンと二匹の魚のお話です。沢山の人がイエスの所に集まっていました。イエスの話に耳を傾けたり、病気を癒してもらったりしているうちに日が暮れてしまったのです。弟子たちは心配して人々を解散させてめいめいで食料を調達するようにとイエスに提案しています。するとイエスは「あなたがたであの人たちに何か食べるものをあげなさい。」と言います。集まった人々は男だけで五千人。果たしてどのようにそんな必要を満たすのか。
弟子たちが「ここは寂しい所で、村に行ってめいめいに食物を買うように。」と言っていることからも、近くには大量に物を仕入れることのできる市場もなかったことでしょう。不可能と思われる状況にあって、あえて難題をふっかけるイエス様に弟子達は本当に困ったことでしょう。しかしイエスはご自分がなさそうとすることを最初から理解していました。 イエス は弟子たちの手にある五つのパンと二匹の魚を取り、それを祝福して裂いて弟子たちに与えたのです。驚いたことにそれらのパンと魚は増えて五千人の胃袋を満たしてなお余りが出ることになりました。

 このお話をどう考えるか。まるでおとぎ話か何かのようですが、信仰を持つということはそういうことです。全く可能性がないと思われるような状況の中でも、神の祝福があれば物事が可能となっていくと言うことです。聖書はそのようなお話で満ちています。ただ漫然と聖書を読むだけではなく、信仰を持って神のことばを受け止めて、神の祝福に与って生きたいものですね。

  ( PBA制作「世の光」2012.3.29放送でのお話より )

******

 さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのはお勧め。こっそり覗きたければ一人で。それとも友だちをけしかけてつるんでもいいし。日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。予約なしでもちょっとのぞかせてくださいと言えばいいでしょう。PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。

******

このサイトは URL名として 
http://yonohikari.biblica.info 

が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。


この記事をはてなブックマークに追加

■バベルの塔  / 板倉邦雄

2012年03月28日 | Weblog
2012/3/28放送

 世の光の時間です。いかがお過ごしですか? 板倉邦雄です。今日は「バベルの塔」という題でお話ししましょう。

「バベル」とは「混乱」の意味です。何が混乱であったかと言いますと、ことばが混乱してしまって互いにことばが通じなくなってしまったということです。なぜ世界中に異なる言語と民族が存在するのかその疑問にも答えていますのが創世記の11章です。

 さて全地は同じ発音、同じことばであったと1節に書いてあります。時に人々は東方に移動しました。生活が落ち着きますと人々はむくむくと高慢の思いが湧き上がってきました。彼らは相談します。「さあ、町と塔を建てよう。その塔の頂きを天に届かせようではないか。そして私たちの町の名を天下に届かせよう。私達が一つになって全地の表に離散しないようにしたいのだ。」(創世記11章4節参照) 時に主なる神は下ってきて人々の建てている町と塔を見て言われました。「民は一つでみな同じことばである。人々がしようとしていることは何事もとどめることはできない。そこで人々のことばを乱し、互いにことばが通じないようにしよう。」(創世記11章6-7節参照)

 ある日突然でした。町や塔を建築中の人々のことばが通じなくなってしまったのです。「石を持ってこーい」というのにレンガを持ってきたり「アスファルトを持ってこーい」というのにしっくいを持ってきたりしました。ことばが通じないので工事はストップです。そのため、同じことばを話す者同士で手に手を取り合って新しい居住地を求めて散って行きました。

 さて、21世紀の現代、同じことばを使っているのに通じないということはないでしょうか。親と子供の間はどうでしょう。恋人同士や夫婦の間はどうでしょうか。同じことばを使いながら互いのことを理解できない、あるいは理解しようとしない、自分たちの間に機械を介入させて相手の顔色やことばの高低や音色も聞こえないのです。ただ画面に映る一方的な文字を読むだけでしょうか。

 現代のバベル・混乱はすでに始まっています。どうか親と子、恋人どうし、兄弟姉妹、そして夫婦が散り散りばらばらに散らされないように主なる神様にお祈りしていきましょう。

 ( PBA制作「世の光」2012.3.28放送でのお話より )

******

 さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書
通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくは
PBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのはお勧め。こっ
そり覗きたければ一人で。それとも友だちをけしかけてつるんでもいいし。日曜日は大
抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。予約なし
でもちょっとのぞかせてくださいと言えばいいでしょう。PBAに聞くと近くの教会を紹
介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。

******

このサイトは URL名として 
http://yonohikari.biblica.info 

が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。


この記事をはてなブックマークに追加

■和解の秘訣  / 山中直義

2012年03月27日 | Weblog
2012/3/27放送

世の光の時間です。いかがおすごしでしょうか、山中直義です。今日は「和解の秘訣」と題してお話をさせていただきます。

 旧約聖書 創世記33章にヤコブとその兄エサウの奇跡的な和解が描かれています。このヤコブとエサウの兄弟の関係は幼い時から決してよいものではありませんでした。互いに全く異なる性格、望み、生き方を持った二人の関係は、ある時ヤコブの卑怯な偽りによって決定的に引き裂かれ修復不可能なものとなってしまいました。ヤコブは謝罪のないままに逃げ出し、次に会う時ヤコブはエサウに殺されざるをえない、そんな絶望的な関係であったと言います。ところがその二人が互いに抱き合い泣いて赦し合う完全な和解を果たした、と聖書は言います。

 ところで、その和解の秘訣はどこにあったのでしょうか。その秘訣はヤコブが徹底的に自分の罪を認め、心の底から罪を詫びたところにあったと聖書は教えています。自分も悪いけれど相手だってある程度は悪い。そんな相対的な罪の認め方ではなく、とにかくまっすぐに自分の罪を認め心から謝罪した。その事がエサウの憎しみを溶かし奇跡的な和解を実現させたのだと聖書は言います。

 ではヤコブは一体どのようにしてそのような思いに至ることができたのでしょうか。このヤコブ、実はエサウと再会する直前に神様と徹底的に向き合うという体験をさせられていました。神様の前に自分がどれほど愚かで惨めで罪深いかということを徹底的に知らされた。そしてそんな自分を神様がどれほど愛し、救おうと願っていてくださるか、神様の愛の深さを徹底的に知らされた。その結果ヤコブは自分の罪をまっすぐに認めることができるようになった、と聖書は教えています。

 和解の秘訣、それは人との比較によってではなく神様の前に立って自分の罪をまっすぐに認めるところにあるのではないでしょうか。

 そしてこのことは私たち人間と神様との関係についても言えることだと言えます。神の御子イエス・キリストと徹底的に向き合うその時、あなたも自分の罪を知り神様の愛を知らされるという体験をすることができます。そしてその時にこそ神様との完全な関係を喜び楽しむという生活があなたにも始まるのです。

    (PBA制作「世の光」2012.3.27放送でのお話しより )

******

さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのもいいんじゃないかなあ。日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。

***

 

この記事をはてなブックマークに追加

■回復を与える神様  / 関根弘興

2012年03月26日 | Weblog
2012/3/26放送

 世の光の時間です。お元気でお過ごしでしょうか、関根弘興です。

 最初に新約聖書第一ペテロの5章10節のことばを紹介しましょう。

 「あらゆる恵みに満ちた神、すなわち、あなたがたをキリストにあってその永遠の栄光の中に招き入れてくださった神ご自身が、あなたがたをしばらくの苦しみのあとで完全にし、堅く立たせ、強くし、不動の者としてくださいます。

 聖書の神様は私たちの人生に無関心で冷酷な神様ではありません。この方はあらゆる恵みに満ちた神様だと聖書は教えています。それは私たちがたとえ苦しみにあったとしても完全にし、堅く立たせ、強くし、不動のものとしてくださると約束されているんですねえ。

 苦難はあなたを完全にすると聖書には書かれています。この「完全」ということばは、もともとは「回復」ということばです。普通は骨折した時その骨折を直すのに用いられたことばだそうです。神様は私たちを苦難の中から少し時間がかかることもありますれけども回復させる癒すことのできるお方だと約束しているんです。聖書の人物をよく見てください。みんな落胆の経験を持っています。失敗もあります。挫折もあります。試練もあります。しかし神様はそうした出来事を通して、そうした人達をだめにしてしまうのではなく回復させていくのだと教えているんです。詩篇の作成はこう記しています。

 「苦しみに会ったことは、私にとってしあわせでした。」(詩篇 119篇71節)

 なかなか苦しみの中にあるときはこのように言う事はできません。でもお互いが自分の人生を振り返ったとき、確かにあの苦しみがあったからこそ私の人生は回復されていったのだ。今の人生があるのだ。大きな人生の転機となったのだ、と言わしめるそんな生涯でありたいと思いますよね。

 もう大分前ですけどある方の所にお見舞いに行きました。その方がこう言われたのです。「もし私の病気が軽いものなら神様を求めることなどしなかったでしょう。すぐに良くなって遊び回っていますよ。でもあまり病気が重すぎたら苦しみのあまり神様のことなど恨むことはあっても求めることはなかったでしょう。神様はちょうどよくしてくださったんです。最近、神様は私を愛しているんだなということをこの病床の中ですけれどよく感じるんですよ。」 このようにおっしゃっていました。この方はその後洗礼を受けられ、ひと月後に天に帰られました。苦難がありましたが、しかしそれを乗り越える安らぎを得ていったのです。

 苦しみを乗り越えさせてくださる天地を創造された神様を信頼し、どうぞあなたも歩んでいきましょう。

  (PBA制作「世の光」2012.3.26放送でのお話しより)

***

 さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのはお勧め。こっそり覗きたければ一人で。それとも友だちをけしかけてつるんでもいいし。日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。予約なしでもちょっとのぞかせてくださいと言えばいいでしょう。PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。

***

このサイトは URL名として 
http://yonohikari.biblica.info 

が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。


この記事をはてなブックマークに追加

■ねたむほどの愛  / 羽鳥頼和

2012年03月24日 | Weblog
2012/3/24放送
 
 世の光の時間です。いかがお過ごしですか? 羽鳥頼和です。 

 先週に引き続き、今日も聖書に記されているイスラエルの復興についてお話しします。 それは今からおよそ2500年前の出来事です。

 バビロンによって国を滅ぼされ、バビロンに捕らえ移されたイスラエルの民がバビロンに代わって支配者となったペルシャによって母国に帰ることが許されました。こうして彼らはイスラエルに戻ることになります。

 そして彼らはペルシャ王の許可のもと、エルサレムの神殿再建の工事を開始します。 ところがエルサレムの周辺の人々の妨害によって工事は中止となってしまいます。

 時が経つにつれ人々は自分たちの生活にばかり心を向けるようになりました。自分の財産を蓄え自分の家を建てることに熱心になっていました。彼らの心は神様から離れてしまいました。旧約聖書のゼカリヤ書の8章にはそのようなイスラエルに神様が積極的に語りかけているメッセージが書かれています。

 「主はこう仰せられる。『わたしは、シオンをねたむほど激しく愛し、ひどい憤りでこれをねたむ。』」(ゼカリヤ書8章2節)

、と。 神様は妬むほどの激しい愛によってイスラエルを怒(おこ)ります。そして悔い改めて自分の所に戻ってくるように語りかけます。そしてこのように語られます。

 「わたしはシオンに帰り、エルサレムの只中に住もう。エルサレムは真実の町と呼ばれよう。

、と。 イスラエルを愛する神様は、エルサレムの町を復興し良い街にすると約束されるのです。その町の様子を神様はこう語られます。

 「エルサレムの広場には、老いた男、老いた女がすわり、年寄りになって、みな手に杖を持とう。」(ゼカリヤ書8章4節)

、と。そして人々がしなければならないことを教えています。

 「互いに真実を語り、あなたがたの町囲みのうちで、真実と平和のさばきを行なえ。」(ゼカリヤ書8章16節)

、と。妬むほど激しくイスラエルを愛された神様は本当の復興をイスラエルに与えるお方です。

 本当の復興とは生活の復興と共に人々の心の復興です。私たちにも本当の復興が必要ではないでしょうか。神様は私たちをも愛し私たちが良い心をもって幸せに生きることができるように本当の復興を与えてくださるのです。ぜひキリスト教会にいらしてください。神様はあなたを愛しておられます。

 ( PBA制作「世の光」2012.3.24放送でのお話より )

***

このサイトは URL名として
 http://yonohikari.biblica.info 
が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。

***

東海福音放送協力会へのお問い合せは、
 464-0044 名古屋市千種区自由ケ丘2-10 自由ケ丘キリスト教会内 電話052-762-2196 へ

***


 

この記事をはてなブックマークに追加

■あなたを待っておられる神  / 岩井基雄

2012年03月23日 | Weblog
 2012/3/23放送

 世の光の時間です。お元気ですか? 岩井基雄です。

 三日前に春分の日を迎え、いやー本格的な春ですね。四季の変化の鮮やかな日本の春はとっても美しい季節です。地域によって本格的な訪れの時期は様々ですが、多くの方が大好きな季節がこの春ではないでしょうか。あなたはいかがですか?

 しかし時には人生において冬の時を経験し、どこにも希望や春の兆しを見い出せず、絶望的な状況の中、涙しておられる方もいらっしゃるでしょう。

 しかし、冬の後には必ず春が来るように、神様は私たちに困難を通して豊かな恵みと祝福を与えようと待っていてくださる、と聖書は語っています。

 「それゆえ、主はあなたがたに恵もうと待っておられ、あなたがたをあわれもうと立ち上がられる。主は正義の神であるからだ。幸いなことよ。主を待ち望むすべての者は。」 旧約聖書イザヤ書30章18節

 天地万物を創造された神様があなたを恵み祝福しようと待っておられ、あなたをあれもうと立ち上げられる、というのです。そして聖書が語る神様は正義の方である故に、人には隠されていることもすべて御存知で、神様の時に神様の方法で、愛のわざをなさることができるお方だと聖書は語っています。

 今自分の力の及ばない問題や悲しみの中で立ちすくんでいらっしゃる方また希望を見い出せずに、嘆きの中にいらっしゃる方、神様はあなたを守っておられ、恵み祝福するために待っておられるのです。

 実際に多くの方々が痛みの中から神様のもとに行き、祝福と平安を与えられ、人生が豊かに変えられました。神様はすでにあなたを愛しておられもあなたのために立ち上がって救いの道、命の道をイエス・キリストを通して開き、備えてくださっています。ですからあなたはどんな苦しみの中からもこの神様のもとに行き、真の平安と祝福を受け取ることができるのです。

 永遠の愛であるあなたを愛し、あなたのために素晴らしい平安の計画をもっておられる神様のもとにこの神様の愛を、あなたの心の奥底にまで届けくださる教会にあなたもいらしゃいませんか? 愛なる神様があなたを恵もうとあなたを豊かに祝福しようと待っておられるのです。

 それではまた聴いてください。

   (PBA制作「世の光」2012.3.23放送でのお話しより)

******

 さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのはお勧め。
こっそり覗きたければ一人で。それとも友だちをけしかけてつるんでもいいし、日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。予約なしでもちょっとのぞかせてくださいと言えばいいでしょう。
PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。

******


 

この記事をはてなブックマークに追加

■イエスにつまずかない   / 福井 誠

2012年03月22日 | Weblog
2012/3/22放送
 
 世の光の時間です。いかがお過ごしでしょうか? 福井 誠です。今日のバイブル・メッセージは「イエスにつまずかない」です。それではマタイの福音書13章54節から読んでみましょう。

 イエスは・・・、ご自分の郷里に行って、会堂で人々を教え始められた。すると、彼らは驚いて言った。「この人は、こんな知恵と不思議な力をどこで得たのでしょう。


 先週までイエスのたとえばなしをいくつか取り上げてきましたが、イエスはそれら一連のたとえばなしによる説教を終えると、ご自分の郷里へと戻られました。郷里はナザレと呼ばれる町、小さな田舎町であったようです。ですから町の人々はイエスのことをよく知っていたのでしょう。実際に町の人々はイエスが大工のせがれで母親も兄弟もいることをよく知っていました。しかしそんなイエスが驚くような知恵と不思議な力を持っている。一体それはなぜなのかと彼らはいぶかしげに思うわけです。

 彼らはイエスによって知恵深く神が説き明かされまた神が確かにおられることの証として沢山の奇蹟が目の当たりにされながらも誰も信じようとしなかったのです。

 けれども私たちも同じようなものかもしれませんね。イエスが私たちの町で生まれ同じ学校へ通い、同じ祭りに参加し、一緒に遊んで育ったとしたら、イエスが神であると言われても即座に気持ち的に受け入れることはできないかもしれません。

 けれども問題は、確かなる知恵・確かなる神のわざを見せられても受け入れることのできない私たちの心の頑なさにあります。今日、神様がいるなら証拠を見せて欲しいという人は多いですが、証拠を見せても信じない人は決して信じないことでしょう。

 考えてみれば私達は神を信じるだけではなく、人を信じることもできていない所があります。信じる力に乏しいのですね。しかし聖書は明らかに信ずべきものがあることを語っています。聖書を読み、神の恵みを素直に受けるものでありたいものですね。

  ( PBA制作「世の光」2012.3.22放送でのお話より )

******

 さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのはお勧め。こっそり覗きたければ一人で。それとも友だちをけしかけてつるんでもいいし。日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。予約なしでもちょっとのぞかせてくださいと言えばいいでしょう。PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。

******

このサイトは URL名として 
http://yonohikari.biblica.info 

が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。


この記事をはてなブックマークに追加

■謙譲の心  / 板倉邦雄

2012年03月21日 | Weblog
2012/3/21放送

 世の光の時間です。いかがお過ごしですか? 板倉邦雄です。今日は「謙譲の心」という題でお話ししましょう。わたしの実家の居間に掲げてあった額のことばを今でも覚えています。ありがとうという感謝の心、ごめんなさいという反省の心、そしておかげさまでという謙譲の心です。
 謙譲とはへりくだって他に譲ることですね。旧約聖書の創世記10章の続きです。

 さてハムの孫ニムロデでという人物が登場してきます。ニムロデは地上で最初の権力者となります。最もすぐれた指導者でした。創世記の10章9節にはこう書かれています。

 彼ニムロデは主・神のおかげで力ある猟師・ハンターになったので神のおかげで力ある猟師・ニムロデのようだと言われるようになった。

 当時人々は野獣の脅威に常にさらされていました。ハンター・ニムロデは人々の保護者であったことを物語っていますね。古代バビロニアの印章には王様がライオンと戦って勝利する所が描かれています。バビロニアは長い間、ニムロデの地と知られていました。ニムロデが狩人であり、保護者であり、権力者であったことからきているのでしょう。

 ま、それにしても大事なことは何でしょうか。ニムロデがハンターでありましても、人々の保護者あるいは権力者の王様でありましても、自分の力や能力ではなくて神様のおかげで力ある猟師になり保護者になり指導者になったということです。

 私たちはよく考えてますと、自分一人では生きてゆけません。食べ物、着るもの、通勤通学、どれ一つとっても多くの人々のおかげで生活してきました。両親、兄弟姉妹、夫や妻、子供、友人、学校の先生、医師、店員、駅員、あげたらきりがありませんね。ありがとうの感謝の心、ごめんなさいの反省の心、そしておかげさまでという謙譲の心です。そして私たちが生きて生活するために様々な人々を私たちのそばに置いてくださった天の父なる神様に謙譲の心をつなぎたいですね。神様のおかげであのことこのこともできましたと言える人にさせていただきましょう。ある人が聖オーガスティヌスという方に質問しました。人にとって最上の特は何ですか? それは謙遜です。 では2番目は何ですか? それも謙遜です。 では3番目は? それも謙遜です。

 ( PBA制作「世の光」2012.3.21放送でのお話より )

******

 さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書
通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくは
PBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのはお勧め。こっ
そり覗きたければ一人で。それとも友だちをけしかけてつるんでもいいし。日曜日は大
抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。予約なし
でもちょっとのぞかせてくださいと言えばいいでしょう。PBAに聞くと近くの教会を紹
介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。

******

このサイトは URL名として 
http://yonohikari.biblica.info 

が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。


この記事をはてなブックマークに追加