ピアニスラー

ゴールド・フィンガー、ハイパー・ピアニスト矢沢朋子のブログ

その後

2014年06月24日 | ペット

                                            昼寝ちうのオスカルとパリス。カワユス


パリスの副鼻腔炎はだいぶよくなりました。かなりしつこくて、先々週まではまだ咳をすると痰が出たり、夜になると鼻が詰まるようでゼロゼロとした息をしたりしてましたが、昨日、今日は1、2回ほど。全快も近いかな?


パリスがゼロゼロと苦しんでいると:「病気なんだ・・・」とオスカルとアガタが気の毒そうに見守っていました。なまじ健康体で来るより同情を買ってよかったのかもしれない。

苦しくても遊びたい盛りなので、「遊ぼー!」と言うからジャラしてると、短毛種で身体能力は高いので、大ジャンプ!とか披露はするものの、すぐゼロゼロと苦しくなってしまって続かなかったんですよ。「わースゴ~い・・ 」と長毛のおっとり2人組はビックリして見てましたけどね(笑)


オスカルは去勢手術をしたのが(おそらく)5歳過ぎてからなので、人間でいうと40歳前後?オスとして成熟した体格と父性もあるので、パリスを息子のように可愛がりたい模様。

 

対するアガタは:人間の歳では20歳過ぎあたりの1歳過ぎて避妊手術をしたので、体格も明らかにメスという感じで、性格も:「オンナ」そのもの

ゆえに気難しかったりする

 

パリスは生後1年未満で去勢されたため、骨格も完成していなかったし、オスという自覚も芽生える前だったようなので、去勢後1週間で:「ん?こんな性格だった」という子猫ちゃんのような「永遠の子猫」のように子どもっぽくなったのでした。歩き方もメスっぽいし、体格もどっちつかず。

 

「遊んでーっ」とオスカルに突進しては、オスカルも健気に応じていたんですが、運動が過ぎたようで後ろ足股関節が痛むようで足を引きずってます。

アガタは子守りは大嫌いなので、当然、パンチの返り討ちで終わり

それでも:「うるさいガキだけどハンサムだわ」とは思ってる風で、エルの時のようにオスカルには当たり散らしないし、見てないフリをしつつ見とれてるような気配であります(笑)

 

猫は群れを作らない単独行動の動物と言われますが、犬のようにチームワークで狩りをしないだけで、仲間が増えるのは嬉しいんですよ。エルの時とは違って気兼ね無用のオスカルが、パリスとアガタの間を行ったり来たりして仲良くやっていこうと奮闘してます。パリスと昼寝をしたら、夜はアガタと一緒に寝る。というようにね。カワイイなあ

 

オスカルがアガタと一緒の時は、パリスはノエルのハウスに居たり、やはりノエルにちょっかいを出しては:「ワン」と怒られてます。

 

ノエルは1度:「あいつ、ムリ」と私に文句を言いに来たんですが、「パリスはまだ咳も出てるというのに、そんな病気の猫を追い出せっていうのアンタってそんな冷たい犬だったの

と私に言われて以来ナニも言わず耐えるようになったのでした。エラい そのうち慣れるって

 

天衣無縫に跳ね回っているパリスではありますが、パリスはパリスで頑張ってます。

オスカルがマスターできなかった節約型トイレも2回ほどハミ出しましたが、研究したようでバッチリだし。「お手」もできるようになったしね!

 

アガタは:「お手」「(お手の)お代わり」「両手」が出来るんですよ。オスカルは気だてはいんだけど、今ひとつ要領が悪いというか容量が足りないというか・・

でも超絶ハンサムだから許す

オスカルがパリスと一緒の時は、アガタはノエルの近く

ノエルも木曜日に10歳にして去勢手術を受けました。それでおむつをしてるところ。

 

7歳過ぎたら去勢したほうがいい、ホルモン系の病気になるから。という意見をスルーしてホリスティックで来ましたが、肛門腺が破裂したり、なかなか大変。ホメオパシーで治療しても、止めるとまたダメ。ネットで調べたら、去勢をすると、今度は前立腺癌になる確立が高くなるとも書いてありましたが、去勢していないオス老犬がことごとく肛門周辺の病気で苦しんでいるのを見て、ついに決心。

「大丈夫?」とみんな集まってきました

あまり若いうちに去勢や避妊手術をすると、老犬や老猫になってからボケやすくなるというのを聞きました

 

ということで全員のフードにもココナッツオイルをかけることに

 

パリスはこのままヤザワんちのコにしてもいいつもりではありますが、アガタがすっかり走り回ったりしなくなってしまってストレスが溜まってる感じで。ほら、走って刺激するとパリスに追いかけ回されるから。オスカルのように手加減具合が分からないので、そーっとしてるんですよ。

 

オスカルは:「かわいーなーオマエ オレ、息子が欲しかったんだよ~」という感じでチューしたり、毛繕いをしてあげたいんですが、どうもパリスは親と早くに別れたんだか、毛繕いをしてもらったことがないようで、拒絶するんですよ。

それでも「ま、いずれ舐めてやる」と思ってるようで、隙を伺ってる様子。きっとアガタに毛繕いしたのよりは早くに出来ることでしょう。

 

このままウチのコになるかは全快した時、アガタがどう出るかにかかってます。やはり先住猫の意見は尊重しないとね、

 

今日のお花もトルコ桔梗。シーズンのようで色んな色があって2色組み合わせてみました

 

 

Comment

海で何が起きているのか

2014年06月14日 | 世の中のこと

In Deep:海で何が起きているのか : 5月から始まった全世界での数百万匹規模の海洋生物の大量死の理由は誰にも説明できない  2014.6.2より転載

 

ダレにも説明できない。と仰りつつ、やはり気になるようで色々と調べていらっしゃる模様


「地球の海が急速に酸性化している」という論文を6度目の大量絶滅の中にいるかもしれない今の時代に読む

In Deep 2014.6.3より

 

前のブログでオススメした「ムーンマトリックス~ゲームプラン篇1」デーヴィッド・アイク著

に書いてありましたので1部抜粋、転載します。何年も前に懇切丁寧に説明されていました

 

米海軍が海の生物を組織的に破壊している理由の1部も、食料の独占・支配の計略にある。大西洋、太平洋、メキシコ湾における「軍事訓練領域複合施設拡張」は、海の哺乳類など数多くの海洋生物を殺すために毎年拡大されている。全米海洋漁業サービス(NMFS)が、これを承認してきた。(中略)NMFSの承認は、世界中の海の哺乳類に壊滅的なインパクトを与えることになるだろう。2010年2月に予定されている最新の許可では、太平洋で1170万頭以上の哺乳類を『捕獲』することを海軍に認めることになり、海で生存している健常な生物にとって棺桶に最後の釘を打たれることになるだろう」

米国の大西洋海域、太平洋、メキシコ湾の12を超える訓練場におけるソーナー(音波)演習の許可件数は増加の一途を辿っており、海の哺乳類などは壊滅の危機に瀕している。これに加えて、爆弾の炸裂、あらゆる種類の軍事試験や演習、毒性の化学物質(空中散布または水中使用)を考えると、生き残ることのできる海の生物の数は極めて限定的である

 

「ムーンマトリックス~ゲームプラン篇1」デーヴィッド・アイク著   P184~185より抜粋

 

2010年に出版された本です。ということは:その何年も前から講演では話してたんでしょうね。そして:「ま~た始まった。陰謀論どころか被害妄想狂だね・・」と笑われていたことでしょう。

 

米軍の音波演習がイルカの大量死に繋がっていることは、米軍もすでに認めています。これもひとえに「世界平和のための演習」だそうだ。

イルカやクジラの大量座礁や大量死。米海軍がその関与を認める。訓練や実験による海中の爆音によるもの。

 

こうなると先日の久米島沖の爆弾も、中国を牽制するというより、やはり海洋生物の殺戮が本来の目的なのでしょう。食料さえ押さえてしまえば人間も餓死してしまうので、それから海底資源はゆっくりせしめればいいという算段なのかな

 

あーもう絶対に辺野古移設はダメですね こちらも名護漁業組合がOKしたそうだけど、絶対に脅されてるんですよ県民、国民で反対しないと

と・ちょっとだけ「立ち上がり」つつあるのでした。

こういう世界規模のニュースになるほど深刻な事態で、まだ間に合うのか

 

というようなことが盛り沢山 の本 ・・というか世の中なのだそうなので、みんなで気をつけて生きていきましょう。

 

英国人のデーヴィッド・アイクですが、悪の中心地はロンドンのシティとバチカンとニューヨークだと言い切っております。しかしそれは鬼畜米英人ということではなく、「爬虫類人(宇宙人)」なんだそうです。

 

この「爬虫類人(レプティリアン)」のトップが英王室で、エリザベス女王らしい。爬虫類に変身して人間を食料にしてるそうな。という事は・くわしーく:「大いなる秘密」とか「竜であり蛇である我らが神々」に書かれています。

 

初めて読んだ時は・・

「このヒト(アイク)、よく名誉毀損とかで訴えられたりしないな・・」と感心するというか何と言うか・・SFにしてもフィクションにしても実名だし・・はぁという感じでしたが、歴史考察や科学的知識、文化面での教養も含め、整合性がありすぎて信じざるを得ないけど、あまりにぶっ飛び過ぎてて私の理解の範疇を超えたため、知恵熱が出ました

 

「聖なるトカゲの誕生」=エル・リザード・バース=エリザベス

 

や、女王の親戚のブッシュ家は人間の遺伝子ではないそうなので、絶対に病院には行かないんだって。ホメオパシー療法してるらしいよ  

それでやっぱり・ホメオパシーは動物にもよく効くわけかとミョ~に納得したのでした

「あんなのはプラシーボ効果だ」と言われることも多いホメオパシーですが、それなら動物は人間の話す事が全て理解できることになりますが?それもかなり高度な話まで。ホント?(笑)

 

そしてこの件も、何日か前のヤフー!ニュースで、アイルランドの800人の子どもの遺体がカトリック教会から出てきたとかニュースになっているのを見て、ようやく「やっぱりホントなのかな・・」と思うに至り、

 

リンクを貼ってみたり

 

続・子供遺骨発見:3ヶ国のカトリック教会集団墓地に30万人以上/バチカン、英王室らは調査拒否

 

以前、この前の記事を読んだんですが、「へ~・・」で、ひょっとして・キ印さん?でスルーしたんでしょうね。

 

こうなると微力ながらもお手伝いしなくては

ということで、

ただ今・大キャンペーンちうの「野生動物を救おう!WWF募金」には、絶対に募金してはなりません。理由は:

 

「WWFが創設された真の理由は、動物保護などとはまったく違うところにある。WWFは、アフリカその他の野生動物公園を支配して、そこへテロリスト集団や傭兵を厚め、訓練し、国境を越えて、ルワンダやブルンジといったところへ虐殺を持ち込むための道具なのだ。WWFは、ヒトと動物の組織的殺戮を進め、これに資金提供をしている。さらには、停止させようとしているはずの、非合法の象牙貿易までやって大儲けしている。その活動の大半は募金で賄われているが、それを支払っているのは、自分たちは野生動物を守っていると考えている大衆であり、町や都会でその募金を集めている人たちも、同じことを信じている」

 

「猟鳥獣保護地域や国立公園は、サハラ以南のアフリカではすでに土地の8%以上を占めており、タンザニアでは40%にのぼっている。こういった土地には地下に膨大な鉱物資源が埋蔵されている所があり、ウラニウムが手つかずで埋蔵されていたりもする。また、そんな土地の「公園」はたいていが国境をまたいだ戦略的地域にあって、公園管理者がこれはと思った者は、誰でも立ち入りを禁じることができる」

 

「公式の数字では、1984年7月から1991年9月のあいだに「密猟者」145人、そのほとんどがヘリコプターから撃たれている。(略)だが、この数字を見るとわかるが殺された者のうち、圧倒的多数は武器を持っていなかったのだ。なぜ、これで告発されないのか。それはこの話が最初に明るみに出たときに、ジンバブエの議会で急遽、ある法案を通過させたからだ」

 

「それは「野生動物保護法」と呼ばれ、猟獣管理官に告訴されないという免責特権を(WWFに)与えた。これでWWFは、保護区の中では誰でも、好きな時に殺してしまえるようになったのだ」

 

大いなる秘密 下 デーヴィッド・アイク著  P295 「絶滅危惧種を救うどころか虐待絶滅に精を出すフィリップ、チャールズ、ベルンハルトらの世界自然保護基金(WWF)より抜粋

象牙に最も加担しているのは『日本』 象牙自体も輸入し象牙細工も輸入するのは日本だけ! 密猟者によって、象は生きたまま顔ごと象牙を切り取らています。  より転載

 

ここではいちお・「象牙の取引は基本・禁止」とWWFが申しておりますが、例外は日本と中国と、WWF自身。チャールズ皇太子とフィリップ殿下は国立公園でハンティング。爬虫類人なら、人間の道具(銃)なんて使わないで、トカゲに変身してジュラシック・パークのように象を猟れ。それなら「食事」としてのいい訳もたつというもの

 

日本でも3.11後、IMFのクリスティーナ・ラガルド婆が日本にタカリに来た事で、なんとなく分かりますね。真の金持ち(レプティリアン)は絶対に自分のカネは使わないんですよ 。庶民の募金で運営して、がっぽりギッてから、ちょこっとだけ現地に投入。

 

現地に決して行き渡らない「復興税」を思い出してムカついてます。東日本大震災時の日本赤十字社の募金の大半が被災地に支給されなかった時は、怒りよりも驚きすぎて:「ヤツらは人間なのかその組織は何のためにあるのだ」と呆然としたもの。

 

それ以後:募金は個人ボランティアで活動している人にする。領収書は必ずもらう。よその国への募金は慎重にする(ほぼしない)。救援物資のように、購入が決まっているものはする。環境保護、動物保護は、自分の生活圏から始める

ということを心がけています地産地消の考え。これにこだわれば、自分が暮らす場所を汚さなくなるし、日本で象のサーカスなんて見なくてもイイ。

 

アフリカの国立公園の中で野生動物を1番殺しているのがWWFなのだそう。職員も知らない闇

 

白人が引き払って現地の人に自治を任せれば何も問題ないはずなのに、かつての奴隷狩りからずーっと変わらず居座っては荒し回るという。まさか「密猟者」とかゆって、人間狩りしてんじゃないだろうね 

 

こんなことに関わってはイケナイ

 

 せめて界面活性剤を使わない洗剤、シャンプーや歯磨き粉を使って海を汚さない、ペットの犬猫はペットショップで買わない、動物性食品を極力食べない、割り箸も極力もらわない・使わない(エコ・バッグに続くマイ箸協力)、包装はなるたけ簡潔にしてもらう。動物実験をしている化粧品は買わない。募金は有名団体にはしない。でも募金自体は生活の1部にする。「安い」モノをいっぱい買わないでフェアトレードのものを買う。プランターとかで野菜も育ててみる。

 

これだけ日常で気をつけるだけで、だいぶ違うと思うんですよ

 

あとはフリーエネルギー獲得と軍事産業縮小(というか壊滅させたいよね:笑)か

なかなか難しいと思うんですが、兵隊になるよりは百姓になったほうが全然・イイネ!と思いませんか

野菜を育ててみるというのは大事ですよ!それによって本当のモノの価値というのが分かりました。カネなんて食えないじゃんー

 

続きはまた

 

 

 

 

Comment

むねやけサンデーとか

2014年06月05日 | 世の中のこと

ヤザワの足じゃございませんわよアンチ・ストーカー・ストッキングだそう

「コレでクラブに行こう!」って・・・いっそ行かない方がマシと思わせる「陰謀」?(笑)

ナイス!

最近ハマって・とても楽しみにしてる「むねやけサンデー」より

こんな写真とか

こんな写真とか

 

カワイイ写真も

本土と北海道はは暑いらしいネー

「むねやけサンデー」 からでした!

今・日本で1番涼しい沖縄で・笑い泣きナシでは見れない画像を楽しんでいたのでした。涼しくてゴーヤの発育が悪いです。

こちらは「現代ビジネス」の「経済の死角」から。

「食」の安全なんて・まるで無関心な・おぢさん向けサイトに、時々このような記事がアップされています

サプリのウコンも大変・キケンであるとか、炭水化物抜きダイエットで寝たきりになるとか、おぢさん必読!

なんかスゴくコワい拾ったゴハン画像の数々

「醤油をつけて食べる」とか言われたら気絶するかも

 

コレはナニ

コレもナニ

ミント味なんでしょうか。 するとブルーのイクラ?もミント味?ブルー・ハワイみたいな

 

読書は:デーヴィッド・アイクにハマってます。超!おすすめ!

書き方は:難しくないんですが、内容は:知恵熱が出るほど難しいものです。著作を発表しはじめた90年代は、(イギリスの)街を歩くと「変人・キチガイ」と笑われたそう。2001年の9.11以降、アイクの書いたり話していた内容が・どうも当たっている・・ ということになって評価されつつあるようになったらしい。

 

ベンジャミン・フルフォードなどを読んでから読むと、拒絶反応がなくなるかもしれません。あまりに衝撃的なのでね。

 

ワクチンの危険性についても90年代から言及しては笑われていたようです。笑ってた人たちは無事なんだろうかというヤザワも:2002年1月に受けた:麻疹/水疱瘡/狂犬病のワクチン後、重度の花粉症を3月に発症しました。前年までなんともなかったのにね。「花粉症は吸い込んで蓄積された花粉が引き金となって、ある日突然、発症する」と医者に説明されて今に至るけど、どーもワクチンが原因の気がするなー。。

当時はまだ医者を信用しきっていたんですね。世の中のことも。

ベンジャミン・フルフォードの本を読んで:「もしかしてバニラが妊娠しなかったのは、ワクチンのせいだったのかな・・」と気がついてゾッとしました。子宮頸癌ワクチンには「断種」成分が入っている事は獣医なら誰でも知っているけど、人間の医者は「断種」は授業で受けてないし知らないので人間の女子に勧めてしまうそう。バニラのその後の健康状態も、今から思えば子宮頸癌ワクチンの副作用とほぼ同じでした。改めて申し訳ないことをしたと悔やまれます

 

デーヴィッド・アイクだったら:ムーンマトリックス~ゲームプラン1~ が、「はあナニを言ってるの、このヒトはキチガイなのか」という感じにならず、世の中のコワさがよく分かり、信号もみんなと一緒に渡らないで気をつけて渡るようになることでしょう(笑)

 

アイクがアイクたる所以は:「爬虫類人」に世の中は支配されている。ヤツらは人間と爬虫類にシェイプ・シフト(変身)する。という言説。

「ほぉーそれでは仮面ライダーもスーパーマンも全て実話ですか」ということで笑われてきたらしいけど、「ナゼ変身出来るのか」ということについて、ムーンマトリックスの6巻に詳しく書かれています。

 

これは先端科学の話なので本当に難しい。量子力学の世界なんですよ。

「このヒト(アイク)の言ってることはもしかしてウソじゃないのかもしれない・・」という気がかろうじてしたのは:周波数の話が多かったせいだと思います。

自分でもプロトゥール(音楽波形ソフト)とか(録音)編集をちょっとだけするので、ちんぷんかんぷんというワケではなかったのが役立った。ハイパー・ピアニストの面目躍如でありんす!「ミュージック・サイボーグ宣言」も過去にしてたことですしね 。フツーのピアニストだったら、全っ然分からないと思う。ピアニストに限らず音楽家は。サウンド・エンジニアには逆にピンとくる話なんじゃないでしょうか。「さ音」とか日常的に聞く職業なのでね。

 

フツーのヒトは:水の電解をイメージすると分かるかもしれません。それでも難しいよね・・

 

(クラシック)音楽系のヒトには:「大いなる秘密」 がオススメです!それと「竜であり蛇であるわれらが神々」でしょうか。

やはり:ドビュッシーはシオン修道会と薔薇十字会の両方のマスターだったということが書かれています「ペアレスとメリザンド」についても。音楽専門的な言及はありませんが、これで「何故ラヴェルはローマ賞を取れなかったのか」ということも腑に落ちるというもの。ドビュッシーをイルミナティに導いた当時の売れっ子オペラ歌手はシャネルの親友だった。というのは:フィガロ・ジャポン4月号の「シャネル特集」を見ているうちにヤザワが気がついたこと(笑)

 

イルミナティ・ネットワーク恐るべし!どうしてヤザワは誘われなかったのかしら・・

とは一瞬思いましたが(笑)、最近になって:「実はイルミナティ入りしてた」とヤザワが気がついた知り合いのアーティストの奥さんは:そういえば夏至の3日前に亡くなられていたのでした。やっぱあれは「自殺」じゃなかったんじゃない?と分かるヒトとだけ盛り上がったとこ。「メジャー」になるには、そこまで差し出さないとダメなのかー。甘くない世界だわー。シープルのヤザワには全然・ムリねー と納得したのでした。努力だけじゃダメな世界。

 

「立ち上がれ!」と呼びかけられている本(ムーンマトリックス)ではありますが、まだ座り込んで読んでる最中であります。実に面白い。いや、おそろしいというべきなんでしょね。

 

とりあえず:ワクチンは受けず、動物性食品は全て止めて、EM菌やらえひめA1(納豆菌&乳酸菌)を部屋に散布したりマスクに吹きかけて外出し、なるたけココナッツオイルで調理して、乳ガン検診(マンモグラフィ)もやめますか。

これだけ分かっただけでもだいぶ寿命が延びたと思うんだけど?

 

 

Comment

【久米島沖キノコ雲】アメリカが「核爆弾を投下」した理由

2014年06月01日 | 美容、健康

RBC THE NEWS「きのこ雲 アメリカ軍が訓練」2014/5/22

 

やはり全国ニュースでは取り上げていないようですね。マスコミも隠蔽?RBC(琉球放送)では取り上げてますが、爆弾投下の画像は取り上げていませんでした。アメリカ様への配慮なんでしょうね。

 

 3:33あたりから爆弾が投下された様子が映ってます。これはニュースでも削除された映像。

【久米島沖キノコ雲】アメリカが「核爆弾を投下」した理由

 

本日からTVが見れなくなりました。今後はDVDとかブルーレイのモニターとして使います。

重要な情報はTVじゃやらないし、捏造するしで見るだけ時間の無駄。「あの久米島沖の爆発はその後、どうなったんだろう海は泳げる状態なんだろうか」と日々、気にして検索してると・・・

 

WANTONのブログ  このようにまとめて下さっている方がいらっしゃいました。

放射線防御の健康法まで調べてくれています。「海」は万病を治す力がありますが、その海を汚染するということは、治療法がないわな。もしかして製薬会社にとって:海が汚染されているということは有り難いと思うほど狂った世界なんだろうか。

 

 

5月いっぱいでTVを見ない。と決めたら、金曜日にふと何ヶ月かぶりで電源を入れてみましたよ(笑)。たまたま「金スマ」で若年性アルツハイマーを特集していたので番組最後まで観ました。

大変な病気ですね。これだけ社会問題になっていても「原因不明」とされているんですね。

やっぱりTVだから取り上げられるのはここまでなんですよ。

 

私はいつ自分がアルツハイマーを発症してもおかしくないと思って、ヤケクソになるのではなく、「案外セーフかもしれない」と言い聞かせてヴェジタリアンになりました。

 

(アルツハイマーは2番目の記事) 狂牛病とアルツハイマーの関連をつきとめて殺された日本人学者

 

これだけ分かっていても、お肉が食べたくて苦しんでいた頃のブログ 肉の誘惑

 

この頃に先週の「金スマ」を観たら食べなかったかもしれません。分かりません。今は完全に乗り切れました。

 

久しぶりに観たTVですが、やはりコマーシャルとか見てると、つい:「洗濯槽のカビを取る」薬品とか買いたくなっちゃいますね。「すでに付いてる黒カビは取れない」ってちっさーい字で書いてあっても(笑)。こんなのEM菌で1発で取れますよ!しかも地球環境にもいいし。

 

最先端医療では「アルツハイマーには予防法もない。薬で進行を遅らせるだけ」ということになってるらしいけど、Amazonで「ココナッツオイル」で検索してみて下さい。

ちなみにヤザワは:ココナッツオイル健康法 を購入。

 

去年から日焼け止めのクリームも買わなくなって、低温圧縮のココナッツオイルを顔や身体に塗ってます。市販の日焼け止めは確かに「焼けない」んですが、皮膚癌になると聞いたのでね。。

ローフード用のココナッツオイルはベタベタしないし香りもいいし、なんか肩こりとかもちょっと楽になる感じだし、食べても身体にいいし!

ただし高いので、揚げ物とか炒め物用には低温圧縮でないオイルを使うといいと思います。

 

アルツハイマーの予防法は:肉を食べないこと。ココナッツオイルを食べること。

かんた~ん ただし!「肉断ち」はけっこーな修行ですよ~

 

近年、沖縄料理が「長寿食」として注目されてますが、料理自体は:田舎料理で特に健康的なものとは言えないと思います。沖縄県は日本で1番ファーストフードを消費してる県だし(この人口で!)65歳以下の死亡率も全国1位だしね。

それより!

「熱帯の果物」というのが計り知れないほどのパワーを秘めてるんですよ。パイナップル、パパイヤ、島バナナ、グアバ、パッションフルーツ、ドラゴンフルーツ、マンゴなどなど。

そして「海」だと思うんですね。海風だけでもマイナスイオンが豊富なのでね。この海水が蒸発して雨が降った土地で作られた野菜や果物だからパワーがあると思うんです。特に果物。

 

「人間の堕落が始まったのは熱帯の果物を食べなくなってから」~デイヴィッド・アイク~

この件に関しては後日また!

 

 

 

Comment (1)