隊長のブログ

元商社マン。趣味:ヒップホップダンス、ジャズダンス、日舞(新舞踊)、旅行、映画、スポーツ観戦。阪神タイガースのファン。

旅行記 第37回 『初夏の善光寺・松代・松本・諏訪 3日間』 (その1)

2022年06月28日 | 旅行記

国内を旅した記録「旅行記」の第37回は、『初夏の善光寺・松代・松本・諏訪 3日間』をお送りします。

 

 


6月8日(水)~ 10日(金)の3日間、長野県の善光寺・松代・松本・諏訪を周遊しました。


七年に一度の盛儀、「前立本尊(まえだち ほんぞん)」の御開帳が行われている「善光寺」参拝を皮切りに、松代城、象山神社、松本城、諏訪大社を巡る初夏の旅でした。

 


【1日目:6月8日(水)】 東京駅から北陸新幹線で長野駅へ移動。善光寺参拝後、松代町へ。松代泊。


東京駅 9時20分発の北陸新幹線「かがやき507号」に乗車。

 

 


「かがやき507号」は、東京駅を出ると、上野駅と大宮駅に停車後は、ノンストップで長野駅を目指します。

 

 


今回の旅の最大の目的は、三年前の夏に亡くなった母が、平成21年(2009)の御開帳時に拝受した「御開帳記念回向柱(えこうばしら)」を、同寺にお返しするためです。

 


この「記念回向柱」は、七年間お守り頂いた後に、次回の御開帳時にお返しに参拝するのですが、前回・平成27年(2015)の御開帳時には、足が悪くなり、訪れることが出来ませんでした。それが心残りで亡くなったのではと思い、母に代わり、お返しに参拝することにしました。

 

 


定刻の10時45分に、「かがやき507号」は、乗車時間 1時間25分で、長野駅に到着。大宮駅以降ノンストップなので、速いですね。


改札口を出ると、

 

 

JRの職員たちが、「ようこそ! 信州・長野県へ」の横断幕を持って立っていました。誰か、有名人のお出迎えかと思い、職員の一人に聞いたところ、「皆さんのお出迎えです」とのこと。

 

 


キャリーバッグを駅構内のコインロッカーに預け、「善光寺口」のバスターミナルへ。

 

 


長野駅から善光寺までは、約2km。徒歩だと、20~30分かかるので、1番のりばから、アルピコ交通の11時15分発「善光寺大門」行きの路線バスに乗車。

 

 


バスは、ほぼ満員の乗客を乗せ発車。11時28分頃に終点の「善光寺大門」バス停に到着。運賃は、190円ですが、交通系ICカードは使用出来ず、現金のみ。

 

 


交差点の信号待ちには、既に参拝を終わられた方の姿も。

 

 


しばらくすると「仁王門(におうもん)」が見えてきます。仁王門は、宝暦二年(1752)に建立されましたが、善光寺大地震などにより二度焼失し、大正七年(1918)に山形村永田兵太郎翁の寄進により、高さ約14m 間口約13m 奥行約7mのケヤキ造りで再建されました。

 


扁額には、善光寺の山号である「定額山(じょうがくざん)」の文字が書かれています。


「仲見世通り」は、多くの参詣客で賑わっています。

 

 


目の前に、「山門(三門)」が現れました。

 

 

山門は、江戸時代中期の寛延三年(1750)に建立されて以来、大勢の参拝者を本堂に迎え入れてきた歴史ある門です。様式は。五間三戸二階二重門。屋根は、入母屋(いりもや)造りの栩葺(とちぶき)で、国の重要文化財に指定されています。

 

 


「手水舎」

 

 

「回向柱(えこうばしら)」の前の行列は、予想していたより短かったです。ところが、左手にある「御朱印所」の前には、長蛇の行列が。「御開帳特別御朱印」を頂きたかったのですが、30分以上かかりそうなので、諦めました。

 

 

回向柱は、御開帳時に本堂前に建てられる高さ約10mの卒塔婆(そとうば)です。柱は、前立本尊と善の綱で結ばれていて、参拝者が触れることで善光寺如来との縁が結ばれるとされています。隊長も、触れさせて頂きました。

 

 

「本堂前」に着いたのが、11時50分頃。

 

 


現在の本堂は、宝永四年(1707)の再建で、江戸時代中期を代表する仏教建築として昭和二十八年(1953)に国宝に指定されています。高さ約29m 間口約24m 奥行約54mという東日本最大級の国宝木造建築で、衆生の煩悩の数と言われる百八本の柱で造られています。


本堂内は、大混雑状態だったので、「内陣」には入らず、参拝をして、本堂の外へ。

 

 


次に「経蔵(きょうぞう)」の前にある「輪廻塔(りんねとう)」へ。この石の輪には、南無阿弥陀仏の六字が刻まれていて、回すことで功徳を積み、極楽往生ができると言われています。

 

 


本堂西側の境内隅には、歴代回向柱の安置所がありました。ここには、過去十回分の柱が安置されていて、触れることが出来ます。

 

 


最後に訪れたのは、本堂東側にある「納札所」。

 

 


13年前に母が拝受した「御開帳記念回向柱」を、やっとお返しすることが出来ました。

 

 


回向柱の横を通り、「仲見世通り」に戻ったのが、12時20分頃です。

 

 


尚、今回の御開帳は、明日・6月29日(水)が最終日です。

 

 

★ 続きは、『初夏の善光寺・松代・松本・諏訪 3日間』 (その2)で ★

 


==「旅行記」バックナンバー ==
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/619e2d4e0638d6d11db6b03fbe07a87a

1~25回 省略

第26回 『冬の熱海・湯ヶ島・修善寺 3日間』 2019年1月27日~29日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/91e4da4243e51fb8e761dedd0c4010ce

第27回 『ロマンスカーで行く箱根湯本 2日間』 2019年2月11日~12日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cfe9c8c8e8384d3157b5f8e84b84fcbc

第28回 『鳴尾浜、京セラドーム、甲子園、野球観戦 3日間』 2019年3月29日~31日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1e80082997cbf0912f7d0887fffb95fa

第29回 『今年も高尾山飯縄大権現参拝登山』 2019年4月14日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1cc1aae432d8983cbaa3315dc7f57d17

第30回 『ラグビーW杯観戦ツアー in 静岡』 2019年10月9日~10日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1f519ad51570c201552842a4a37416a3

第31回 『特急草津グリーン車で行く草津・軽井沢 2日間』 2019年10月16日~17日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/61381e0c0f8c6658bc2895794e6520a4

第32回 『今年も江ノ島神社参拝』 2019年12月1日  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/40059dc86985dc4009cdad4b5a606dc5

第33回 『コロナ閑散下の秋田・角館・盛岡 3日間』 2020年3月7日~9日  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e6c20a181a78d1a906a92fc128dcfe9e

第34回 『「Go To トラベル」で行く鎌倉 2日間』 2020年10月14日~15日  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c92c6bca4b7192c9a97c5222d63c2da9

第35回 『満喫・楽天生命パーク宮城 三連戦三連勝』 2021年6月12日~14日  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/aa817cf8e5ac6608ba90544f47f995da

第36回 『春の川越 御朱印巡りの旅』 2022年4月13日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/effcab89579d1aee5d4104e597234f50

 


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« テレビ Vol.492 『2022年春の... | トップ | 旅行記 第37回 『初夏の善光... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行記」カテゴリの最新記事