Chang! Blog
HOME掲示板/방문록
福岡のハングル検定準2級建築士[ちゃん]のブログです
일본 규슈 후쿠오카현 구루메시민 "창"의 블로그입니다
 



 数倍の倍率(?)をかいくぐり見事当選したブルトレ富士のファイナル運行、11月21日に乗って参りました。
 木曜日からこじらせた風邪を抱えたままの、少々不安な旅立ちでした。


 まずは快速で博多へ。しばらく足を運んでいなかった、博多駅ビルの工事の様子を見てきました。でかい!グランドオープンが、今から楽しみです。


 大時計も稼動の時を待ちます。お隣の福岡交通センターも、分かりやすく「博多バスターミナル」に名称変更してました。


 一方、JR西日本の新幹線博多駅もリニューアル。2階にあった改札口を1階に降ろすという、大規模なものです。
 白が基調のJR九州側に対し、黒を基調にしたJR西日本。対照的で、会社の境界も明確になりました。悪く言えば、バラバラかな?
 ネオンサインは、デザインだけでなく視認性も優れています。


 さらに普通、快速を乗り継ぎ、小倉駅で夕飯を食べた後に門司港駅へ。ライトアップされた姿は、相変わらず美しいです。
 頭端式のホームにしずしずと入ってきた「富士」。懐かしい「西鹿児島」行きの方向幕を掲げての入線です。
 乗務員の皆さんは、鉄道博物館から借りたという、なつかしの衣装を身に付けていました。


 前時代的な寝台や洗面台の設備。よく去年まで定期運行できてたなと思いつつも、今夜で最後と思うと、さみしさも募ります。


 長時間停車→全力疾走を繰り返しながら0時過ぎ、大分駅着。こちらも大賑わいでした。

 大分駅停車中にベッドに入り、途中、屋根を叩く雨音に一度目覚めただけで、ぐっすり熟睡。いつしか風邪も忘れていて、やっぱり好きなことやってたら、病気なんか吹き飛ぶんだなと、自分に驚くやら呆れるやら。


 隼人駅ではドアが開き、時間を取っての撮影タイム。富士の丸型ヘッドマークは初めてみたけど、これはこれでいいデザインと思います。


 楽しみにしていた桜島の車窓は、残念ながら雨に煙っていました。寝台車の補助椅子に座りながら見る錦江湾。むかし東京から西鹿児島まで24時間以上をかけて直通していた富士ですが、24時間かけて出会うこの車窓は感動だったろうなと思います。


 数百キロの短い旅でしたが、満足感を胸に鹿児島中央着。
 「富士」にも「日南」にも乗った気分にはなれませんでしたが、これはこれで楽しいイベント列車でした。最後なんて、楽しい方がいいのかもしれません。


 鹿児島中央からは、まだ乗ったことがなかった快速なのはなDXで指宿へ。フローリングの床に、木づくりの椅子がおしゃれな観光列車です。
 ただ、他の観光列車に比べれば客室乗務員も乗っていないし、地味な存在であるのも事実。来春には観光特急「いぶすきの玉手箱」に置き換えられる予定で、最初で最後の乗車になりそうです。


 指宿からは「なんきゅうフェリー」で大隈半島に渡る予定でしたが、悪天候のため欠航に。指宿市内をぶらぶらして、鹿児島へと戻りました。


 鹿屋市が新幹線全通をにらみ実験実証運行を始めた、大隈半島直行バスに乗って鹿屋へ。途中、バスごと垂水フェリーに乗り込むユニークな航路です。
 これまでは鴨池港にバスで出てフェリーに乗り、さらにバスに乗り換えるルートが一般的でした。直行バスは土地に不案内に人にとっては、ありがたい存在です。


 2時間で鹿屋着。中心部のリナシティかのやは立派で、なんだか都会的。人口の割りに飲み屋街も賑わっており、しかもお安めで、深夜まで楽しめました。

 3日目は昼までグダグダと過ごし、友人の案内で鹿屋観光に出発~


 旧国鉄大隈線の活躍を記念して建てられた、鹿屋鉄道記念館へ。国鉄気動車近代化の先駆者、キハ20系が静かに留め置かれています。車内の公告が当時のままというのも、泣かせるじゃないですか。


 海自の航空基地で自衛隊と平和を学び、海岸を走って桜島へ。台湾の観光客でいっぱいでした。九州、楽しんでいって下さいね~
 桜島で友人と別れ、一人桜島フェリーで市内へと戻ります。


 新幹線に乗って、久留米まで2時間弱の旅。春の新幹線全通で800系が「さくら」にも運用されることから、「つばめ」ロゴは消されることになっていて、今の姿も間もなく見納めになりそうです。

 いろいろ忙しく、半年間まともな列車旅ができていませんでしたが、その分楽しめた旅行でした。

コメント/덧글 ( 0 ) | トラックバック/엮인글 ( 0 )




時ならぬ大型ゲストの登場に、大にぎわいです。

コメント/덧글 ( 0 ) | トラックバック/엮인글 ( 0 )




門司港から、ごとりごとり。復活寝台特急・富士に乗車中。

コメント/덧글 ( 0 ) | トラックバック/엮인글 ( 0 )




 nimocaの大分上陸が、12月26日に決定しました!
 すでに大分県内のローソンではnimocaが先行導入されていますが、今回は大分市内を走る大分バス、大分交通の2社が対象。大分市外に向けた路線や、西鉄グループで別府を中心に展開する亀の井バスは、来年3月以降の導入になる模様です。
 大分では、2008年大分国体のキャラクター「めじろん」とコラボした、オリジナルの「めじろんnimoca」を発行。気になるポイント付与率は、基本2%に、2000円ごとのボーナスポイントと、西鉄バスとまったく同率になりました。
 従来の大分共通バスカードにはあった学生カードはないようで、今後磁気カードを廃止する時には、何らかの手立てが必要になるかもしれません。

 一方のJR九州「SUGOCA」は、6月に九州内各都市圏(宮崎を除く)への拡大を発表。鹿児島・長崎は独自のエリアで、熊本・大分は既存の福岡エリアと連続する形で、広大なネットワークを築くことになりました。
 サービス開始は平成24年度以降の予定。新幹線の全通には間に合いそうにありませんが、JR東海のEX-ICサービスのような、新幹線~在来線のICカード乗り継ぎも視野に入っているのではないかと期待されます。

 SUGOCAとnimocaのエリア拡大で、平成24年以降、大分でも福岡のように、JRとバスを1枚のカードで乗り降りできるようになります。
 一方で、すでに独自規格のICカードが普及している長崎、鹿児島がどうなるのかは気になるところ。両都市ともチャージ時にプレミアムが加算される仕組みになっており、「後付ポイント制」のnimocaとは相性が悪そうです。せめて広島のように、「片乗り入れ」だけでも実現できないかなと思います。
 現在では磁気カードのみの熊本もICカード導入を模索しているとの声も漏れ聞こえており、nimocaに乗っかるのか、こちらも要注目です。

コメント/덧글 ( 0 ) | トラックバック/엮인글 ( 0 )




 今朝、おかしな封筒が届きました。


 封筒に、ハガキが貼られている。しかも下手な文字…あ、僕の文字だ。まさか…?


 九州ブルートレイン・ファイナルツアーの当選通知でした。やったね!

 一昨年の九州ブルトレ廃止後も、ツアー列車としての復活運行が続いていた、ブルトレ客車。しかし老朽化には勝てなかったのか、ついに「ファイナルツアー」と銘打ったツアーが企画されていたのです。

 引退する列車を追っかけるのってあまり好きじゃないんだけど、ことブルートレインは別格。小学生の頃からずっと憧れで、どんどんみすぼらしくなっていく姿を哀れみながらも、夢の中を走り続けてくれていた列車です。

 ファイナルツアーは、門司港から鹿児島までブルートレインで寝て、新幹線で帰ってくるコースで29,000円。往復ブルトレなら38,000円。高いなあ…現役時代なら、32,000円そこそこで東京まで往復できたというのに。

 でも、あのガタゴトとゆったりしたリズムで刻む九州の夜は、本当にこれで最後。貴重な体験をできる費用としては、安いものかもしれません。

 現役時代のように東京まで行けないのは残念だけど、門司港始発ってのも、いいですね。
 なんせ僕の寝台車初体験は、九州内を走っていた夜行急行「日南」(博多~大分~宮崎~西鹿児島)と「かいもん」(門司港~博多~西鹿児島)。 ライトアップされた門司港駅の洋風木造駅舎に据え付けられた「かいもん」のブルーの車体は、たがだか数百キロを結ぶ島内夜行ながら、旅情に溢れる姿でした。
 一方で日豊線経由で、昼前の鹿児島へというファイナルツアーのダイヤは、下り「日南」に近い感覚です。

 僕にとっては寝台特急「富士」だけでなく、「かいもん」「日南」も追体験できるんだから、3度おいしい企画かも。3万円も高くはないかな。

 このところ多忙で趣味活動がまったくできていなかったので、自分へのご褒美のつもりで、22日の門司港→鹿児島中央のコースで応募していました。まさかの当選、嬉しい限りです。
 ちなみに10日までに入金がなければ自動キャンセルになり、次点の方に回るとのこと。惜しくも当選を逃した方、11日以降に連絡があるかもしれませんよ!

コメント/덧글 ( 0 ) | トラックバック/엮인글 ( 0 )