Chang! Blog
HOME掲示板/방문록
福岡のハングル検定準2級建築士[ちゃん]のブログです
일본 규슈 후쿠오카현 구루메시민 "창"의 블로그입니다
 



 大分で生まれて3歳まで過ごし、保・小・中・高は佐賀で育ち、大学はふたたび大分に戻った僕にとって、故郷はどこ? 大分というべきか佐賀というべきか、迷う所です。

 でも、高校野球で大分と佐賀のどちらを応援するのと聞かれれば、迷わず佐賀。もちろん大分も応援するけど、それは福岡や長崎など「九州勢」として応援するだけであり、気持ちの上で佐賀は別格です。
 そんな自分の感情から、最近は出身地を「佐賀」と言い切ってしまっていいかもと思ってます。

 というわけで前振りが長くなりましたが、昨日の気分は佐賀県人として「サイコー」の一言でした! いいもん見せてもらいました、ありがとう!


コメント/덧글 ( 2 ) | トラックバック/엮인글 ( 0 )




 そろそろパソコンを買い換えたいものの、フリーソフト中心に使っている僕としては、ビスタに乗り換える気はありません。
 そこで、いずれビスタを導入しても耐えうる性能のXP搭載モデルを探していたのですが、これがなかなか見つからない!以前はXPを搭載していたはずの高性能モデルは、ことごとくビスタに乗せ代えられてました...もう少し、早めに買い換えるべきだったなあ。

 ところが近所のセミオーダーメイドPCの店に行ってみれば、XPとビスタをセレクトできるようになってました。こりゃいいや、ここで決めたと思って値段をよく見てみたら、XPの方が3000円高い!
 うーむ、買い換えは延期すべきかな....


コメント/덧글 ( 0 ) | トラックバック/엮인글 ( 0 )




 病気の話なんて、そんなにするもんでもないんでしょうけど、お世話になった方々や心配かけた皆さんも多いですので、ご報告しておきます。一昨日入院し、今日退院しました。

 一昨日の仕事中、腰が「ぐぎっ!」と鳴りまして、身動きができない状態に。職場の先輩方に病院へ運んでもらい、そのまま入院となってしまいました。
 日記でもちらほら触れていましたが、実はこの1ヶ月の間に2回ほど同じような腰痛に見舞われており、今回3回目が最大の「ぐぎっ」。2回目以降、生体に通いつつ、駅までの自転車を歩きに変えるなど、日常生活にも気を配っていたのですが、根本が治っていなかったようです…。

 一番近いという理由だけでいったその某病院ですが、地元でもあまり評判のよくない病院らしく、診断も、
 「ぎっくり腰らしきもの」
 という、なんとも煮え切らないもの。それでも動けない以上、他院の診察も受けられないし、歩けるようになるまで静養するという理由で入院しました。

 入院は、2003年の「留学骨折」と、1年後に受けたその再手術以来。ベッドから動くことができず、自分じゃなにもできない状態でしたが、4年前の「地獄の入院生活」に比べれば、まだまだ気は楽。仕事も立て込む時期ではないし、食っちゃ寝、食っちゃ寝で、ゆっくり静養させてもらいました。
 主治医は、
 「1週間くらい入院した方がいいんじゃない?」
 と言ってくれましたが、今日の午前中には歩けるようになったので、即退院。週末は家で安静にして、週明けにでも大きな病院で精密診断を受けようと思います。ひとまず治ったら、健康づくりに取り組まなきゃ~いけませんね。

 職場の皆さんには、生活用品の買出しやお見舞いなど、多大なるご協力頂きました。まじでありがとうございました、心の支えになりました!! あと飲み会の約束を反故にしてしまった地元の友よ、冬は必ずや行くからね!

コメント/덧글 ( 6 ) | トラックバック/엮인글 ( 0 )




 6月30日から7月1日に行ってきた、ゲキ★ヤスきっぷの旅をアップしました。ご一読のほど、よろしくお願いしますm(_ _)m
「ゲキ★ヤス 梅雨の晴れ間旅行」

コメント/덧글 ( 0 ) | トラックバック/엮인글 ( 0 )




 先輩を拾い、近所の浜勝で昼飯を食らった後は、太宰府へ。
 「福岡に来たなら外せんだろ。それにお守りがほしい」
 という先輩のリクエストです。しかし、午後2時とあっては殺人的暑さ。休み休み、参道を歩きました。あちこちにいる韓国の団体さんも、「日本は暑い」って印象しか残らないのでは。
 ちょうど国立博物館の招待券も持っていたので、特別展「日本の焼き物」まで鑑賞。さすが特別展となると日英二ヶ国語の説明しかありませんでしたが、ぜひ四ヶ国語での整備を!

 久留米市田主丸町まで走り、僕のイチオシ温泉の「みのう山荘」でゆったりして、東脊振トンネル経由で福岡へ。
 佐賀県側の道路は先の台風でやられてしまったものの、旧道は生きていてそちらへ突進。狭く離合もままならぬ道は、かつて国道だったことが信じられないほど。宮崎の山中を思い出しました。
 道の駅で水を汲みつつ夜景鑑賞し、那珂川へ下って、長い1日は終了。明日から僕は仕事だけど、あと3日の長旅、お気を付けて....


コメント/덧글 ( 0 ) | トラックバック/엮인글 ( 0 )




 明けて日曜。先輩はどー見ても、起きれるような様子じゃありません。休暇前のオーバーワークで、昨日は2時間半しか寝ておらず、空港にも職場から直行。20分前に搭乗したとあっては、仕方ないか。
 まだまだ長い旅で先輩を無理させちゃいかん、しかし妹コンビにとっては貴重な日本での時間。というわけで、ひとまず午前中は先輩を置いて、福岡市内をぐるっと回ってくることにしました。

 まずは僕も行ったことがなかった、南区の友泉亭へ。回遊式の日本庭園に、池の上にお座敷を設けた風流な公園です。日本のココロやねえ。家から車で20分程度の場所に、こんな所があるなんて知りませんでした。
 ただ暑い!本来は池の上を渡る風で涼をとるらしいのですが、この猛暑では歯が立たないよう。庭園を回れば、汗が噴き出してきました。

 「さて。山(油山)に行きますか、タワー(福岡タワー)に行きますか」
 と問えば、間髪入れずタワーとの返事。シーサイドももちへと車を走らせました。

 登ってみればいつも通りのタワーだけど、今日は嗜好を変えて四階のカフェへ。コーヒー500円、コーラ550円となかなかいい値段ですが、カフェの値段がやたら高い韓国から見れば、普通の水準。場所を考えれば、安いくらいかもしれません。
 ただ、
 「もう少し、きれいな内装だったらね」
 というのが共通の感想。1人で切り盛りしているらしきバイト君の接客も、お世辞にも誉められたものではありませんでした。
 都市高速を飛ばし、先輩の待つ自宅へ。長い1日は、まだまだ続きます。


コメント/덧글 ( 0 ) | トラックバック/엮인글 ( 0 )




 韓国留学時にお世話になってた先輩と、その妹+友人が福岡に遊びに来るというので、例によって宿提供&案内役を仰せつかりました。
 先輩の仕事の都合で、到着は土曜夜の最終便。それも30分遅れたため、ゲートを出られたのは、8時15分をまわっていました。飛行機の時間、それも国際線なんてまじアテニナラネエ...

 再会の喜びもそこそこに、
 「腹減ったでしょ。何食べます?トンカツ?回転寿司?」
 「うーん、どうしようかな...」
 「近所の居酒屋ってテもありますけどね」
 「よし、そうしよ!」
 妹の意見も聞くように見せかけて、先輩、最初からそうしたかったんでしょ!
 とはいえ、日本はお盆休みまっただ中。それもうちの近所はチェーン店より個人の店ばかりだし、休みが多いんじゃ...と思って、車であらかじめ近所を走り回ってみれば、ほとんどいつも通り開店中。書き入れ時ってわけか。

 というわけで、家に車を置いて、徒歩15分の井尻駅前界隈へ。妹コンビは、日本の住宅街がとにかく静かなことと、人通りがほとんどないことに驚いた様子。通りの狭さや、小型車の多さ、そこかしこにある自販機も新鮮なようで、歩かせ甲斐があるってもんです。
 井尻駅前の焼鳥屋は、残り1テーブルと盛況。先輩はとにかく「生」が飲みたくてたまらなかったようで、僕も応戦。焼き鳥、もつ鍋など福岡庶民グルメとともに、ガンガン空いていきました...
 つづく。


コメント/덧글 ( 0 ) | トラックバック/엮인글 ( 0 )




 虹の松原に到着したのは5時前。ちょっと遅い時間になったけど、まだまだ陽が長い真夏。さあ泳ぐぞ~と海に出て見れば、人っこひとりいません。どーなってんだ?と海に出て見れば、唐津らしからぬ濁った海。一昨日の台風の影響がまだ残っていたようで、入るのもちょっとはばかれました。
 それでも構わず泳いでみれば、だんだん慣れてくるもの。海岸に集まる大きな魚や、ちょっと高めの波に注意しながらも、だれもいない海岸を独占して1時間ばかり遊びました。

 近所の温泉で温まったに後は、浜玉の人気ステーキハウス「蜂」へ。さすがは人気店、閉店直前なのに5組待ちました。
 目の前で焼かれるステーキに生唾を飲みつつも、ハンバーグのディナーセットをオーダー。やわらかくて、肉そのものが甘い絶品ハンバーグでした♪ セットで1,160円、ジョイフルのハンバーグに+400円でこれなら、お値打ちかも。今度はステーキ食べてみたいです。
 海岸沿いの海風涼しい道を戻れば、11時。明日も休みの幸せをかみ締めつつ、また夏の1日が終わりました。

コメント/덧글 ( 2 ) | トラックバック/엮인글 ( 0 )




 名護屋城から、さあ海水浴場へ! と車をふたたび唐津市内へ向けたところ、視界左手には美しい呼子大橋の姿が。渡ってみたい!と同乗者らから声が上がり、ひとっとび超えて加部島へと渡りました。呼子大橋、無料だったとはしらなんだ…
 海は透き通るほど美しく、港やおいしい海産物を食べさせてくれそうなお店は多いものの、泳げるような海岸は少ない模様。そのまま海岸沿いから農道へと車を走らせていると、やがてぱっと視界が広がりました。

 まさか佐賀で、唐津で、呼子でめぐり合えるとは思わなかった、爽快な風景。青々とした牧草を食む牛たちのバックには、どこまでも青い空と海。そして白い灯台。ここは北海道か沖縄か! じりじり照りつける日差しは痛いものの、東屋に寝そべれば、渡る海岸の風が癒してくれました。
 渡る加部島野営場なるキャンプ場もあり、来年のキャンプはここもいいかも。ただ、やっぱり泳げないみたい… というわけで、改めて車を虹ノ松原へと走らせました。

コメント/덧글 ( 0 ) | トラックバック/엮인글 ( 0 )




 お盆も近づく8月、あと一回は海に行きたい!というわけで、友達が唐津ドライブを企ててくれました。ドライバーはわたくし(笑)。唐津は電車で何度か行ったけど、車は初めて。どこからどこまでが有料道路なのか、料金はいくらなのかも分からないまま突っ走りました。約1時間半で唐津市内へ。
 気持ちよく虹ノ松原を走っていると、名物「からつバーガー」のマイクロバスを発見! 400円のバーガーに、かぶりつきました。いままでローソンでしか買ったことがなかったバーガーですが、現地で食うとやっぱりウマイ。松原の風も気持ちよくて、いい調味料になりました。

 市内を抜け、鎮西町の名護屋城博物館へ。朝鮮出兵の拠点となった場所に建つ博物館で、日韓交流の歴史を再確認しようというコンセプトの博物館です。県立の立派な博物館ですが、なんと入館無料。佐賀城本丸といい、佐賀県はなかなか太っ腹です。
 館内は無料と思えないほど充実しつつも多すぎず、ほどよく楽しめる内容です。ただ韓国の人も多く訪れるであろう博物館なのに、ハングルの説明が思いのほか少なかったのは、ちょっと意外。受付で申し出れば解説してくれるようですが、もう少し充実させてもよいのではないかなと思いました。

コメント/덧글 ( 0 ) | トラックバック/엮인글 ( 0 )