日本音楽ヘルパー協会 館長のひとりごと

「音楽はすべての人を前向きにしてくれます」をモットーに、出逢い・ふれ愛・睦み合いを実践するボランティア・グループです。

古民家でのヴァイオリン&ピアノ演奏会(11/27)

2021-11-27 | 音楽ヘルパー

今日は午後3時から枚方市長尾のムーザサロン金関環さんのヴァイオリン リサイタルに伺ってきました🎶 

 

ピアノ伴奏は加藤英雄さん、お二人のピタッと息の合った演奏に身も心も洗心され、音楽の持つ力を再認識しました🎶

ムーザサロンはオーナーの片山ふえさんが10年前に”仲間が気楽に集える場”として伝統的な日本家屋(ご自宅)を改造、天井を取り間仕切りも取って、自然の材料にこだわったといわれるだけに、とても重みのある、荘厳な雰囲気でした🎶 

 

国の内外から画家や音楽家を招かれての文化の発信源として知名度が高く、過去にはロシアの文豪ドストエフスキーの曾孫、ドミトリーさんの講演会も催されたそうです。

 

を散策させていただいたり、画廊をのぞかせて頂いたり、演奏会はもとより、たくさんの芸術に出会わせていただいてムーザサロンを後にしました🎶

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Musical in Neyagawaを終えて(11/23)

2021-11-23 | 音楽ヘルパー

昨年の9月、楽友3人で西宮のフレンテホールスイング西宮さんの”phantom(ファントム)”を鑑賞に行き、心から感動、「寝屋川での引っ越し公演を実現したい!!」と企画をされた加藤英雄さん(ピアニスト)に相談、快く引き受けて頂き、本日その熱い思いが実現しました🎶

 

アルカスホールで午後3時開場、3時30分開演の予定が、2時前からお客様が並び始め、ホールの方と相談して、蜜を避けるために思い切って3時前にホール内に入っていただき、ロビーの椅子に掛けて頂くという手段を取り、何とか混雑を免れることができました🎶

公演は大成功、終演後に帰って行かれる皆さんの感動されている様子に、「開催して本当に良かったね!?」とスタッフ一同達成感と充実感で満杯になりました🎶

リハーサルと本番の様子を公開させていただきます🎶

 

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

温故知新にスイッチが入りました!(11/21)

2021-11-21 | 音楽ヘルパー

今から20年前、寝屋川市の歯科医師で尺八の演奏家でもあられた紅露月山先生から「この度、寝屋川三曲協会を発足させるので、寝屋川の民話、鉢かずき姫の物語の脚本を書いてください」との依頼で、当時児童合唱団”仲良し2・1(ツーワン⇒21世紀まで仲良くしましょうの意)”のために書き下ろしたミュージカル”はちかずき姫”今昔物語風にアレンジしました🎶

本日は創立20周年記念定期演奏会と言うとでご招待いただき、アルカスホールへ伺ってきました🎶

”今は昔の寝屋の里 鉢かずきと呼ばれし姫ありなん”で始まる懐かしい”言の葉

鉢かずき姫の物語(山本益子作曲)”としてプログラムのトップで上演されました!🎶

筝・17弦・三絃・尺八と語りという、総勢22名の和楽器オーケストラを目にし、その音が広がったとき、私は嬉しくて、有難くて、ぐーっと来て涙が出そうになりました🎶

音楽の持つ力の再認識です🎶

演奏会を終えてサモックホールに帰り、生かして頂いている有難さを感じながらまたまた私の心にスイッチが入りました!

この11月から始まったNHKの朝ドラ”カムカム エヴリバディ”の画面に登場する昭和元年(1925年)から昭和の終わりまでの”日本の生活文化史”をファイルすることにしました。

編集し終えて、ホールの”昭和の歴史コーナー”にファイルを仲間入りさせ、身も心も満たされて、スーパーで今夜のおかずを入手して、鼻歌交じりでを漕いで帰宅しました

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

感動の連続でした!🎶(11/13)

2021-11-14 | 音楽ヘルパー

コロナの外出規制宣言も少し緩んできたので、長い間休止していたサモックホールでのコンサートを復活させようと、今日はファミリーでご活躍中の”ここあ”さんをお招きして私たち女声合唱団独楽とのジョイントコンサートを開催させていただきました🎶

 

”ここあ”さんは、ヴォーカル&小物パーカッションをお母さんの西川佳代さん・ギター&コーラスをお父さんの西川典夫さん、そして、パーカッション(主にカホン・ボンゴ・シンバル)息子さんの西川風我君(高校3年生)が担当するというファミリーユニットで今年の5月23日放送NHKのど自慢「おうちでパフォーマンス」ではチャンピオン(曲目 コーヒールンバ)を、また先日10月17日全国ファミリー音楽コンクールinよっかいち ではユーモア賞を受賞されるなどご活躍中でそこに団歴40年の女声合唱団独楽が合流して、という構成でした🎶

 

ご来客の皆さんも男女、若者から高齢者まで、幅広く”ここあ”さんのコンセプト「寒い冬の日、疲れを癒してくれるココアのように皆様の心と身体に染み渡るような音楽をお届けできればうれしいと思います」そのもののアットホームで温かいコンサートに、私たちはどっぷりと浸り、風我君の全身全霊でパーカッションに向かう姿に何度も何度も心揺さぶられ音のシャワーを浴びたのでした🎶

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

墨彩画道場でつわぶきを描く(11/10)

2021-11-10 | 音楽ヘルパー

本日は画友6人で師匠武井香璋(タケイコウショウ、墨絵日本画家)先生のお宅で”つわぶき”を描かせていただきました。

私たちの学んでいる墨彩画は香璋先生の父上(武井泰道∥ムイタイドウ)先生が考案された心統一筆法(シントウ イッピツホウ)という、和紙に下描きをせず心を無にして一気に描き、墨の濃淡と彩色で表現する技法です。

香璋先生は、机間巡視をなさりながらアドバイスをくださいますが、レイアウトや作品を仕上げる段階では個人の感性とテクニック、表現力などが要求されるので皆さん真剣に画と対峙しておられます。

私も道場では緊張の連続で、音楽とは別の意味で洗心されるわけです( ´艸`)

緊張と忘我の世界をお汲み取りください( ´艸`)

註 画面左が先生のお手本、右の荒々しいのが( ^ω^)・・・

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第17回 ロングライフ国際学会に参加して(11/8)

2021-11-09 | 音楽ヘルパー

今日は音楽療法でtie-upしているロングライフグループさんの招待で各施設の事例発表に参加させていただきました。

今回はグループ各社、海外含めて100件を超える事例の中から選考を経た7組の代表者の発表で審査員には様々な分野で著名な方々をお迎えし(デザイナーのコシノジュンコ様・シドニー五輪テコンドー銅メダリストの岡本依子様など)、東京と大阪をZOOMウェビナーでの学会でした。 

大阪会場は昨年4月にオープンした”ロングライフタウン寝屋川公園”で私たちのすぐ前は審査員が座られて臨床感満々でした。

●訪問入浴 ●パーキンソン病患者さんのケアなど7つの事例と事業の発表でどの方も現場の様子や介護に対する熱い思いとビジョンを語っておられこの会社のコンセプト”心が動けば体も動く”を実践されている内容でした。 

会議を終えて、私たちは施設の中を散策、地域密着型のお洒落で、まるでどこかのテーマパークのようなお庭を散策しながらQOLを挙げて帰路についたのでした( ´艸`)

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

イラストレーターsuzuki mariya さんのこと(11/5))

2021-11-05 | 音楽ヘルパー

先日(10/22)サモックホールに来られたピアノ調律師の鈴木優子さんからお名刺を頂き、そこに描かれていたピアノの鍵盤とハンマーのイラストにくぎ付けになりました。

「このイラストは素晴らしいですね!?」と申し上げたら「娘の”まりや”です」と言われ「あべのハルカスのウイング館屋上に彼女の壁画が掛かっています」と仰るので、本日鈴木さんをお誘いして、拝見しに行ってきました。

本当に、本当に素晴らしく圧巻でした!!

この感動を、皆様にも共有していただきたいと、Upさせて頂くことにしました

それにしても、ご縁というのは不思議なもので、私が孫の千賀子のことを話したところ(重度の知的障害だけれど色彩感覚は抜群で何にでも彩色してしまうということを)、mariyaさんが今度千賀子のためにイラストで原画を書いてくださることになりました!、本当に嬉しく有難く、思わずアートの神様に合掌しました

鑑賞後頂いたケーキと珈琲のお味は格別でした

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

”音楽ヘルパー11月研修会”を終えて(11/4)

2021-11-05 | 音楽ヘルパー

毎月第1木曜日の午後は音楽ヘルパー研修会が開催されてきましたが、今年に入って、新型コロナ流行のために、なかなか開催できず、少々気持ちがダウンしかけていましたが、やっと本日、平常通りの開催することができました🎶

 

手指の消毒マスクの着用は勿論、ソーシャルディスタンスにも考慮して実施、久しぶりの再会で皆さん本当に嬉しそうでした🎶

各自の発表・音楽運動・手話歌体操と進めていく中で、私たちの合言葉”音楽はすべての人を前向きにします”を再確認、皆さん満面笑顔で帰って行かれました🎶

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

南 依里 ピアノサロンコンサートのこと(11/3)

2021-11-03 | 音楽ヘルパー

文化の日の本日、神戸の”摩耶 文化・芸術館”で開催された”音楽愛好家たちと楽しむ会”に参加、至福のひと時に浸らせていただきました🎶

このサロンのオーナーの見掛夫妻は音楽家(演奏者)をご自宅のサロンにお招きして、”クオリティーの高い演奏を少人数で愉しむ”をモットーにしておられ、本日は、ミュンヘン音楽大学ピアノ科を優秀な成績でご卒業後、数々のコンクールで入賞されるなど、ピアニストとして、日本はもとより、世界的に活躍しておられる南 依里さんの演奏を、わずか1、5メートルという至近距離で聴くチャンスを頂きました🎶

曲目はベートーヴェンの”大悲愴ソナタ”に始まり、リスト・ブラームス、シューベルトと緩急取り交ぜての演奏に何度も何度も心揺さぶられ、感動で胸がいっぱいになりました🎶

アンコールで演奏された”里の秋”と”枯葉”はジャズ調で、これまたクラシック曲とは一味違っておしゃれでモダンな感じ・・・🎶

南さんはテクニックはもとより、表現力と間の取り方が絶妙で、おまけにファッション雑誌から抜け出たようにお洒落で恰好よく、それらのすべてをかぶりつきで聴かせてもらって、私はミューズの神様に心から感謝しました🎶

(追記)  

演奏会開始は午後4時でしたが、私たちは、朝9時30分にJR三宮駅集合で戸布引ハーブ園に連れて行っていただき、昼食は築110年を超えるといわれる料亭文化のメッカ松廼家(マツノヤ)さんで懐石料理を頂くなど今日の文化の日にふさわしい”それぞれの芸術”に浸らせていただいたのでした。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ラスト指揮in寝屋川市立市民会館大ホール(10/3o)

2021-10-31 | 音楽ヘルパー

今年は寝屋川市市政施工70周年に当たりその一環の記念行事として本日から屋川文化芸術祭が開催され、私たち女声合唱団独楽も出演させていただきました

私たちの女声合唱団独楽は寝屋川市立宇谷小学校のPTAコーラスとして1981年結成、以来40年、喜びも、悲しみも(ご他界された方や、やむを得ず退団された方も含め)幾年月、最高齢者90歳の多賀澄子さんをはじめ、25人のメンバーは80歳代が5名、あとは70~60歳代ですが、「人生100歳時代、まだ!まだ!!」とやる気と勇気凛々、みんなで”音楽”を続けています🎶

当時40歳だった私も今年の9月で傘寿を迎え、本日のステージを最後に指揮を後輩の市山洋子さんに引き継いで、ソプラノのメンバーとして歌うことになりました🎶

この間ずーっとピアノ伴奏を担当してくだった上田葉子さんも「私も合唱団の一員として歌います」と木村三奈子さんへバトンタッチすることに・・🎶

というわけで、本日は新旧交代の記念すべき日、存分にステージを楽しみ、味わい、達成感満載で終わることができました🎶

何もかも終えて帰りに40年来の楽友と頂いたジャンボマロンパフェとケーキのお味は格別でした!!🎶

註  ここに掲載の永六輔さんの詩、”生きていくということは”は永さんがご生前の2011年に許可を頂いて木村三奈子(神戸女学院作曲科卒)さんが女声3部合唱として作曲、私たち女声合唱団独楽のテーマソングとなっている曲です。

 

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ピアノの調律と粘土細工のこと(10/29)

2021-10-29 | 音楽ヘルパー

今日はサモックホールの専属ピアノ調律師、楠神祥子さんがカメラマンのYさんと来館、熱心で真心こもった調律をしてくださいました🎶。

これは調律の様子を撮影されるのに、サモックホールがぴったりだということで、私たち居合わせたスタッフはピアノの鍵盤を外すところから、その裏側・弦とハンマーの関係を見学することができました🎶

 

今までは只々調律済みのピアノを弾いて、少しだけ、音の変化に気づく程度でしたが、今日はピアノの隅から隅まで見せてもらって打鍵の大切さと響きを再確認することができました、まさに”音の命の甦り”です。

そして、ホールで調律が行われている間、私たちはスタッフルームで陶器の、”命の甦り”に取り掛かっていました。

などと少しオーバーですが、不燃物に出そうとしていた大皿に、100円ショップで粘土を買ってきて貼り付けたのです。

 

と言うのも孫の千賀子が色塗りが大好きで、何にでも彩色するので下地を作ってやったというわけです( ´艸`)

調律が終わるころ、私たちも粘土遊びを終えて、みんなでお茶をして解散、本当に楽しい有意義な1日を過ごすことができました🎶

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

堀江牧生のチェロの朝 season2へ🎶(10/27)

2021-10-28 | 音楽ヘルパー

今日は協会スタッフの木村・織畠で 大阪市吹田のメイシアターへチェリストの江牧生さんとそのお仲間によるコンサートへ伺ってきました🎶

プログラムはチェロ3台(堀江牧生・谷口晃基・大熊勇希)とヴァイオリン堀江恵太)・オーボエ泉佳穂)・声楽草野舞)という異色の組み合わせでドヴォルザークの歌劇「ルサルカ(人魚姫)」より「月によせる歌」、同じくドボルザークのチェロ協奏曲と、朝10時からの演奏は奏者も楽器も大変だろうと懸念していましたが、そこは若者のエネルギーで、とにかく圧巻の素晴らしい演奏でした!!

特にドボルザークのチェロ協奏曲は、一人一楽章ずつソロを受け持つというユニークなもので、牧生さんが全楽章を編曲なさるという三人三様の演奏、そこに弟の恵太さんがヴァイオリンで接着剤となり兄弟のアイコンタクトと呼吸合わせに、私は釘漬になり只々感動あるのみでした!!🎶

終演後、「この感動をお伝えたしい!」とロビーで待っていたら、出演者全員勢ぞろい、「撮影の時だけマスクを外して!」と牧生さんからの指示に従って夢のような集合写真をゲットすることができました

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

女人高野へ女人4名で参拝( ´艸`) (10/21) 

2021-10-22 | 音楽ヘルパー

今日は奈良の室生寺慶雲殿『森への贈り物コンサート=祈り=』が上演されるので楽友4人で伺ってきました(主催 NPO法人音楽の森

室生寺は別名女人高野とも呼ばれ、朱塗りの太鼓橋を渡ると左手に慶雲殿があり、観客は50名限定(あとの方はオンライン配信)無理やり座席をゲットさせていただきました!🎶

  

プログラムは室生寺僧侶の皆様による声明で開始、声楽・ピアノ・ギター・トランペット・パーカッション・尺八・和太鼓・篠笛と和楽器と洋楽器のコラボで朗読が加わり、”古来より音曲は神様、仏様に奉納されたもの”を確信、特に声明と歌声、和・洋楽器のコラボは圧巻でした!🎶

コンサートの後、閉門の16時迄、私たち4人は”女人高野”を駆け足で、国宝本堂・金堂・国内最小といわれる五重塔・重要文化財の弥勒堂・奥の院影堂とまるで女子学生時代にタイムスリップしたかのように巡回し 

 

帰りの最終バスが16時45分と聞いて、今度はそれに合うべく走って走って猛ダッュ!、バスの運転手さんから「走らなくても待ってあげます~!」の声に「ありがとうございま~すっ!!」と、ひぃひぃ言いながらぎりぎり飛び乗り無事間に合い

着席してからもなお、名残を惜しんで窓外の景色を撮りまくり・・・

 

近鉄室生口大野駅に到着、”大阪上本町行き急行電車”で爆睡しながら無事寝屋川に帰還したのでした( ´艸`)。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ハンターズムーンの日に!(10/20)

2021-10-20 | 音楽ヘルパー

今夜は満月、国立天文台によると23時57分に満ちるのだそうでするが、ネイティブアメリカンの間では「ハンターズムーン」と呼ばれているそうで、冬の到来を前に行われる狩猟を意味するのだそうです

  

先刻雨戸を繰ろうと窓を開けたら、燐家の庭木の上方に、煌煌と輝く満月が!  思わず写真を撮り、今度はパートナーとオペラグラスを持って玄関口から観ることに・・・(本当に美しいハンターズムーンでした!)

実は、夕方洗濯物を取り込んだら、パートナー愛用のトレーナーの上着の胸のあたりがなんとなく染みている感じがしたので、ブリーチしたところ、ミッキーマウス顔のように広がってしまい、どうやって繕おうかと考えていたら、パッチワークを思いつき裁縫箱を引っ張り出して、ミニタオルを広げて縫い付けました!

 

パートナーが「歪んでいる」というので 「わざとに歪めたのよ!これがアートです!!」と開き直り着てもらったら・・・・

けっこう素敵な出来で本人も気に入ったみたいで、なんだか前より素敵なトレーナーの上下が出来上がりました

2021年10月21日、パートナーと私のハンターズムーンの日の出来事です

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ブログ開設5200日目を迎えました!!(10/18)

2021-10-18 | 音楽ヘルパー

2007年7月24日に、パソコンの先生に勧められて、人生初の”ブログ”とやらに投稿、「光陰矢の如し」とはよく言ったもので本日で5200日目を迎えましたこの15年間、お陰様で大きな病気もせず、この度傘寿を迎え、相変わらず皆さんと音楽し、墨彩画の筆を執り、まさに”盛春”を謳歌させていただいています🎶

そして10月16・17・18日のこの3日間、私は毎日”奈良”に通いました。

それはこの度奈良県ユニセフ協会さんが設立20周年を迎えられその記念行事(於、東大寺総合文化センター)の一環としてNPO法人音楽の森さんが合唱組曲『お地蔵さんからのメッセージ』を発表なさるので私もお仲間に入れて頂くことになり

16日(土)はゲネプロ、17日は本番、そして本日は”墨”の製作メーカーとして有名な”古梅園”さん見学とまさに”奈良漬”状態でいつになく奈良を堪能させていただきました。

近鉄奈良駅”に行くべきところを”JR奈良駅”と間違ったり、歌曲「ほろほろと」の作詞として有名な行基菩薩様の噴水前で待ち合せたり、名物の鹿さんたちとも仲良くなりました🎶

5300日目を迎えるのは2022年の1月26日(水)だそうです。

”生かして頂いていること”に感謝して今日から又歩き始めます🎶

昨日(10/17)の朝刊の全国版で音楽の森理事長荒井敦子先生の記事が掲載されました!

先生は、コロナ禍で演奏会の中止が相次ぐ中で「音楽は自然への奉納という原点に立ち帰ろう」と森や神社での演奏を続けられています、荒井先生と親しくさせている私にとって自分のことのように嬉しくなりご紹介させていただくことにしました🎶

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする