直ぐに歯が入る腫れない痛まないインプラント 日本口腔インプラント学会専門医 即時荷重専門書著者が患者さんの為に情報提供 

腫れない痛くない手術で直ぐに歯が入るインプラント治療のパイオニア日本口腔インプラント学会専門医が患者さんの為に情報提供

私の信条 低侵襲手術にかける思い

2018年05月08日 | 日々のインプラント臨床の話


コメント

残念な話 インプラントはバリエーションがありすぎなんです!

2018年05月08日 | 日々のインプラント臨床の話
どこかの誰かにインプラントできない、と言われて、大学病院紹介された、と言う話を良く聴かされます。

とても、残念な話です。

世間では、やはり大学病院がNo1なんでしょうか?

確かに、余りにも色々抱えてる症例は、一般開業医ではやらないかも知れません。

でも、私の所には他でできないと散々言われ、直ぐに歯が入るなんて、とか腫れない痛まないなんて有り得ない、と言われた方が良く来られます。

どこでもインプラントする時代になって、患者さんからはどこも似たようなもの、と思われるのかも知れませんが、そんなことはありません。

生意気ですが、世界最先端レベルで治療してるうちのような医院とごく普通のレベルでは全くできることが違います。

私がこのブログで公開している症例は、世界レベルでも注目されるモノ、なんです。

当たり前、ではありません。

手術した日に綺麗に歯が入るのも、まだまだ当たり前ではありません。

腫らさない痛がらせない、も当たり前ではありません。

それができるには相当の腕、修練が必要です。

インプラントできる、と言ってもそのレベル、内容は先生によって相当違う、と言うことをもっともっと患者さんが知って欲しい、と思います。

そして、本当に自分が求めてるインプラント治療は何か、を真摯に探して欲しい、と思います。

インプラントはバリエーションが豊富、いや豊富すぎるくらいなので、何が良いのか?を考えて欲しい、と思います。

今はかなり何でもできる時代です。

骨、歯茎作ろう、と思えばできます。

しかし、それには大きな外科手術を、何回も長い期間掛けてしなければなりません。

当然、腫れたり痛んだりする回数、期間が延び、辛い思いをするんです。

私は、それが嫌で、患者さんが可哀想で、できるだけシンプルに、楽に治せるやり方をしています。

でも、ちゃんと骨も歯茎も作ってます。

こんなことできる、してるのは、世界でも殆どいません。

インプラントが長持ちするには、骨歯茎は必ず要りますから、それは必ずやります。

言い換えるなら、やり過ぎはしてない、と言うことです。

今はまだインプラント治療は過渡期です。

だから、治し方がバリエーションがありすぎ、なんです。

その中で、選ばないといけないので、患者さんは大変だと思います。

ちなみに、大学病院はかなり基本的なこと厳守しますので、私とかの治し方に比べたら手術手技も大きく、治療期間も長いです。

オーソドックス、なんです。

私は、それをもうかなり前に通り過ぎて今のやり方に至ってる、とも言えます。

早く楽に綺麗に長持ちするように治る、が私の目指すインプラント治療、です。

誰かにできない、と言われても、諦めないで相談に来て欲しいです。

私は今までもこれからも、周りから散々できる訳ない、と言われたことをやり続けて、成功させて来ました。

だから業界でも先駆者の一人、と見られています。

その可能性に賭けて欲しい、と思います。








コメント

5月7日(月)のつぶやき

2018年05月08日 | Weblog
コメント