akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

『男運のない女』『女運のない男』アートにエールを!

2020-07-31 | 映画・芸術・エンターテインメント
 
「アートにエールを!東京プロジェクト」いつのまにかアップされておりました。
 
出演:佐々木亜希子・成瀬わさび
脚本:『男運のない女』佐々木亜希子
   『女運のない男』成瀬わさび
編集:成瀬わさび  撮影:山添時彦・成瀬わさび
 
超~おバカな短編映像を作っております。
 
もともとは、とあるステージで寸劇をやろうとなぐり書きしていた台本で、お蔵入りになっていたのが、
コロナ自粛中の大整理で発掘されたことでした。
ちょっと二人でやってみようということになって。
 
 
セーラー服
腕立て伏せ
国籍?のホステス…
 
笑ってください。
 
 
こちら私は協力出演で、申請した活弁企画のほうはまだアップされておりません。そちらも近日かと思います。
コメント

『スペシャルアクターズ』Blu-ray届く

2020-07-30 | 活弁

上田慎一郎監督の『スペシャルアクターズ』見本Blu-rayが届きました❗

音声ガイドの台本制作とナレーションを務めております。

『カメラを止めるな!』以上にエキサイティングな作品😄

8月5日にBlu-ray&DVDリリースです❗

コメント

8月8日の会、キャンセル待ちです

2020-07-27 | 活弁

8月8日、喜劇の神様斎藤寅次郎監督のご自宅で『斎藤寅次郎物語』と活弁、 お料理を楽しむ会

キャンセル待ちとなりました。

直前にキャンセルされる方もいらっしゃるかもしれませんので、ご希望の方は

お申込み・お問合せ
  一宮庵 03-3484-5878
  ㈱ワイ・プランニング info@mokuren.gr.jp

までご連絡くださいませ。

 

 

 

 

コメント

8月8日、喜劇の神様斎藤寅次郎監督のご自宅で『斎藤寅次郎物語』と活弁、 お料理を楽しむ会

2020-07-21 | 活弁

今年は、松竹映画100周年ということで、様々なイベントや上映会が企画されていますが、

「蒲田ナンセンス喜劇」の筆頭、斎藤寅次郎監督の成城のご自宅が現在、お孫さん夫妻による懐石料理のお店となっており、

先日お招きいただき、三男厚生さんに楽しいお話をたくさん伺いました。

ぜひ皆様にも楽しいひと時をと思い、寅次郎サイレント喜劇『子宝騒動』と、お料理を楽しむ会を企画いたしました。

斎藤寅次郎監督の生い立ちや功績を、写真映像と語りで紹介する「斎藤寅次郎物語」も、この日にお披露目すべく、目下制作中です。

コロナ感染に配慮し、20名限定、懐石お弁当とさせていただきました。

斎藤寅次郎監督の温かさ、お人柄そのままのご家族です。

お食事召し上がっていただきながら、三男厚生さんのトークもお楽しみいただきます。

日本酒お好きな方、いろいろとご用意くださるそうですので、そちらもお楽しみに!

 

◆8月8日(土)

<喜劇の神様斎藤寅次郎監督のご自宅で『斎藤寅次郎物語』と活弁、 お料理を楽しむ会>


於 懐石料理・和食の成城 一宮庵(世田谷区成城6-22-7)
 電話 03-3484-5878
 
16:30開場
17:00開演 
『喜劇の神様 斎藤寅次郎物語』上映
       活弁『子宝騒動』
 (昭和10年 監督斎藤寅次郎)
     活動写真弁士 佐々木亜希子

 

協力:マツダ映画社


18:00    お食事
   三宅御膳弁当、お刺身、お椀、お酒
   寅次郎監督三男 厚生さんとトーク
20:00  お開き 

 限定20名(お早めにご予約下さい) 


 会費 八千円(お食事&ビール以外のお酒込み)


 お申込み・お問合せ
  一宮庵 03-3484-5878
  ㈱ワイ・プランニング info@mokuren.gr.jp

 

コメント

「残したい!まちキネ」

2020-07-20 | 映画・芸術・エンターテインメント

映画館も劇場も様々なお店もたいへんな思いをしていると思いますが、何度か取り上げているように、このコロナ自粛の期間中に、故郷庄内の「鶴岡まちなかキネマ」が閉館いたしました。

絹織物工場だった広い平屋の建造物を活かして設計された建築物は文化財級の価値があります。

4つのスクリーンでは、常に新旧の良質の映画が上映されており、広いエントランスホールではイベントが開催されたり、市民の憩いの場にもなっておりました。

 

この建物をとり壊さず、映画館としての機能も一部でも残して、新たなスタートを切ってほしい、と願っています。

鶴岡「まちキネ」を残そう! 26日(日)までオンライン署名を行っています。

ぜひよろしくお願いします! 

http://change.org/SaveMachikine

 

▼「残したい、まちキネ」呼びかけ人メッセージ(佐々木も呼びかけ人の一人です)

https://www.facebook.com/SaveMachikine/videos/639050416956778

 

▼「まちキネ」のドローン撮影

https://www.facebook.com/SaveMachikine/videos/281958926245213

 
コメント

三浦春馬さんの死に

2020-07-18 | 取材・メディア
三浦春馬さんの死がショックで…。なぜ。
 
芸能界で生きるには、繊細で素直で突き詰める性分すぎたのでしょうか。
 
あんなに才能も実力も容姿も性格の良さも兼ね備えた素晴らしい俳優が、もったいなさすぎます。
 
『コンフィデンスマンJP』観ながら、胸が痛みます
 
コメント

第23期活弁ワークショップ、2か月遅れての最終回

2020-07-13 | 活弁
第23期の活弁ワークショップ、12日(日)なんとか最終回の5回目を迎えました。
 
『キートンの船出』チーム4名
『波浮の港』チーム6名
 
別々に開催し、リモート参加希望の方にはそうしていただいて、それぞれの声色かけあい台本ができました。
すごく楽しいものになりました。
ワークショップ自体も、毎回、笑いの絶えない2時間でした。
 
8月は追加で合わせ稽古を行います。
 
本当は公演もしたいところですが、もう少しコロナの状況が落ち着いてからですね。
 
第24期の活弁ワークショップは、9月から2021年1月まで、一応第4日曜日に開催します。
次回は、4~5作品の中から作品を選んでいただき、それぞれに一作品を台本作成から語りまで手掛けてもらうスタイルです。
(希望により、2~3人で組んでいただいてもかまいませんが)
 
リモート参加希望の方は、日時が別でも対応できます。
密にならないように、作品ごとに少人数で対応したいと思っています。
 
ご希望の方はご連絡くださいませ。
 
info@mokuren.gr.jp
コメント

菅原秀雄さんの消息…

2020-07-12 | 活弁
 
小津安二郎監督の『大人の見る繪本 生れてはみたけれど』(昭和7年)などに子役として出演されていた菅原秀雄さん。
この作品では、突貫小僧こと青木富夫さんと兄弟として、『東京の合唱』(昭和6年)では、高峰秀子さんと兄妹で出演され、どちらも気が強く愛すべきお兄ちゃんを演じています。
 
大人になってからどうなさったのだろうと思っていました。
感慨深いです。
 
 
コメント

NPOビーマップ、5か月ぶりの定例会

2020-07-02 | バリアフリー映画、福祉
5ヶ月ぶりに、NPOビーマップのメンバーと顔を合わせてのミーティングを行いました。
 
今年は、ビーマップがNPOになって10周年の記念すべき年。
 
記念上映会などいろいろ予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染を避けるため、今年度の上映活動は極力控えることに致しました。
音声ガイドや字幕の制作は自粛中も行っていましたし、今後も行って参ります。
 
二時間ほどですが、久しぶりにメンバーと直接会えて和んだ一時でした。
 
コメント