akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

『シラノ・ド・ベルジュラック』

2020-12-30 | 活弁
昨日は、紀伊國屋ホールでの澤登翠先生の活弁リサイタルへ。
 
『シラノ・ド・ベルジュラック』は、全編彩色。
どこを切り取っても絵画のような浪漫的な味わいで、澤登先生の気迫のこもった語りとともに楽しませて頂きました。
 
終演後は、21年前に私を活弁に引き合わせて下さった先輩斎藤弘美さんと久しぶりの一献(ちなみに、ひっそり個室です)。
 
「翠ちゃんの活弁にあきこちゃんを初めて連れて行った日も、その後みんなで飲んだのよ」
「そうでしたっけ…?全然記憶にないです」
「そうでしょ。あきこちゃん、もうぼーっと自分の世界に入ってて心ここにあらず、そこにいるだけの人になってたから(笑)やばいなと思ってたんだけど」
「夜に弘美さんにお電話したのは覚えてるんですけど…」
「そうよ、夜中に!よく覚えてるわよ。あきこちゃんの第一声が『弘美さん、笑わないでください』だった。もう察しがついてたから『笑うわよ!』って言ったわよ!」
「そうでした(笑)?」
「もう思いつめた声で、『私、活動弁士になりたいです』ってね」
「それはよく覚えてます」
「翠ちゃんは弟子もとらないしなりようがないよって言ったけど、それから一年で東京キネマ倶楽部ができてオーディションだったもんね。あきこちゃんが引き寄せた感じだね」
「なんか、ありがたいことです」
 
 
ご友人も一緒にいろいろと積もる話に花が咲き、いい年の瀬となりました。
 
皆様にとっても、来年が良い一年となりますように。
 
コメント

今年最後の活弁ワークショップ

2020-12-28 | 活弁
昨日今日と今年最後の活弁ワークショップ。

昨日は2チーム、今日はリモートで大阪の方と。
皆さん毎回いろいろ発見してメキメキ上達…面白い台本になっていきます😄笑った~‼️

今期最終回は1月11日(祝)。
全員が披露しあうのが楽しみです。
コメント

Happy merry Christmas ✨

2020-12-24 | FAMILY

今年は、新型コロナウイルスの影響で、巷はわりと静かなクリスマスですね。

コメント

『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』

2020-12-21 | バリアフリー映画、福祉
シネマ・チュプキ・タバタで『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』を拝見。
 
一つ一つの言葉の重み。
感動しほろほろ涙しながら聴きました。
 
2012年のリオでの「国連持続可能な開発会議」のスピーチもですが、
来日の際の、外語大の学生たちに向けた講演がまた素晴らしかった。
 
絵本も購入。
リオのスピーチは、ネットでも見られます。
 
コメント

楽しきヴォーカル収録

2020-12-20 | 映画・芸術・エンターテインメント
8月に予定されていた障害者保養施設でのライブ、DVD映像で利用者さんたちにお楽しみいただくことになり、収録。
 
クリスマスの背景で『真夏の夜の夢』とか…(リクエスト曲)
そしてご覧いただくのはおそらく年明け。
 
自分が6曲歌った後は
スタッフの皆さんとビートルズナンバーを聴きながら一杯😄
生バンドで盛り上がって、楽しいひと時を過ごさせて頂きました。
 
 
『異邦人』
『ひこうき雲』
真夏の夜の夢』
『聖母たちのララバイ』
『木綿のハンカチーフ』
『眠れぬ夜』
 
 
 
コメント

『癒しのこころみ ~自分を好きになる方法~』音声ガイドモニター会

2020-12-15 | バリアフリー映画、福祉
音声ガイドを制作させて頂いている『癒しのこころみ ~自分を好きになる方法~』。
 
先日全盲の方にモニターして頂き、今回は、篠原哲雄監督と大和田廣樹プロデューサーにご参加頂いてのモニター会。
 
NPOビーマップのメンバーと、表現に迷っていた部分もすっきり解消、とても和やかで楽しいひとときでした。
 
劇場公開は7月だったのですが、3月リリース予定のDVDに音声ガイドと字幕が入ります✨ぜひご覧ください😊
 
 
コメント

高田世界館での活弁上映『まひるのほし』

2020-12-14 | バリアフリー映画、福祉
高田世界館での活弁上映(バリアフリー上映)『まひるのほし』、ライブ音声ガイドを務めさせて頂きました。
 
7年ぶりの作品でしたが、登場するアーティストたちに久しぶりにお会いした懐かしい感じで、今回のアールブリュット展とともに楽しませて頂きました。
 
高田世界館も久しぶりでした。
以前活弁した時は、まだリニューアル前で、椅子もぼろぼろでしたので、レトロなまま修復されてた会館に感激ひとしお。
 
3度めの高田、大好きな町ですが、瞽女ミュージアムもご案内頂き、さらに興味が湧きました。
そのうち皆さんをお連れしたい町です。
 
 
コメント

胎内記憶の池川明先生、ハーモニカ奏者大竹英二さんをお迎えして「うめとぴあチャンネル」収録

2020-12-11 | 活弁
うめとぴあチャンネルのインタビューとニュースの収録。
 
今回のインタビュー「うめとぴあへようこそ」は、胎内記憶の第一人者池川明先生。
「世田谷エール!トークライブ」のコーナーは、朝ドラ「エール!」でもハーモニカ指導をされた大竹英二さん。
 
池川先生のお話は、過去に2度ほど伺っているのですが、今回の15分もとても濃いものでした。
 
大竹英二さんとは、17、8年前から活弁で共演させて頂いたりしていますが、椎間板ヘルニアを克服してさらに目覚ましい活躍ぶり。
今回は、「星影のエール」と「長崎の鐘」2曲も披露頂きました。
カフェには自然と人が集まってきて、大拍手。
アンコールでクリスマス曲も演奏くださいました。
 
総合プラザNEWSも3本、元NHKエグゼクティブアナウンサー村上信夫さんとともに務めさせて頂き、今回もとても楽しい現場でした。
 
ニュースの「うめとぴあグリーンインフラ・ヴァーチャル見学会」「手話カフェ」は、当日の取材もさせて頂き、私にとってもとてもいい学びの場に。
 
原稿を書くのも好きなのですが、最近パソコンに向かって書くお仕事が多いので、たまにカメラに向かうのが新鮮です。
うめとぴあチャンネルに順次アップされて参りますので、ご覧ください★
コメント

霞ヶ関寄席「金原亭馬玉・駒与志二人会」

2020-12-09 | 映画・芸術・エンターテインメント
今日は、霞ヶ関寄席「金原亭馬玉・駒与志二人会」へ。
 
いつもながらお二人とも鮮やかな語り口✨

駒与志さん「勘定板(かんじょういた)」

馬玉さん「品川心中(しながわしんじゅう)」

駒与志さん「妾馬(めかうま)」

の三席、楽しませて頂きました😊
 
コメント

世田谷で『おくりびと』バリアフリー上映

2020-12-08 | バリアフリー映画、福祉

世田谷区視覚障害者団体つくし会さんの主催で『おくりびと』バリアフリー上映会を開催いただきました。

今回は、4月に梅ヶ丘にオープンした世田谷区立保健医療福祉総合プラザのスクリーン付きの会議室を会場に、区内外から50人あまりの方々が参加くださいました。

『おくりびと』は、第81回アカデミー賞外国語映画賞や第32回日本アカデミー賞最優秀賞などを受賞した2008年の感動作です。

ライブ音声ガイドを務めた私にとっては、故郷がロケ地になっていることや知人たちがエキストラ出演していることもあり、非常に思い入れの深い作品です。

 コロナ感染が騒がれてはいますが、集った皆様はとてもお元気で、「情景が浮かんでとても楽しめました」「一度観てるけど、さらに感動しました」「健常者で初めて体験しましたが、より映画が理解でき深く楽しめた。ところどころ目を閉じて鑑賞しました」など皆さん帰りに声をかけて下さり、素晴らしい作品を一緒に堪能できた嬉しい時間でした。

コメント

障害者の文化芸術フェスティバルin東海・北陸ブロック

2020-12-04 | バリアフリー映画、福祉
13日(日)、新潟県上越市の高田世界館でドキュメンタリー映画『まひるのほし』(93分)のバリアフリー上映。
ライブ音声ガイドを務めます。
 
障害者の文化芸術フェスティバルin東海・北陸ブロックの一環。
高田世界館では、明日と明後日、二日間に渡って、バリアフリー上映や演劇、太鼓演奏などが催されます。
 
コメント

出羽庄内地域文化情報誌「Cradle」ライフスタイル部門最優秀賞!

2020-12-02 | 酒田・庄内・山形

今年の日本地域情報コンテンツ大賞で、わが故郷の出羽庄内地域文化情報誌「Cradle」が

「ライフスタイル部門」最優秀賞を受賞しました。

2020ライフスタイル部門 最優秀賞・優秀賞|日本地域情報コンテンツ大賞2020 (nicoanet.jp)

 

この「Cradle」の11月号の「庄内憧憬」に私も寄稿させて頂いたばかりでした。

当大賞は2010年より始まり、今回は475媒体が参加。

賞には、大賞、地方創生部門賞などがあり、「ライフスタイル部門」は、

毎日の生活を豊かにする生活のヒントやお役経ち情報を発信している媒体を表彰する賞です。

有料無料を問わず、国内外で地域情報、コミュニティ情報を定期的に発行する紙媒体、

及び紙媒体発行会社のWEB・動画の2019年10月~2020年9月に発行された媒体が対象。

 

優秀賞は山形の情報誌「gatta!」。

山形県出身の私にとって嬉しいことです。

コメント

『カツベンっておもしろい!』が拡大写本になりました

2020-12-01 | 活弁

『カツベンっておもしろい!現代に生きるエンターテインメント「活弁」』が拡大写本にしてくださいました。

弱視など、細かい文字を読むのがたいへんな方のために大きな文字で作成いただいたものです。

1冊の本が5冊になったとのこと、お作り下さったボランティアの方に感謝です。

コメント