akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

八潮市社会福祉協議会でバリアフリー映画上映会

2022-04-23 | バリアフリー映画、福祉
八潮市社会福祉協議会でバリアフリー映画上映会。
 
参加者のほとんどが視覚障害の方で、『くちびるに歌を』(2015年)を涙しながら聞き入ってくださいました。
 
コロナで集まれなかった昨年、NPOビーマップのメンバーでリモートで音声ガイド制作したものです。
 
喜んでいただけて何よりでした。
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

3月12日(土)三茶でバリアフリー上映

2022-03-10 | バリアフリー映画、福祉
今週末3月12日(土)13:30より
バリアフリー上映会
『エレキの若大将』
 
世田谷区の視覚障害高齢者団体つくし会さん主催でNPOビーマップの協力です。
ライブ音声ガイドは元アナウンサー高橋さち代が務めます。
音声ガイド台本は、私ももちろん加わり、ビーマップで制作したものです。
 
【会場】三軒茶屋しゃれなあど(世田谷区民会館別館)
 オリオンホール
【時間】13:30より
【入場無料】どなたでも
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第4回 一宮庵で「寅次郎映画と会席の夕べ」

2022-03-06 | バリアフリー映画、福祉
今日は成城一宮庵で「寅次郎映画と会席の夕べ」。
 
『私は嘘を申しません』(1961年)をライブナレーション付きで上映させて頂きました。
 
高度成長期。所得倍増、一千億減税、人口増加、交通渋滞、物価上昇…当時の実写映像も交え、様々な世相を反映した爆笑喜劇。
怒涛のようなギャグの連続に、負けじと私もしゃべりました~(笑)
 
主人公の青年生田隼人(池田勇人のもじり)は先輩の近藤勇三とともにあの手この手で金儲けを考え、騙し騙されながら、テレビ電話やトランジスタラジオを発明、ついには、ロケットで人類初の友人宇宙飛行に成功…
 
次から次へギャグが展開され、映像も細部まで見逃せない、セリフも細部まで聞き漏らせない、どのシーンの笑いも秀逸です。
 
寅次郎監督ならでは、と思えるチャップリンコメディのような無言のコントシーンもあり、ここは活弁の語りどころ。
 
大学の化学の授業では、教授が「流行中の新型ウイルスに対する新薬を発見した!」と豪語ながらくしゃみや咳をする、など、現代にオーバーラップして笑えるシーンも。
刺激も気づきも多い、秀逸な喜劇作品です。
 
限られた予算の中、よくぞこんな楽しいものを作ったと思いますし、実際のニュース映像がまた、作品の価値を高めています。
 
客席は大爆笑
「嫌味のない上品な笑い」「笑いながらドリフを思い出した」「ナレーションが入って楽しさがアップ」などの感想も嬉しい、一宮庵4度めの公演でした。
 
満員御礼、ありがとうございました🙇
 
斎藤寅次郎監督のご家族もとても喜んで下さり感激!
厚生さんも久しぶりにいろいろお話してくださいました。
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

練馬区立関町図書館でバリアフリー上映

2022-02-19 | バリアフリー映画、福祉
練馬区立関町図書館でバリアフリー上映会。
『絵の中のぼくの村』を上映し、ライブ音声ガイドを務めました。
ベルリン国際映画祭で銀獅子賞を受章した作品。
 
絵本作家田島征三、征彦の双子兄弟が昭和23年の高知県の田舎村で過ごした少年時代が、リアルかつファンタジックに描かれています。
 
DVDにする際、東陽一監督と一緒に音声ガイドを作らせて頂いた、私にとっても記念すべき作品です。
 
今回は十年ぶりだったので、Bmapのメンバーとリモートリハーサルし、ちょっぴりガイドもバージョンアップ。
いろんな意味で懐かしさが込み上げるひとときでした。
 
ライブ音声ガイドでみんな一緒にご覧いただけるスタイル 。
各図書館の関連図書の展示も、少しずつ違って、毎回興味深いです。
原作者の田島征三さんの絵本や、映画になった原作本がいろいろと展示されていました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

練馬区立南田中図書館でバリアフリー上映

2022-02-12 | バリアフリー映画、福祉
練馬区立南田中図書館でのバリアフリー上映会『湯を沸かすほどの熱い愛』。
 
NPOビーマップでライブ音声ガイドを担当、毎日稽古に励んでくれただけあって自然なガイドになり、
皆さんとても感激下さって、私も感激でした。
 
視覚障害の方もいらして下さり、みんなで作品世界に浸りました。
 
それにしても、この作品の宮沢りえはすごい。
▲関連図書の展示。私の『カツベンっておもしろい!』、共著『映画産業の動向とカラクリがよ~くわかる本』も置いて下さっていました。
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

練馬区立大泉図書館でバリアフリー映画上映会

2022-02-05 | バリアフリー映画、福祉
今日は、練馬区立大泉図書館でバリアフリー映画上映会。
植木等とクレージーキャッツの人気シリーズ『ニッポン無責任時代』(1962年)を、日本語字幕とNPOビーマップのライブ音声ガイド付きでご覧頂きました。
 
ガイドを担当したのは、波多腰絵里さん。
目や耳の不自由な方も参加され、植木等の軽快なセリフ、歌、役者たちの掛け合いと音声ガイドでたくさん笑って頂きました。
スクリーンの「終」と同時に「楽しかった~!」と声をあげて下さった方も😄
 
開場から開演まで、クレージーキャッツのヒットソングを会場に流していたのですが、そのCDを借りていった方もおりました。
 
関連図書の展示の中には、バリアフリー映画やNPOビーマップに関しても書いた私の著書『カツベンっておもしろい!』もあり、感激。
 
来週12日は南田中図書館、19日は関町図書館、27日は稲荷山図書館と、練馬区の図書館バリアフリー上映が続きます。
 
どちらも地域の方々ですぐに定員になる少人数開催ですが、ご覧頂けるのをまた楽しみに参ります。
 
 
バリアフリー映画の図書館上映や施設での上映に関してのお問い合わせは、こちらです。
akiko.s@b-map.org
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

板橋区立氷川図書館バリアフリー上映会『晩春』

2022-01-10 | バリアフリー映画、福祉
昨日は板橋区立氷川図書館で、久しぶりのバリアフリー上映会。
 
小津安二郎監督の『晩春』、随所でお客様の笑いが起こり、とても温かい上映会になりました!
 
NPOビーマップのメンバーで何度も練り直し、モニター会を開催して作った音声ガイド。
 
数年に渡って数回開催される中でさらにブラッシュアップしてひとつひとつ、言葉が厳選され、セリフとセリフの間の一番いいタイミングで、しかも熟練の語り手が語ります。
 
今回は、元山形放送(YBC)アナウンサーの髙橋さち代のライブ音声ガイドでしたので、とても聞き心地がよかったと思います。
 
アンケートには嬉しいご感想をたくさんいただきました。
 
ありがとうございました。
 
 
▼氷川図書館よりいただいた参加者のアンケートより
 

・見たことの合る映画ではあったが、説明入りの画面で、今までと違った見方、解釈ができて大変有意義でした。これからも障害のある方々が楽しめる企画を是非お願いします。

・ナレーションが思いのほか、鑑賞の助けになった。

・親子との人間模様がとてもよかった。今の時代にも通じるものである。

・映像の流れに合わせてゆっくりと流れる弁士の澄んだ声と耳に快ち良い響、言葉。目では見えない、風景や心情が新たな感覚で心の中に浮かび上がる様でとても良かったです。ありがとうございました。又の機会を楽しみにして居ります。

・親子の愛情をよ~く伝わりました

・視覚・聴覚を補っていただき楽しめました。初めてのこと。また機会があれば参加したい。ありがとう。

・スクリーンの文字、解説、特別な映画 とてもよかった。

・ガイドのおかげで物語がとてもよく分かりました。すてきなおちついてお声で映画にぴったりでした。ありがとうございました。

・弁士様の上映、初めての鑑賞でした。小津作品の名作、感激しました。

・昔、母と映画を観に行った頃を思い出しました。TVが出来てから、あらゆるもの作りが、何か「雑」になった様な気がフト!しました。

・バリアフリー映画会に初めて触れて面白かったです。リンゴのシーン良かった!Bmapの皆さまありがとうございました。

70年位前の映画ですが、全然昔の感がなく現代にも通づるとてもよい映画でした。ありがとうございました。

・日本の美や日本人の美しさを再確認させていただいた作品でした。「しあわせになるんだよ」「きっとなりますわ」

・とても良かった。私達ぐらいの人間が思ってあこがれていた中流生活とてもすてきでした。和光の時計台もなつかしい。よく銀ブラをしたのも思い出される。

・板橋区は23区の中でもバリアフリーが進んでいます。これからも人にやさしい環境を大切にして下さい。Bmapいつも他でも手話通訳すばらしいです。

 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『私をスキーに連れてって』バリアフリー上映会

2021-12-25 | バリアフリー映画、福祉
NPOビーマップと視覚障害者スキーサークル「シーハイル」の皆さんとの共同企画ということで、『私をスキーに連れてって』バリアフリー上映会を催しました。
 
上映後の交流会も
「ビデオを購入して何十回も観て(聞いて)いるけど、音声ガイドのおかげでわからなかったシーンがいくつも明確になった」
「スキー場で一緒に楽しんでいる気分になった」
「ライブ音声ガイドが聞きやすくて楽しかった」
など、たくさんの嬉しい感想や質問を頂き、バブル時代のスキーの話や映画の話でもりあがって、とても楽しく和やかな時間となりました。
 
来年は、ライブ音声ガイドのバリアフリー映画上映もあちらこちらで開催頂く予定です。
 
見えて聞こえる方も含め、多くの方に喜んで頂けるよう、活弁ともども精進して参ります✨
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『私をスキーに連れてって』バリアフリー上映会

2021-12-16 | バリアフリー映画、福祉
コロナ禍で今シーズンもスキーに行けないだろうという視覚障害者を中心としたスキー同好会シー・ハイルの皆様とNPOビーマップとの共催で、クリスマスに『私をスキーに連れてって』バリアフリー映画上映会を開催いたします。
 
ユーミンの軽快なメロディーにのせて繰り広げられるゲレンデの恋、バブル期の楽しい作品『私をスキーに連れてって』を日本語字幕付き、ライブ音声ガイド付でお届けいたします。
 
ライブ音声ガイドは、NACK5では先輩アナウンサーとしてお世話になった渥美佳代子さん。
久しぶりの上映になるので、読み稽古。
何度見ても楽しい作品です。
 
お誘いあわせの上、ぜひご来場くださいませ。
 
 
日時:12月25日(土)13:30開場、14:00開演
場所:北とぴあ7階第2研修室
 (JR王子駅北口、都電荒川線王子駅前、いずれも徒歩4分
   東京メトロ南北線王子駅5番出口を出てすぐ)
活動協力金: 500円
主催:シー・ハイル、NPO法人ビーマップ
申し込み:メールでお申し込みください。info@b-map.org
(※当日入場も可能です)
 
<スケジュール>
13:30 開場
14:00 『私をスキーに連れてって』上映
15:40 上映終了、休憩
16:00 交流会
17:00 閉会
 
NPOビーマップ www.b-map.org
 
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

練馬区立平和台図書館でのバリアフリー上映会

2021-08-02 | バリアフリー映画、福祉
7月31日(土)ほぼ一年ぶりの、練馬区立平和台図書館でのバリアフリー上映会。
 
これまで邦画が多かったのですが、今回はフランス映画『最強のふたり』(2011年)を、ライブ音声ガイドと字幕付きでご覧頂きました。
実話に基づいた、笑いあり感動ありの物語。
 
半身不随の白人富豪男性と、介護することになった黒人青年とが、次第に信頼と友情を育んでいきます。
 
定員を通常の半分にしての開催でしたが、図書館の皆さんの徹底した準備と対策のおかげて、皆様楽しみにいらして下さり、安心してご覧くださった印象です。
 
平和台図書館さんからも早速アンケートをおまとめいただき、
「足の悪い方、高齢で遠くまで行けない方、コロナ禍で遠出を控えている方などが参加され、こんな近くで映画を観れるなんてと大変喜んでいらっしゃいました。
また、若い10代の方も2人参加されており老若男女の皆様に楽しんでいただけました。」
と嬉しいお言葉をいただきました。
 
今回も、関連する本の紹介が展示され、原作本や関連書を借りていかれた方もおりました。
早くも来年の夏は『ぼくらの七日間戦争』とリクエスト頂いています。
 
次回こそ、コロナ感染が落ち着いて、通常定員でご覧頂けることを願います。
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『ようこそ、バリアCAFEへ~~二足歩行者ウォーカーの体験~』

2021-07-05 | バリアフリー映画、福祉
東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を契機に、「すべての人が活躍できる社会を」と、川崎市がパラムーブメントの一環で制作したもので、
視覚障害の方もわかるようにとのご要望でバリアフリー活弁台本を作り、語らせていただいたものです。
 
ぜひご覧ください!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

充実の「かわさきパラコンサート2021」開催!

2021-05-29 | バリアフリー映画、福祉
今日は川崎市カルッツかわさきでの「かわさきパラコンサート2021」で、影ナレーションと音声ガイド。
 
7本指のピアニスト西川悟平さんらの素晴らしいパフォーマンスと楽しいトークに感動しながら、務めました。
 
影ナレ→ライブ音声ガイド→影ナレ→ライブ音声ガイド→影ナレ
けっこうハードでした(笑)
 
休憩時間には、私が活弁音声ガイドをつけたパラムーブメント動画「ようこそ、バリアCAFEへ」の上映も。
 
しっかりコロナ対策と情報保障を整えた大規模イベント。大盛況でした✨
 
 
 
▲ステージのモニターを見ながら音声ガイド実況
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コミュニティふらっと阿佐ヶ谷のオープニングイベント。

2021-01-31 | バリアフリー映画、福祉
1月にオープンした杉並区のコミュニティふらっと阿佐ヶ谷のオープニングイベント。
 
『猫の恩返し』をバリアフリー上映。私のライブ音声ガイドでお届けしました。
 
定員を通常の半分にしての予約制(一応予約はいっぱい)。
近隣の方々がお子さま連れでいらして下さり、ご覧下さいました。
 
成瀬わさびさんのバルーンアートも大人気でした。
▲バルーンアートの成瀬わさびさん。2時間半、バルーン作りっぱなしでした。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『癒しのこころみ~自分を好きになる方法』音声ガイド収録

2021-01-13 | バリアフリー映画、福祉

『癒しのこころみ~自分を好きになる方法』の音声ガイドを収録いたしました。

当日は、この作品のプロデューサーでNPOビーマップの副理事長でもある大和田廣樹氏と、同じくビーマップの副理事長で全盲の大河内直之氏立ち合いのもと

スムーズに収録。

 

ビーマップのメンバーで作り、篠原哲雄監督や大和田プロデューサーにもモニターいただいて仕上げた音声ガイド、

収録のガイドナレーションは私が担当させていただきました。

 

コロナ感染拡大が恐れられた2020年7月公開の作品で、劇場で鑑賞できなかった方が多いと思います。

3月にDVDが発売され、そこに字幕と音声ガイドも収録されます。

DVDのご予約、始まっております。

 

GEOやTUTAYSAなどでのレンタルも同時に始まりますので、ぜひ楽しみにお待ちくださいね。

 

癒しのこころみ~自分を好きになる方法~ – 映画『癒しのこころみ~自分を好きになる方法~』オフィシャルサイト (iyashimovie.com)

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』

2020-12-21 | バリアフリー映画、福祉
シネマ・チュプキ・タバタで『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』を拝見。
 
一つ一つの言葉の重み。
感動しほろほろ涙しながら聴きました。
 
2012年のリオでの「国連持続可能な開発会議」のスピーチもですが、
来日の際の、外語大の学生たちに向けた講演がまた素晴らしかった。
 
絵本も購入。
リオのスピーチは、ネットでも見られます。
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする