akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

「YUKIGUNI」音声ガイドダウンロード開始

2018-12-05 | バリアフリー映画、福祉

昨日から「YUKIGUNI」UDCastの音声ガイドダウンロードが可能になりました!
劇場でご覧になる際、起動させると、映画の音声に同期してガイドを聴くことができます。音声ガイドは無料です。

 
 
いよいよ12/4から、映画「YUKIGUNI」劇場で、音声ガイドをご利用いただけます!

視覚障害を持った方も、映画を楽しんでいただけます。副音声は、活弁士の佐々木亜希子さんです!年内は山形県の映画館で、そして年明けは都内の映画館でもお楽しみいただけます。スマホにUDCastのアプリをダウンロードしていただければすぐに活用いただけます。 http://udcast.net/workslist/yukiguni/

コメント

つながるフェスティバル@参議院会館

2018-12-04 | バリアフリー映画、福祉

障害者週間。
今日は、参議員会館で立憲民主党の「つながるフェスティバル」が開催され、バリアフリー映画上映のライブ音声ガイドを務めさせて頂きました。

作品は、全日本ろうあ連盟の歴史を描いたドキュメンタリー映画『段また段を成して』。
「手話」「運転免許」「職業」など、ろうあ者が理解者を増やしながら、基本的人権や種々の権利獲得のために闘ってきたこと、今もその闘いの延長線上にあることにはっとさせられる内容です。

「手話はろうあ者にとっての大切な言語」。
当たり前のように思っていますが、それが認められていなかった時代はそう昔ではなく、
「手話言語法」の制定もこれから。
でもここ数年で手話言語条例を制定した自治体は199にのぼり、手話サークルも増え、急激に社会の理解が進んでいる気はします。

上映後は、各障害者団体、支援団体、党の関係者らが活動内容をアピールし、意見交換や交流が行われました。

パラリンピックに向け、勢いもついています。
障がいのある人も出来る限り生きやすい、生き甲斐のある社会になるよう、政治の面からも与野党を越えて推進頂きたいと思います

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:1人、画面
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、群衆、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人、スーツ、室内
コメント

『YUKIGUNI』UDCast 試写会

2018-12-01 | バリアフリー映画、福祉

スタンダードカクテル「雪国」の考案者、酒田の92歳の現役バーテンダーを追ったドキュメンタリー映画『YUKIGUNI』。

音声ガイドに携わらせて頂き、今日はUDCastで音声ガイドを聴きながらの試写会でした。@松竹試写室。

都内での公開は、ポレポレ東中野で1月2日から。携帯アプリUDCastで音声ガイドをダウンロード頂くと、視覚障害者だけでなく誰でも映画館で私のガイドをお聞き頂けます!

モニターになって下さった視覚障害の方々は、お酒が好きな男性と、全くお酒を飲まないという女性たちでしたが、双方、カクテルの奥深い世界に興味津々。また井山さんの人生ドラマとしても楽しんで下さいました。
そして「カクテルって美しいんですね!」と、「雪国」の淡いグリーンのグラデーションや、シャンパンゴールドに輝くカクテルを想像して、ときめいていらっしゃいました。

この作品を観ると、井山計一さんのカクテルを飲みに酒田のBarケルンに行きたくなります。
実際に行かれた方々も🍸

私もまた帰省の際に立ち寄ります

画像に含まれている可能性があるもの:1人
今日は、フライヤーを手に銀座のBarにお立ち寄り😄
 
画像に含まれている可能性があるもの:佐々木 亜希子さん、渡辺 智史さん、、スマイル、テキスト
 渡辺智史監督と一枚📷
コメント

パラリンピックドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM」フォーラムin上智大学

2018-11-23 | バリアフリー映画、福祉

昨夜は、WOWOWのパラリンピックドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM」フォーラムin上智大学。

特別試写会&トークセッションに参加させて頂いた。

シーズン3(全8回)の番組の中から、パラ水泳の金メダリスト「マケンジー・コーン」選手のドキュメンタリーが上映される。

生まれつき骨がもろく、これまでに60回近い骨折をしながらも、自己ベストを更新し続け、リオパラリンピックで200メートル、400メートルで金メダルを獲得。大学で障害者支援の仕事をしながら、弁護士を目指して勉強にも励み、さらに東京パラリンピックでの金メダルと世界新記録を目指すー。
ガラスの身体に宿る、その強さに感動を禁じ得ず。

その後、水泳のダニエル・ディアス選手(ブラジル)、エリー・コール選手(オーストラリア)、坂井聖人選手(日本)のトークセッション。
松岡修造氏の歯に衣着せぬMCと、トップアスリートたちの熱いメッセージに、会場は笑って、頷いて、拍手して。

水の中で得た、自由。楽しさ。目標。自信。
「不可能はない」「何でもやれる」という確信。負けない心。「これが私」と言える輝く自分。自分の笑顔とたくさんの周囲の笑顔。

「自分は幸せ!」「幸せは自分の中にある」
一つ一つ、困難を越えてきた彼らの言葉は、とても力強かった。

最後は笑顔のフォトセッション。
会場の皆さんもどうぞとのことで、私も。

「WHO l AM」全部観たくなりました。

画像に含まれている可能性があるもの:4人、立ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:4人、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、群衆
コメント

38回Bmapバリアフリー上映会『点と線』開催

2018-11-15 | バリアフリー映画、福祉

『点と線』Bmapバリアフリー上映会開催。

視覚障がいのある方、ろうの方、難聴の方、車椅子の方、一般の方々も一緒にご覧頂き、いい上映会となりました。

今回は、字幕もビーマップで制作しました。
山下武信さんの工夫満載の字幕。
上映会の進行も、山下さんの手話通訳付き。

ビーマップメンバーの司会者が「理事長で活動弁士の佐々木亜希子の活弁公演チラシも配布しています」と紹介してくれたため、ろう者の方がそれに反応して、パソコンで要約筆記を担当していた私にチラシを見せながら何やら手話で話しかける。

手話通訳者が「美人さんですねって言ってます😁
と言うと会場が笑い、今度は、
先日の『メトロポリス』シネマコンサートにもいらして下さった全盲の方が
「実物と声はもっと美人だよ」と声を上げ、
また会場がどっと湧くという…

「いや~😅ありがとうございます~😆ありがとうございます~😄」と野太い声で照れ笑いを振りまきながら
和やかな上映会のスタートとなりました。

作品は、松本清張の社会派サスペンスなので、
皆さんじっくりご覧下さっていました。

今日の音声ガイドは金丸陽子さん。
一人で全編担当は初めてでしたが、
たくさん練習して臨んで下さり
落ち着いた声で語って下さいました

Bmapのバリアフリー自主上映会も38回め。
メンバーは皆さん私よりずっとしっかりしていて、頼もしく上映会を運営してくれます。

終了後には、今週月曜日から読売新聞夕刊に連載中の「しあわせ小箱」をコピーしてみんなに配ってくれるメンバーもいて、暖かいメンバーにいつも囲まれていることをしみじみありがたく思いました。

次回のBmap自主上映会は、3月21日に『私をスキーに連れてって』のバリアフリー上映を予定しています。

コメント

いいお天気。

2018-11-14 | バリアフリー映画、福祉

いいお天気。
お洗濯が気持ちいい☀️

二度咲きの桜が、春より慎ましく咲いています。

お日様を浴びて、こちらも気持ち良さそうです🌸

思いきり深呼吸
ああ 生きてるってそれだけで素晴らしいなぁ

画像に含まれている可能性があるもの:木、空、植物、花、雲、屋外、自然

明日は、NPOビーマップの"みんなで楽しむバリアフリー上映会『点と線』"。

今日は最終読み稽古。

ビーマップが付けた日本語字幕と、ライブ音声ガイドで、皆さんにお楽しみ頂けたら幸いです。

東京都障害者福祉会館で、18時半スタートです。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上
コメント

品川いきいきラボ関ヶ原バリアフリー上映

2018-10-31 | バリアフリー映画、福祉

今日は、品川区のいきいきラボ関ヶ原でバリアフリー上映会『ふしぎな岬の物語』。

地元の方々が大勢集まって喜んでくださり、
ビーマップメンバーにとっても充実の一日となりました。

メンバーには元アナウンサーや朗読経験者もいますが、そうでない方々もたくさんいます。彼女たちがみんな「自然でとても聞きやすくて、上手なナレーションね!とっても素敵だったわ」と言われてはにかんでいるのが、不精指導する者にとっては何より嬉しいです。

今日の峯沙織ちゃんにもファンがついた模様です😆

11月15日(木)には、どなたでも参加頂けるBmapバリアフリー上映会『点と線』を開催します。
三田の東京都障害者福祉会館で18:30より。

一昨日は、そのガイドの稽古でしたが、
なかなか読み癖がとれないので、私のガイドをヴォイスレコーダーに収録して持ち帰って頂きました。
耳コピーが一番早いです。

私もそうでしたが、まずは真似から。
そのベースがいつしか身について、自分の個性と相まって自分スタイルができていく…気がします。

私自身まだまだ発展途上ですが、与えて頂くいろんな機会、一つ一つ面白がって頂けるパフォーマンスをと思います。


コメント

11月15日は『点と線』バリアフリー上映

2018-10-29 | バリアフリー映画、福祉

11月15日は、NPO法人ビーマップによる、「みんなで楽しむバリアフリー映画上映会」。

松本清張原作の『点と線』です。

今日は、当日ガイドを担当する金丸陽子さんの読み稽古。

視覚障害の方もご一緒に楽しんでいただけるガイドをお届けしたいと思います。

もちろん、字幕もつきます。

皆様のお越しをお待ちしております。

コメント

ひまわり荘『夜霧よ今夜も有難う』バリアフリー映画上映

2018-10-18 | バリアフリー映画、福祉

今日は、世田谷区障害者休養施設ひまわり荘でバリアフリー映画上映『夜霧よ今夜も有難う』。

石原裕次郎作品の人気、会場はぎゅうぎゅう詰め。

挿入歌「こぼれ花」一緒に歌っている方もおりました。

いつも皆さん楽しみにして下さっていて嬉しいです。
アクション映画の音声ガイドはなかなかたいへんですが、リクエストされるとやっぱり頑張っちゃいます。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、テキスト

NPOビーマップのメンバーにとっては石原裕次郎はちょっと上の世代で、関心が少なめなのですが、今回少し面白さに目覚めたメンバーも。

ま、個人的にはこの作品より翻案の元になった『カサブランカ』が好きですけどね…

裕次郎の魅力もわかります。

 

というわけで、夜はBmapメンバーと『錆びたナイフ』他を鑑賞。

原作石原慎太郎。若くて細い裕次郎がかっこいい。そして、細くてやんちゃな小林旭…


また頑張ります。

 

▲Bmapの代表として、いつものご挨拶。

▲ガイドは齊藤具子さん。私は、数名のヴォイスオーバーを担当。

 

コメント

バリアフリー上映会in世田谷『晩春』

2018-10-13 | バリアフリー映画、福祉

午前中は、世田谷区の池尻地区会館で、東京都盲人協会の方々の催しとしてバリアフリー上映を行いました。
『晩春』(昭和24年 小津安二郎監督)。

今日の音声ガイドはNPOビーマップのメンバー佐藤恵理さん。成長ぶりに、身内ながら感激。
皆さんとても喜んで下さり、ありがたかったです。

午後は、西新井で子どもたちの表現力ワークショップ。

3回めの今日は「スポーツ」をテーマに発表の訓練。とても有意義でした。

 
 
コメント

映画『太陽の塔』試写会。音声ガイド作りました。

2018-09-13 | バリアフリー映画、福祉

映画『太陽の塔』試写会。

音声ガイドの台本とナレーションを担当させて頂き、今日はUDCastで先週収録したガイドを聞きながら拝見しました。

素晴らしい作品です。

20名もの識者、関係者たちのインタビューを繋げ、映像を重ねる形で構成されていて、どの方の言葉にもとても力があります。

「太陽の塔」「岡本太郎」を題材に、日本人とは、芸術とは、人類とは、進歩とは、文化文明とは、宇宙とは…多くのことが深く掘り下げられていきます。

感性と知性が刺激され
共感し、共鳴し、触発されます。
それは「太陽の塔」そのもの。
この作品もある意味「太陽の塔」からの贈り物です。

関根光才監督は大学で哲学を専攻していたそうですが、抜群の洞察力と構成力と、映像センス。
オープニングとエンディングの映像、そして全体の音楽も素晴らしいです。

音声ガイドのモニター会には、視覚障害の方々、監督、プロデューサーさんにも立ち会って頂きましたが、とても発見の多い楽しい作業でした。

素晴らしい方々と一緒にこの作品に関わることができて感謝です。

9月29日公開。
ぜひご覧下さい。

UDCastアプリをダウンロード(無料)して頂くと、スマホやiPhoneで音声ガイドを聞きながら楽しめます。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、テーブル
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上
 
コメント

『ふしぎな岬の物語』25日のリハ

2018-08-16 | バリアフリー映画、福祉

 

25日のバリアフリー映画上映会『ふしぎな岬の物語』のリハーサルをしました。

最後の読み稽古も兼ねて。
いい感じです。

音声ガイドも何度も言葉を精査して、作り込んでいます。

ガイドは、『蕨野行』などの語りで私と共演している峯沙織ちゃん。

私始め、Bmapメンバーの鬼コーチングにも耐え?珠のような声を活かして素敵な語りを届けます。
ご興味ある方、港区ヒューマンぷらざで13:30から、入場無料です。

コメント

『HOME 愛しの座敷わらし』バリアフリー映画上映会

2018-08-09 | バリアフリー映画、福祉

新宿区牛込箪笥区民ホールで、『HOME 愛しの座敷わらし』バリアフリー映画上映会。

一時は台風でどうなることかと思いましたが、視覚や聴覚の不自由な方々も含め、お客様に足をお運び頂き、笑って楽しんでお帰り頂けて、本当に嬉しく思っています。

こどもたちも楽しんでくれたようで、ほっとしています。

ありがとうございました!

NPOビーマップのメンバーと記念写真。


 
コメント

8月9日Bmapバリアフリー映画上映会『HOME 愛しの座敷わらし』

2018-07-24 | バリアフリー映画、福祉

昨日は、8月9日のBmapバリアフリー映画上映会『HOME 愛しの座敷わらし』の音声ガイドの最後の修正&読み稽古。

2度のモニター会も経て、視覚障がいのある方も、健常者もお楽しみいただける音声ガイドになるよう、みんなで配慮して制作しています。

ガイドを務めるのは、FM埼玉NACK5時代の先輩アナウンサー渥美佳代子さん。この活動に共感して、昨年から一緒に携わってくれています。

当日は浴衣で皆様をお迎えの予定。
東北を舞台にした、大人もこどもも楽しんでいただけるハートウォーミングなお話です。

ぜひご来場くださいませ。

 

◇8月9日(木)Bmapバリアフリー上映会『HOME 愛しの座敷わらし』

日本語字幕&ライブ音声ガイド付き上映

会場 新宿区牛込箪笥区民ホール
開場14:00 開演14:20
入場料 1000円
ライブ音声ガイド NPOビーマップ 渥美佳代子
予約 info@b-map.org

www.b-map.org

 
 
▲先日掲載された朝日新聞の地域情報紙「おはよう!あさひ」新宿版。
 
コメント

NPOビーマップの総会 平成30年度も宜しくお願いいたします

2018-07-05 | バリアフリー映画、福祉

今日は、バリアフリー映画推進団体NPOビーマップの総会・理事会。その後、月一の定例会でした。

理事長再任。拝命いたしました。
メンバーが皆しっかりしているため、なんとか務めていられます。
チームワークの良さはありがたいです

 

29年度もおかげさまで、たくさんの事業を行いました。

30年度も皆様に喜んで頂けるよう、お役に立てるよう、一同精進して参ります。

 

特定非営利活動法人ビーマップ(Bmap)のブログ

NPO法人Bmapのブログです

コメント