akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

鶴岡市「読書で育つ想像の世界」講演

2020-10-18 | 活弁
鶴岡市中央公民館で「読書で元気なまちをつくろう」市民のつどい。
「読書で育つ想像の世界 私、活弁士になった」と題して講演させて頂きました。
 
幼少からの自分の本との関わり、読書体験を改めて振り返る機会となりました。
本は本当に私の人生を導き豊かなものにしてくれています✨
今日はたくさんの皆様に私などの話をお聴き頂き、本当にありがとうございました🙇
 
『不如帰』の活弁実演と、
『おくりびと』の短い2つのシーンのバリアフリー体験もして頂きました。
 
「読書のまち 鶴岡」をすすめる会代表の黒羽根洋司氏による私の紹介と「鶴岡と映画の歴史」スライド紹介にもとても感激しました。
高校の同級生も、会の運営に携わってくれていました。皆様に感謝です。
 
 
 
楽屋を訪ねて下さった山形のアナウンサーの大先輩、現在参議院議員の芳賀道也氏と「ズームイン」のポーズ😊
活弁『不如帰』とバリアフリー実演『おくりびと』両方に泣いて下さったそう。感受性豊かな方です。
 
▲高校の同期のお店7Colors。昨日頼んだガラスのペンダントを引き取りに。
 
そして、鶴岡東高校2年生の甥っ子櫻井倭は、本日の卓球全日本選手権県予選で、3位となり、大学生、高校3年生とともに全国大会への切符を掴みました。
すごい‼️おめでとう✨✨✨
▲朝のすがすがしい鳥海山。空気の美味しいこと!!
コメント

ガラス工房と稲刈り体験

2020-10-17 | 活弁

鳥海山は初冠雪。

 

明日の講演の前に、鶴岡の友人のガラス工房へ立ち寄り、可愛いペンダントを購入(もれなく姪っ子つき)



そして、なぜか羽黒の日が暮れた田んぼで、稲刈り体験。

無農薬米を栽培する㈱出羽庄内特産で、
最新型巨大コンバインに乗って。(動画)

稲刈り終わった田んぼのなんとも言えないいい香り‼️

出羽庄内特産のシャリを使った鶴岡の八方寿司、とても美味しかったです。

コメント

鳥海小学校講演「活弁っておもしろい!」

2020-10-16 | 活弁

統廃合となった母校鳥海小学校で「活弁っておもしろい」講演と実演。

子どもたち、目を輝かせ大いに盛り上がって聞いてくれました。

私の通った鳥海中学校の校舎が現在小学校となっていて、毎日部活動にも励んだ懐かしい体育館!
中学校時代の担任池田浩先生もいらして下さり、いろんな感激がありました。

朝の鳥海山も夕方の鳥海山も美しく、あまりの空気の美味しさに、肌寒い田んぼ道にしばらく佇んで感動しておりました。








コメント

11月3日(祝)茅ヶ崎館で活弁と季節のお料理を楽しむ会!

2020-10-08 | 活弁

11月3日(祝)に、今年も小津安二郎ゆかりの茅ヶ崎館で公演することになりました。

『浮草物語』(昭和9年 小津安二郎監督)活弁、お食事付きの会で、宿泊プランもございます。

コロナ対策で、60畳の広間に20名限定とのこと、お早めにご予約くださいませ。

海も近く、お庭もとても素敵!
松竹脚本部もご贔屓で、多くの監督、俳優たちに愛されてきた歴史ある日本旅館です。

私もずいぶん前に、小津の部屋に宿泊しましたが、感慨深いものがありました。

とても楽しみです✨

コメント

11月14日(土)秋田県能代市「能代おもしろ映画祭り」で3本立て上映!

2020-10-02 | 活弁

11月、秋田県能代市の「第4回 能代おもしろ映画祭り」で公演させていただくことになりました。

なんと、午前中に『WOOD JOB!』のバリアフリー上映でライブ音声ガイドを務め、

午後には活弁『チャップリンの放浪者』『番場の忠太郎 瞼の母』という

1日3本立て!

それがすべて500円の一日券でご覧いただけるというスペシャル企画です。

 

 


◆11月14日(土)秋田県能代市「能代おもしろ映画祭り」

 ①みんなで楽しむバリアフリー映画『WOOD JOB!』

 9:40開場 10:00開演   ライブ音声ガイド 佐々木亜希子

 ②よみがえる活動弁士付き無声映画
 『チャップリンの放浪者』『番場の忠太郎 瞼の母』
 
 13:00開場 13:30開演  活動弁士 佐々木亜希子

【会場】能代山本広域交流センター多目的ホール
【入場料】500円<3本立て・一日券> 小中高生無料
【主催】能代おもしろ映画祭り実行委員会
【後援】能代市/能代市教育委員会/能代木材産業連合会/市民おもしろ塾/シネマシャンテ
【問合せ】080-4131-3634

 

次の日15日は、秋田市でまた別の作品3本立てです。

頑張ります(笑)

ぜひ秋田の皆様、この機会にお越しくださいませ!

 

コメント

11/1 秋のクラシカルムービーコンサート開催!

2020-10-01 | 活弁
 
11月1日(日)、2月以来の「クラシカルムービーコンサート」開催です!
今回は、アンサンブル・アンクラージェの生演奏で、フランスの巨匠ルネ・クレール監督の『眠るパリ』を活弁上演します!
 
『眠るパリ』 Paris qui Dort 
1923年 仏 フィルム・ディアマン作品 39分
監督・脚本/ルネ・クレール
出演/アンリ・ロラン、マドリーヌ・ロドリグ、アルベール・プレジャン
フランスを代表する名匠ルネ・クレールの第一回監督作品。
喜劇味と風刺を散りばめたSFファンタジー。
 
◆11月1日(日)2020秋のクラシカルムービーコンサート
毎回好評のクラシックと活弁の饗宴!
 
活動弁士 佐々木亜希子
生演奏  アンサンブル・アンクラージェ 
 
第一部 クラシック演奏 テーマ「シネマ」「秋」
    秋の音浴サプリ
 
第二部 活弁『眠るパリ』(1924年/仏/ルネ・クレール監督) 
   佐々木亜希子×アンサンブル・アンクラージェ 
 
【出演者】
村田早(声楽家ソプラノ)
山田千尋(声楽家ソプラノ)
くらあかり(クラリネット)
南なつみ(サックス)
高橋奈々子(サックス)
竹内真美(トランペット)
数馬尚子(チューバ)
杉本帆波(ピアノ)
小松真理(ピアノ・音楽監督)
土屋一昭(森の演出家)
佐々木亜希子(活動弁士)
 
【時間】 18:30受付開始 19:00開演
【会場】 日暮里サニーホールコンサートサロン
【料金】 ◎一般4000円(税込)
【予約】 info@mokuren.gr.jp
お早めにご予約下さい。
 
 
コメント

24期ワークショップ、賑やかにスタート‼️

2020-09-28 | 活弁
24期活弁ワークショップの一回め、26日、27日、本日と3日に渡って、3~4名ずつで行いました。

役者さん、声優さんもいれば、大阪から参加下さった方も。どのワークショップもとても楽しい2時間でした。
4作品を活弁でご覧いただき、自身が取り組む作品を選んでいただいたところです。

さて、これから5か月で、それぞれどんな活弁に仕上がるか。
これまた、過程も含め、とても楽しみです!

皆様、公演をお楽しみに。
コメント

成瀬巳喜男監督セミナー「成瀬映画のここがすごい!」

2020-09-20 | 活弁
昨日は、成城一宮庵での成瀬巳喜男監督セミナー「成瀬映画のここがすごい!」に参加しました。
 
現存する成瀬作品69作をすべて、しかも何度もご覧になっている平能哲也氏(『成瀬巳喜男を観る』の著者)の解説。
 
演出方法、性格など、詳細な分析、小津安二郎との比較も面白く、あっという間の3時間でした。
 
コメント

松竹蒲田撮影所百周年記念蒲田映画祭開幕!「~日本初の女流脚本家水島あやめ~」感謝

2020-09-19 | 活弁
9月18日、松竹蒲田撮影所100周年蒲田映画祭開幕!
最初のイベント「~日本初の女流脚本家水島あやめ~」大盛況の中終えることができました😊
 
永田雅代さんのピアノ生演奏で「水島あやめ物語」。
水島あやめ研究家の因幡純雄さんと一緒に㈱ワイ・プランニングで15分の紹介動画を作らせて頂いたものです。
 
その後、永田さんの「蒲田行進曲」生演奏で再登壇、ごあいさつ。
「開演前に会場に流れていた曲は、『明け行く空』の主題歌。
今回のために永田さんのオルガン演奏、二人の声で、子どもたちが歌っている態で吹き込んだものです。」
 
 
そして、斎藤寅次郎監督、水島あやめ脚本の『明け行く空』(昭和4年)活弁上映。
 
『明け行く空』は、斎藤寅次郎監督の笑いのエッセンスが効いた母もの。
会場からの笑い声とすすり泣きに背中を押され語りました。
 
休憩を挟んで、因幡純雄さんの解説「水島あやめが活躍した蒲田の時代」。
サイレント映画全盛期の蒲田撮影所の隆盛と、あやめの活躍ぶり、『明け行く空』の制作背景など、
さすが、蒲田映画祭ならではの充実の内容でございました。
 
 
 
そもそも、因幡さんとの出会いは、2003年の新潟県六日町での「水島あやめ生誕百周年記念事業」でした。
佐藤忠男先生による記念講演「水島あやめと東洋のハリウッド・松竹蒲田撮影所」、
『明け行く空』活弁上演、パネル展、遺品展が催されました。
 
この時の会場の拍手と、佐藤忠男先生から頂いた言葉が、活動弁士としてやっていく上での私の大きな自信となり、
またその時のご縁が、こうして現在につながっています。
 
 ▲常に『明け行く空』の台本ファイルに入れてある2003年当時のチラシ。
 
 
今回は、斎藤寅次郎監督のご家族や、水島あやめの地元の新潟からもたくさんご来場賜り、
皆様と蒲田撮影所時代に思いを馳せながら、楽しく充実の時間を頂きました。
感謝です✨
 
第8回蒲田映画祭は、10月18日まで様々な催しが続きます!
▲開演前の準備
▲「水島あやめの生涯」リハ
 
▲開演前のチェック
 
▲開場しました。コロナ禍の中、満席のご予約、ご来場、感謝です
 
▼楽屋で2ショット。きれいにヘアメイクして頂きました。
 
 
▲自分じゃできない。
 
▲蒲田映画祭実行委員の皆様と。著書もご購入頂き、感謝。
 
▲水島あやめの故郷新潟県南魚沼市からご来場くださった皆様と。
 
▲斎藤寅次郎監督の息子さん厚生さんと斎藤文恵さん。
そして、先日の横浜野外公演で共演させて頂いた馬場睦子さんと武石さんご夫妻も駆けつけて下さいました。
 
今回、『明け行く空』を初めてご覧になったという寅次郎監督の三男厚生さん(私の隣)より届いたメッセージ
「佐々木さんの語りで作品が助けられて居る!監督もあの世で手を叩いて喜んでいるでしょう!本当に有り難う!」
 
 
またお目にかかりましょう!
ありがとうごさいました✨
コメント

活弁と朗読で楽しむ『不如帰』at高円寺Grain

2020-09-16 | 活弁
昨日は、異業種交流会「横八会」で「活弁と朗読で楽しむ『不如帰』」を開催、私の活弁と唐ひずるさんの朗読で、徳冨蘆花の『不如帰』をお聞きいただきました。
 
コロナ対策でいつもの半数定員、そして、唐さんはリモートでの出演。
 
 
大正11年の映画の後、小説から4か所を抜粋しての朗読、
映像のイメージとともに小説の原文を味わって頂けたなら幸いです。
 
朗読の後の二人の対談も、ZOOMで行いました。
初の試み。
 
 
これまで何度もお世話になった会場高円寺Grainさん、10月4日で閉店は寂しいですが…。
横八会の皆様、本当にありがとうございました!
コメント

第24期活弁ワークショップ(2020年9月~2021年1月)開催!

2020-09-15 | 活弁

★第24期活弁ワークショップ(2020年9月~2021年1月)開催!

今期は、以下の4作品の中から一人一作品の短編を選び、台本作りから語りまで取り組んで頂きます。

①『チビッコギャング・モンキービジネス』 Monkey Business 
1926年 米パテー社作品 11分  製作/ハル・ローチ 
出演/ジョウ・コップ、ジャッキー・コウドン、ファリナ
チビッコギャングたちがおさるを味方に巻き起こす珍騒動。

②『無理やりロードレース』
1924年 アメリカ 11分 
監督 デル・ロード  出演ビリー・ビーバン
250マイル(400キロ)ロードレースに出場する二人のライバル、ガレージ「ブラックキャット」のバード対「レッド・ドッグ」のベン。
賞金25000ドルとヒロインをかけて、どちらが勝つか!?ドタバタコメディ。

③アニメ『のらくろ伍長』
1934年(昭和9年) 横浜シネマ商会作品 11分
原作/田河水泡 漫画・演出/村田安司
ちょっぴり出世したのらくろ伍長が、機密書類を盗んだ山猿聯隊のスパイを大追跡!?

④『弥次喜多 岡崎の猫騒動』 
1937年 大都映画 14分
監督/吉村操  出演/大岡怪童、山吹徳二郎
おなじみの弥次郎兵衛と喜多八が、東海道の宿場岡崎でドタバタ猫騒動。当時のローレル&ハーディ人気にあやかったデブとヤセの珍コンビ喜劇は、大都映画の名物だった。



第24期活弁ワークショップは、9月27日(日)より5か月、基本的に第4日曜日に開催予定です。
(9月27日、10月25日、11月22日、12月27日、1月24日)

密にならないよう、また2月以降に開催する活弁W公演のことも考え、
一作品2~3人にし、10月以降のワークショップは、時間をずらして少人数制にいたします。
(基本的に第4日曜日、班によって別日もあり)
一人で一作品ではなく、複数人で組んで取り組みたい方はそれでもかまいません。


遠方の方、またはコロナ感染対策で、リモート参加ご希望の方も可能です。

マンツーマンのリモートワークショップは、ご都合に合わせますが、一回1時間半とさせて頂きます。

初回は、
①9月26日(土)10:00~12:00 高田馬場ダイカンプラザ1028号室
②9月27日(日)14:00~16:00、高田馬場ダイカンプラザ1階会議室

③上記二日間が難しい方、リモート参加希望者は別途

すべての作品をご覧いただいて(一応私の活弁で)、チョイスして頂き、作品の班ごとに10月以降のスケジュールを決めます。

※24期終了後、希望者は活弁Wフェスティバルにご出演頂きます。

【会場】高田馬場ダイカンプラザ(新宿区高田馬場1-31-8)

【参加費】15000円(一期分/資料代込み)

【申込み・お問合せ】活弁ワークショップ「活弁人声会」
TEL 03-6233-7150 
mail; info@mokuren.gr.jp

【協力】㈱ワイ・プランニング/マツダ映画社

コメント

9月18日(金)の蒲田映画祭 リハーサル

2020-09-11 | 活弁
9月18日(金)の蒲田映画祭「水島あやめ~蒲田を愛した女性初の映画脚本家」
満席となりました。
 
今日は永田雅代さんとリハーサル。
 
映画『明け行く空』の主題歌「湖畔の唄」も収録。当日ロビーで流します😊🎵
お楽しみに✨
 
コメント

横浜野外コンサート&上映会「夏の夜を惜しんで」YouTube

2020-09-09 | 活弁
9月5日の横浜野外コンサート&上映会「夏の夜を惜しんで」。
 
一部のコンサートと
二部の活弁『ちび助物語 一寸法師』
『チャップリンの放浪者』
NHK山形時代にお世話になった浜谷修三カメラマンがYouTubeにしてアップして下さいました。
 
コメント

2月以来のバリアフリー上映会満員御礼

2020-09-06 | 活弁





今日は、練馬区平和台図書館で、NPOビーマップとしては2月以来のバリアフリー上映会!

コロナ対策で、定員を通常の半分にし、窓とドアを空け、ライブ音声ガイド席にはアクリルパネルを設置して開催。『喜劇 駅前旅館』。

「近所の図書館での上映会、待っていました!」と、募集から間もなく満席になり、キャンセル待ちの問い合わせもあったとか。
視覚障害の方も3名ほどご参加下さいました。

待って下さっている方々がいるのはとても嬉しいことです。

関連図書として
『カツベンっておもしろい!現代に生きるエンターテイメント「活弁」』も展示頂いておりました。

「とてもよく借りられていて、今日のために予約押さえたんです」
と図書館の方。ありがたいです。
コメント

横浜野外コンサート&上映会、感謝!

2020-09-06 | 活弁

横浜野外コンサート&上映会、雨予報の中、なんとか奇跡的に、二日間開催することができました。

満席といっても野外なのでその点は安心、お子さんたちも一番前に並んでご覧下さり、本当に充実の楽しい二日間でした!

二日とも、猛暑の中のセッティングと、大雨の中の撤収で、スタッフの皆様にはたいへんご苦労をおかけしました。
感謝でいっぱいです。

生演奏の武石玲子さん、声楽の馬場睦子さんとの共演、とっても楽しく、エキサイティングでした✨

本日の様子は、NHK山形時代にたいへんお世話になった浜谷修三カメラマンが撮影下さっており、後日YouTubeにアップして下さいます😄

次の機会を楽しみにして💕
コメント