akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

鹿児島バリアフリー映画祭『マンゴーと赤い車椅子』

2015-11-29 | バリアフリー映画、福祉

全国障害者芸術・文化祭、そして鹿児島バリアフリー映画祭、盛況に終了しました。

今日の最終上映『マンゴーと赤い車椅子』でライブ音声ガイドを行いましたが、会場いっぱいのお客様にご覧頂き、終了後には嬉しい声も頂きました。感謝です。

鹿児島県大崎町も舞台になっている作品なので、親しみもあったのではと思います。

たまたま、親しくさせていただいている鹿児島県出身のIT会社社長さんがご両親の介護で帰省なさっていて、鹿児島市内や桜島を案内下さいました。

今ハマっている朝ドラ『朝がきた』で注目、薩摩出身の五代友厚は遠い親戚らしく、お祖母様が昔五代さんの話をなさっていたそう。
夜の屋台村では、西郷隆盛や南洲神社の話などで地元の方と盛り上がり、幕末~明治が身近に感じられる濃い鹿児島滞在でした。

アート作品の最優秀賞2点。右はすべて小さな折り鶴。「つるとロケット」。

左は桜島。色鮮やかで、両方素晴らしい作品です。

コメント

原節子さんのご逝去

2015-11-26 | 映画・芸術・エンターテインメント

原節子さん、95歳の大往生。9月に亡くなられていたなんて。

小津監督ご逝去の後、42歳で女優を引退。若くして引退した後長寿を全うしたハリウッド女優グレタ・ガルボとどうしても比較してしまいます。


ご冥福をお祈りいたします。

奇しくも、12月3日の世田谷区障害者休養所でのバリアフリー上映は、彼女と小津監督の代表作『東京物語』です。

 
 
荒井 幸博さんの写真
 
 
 
 
 
コメント

12/26.27シネマート新宿『戦艦ポチョムキン』再演

2015-11-25 | 活弁

12月のシネマート新宿は、6月上映した『戦艦ポチョムキン』の再演です。

生演奏はトリオマトリョーシカのお三方。

先日、東京バラライカアンサンブルの定期演奏会へ伺いましたが、バラライカ演奏、混成合唱団白樺のロシア民謡など、ロシア音楽を堪能しました。

ゲスト出演していたロシア人歌手(バスソロ)のデニス・ビシュニャさんの歌声も素晴らしかったです。

この方、日暮里のフラワーショップCurtainFigTreeがお気に入りで、日本人の奥様に時々お花を買って下さっているそうで、世間の狭さ、ご縁にびっくり!

6月の上映を見逃した方、今度はお見逃しなく。

◆12月26日(土)27(日)活弁!シネマートライブ
『戦艦ポチョムキン』

活動弁士 佐々木亜希子
生演奏 トリオマトリョーシカ

時間 両日14:45~
劇場 シネマート新宿 スクリーン2
料金 ◎一般2000円(税込)◎シネマート会員1,800円
チケット販売場 シネマート新宿チケット窓口

コメント

鹿児島バリアフリー映画祭

2015-11-24 | バリアフリー映画、福祉

27日~29日まで、全国障害者芸術文化祭が鹿児島県鹿児島市で開催され、バリアフリー映画もイベントの一環として5本上映されます。

28日は

『あん』『六月燈の三姉妹』『舞子はレディ』

29日は

『百日紅』『マンゴーと赤い車いす』

です。

13時からの『マンゴーと赤い車いす』は、鹿児島県大崎を舞台にした作品。私のライブ音声ガイド付き上映です。

お楽しみいただけますよう。

コメント

シネマート新宿『ノートルダムのせむし男』

2015-11-23 | 活弁

シネマート新宿での『ノートルダムのせむし男』ご来場ありがとうございました!

怪奇俳優ロン・チェイニーの特殊メイク、莫大な製作費をかけたセット、中世のパリ、ノートルダム大聖堂を舞台に繰り広げられるドラマは見どころいろいろだったと思います

前日からのぎっくり腰と戦いながら演奏下さった永田さん、本当にお疲れ様でした(涙)。お大事になさってくださいませ

コメント

ペルー映画『マリネラ』

2015-11-22 | 映画・芸術・エンターテインメント

 ペルー初のミュージカル映画『マリネラ』。

友人の長澤くんがペルー映画を日本に紹介したいと上映会を企画しました。

筋は単純、インド映画?と思うようなシーンもありましたが、上映終了後のステージも含め、南米三大ダンスとも言われるペルーの伝統舞踊マリネラを堪能しました。

子どもたちの踊る姿も可愛かったです。

一昨日は『英国王のスピーチ』でイギリスの王室文化に浸り、その前日は東京バラライカアンサンブルの定期演奏会でロシア音楽を堪能、明日は15世紀のパリへトリップです。

 

コメント

バリアフリーさが映画祭2015

2015-11-21 | 活弁
昨日今日と佐賀市で行われたバリアフリーさが映画祭、今年は5本の映画が字幕、音声ガイド付きで上映されました。

私は『英国王のスピーチ』を昨夜ライブで音声ガイド、今日は今夏音声ガイドを収録していただいたドキュメンタリー『筑波海軍航空隊』を客席で観賞しました。

昼食後、映画好きの視覚障害の女性に「佐々木さん、好きです!ガイドで一番好きです!聞きやすくて、昨日も今日もとても良かったです」と興奮気味に言われ、すごく嬉しくて、こちらも舞い上がってしまいました。

いつも、見えない方が作品世界に入りこんで楽しめるように、また、監督がそのカット、アングルに込めた意味まであわよくば伝わるようにと、時には詩的な表現も使いますし、音を最大限に活かすため、間や緩急、プロミネンスにも気を使います。

ライブでは、時に噛んだりズレてしまったりもあるのですが…。

障害当事者の方に楽しんで頂けるのが何よりで、報われる気がします。

思えば、8年ほど前に「活弁を活かして自由に書いて」とプロデューサーに言われ初めて音声ガイドに取り組んだ時は、2ヵ月3ヵ月と試行錯誤しました。

以来たくさんの作品の音声ガイドに携わらせて頂き、今では叩き台は一日、あとは何度か合わせながら修正、効率良く作れるようにもなりました。

以前、東京国際映画祭で山田洋次監督が『幸福の黄色いハンカチ』のライブ音声ガイドを聞いて下さり「自分の作品だけどそのまま見るより面白かった」と絶賛下さった時は、監督の意図を汲み間違えていなかったとほっとし、それも一つ大きな自信になったなあと思い起こされます。

もっと多くの作品がバリアフリー上映され、広く楽しまれるよう、精進していきたいと思います。
感謝。
コメント

『恋人たち』テアトル新宿

2015-11-17 | 活弁
テアトル新宿で14日から公開の『恋人たち』拝見しました。
山手線の人身事故で入場がギリギリになったため、席がほとんど選べず、一番前で観賞。

橋口良輔監督の久しぶりの作品、いい作品でした。
音楽がほとんどないのも、逆に効果的だったかも。2時間以上、赤裸々で骨太で繊細な橋口ワールドにどっぷり浸かり、最後は泣かされてしまいました。

松竹ブロードキャスティングのプロデューサー深田さん、『滝を見に行く』に続き、またもちょこっと出演していらして、キャストの中で一番ハンサムなんじゃないかと、別の楽しみ方も。

『恋人たち』ぜひご覧ください。
コメント

2016年1月11日(日)活弁W公演決定!

2015-11-15 | 活弁

今日は、北区子ども弁士教室へ行くと、久しぶりの顔が。

高校3年の女子生徒が、推薦で大学が決まったと報告に来たのです。小学生たちも高校や大学の話をうなづきながら聞き、自分の進路を考えるきっかけになっているようでした。

その後、大人の活弁ワークショップ。

1月公演が決まり、それぞれの演目の稽古です。いい感じになってきました。

皆さま、ぜひいらしてくださいね!

コメント

京都おもちゃミュージアム『雷門の大火 血染の纏』

2015-11-14 | 活弁

京都おもちゃ映画ミュージアム!
レトロな価値ある映写機がたくさん並ぶワクワク空間でした。

雨にも関わらずいらして下さったお客様たち。
目玉のまっちゃん、尾上松之助の『雷門の大火 血染の纏』の他、今日は松之助の葬儀の映像も上映。

上映後は、懇親会。尾上松之助遺品保存会の方々もいらして、まっちゃんに纏わる話に花が咲きました。

太田館長夫妻にはたいへんお世話になり感謝です。

今日はNHKBSの新日本風土記のロケが入っておりました。
放送は1月8日だそうです。

コメント

明日『雷門大火血染の纏』

2015-11-13 | 活弁
明日は京都のおもちゃ映画ミュージアムへ伺います。

目玉のまっちゃんこと尾上松之助の『雷門大火 血染の纏』の活弁です。

大正時代の作品のため、字幕はシーンごとのタイトル(見出し)のみ、アップはなく引きの映像ばかりで、しかもかなり傷んでいるため、まっちゃん以外は誰が誰やらわかりづらい。
無声映画後期の見ているだけでわかる作品に比べると台本制作に3倍はかかります。

とはいえ、映像を読み解きながら一人一人にセリフを与え、キャラを立て、物語を紡いでいくのはとても楽しい作業でした。

今回は、音楽も、お借りした素材の中から私がシーンごとに選曲させて頂きました。

明日は見に来て下さった方々に楽しんでもらえるといいなあ。。。
コメント

11/20『英国王のスピーチ』音声ガイドin佐賀

2015-11-10 | バリアフリー映画、福祉

11月20日21日に開催されるバリアフリーさが映画祭2015

今年は私は、20日(金)の18時より、『英国王のスピーチ』の音声ガイドをライブで行います。

ガイド台本を制作しましたが、さすがアカデミー賞4部門受賞、とてもいい作品です。

また、21日の10:30からは、夏に音声ガイドをつけさせていただいたドキュメンタリー『筑波海軍航空隊』の上映です。

こちらはライブで行うわけではありませんが、見応えある作品です。

他に20日は『あん』、21日は『百日紅』『くちびるに歌を』

会場は、佐賀市のアバンセ。両日多くの方にご覧いただけたらと思っております。

コメント

12/10(木)Sachiko Nakano Christmas Dinner Show ゲスト出演

2015-11-09 | 活弁

12月10日、ラドンナ原宿で行われるジャズシンガー中野幸代さんのCD発売記念クリスマスディナーショーにゲスト出演します。
「宇宙旅行」が今回のテーマとのことで、ジョルジュ・メリエスの『月世界旅行』を活弁上演します。

しっとりと大人のジャズを楽しんでください。 


◆12月10日(木)Sachiko Nakano Christmas Dinner Show
「宇宙旅行」

活弁上映『月世界旅行』

会場 ラドンナ原宿

オープン 18:00
ディナー 18:30
ステージ 19:30~

料金 12000円(ディナー&1ドリンク付)

申込み info@mokuren.gr.jp


コメント

京都おもちゃ映画ミュージアム 無声映画の夕べ

2015-11-05 | 活弁

11月14日(土)、京都のおもちゃ映画ミュージアムで活弁上映をいたします。

今年生誕140年となる、日本映画最初の大スター、目玉のまっちゃんこと尾上松之助の主演作品『雷門大火 血染の纏』です。

台本制作中。松之助作品、楽しんでいただけますように。

町屋を改造したおもちゃ映画ミュージアムのスクリーン席数は30ですので、お早めにいらして下さい。

京都へ伺うのを楽しみにしています。

コメント (1)

日本屈指の名作『八甲田山』初のBlu-ray化!

2015-11-04 | バリアフリー映画、福祉

高倉健さんもまもなく一周忌を迎えますが、私が音声ガイドを担当した『八甲田山』Blu-rayがついに発売となりました。

復元台本付きの完全初回生産限定版は、とても立派で、人気が高いようです

名だたる名優たちが、すさまじい吹雪の中、凍傷になりながら敢行したロケ。より鮮明な画像で、その迫力が、伝わってきます。今後、このような過酷なロケによる大作は生れないだろうと思います。

音声ガイドも、視覚障害の方にも健常者の皆様にも楽しめるよう、この映画のプロデューサーと全盲で東大先端研究所研究員の大河内直之先生にモニターいただきながら、Bmapのメンバーとともに制作したものです。

ぜひアマゾン等でお買い求め頂き、永久保存版にしていただきたく思います。

コメント