akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

「残したい!まちキネ」

2020-07-20 | 映画・芸術・エンターテインメント

映画館も劇場も様々なお店もたいへんな思いをしていると思いますが、何度か取り上げているように、このコロナ自粛の期間中に、故郷庄内の「鶴岡まちなかキネマ」が閉館いたしました。

絹織物工場だった広い平屋の建造物を活かして設計された建築物は文化財級の価値があります。

4つのスクリーンでは、常に新旧の良質の映画が上映されており、広いエントランスホールではイベントが開催されたり、市民の憩いの場にもなっておりました。

 

この建物をとり壊さず、映画館としての機能も一部でも残して、新たなスタートを切ってほしい、と願っています。

鶴岡「まちキネ」を残そう! 26日(日)までオンライン署名を行っています。

ぜひよろしくお願いします! 

http://change.org/SaveMachikine

 

▼「残したい、まちキネ」呼びかけ人メッセージ(佐々木も呼びかけ人の一人です)

https://www.facebook.com/SaveMachikine/videos/639050416956778

 

▼「まちキネ」のドローン撮影

https://www.facebook.com/SaveMachikine/videos/281958926245213

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 三浦春馬さんの死に | トップ | 8月8日、喜劇の神様斎藤寅... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

映画・芸術・エンターテインメント」カテゴリの最新記事