akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

活弁!シネマート新宿ライブ『瀧の白糸』

2014-04-30 | 活弁

昨日のシネマート新宿での活弁『瀧の白糸』、大勢の方にいらしていただき、本当に感謝です。15:00の回は満席、椅子を増やしての鑑賞となりました。
いらしてくださった皆様、ありがとうございました!

野原直子さんの素晴らしい演奏で、作品世界がぐっと深くなった気がします。
とても楽しい共演でした。

2010年に倉敷の児島、玉島でこの作品を上演した際も、両会場に全盲の方々もいらして喜んでくださったのですが、今回も野原さんのご友人の全盲の作曲家の方がいらして、とても感激して帰られました。

多くの方にこの名作を私たちの共演でご覧いただけて嬉しく思います。
また7月頃に、野原さんとの共演を考えております。

次回のシネマート新宿<活弁!シネマートライブ>は、5月27日(火)、今度は平日です。
第一回アカデミー賞で監督賞、女優賞、脚本賞を受賞した『第七天国』を、永田雅代さんの生演奏とともにお届けします。これも、見逃さないでいただきたい無声映画の金字塔です。
次回からドリンクをつけず、500円引きになります。
学生の方々も来やすいよう、学生料金1500円も設けてくれました。

皆様、ぜひぜひふるってご参加ください!どうぞ宜しくお願いします。

コメント (3)

明日の『瀧の白糸』リハ

2014-04-28 | 活弁
明日の<活弁!シネマートライブ『瀧の白糸』>のリハーサル中です!

野原さんの音楽に語りながら泣かされております…

明日、ご都合が着く方はぜひ。
野原さんは倉敷からいらして下さっているので、『瀧の白糸』の都内共演は、今後できるかわかりません。
お待ちしています(*^^*)
 
コメント

『猫の恩返し』バリアフリー上映

2014-04-26 | バリアフリー映画、福祉

一般社団法人 地域福祉推進機構の設立記念イベントとして、スタジオジブリ『猫の恩返し』のバリアフリー上映会を催していただき、ライブで音声ガイドをつけさせていただきました!

タワーホール船堀には、たくさんの方がいらして、バリアフリー上映をとても楽しんでくださいました。

「難しいものかと思っていたけど、福祉というより、本当に自分たちが楽しめるもの」「スピード感が増して、言葉とともに映像が楽しめて、新しい!」 終了後、たくさん感想をいただきました。

上映の前には、「児童デイサービス ばんびーの」に通う子どもたちとスタッフがダンスを披露し、代表の初鹿明博氏がご挨拶。

「人は皆、失敗をして、失敗しない術を学ぶ。でも障害のある子どもたちは最初からできないだろうと挑戦させてもらえないケースが多く、失敗する機会すら与えられない。だからいつまでもできるようにならない」

「私たちは皆、趣味を持っていて、映画を見たり、絵を書いたり、踊ったりスポーツを楽しんだりして、日頃の疲れをリフレッシュしている。障害者だけは「自宅と作業所を往復する」のが当たり前のように思われているのはおかしい。健常者と同じようにストレスもたまる。発散する術、自分にとってのずっと続けられる楽しみを見つけることは、健常者と同じく大切なこと」

初鹿先生の言葉です。

「児童デイサービス ばんびーの」では、様々なプログラムが組まれ、障害のある子どもたちが自分の興味で教室に参加できるようになっています。

この日のダンスステージ、みんなの楽しそうに踊る姿は感動でした。

いろんな人がいるけれど、同じ地域で「いま、ここでいっしょにいきる」。そのために小さな意識改革から、私もお手伝いできればと思います。

初鹿先生もblogにアップなさっていました。

コメント

『それでも夜は明ける』

2014-04-25 | 映画・芸術・エンターテインメント

アメリカ南部の奴隷制度を、実話を元に描いた『それでも夜は明ける』、いい作品でした。

音楽家で自由黒人だったソロモンは、拉致されて南部で12年間奴隷として生きることになりましたが、もともと幸せな家庭生活を営んでいたソロモンと共に、観客は理不尽で残酷な奴隷制度を体験することになります。

その辛い状況下でも、希望と尊厳を捨てずに生き抜き、家族の元へ生還したソロモンの姿にも胸を打たれますが、奴隷として人間扱いされずに死に絶えた人々がどれほどいたことか-。

歴史を直視する機会を与えてくれる価値ある一作です。

コメント

活弁シネマ@根津釜竹

2014-04-21 | 活弁
20日の活弁シネマ@根津釜竹、たいへん賑やかに開催することができました。

お力添えくださった皆様、いらしてくださった皆様、会場を提供くださった釜竹さん、本当にありがとうございました!
 


多くの方のご協力のお陰様で、酒田の漬物各種、玉こんにゃく、しそ巻き、だだちゃ豆湯葉、つや姫炊き込みご飯二種「甘えび」と「鯛」等…、そして孟宗汁(私が作りました。おほほ♪)を召し上がっていただきながら、活弁をご覧いただくことができました。
お酒も、酒田の日本酒各種「上喜元」「初孫」、梅酒、焼酎、ヨーグルトリキュール「子宝」、高畠ワインの赤、白、スパークリングワイン…

お一人でいらした方々も皆、テーブルごとにずいぶん仲良くなって盛り上がって下さり、嬉しい限りです。


『チャップリンの放浪者』で、バイオリンの生演奏をしてくださった河島三二先輩、本当にありがとうござました!
チャーリーが自分のオリジナル曲「ライムライト」「スマイル」を奏でるという演出、皆さんの反応もばっちりで、嬉しかったです。
演歌や歌謡曲も織り交ぜ、楽しい作品になりました。
バイオリンの音色をより素敵に響かせてくれたのは、高い天井の石蔵。
会場が熱気で熱い中、河島さんは汗だくで二曲もアンコールにお応えくださり、会場も湧きました。

 
『海浜の女王』の音楽を作ってくださった大塚晴寿さんには、当日の音響も行っていただきました。
とても語りやすかったです。

『弥次喜多 岡崎の猫騒動』含め3本、皆様に声をあげて笑っていただいて何よりでした。

座敷席に入りきれず、下のテーブル席で鑑賞いただいた方々も。感想言いながら見られて楽しかったとのことでしたが。

酒田、山形が地元の方は2割ちょっとでしたので、孟宗汁も「具が何もない妄想汁かと思った」なんていう方が何人もいて、PRのしがいがありました。

酒田市からは、皆さまへのお土産として、つや姫の中でも特に高品質の極上米「黒びょうせん つや姫」も。

ちなみに、この日飾っていただいたお花は、山形産のバラ「ティアモ」と、山形県寒河江市産のビバーナム。

私の胸の生花コサージュも「ティアモ」でした。(by curtain fig tree)

お酒、んめもの、いい会場。
ワイワイやれるこうした活弁の会を、また芋煮の時期くらいに開催したいなと思っています。

ほんとでありがどの~。まだ来てくれの~。さがた、やまがださも来てくれの~

コメント

東京亀城会拡大理事会

2014-04-19 | 酒田・庄内・山形

酒田東高校同窓会の東京亀城会拡大理事会が開催され、執行理事の私も運営のお手伝い。

たくさんの先輩たちの発言、とても刺激になります。

「健康な食生活を送るために」との題で、医学博士の吉田聡先輩のミニ講演もあり、有意義な理事会でした。

懇親会では、朝から女性の先輩たちが作った「孟宗汁」が振舞われ、酒田の酒で皆上機嫌。

ここでも孟宗汁!やっぱりこの季節、庄内の風物詩ですからね…

連日孟宗汁になる先輩たちには、すみませんが、明日は私の手作りです。

コメント

NewSoundの『海浜の女王』

2014-04-15 | 活弁

来週日曜日の活弁作品『海浜の女王』、音響ディレクターの大塚晴寿さんに音楽と効果音をつけて頂いてました。

その仕上がりを聞いて感激!今までの無声映画にないリアルな効果音が、作品をかなり立体的にしています。

私の語りに合わせてとても楽しんで選曲下さいました。

皆さんに、ぜひ聞いて頂きたいです!

コメント

チャップリンの放浪者…のバイオリン演奏

2014-04-13 | 活弁

来週行われる根津釜竹での活弁に向け、当日『チャップリンの放浪者』でバイオリン演奏をして下さる河島さんと合わせ稽古。

放浪の音楽家チャーリーは、バイオリン一つをお供にあちらこちらで角付けしています。

そのチャーリーの演奏に合わせて、また後半ののどかな二人のシーン、クライマックスシーンの背景に、バイオリンを奏でていただきます。

曲は二人でチョイスいたしました。

お楽しみに。

 ■4月20日(日)活弁シネマ@根津釜竹
『海浜の女王』
『チャップリンの放浪者』(バイオリン演奏 河島三二)
『弥次喜多 岡崎の猫騒動』

弁士:佐々木亜希子
会場:根津 釜竹
時間:17時開場 17時半開演
会費:4,000円(飲み放題、つまみ付)
問合せ、予約:info@mokuren.gr.jp TEL 03-6233-7150

協力:公益財団法人鎌倉市芸術文化振興財団、酒田市商工観光部、高畠ワイナリー株式会社、遊佐ブランド推進協議会、(有)出羽庄内特産

 

20日ご来場時、4/29(日)のシネマート新宿での活弁ライブ「瀧の白糸」(1933年溝口健二監督)チケット(2,500円)ご購入の方は、
活弁シネマ@根津釜竹の入場料金から1000円割引致します。

 http://ameblo.jp/y-pro-akiko-sasaki/entry-11818931170.html




 

 

コメント

イオンモール幕張新都心「薪能」

2014-04-11 | 映画・芸術・エンターテインメント

イオンモール幕張新都心の豊砂公園で、18時半から薪能。無事盛況のうちに終了。

私は
、MCを務めさせていただきました。


狂言 和泉流「棒縛」と、能 喜多流「船弁慶」、わかりやすく能楽の楽しさが伝わりやすいものだった気がします。



陽が落ちるとどんどん寒くなり、MC席も…。隣の音響さんは、かじかむ手でフェーダーを上げ下げしてました。
終了後、お客様が帰られてから、薪のそばに駆け寄って暖をとりましたが、いやー暖かかった。

「薪能」という日本の財産は、まだ見たことのない方々にぜひご覧いただきたいものです。

コメント

東京亀城会報編集真っ最中

2014-04-07 | 酒田・庄内・山形
目下、今年度の東京亀城会報(関東在住酒田東高等学校同窓会)編集真っ只中です。
 
佐々木 亜希子さんの写真

毎年毎年、多くの先輩方にお忙しい中ご寄稿頂き、ありがとうございます。

このお役も、気がつけばお引き受けしてからおそらく9年め。
「あの先輩に会いたい」というインタビューコーナーでは、作家の故北重人さんに始まって、演劇プロデューサーの故木山潔さん、女優山本与志江さん、JICAで世界を駆け回っている先輩や、企業のトップのOBら、普段お会いできないような方にもお話を伺うことができました。
途中から酒田の亀城会会報にも携わるようになったので、もっと多くの方にインタビューできていることになります。

毎回同窓の皆さんの活躍、交流、退職された恩師まで、身近に感じることができ、楽しく作業をしています。
少しずつ、若い世代にスポットを当てて行こうと奮闘中。 後輩たちも快く書いてくれて嬉しく思います。

来年が東京亀城会50周年ということで、盛大に懇親会を開催しようとこの度特別実行委員会が立ち上がりました。
今回は、その特別執行理事、60回卒の白畑優さん(みずほFG)に、抱負を語って頂いてます。
 
 
 
 
今年の東京亀城会総会・懇親会は6月28日(土)13時から、大手町サンケイホール3階です。
コメント

信濃町シニア活動館でバリアフリー上映

2014-04-06 | バリアフリー映画、福祉

今年度の北区子ども弁士教室が今日からスタート。

Bmapは、信濃町のシニア活動館で『東京物語』のバリアフリー上映を行い、喜んでいただきました。

Bmap活動報告「ご来館ありがとうございました」

コメント

お江戸まちあるき「吉原界隈歴史探訪」

2014-04-05 | 映画・芸術・エンターテインメント

アナウンサー時代の先輩の企画、お江戸まちあるき「吉原界隈歴史探訪と名店『梵』の普茶料理(精進料理)を味わう」に参加してきました。

三ノ輪駅からまずは投げ込み寺浄閑寺。有名な句碑があります。「生れては苦界 死しては浄閑寺」

切ない話もいろいろと伺いました。大きな供養塔の中には、身寄りなく亡くなってここへ投げ込まれた遊女たちの骨壷がたくさん積まれていました。 

目黄不動尊~千束稲荷神社~竜泉寺~大音寺~飛不動尊~樋口一葉旧居跡

~お歯黒溝跡~見返り柳~新吉原遊廓跡~吉原大門跡~吉原神社~吉原弁財天~鳳神社。

桜も満開の吉原。なかなか行く機会のない場所ですが、講談「笹屋清花」の作者山口則彦先生の、落語や講談ネタも交えた楽しくわかりやすい解説で、とても充実したまちあるきでした。

東京ではここだけという梵の普茶料理もとても趣向が凝らされていて、目も耳も舌も、春を満喫させて頂きました。

夜はソメイヨシノ発祥の地、駒込の公園でお花見。寒さを吹き飛ばすような笑い声でおおいに盛り上がった夜でした。

コメント

4/29(祝)活弁!シネマートライブ『瀧の白糸』

2014-04-04 | 活弁

4/29(祝・火)に、シネマート新宿で、第二回活弁!シネマートライブを行います。

今回は、泉鏡花原作、溝口健二監督の不朽の名作『瀧の白糸』です。

主演の入江たか子、岡田時彦が美しく、存在感があります。

今回は、毎年倉敷での公演でご一緒している野原直子さんが生演奏をしてくださいます。

野原さんの情感あふれる音楽とともに『瀧の白糸』を堪能いただきたく思います。

前売りチケット、明日発売です。

 

■4月29日(火・祝) シネマート新宿活弁上映
『瀧の白糸』(溝口健二監督、昭和8年キネマ旬報第二位)

弁士:佐々木亜希子  生演奏:野原直子

時間:15:00の回、17:30の回 
劇場:シネマート新宿 スクリーン2
 (新宿区新宿3-13-3 新宿文化ビル)

料金:2,500円(税込)1ドリンクサービス(ソフトドリンク)
チケット販売場所:シネマート新宿チケットカウンター(6階)4月5日より発売
TEL:03-5369-2831
予約受付:info@mokuren.gr.jp

コメント

4/20(日)活弁シネマ@根津釜竹

2014-04-03 | 活弁

根津の「釜竹」さんを会場に、酒田始め故郷の美味しいお酒やつまみと一緒に活弁を楽しんでいただく会を開催します。

土蔵を改装した雰囲気のあるお店です。

飲んでも眠らず観られるよう、楽しい短編作品3本を用意。

「チャップリンの放浪者」では、高校の先輩河島さんがバイオリン演奏で参戦してくださいます!

ワイワイ飲みながら楽しんでいただけたら嬉しいです。


■4月20日(日)活弁シネマ@根津釜竹
『海浜の女王』
『チャップリンの放浪者』(バイオリン演奏 河島三二)
『弥次喜多 岡崎の猫騒動』

弁士:佐々木亜希子
会場:根津 釜竹
時間:17時開場 17時半開演
会費:4,000円(飲み放題、つまみ付)
問合せ、予約:info@mokuren.gr.jp TEL 03-6233-7150

協力:公益財団法人鎌倉市芸術文化振興財団、酒田市商工観光部、高畠ワイナリー株式会社、遊佐ブランド推進協議会、(有)出羽庄内特産

20日ご来場時、4/29(日)のシネマート新宿での活弁ライブ「瀧の白糸」(1933年溝口健二監督)チケット(2,500円)ご購入の方は、
活弁シネマ@根津釜竹の入場料金から1000円割引致します。

コメント

4/26(土)『猫の恩返し』バリアフリー上映会

2014-04-02 | バリアフリー映画、福祉

4月26日(土)に、一般社団法人地域福祉推進機構設立記念のバリアフリー映画上映が行われ、スタジオジブリの『猫の恩返し』を私のライブ副音声で上映いたします。

ブタネコ<バリアフリー映画『猫の恩返し』上映会>ブタネコ

(ライブ音声ガイド・日本語字幕付き)

日時:4月26日(土)19:00~21:00

場所:タワーホール船堀 5階小ホールライブ(船堀駅北口 徒歩1分)

音声ガイド:佐々木亜希子

入場無料


 昨年、障害者差別解消法が成立し、障害者権利条約が批准され、日本の障害者福祉は大きな転換点を迎えています。

 「施設で障害者を囲って保護していくのではなく、障害のある人もない人も生まれ育った地域の中で、自分らしく安心しながら暮らしていけるようにしたい。そのためには、地域社会に暮らす人々の、障害や障害者に対する理解が不可欠です。」

一般社団法人 地域福祉推進機構の代表理事 初鹿明博さんはこうおっしゃいます。

 

みんなで楽しむバリアフリー映画。同じ会場で、視覚、聴覚、知的等障害のある人とない人が一緒に一つの映画を、字幕や音声ガイド付きで観ることで、相互理解への一歩となってくれたら…

昨年、バリアフリー映画祭にいらした初鹿さんが、そんな思いから法人設立記念イベントとして取り上げてくださいました。

 

どなたでも参加可能だそうです。ぜひご体験くださいませ。お待ちしております。

 

コメント